2012年10月29日

Junkplant21

第21回ハセガワJunkplantにエントリー。
jpブログ21-1.jpg
jpブログ21-2.jpg
JP投稿用21-5.JPG
山深い谷底にある小さな廃工場に、一台のロボットがいます。
使われなくなって長いので住所もないこの工場には、もう何十年も誰も訪れていません。
彼は特に何かの作業をするでもなく、何も作らなくなった工場で誰とも会わずに一日を終えます。
昨日と同じ様に。
明日も同じ様に。
帰らぬ主人を待つ様に。
最後の時を待つ様に。
一人息子と旦那を亡くした博士が息子の身代わりに作ったロボットは、ご主人様がいなくなった後も帰りを待ち続けました。
ずっとずっと待っていました。

…汚し塗装巧くなりたいです。
路地裏の錆びたゴミ箱みたいになってしまいました。


クラナドかカノンか忘れましたが、京アニの作品に登場したスクラップロボは印象的でした。
あれは自分でもやりたいモチーフで、一度と言わず何度でも作りたいテーマの一つです。
2Dでも3Dでも。
同じような何かを胸のうちに抱えてる人は多い様な気がします。
不全感とか、満たされない想いとか、そう言うものをです。

一人称で書くとこんな感じ。

この間、先生の部屋で写真を見付けた。
先生のとなりに男の子が写っていたけど、ぼくはその子を知らない。
先生はいつも「あなたはとても可愛いわ」と言う。
ぼくは先生が好きだ。
先生が作ってくれたこの体も好きだ。
この強い体があればなんだってできる。
どこでも行きたい所へ行ける。
今ぼくはとても幸せだ。
先生は時々悲しそうな顔をする。
ぼくはそれだけがつらい。
先生は679,463時間前から帰ってない。
でもきっとすぐに帰ってくる。
ぼくは待っている。

ちぐはぐなハンドメイドロボも定番モチーフの一つです。しかし思う形が揃いにくいと言う難点もあります。
息子と主人を失った未亡人博士が作った息子の身代わりロボ、のつもりでしたが、出来上がったものを見ると何だか寄せ集め感が半端でなく漂っています。
不揃い感を出そうとして左右対称をできるだけ外したら予想以上にまとまりがなくなりましたが、思う形が揃わないのもミキシングビルドの醍醐味の一つだと思います。
今ある物で何とかしよう。いつまで続くか分からないけど。

頭だけがどうにもイメージ通りのパーツを見つけられませんでした。仕方なく新造です。
しかし新たに作り起こすと言う事は、自分のイメージを100%要求されると言う事でもありますので、物描きとしてはプレッシャーです。しかしここは臆することなく挑みます。地位も名声も金もかかっていないからです。好きに遊びます。
とは言ってもそれなりに気は使います。
リベットを全身に穿とうかとも思いましたが、まとまりのないバラバラ感が合いません。
ヘッドのデザインも何だかイマイチです。
今回のは同モチーフのトライ1と言う事にしましょうそうしましょう。
どの道今後も挑戦とリテイクを繰り返す事になるでしょうし。

それにしても、相変わらず汚しがヘタです。
割と全体にウォッシングするんですが、神経質に拭き取り過ぎるのが良くないんでしょうか。
いつもいつも派手に汚す積りが控えめ仕上げです。
しかし航空機とロボットメインのモデラーなので、このくらいでもいいかもしれません。

さージャンクパーツがそろそろ本気で少なくなってきました。
ジャンクなんて増やす努力をするもんでもないですし、正規品を大量に作らないと減る一方です。
ジャンクプラント参加は今年度いっぱいくらいで一旦中断しないといけなくなりそうです。
再開の目途が立つこともないんですけど。



posted by 跡間シノブ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Junkplant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

Junkplant20

第20回ハセガワJunkplantにエントリー。
jpブログ20-1.jpg
jpブログ20-2.jpg
jpブログ20-3.jpg

キモい。
見れば見るほど見たくなくなる。
作ってるときはそうでもなかったのに。

頭部は下の方にあります。
銀色の生首は信者を脅かす彫像です。
信じない奴は地獄行きだの右の頬をぶたれたら死ぬまで殴られ続けろだの、頼みもしなけりゃありがたくもない説法をたれてくれます。もらい物のF104の機首を眺めながら何となく作りましたが、なぜかウルトラ怪獣をデザインしてる気分でした。

途中写真撮るの忘れました。

F-104スターファイターの機首。
ステルスバルキリーの腕。
GP02の肩。
たまごイーグルのパイロットの首。
マシーネン人形。

正直、何作ってんだかよくわからなくなってました。
兎に角何かミョーなものを作りたかったみたいです。
出来るだけ意味のない、意味のよく分からない物を。
アウトラインを殆ど壊さなかったのは、たまにはそう言うのもいいと思ったからです。
出来上がったブツは今までで一番気色悪いかも。

カオスにハイセンスなダーティーモデルも憧れはしますが、皆が皆そっち系でも食傷気味になりがちですし何より、同一方向でなければ参加できないのではないかと萎縮してしまう気がするのです。自分自身も含めて。

あえて毛色の違うものを作る奴が一人くらいいたっていい。
空気に流されず誰の意見も聞かない奴が一人くらいは居座っていたっていい。
でもそんな奴は組織の中に居場所がなかったりします。


ここんとこがっつり模型作る時間を取れません。
売国奴が次の選挙を狙っていやがるからです。
何がどうでも国防作戦が最優先になります。
維新に政権とられたら日本終わりですからね。

橋下のバカは日に日に本性を表し、売国発言が増えてきてます。
尖閣は放棄するだの、日本軍はシナチョンに迷惑をかけただの。
竹島共同管理だと?
見ず知らずのゴキブリが自分の前歯引っつかんで離さないのに
「共同で手術しましょう、ね、ね」なんて言うアホがどこの世界にいるボケが。

橋下の正体は反日ルサンチマンテロリストです。
何があったのかは知りませんが、ただただ日本が嫌いで破壊したい、でも汚いカネは盗れるだけ盗りたい、精々そんな所です。

そんなクズに民主主義で最も大切な「票」をくれてやるおバカさんを一人でも叩き起こさねばなりません。
模型は後回しにならざるを得ないのです。
しかし、日がな一日PC相手の作業では身体感覚が麻痺して行きます。
なのでせめて月一くらいででも模型を作りたい、そんな理由で毎月Junkplantに参加してますが、短時間で仕上げると言う普段は取らないスタンスで製作している内に、図らずもそれまで培われなかった技術や心構えなどが身に付いて来ている様です。
何でもやってみるもんです。
posted by 跡間シノブ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Junkplant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

Junkplant19

第19回ハセガワJunkplantにエントリー。
今回はお題付き「プラ食器」です。
jp19-1.jpg
jp19-3.jpg
jp19-5.jpg
時々ワルノリします。

厳密にはプラとは言えないかもしれないエラストマー樹脂のスプーン4本とケレン味を感じるデザインの余りパーツを、ちょっとちぐはぐで唐突な感じに組み合わせてみたら昔のヒーローロポのトリコロールで塗りたくなって、気が付いた時にはキッズアニメの主人公サイドメカ風になってました。赤青黄のメカは永遠です。いつの時代も子供に必要な成長成分です。キッズメカに汚しは要りません。グラデーションもありません。べかべかつやつやのベタ塗りです。パーツに原色が乗って行く時は快感です。
スプーンだけでは使用食器が少ない気がしたので、何かのお菓子に付いていたナイフ(楊枝?)も二本付けました。

テッカマンブレードの盾と踵。
ファイヤーパルキリーの主翼付け根。
Gアーマーの転輪。(1/144でこの直径の転輪、しかも航空機って…)
Zガンダムのコクピットハッチ。

目指したのはタイムボカンシリーズのオーガワラデザイン、又はアオシマプラモ。
分かりやすいヒーロートリコロールのキッズアニメメカです。
その空気感をどれくらい再現出来ているか分かりません。


売国奴により盗まれた日本のすべてを取り戻す事こそが、キッズアニメを見て育った世代の使命だと勝手に考え、特に次の選挙で維新には絶対に勝たせない事を目標に掲げて日夜頑張っております。

政治の話題と無関係の話題を混ぜて語る事をタブーだと考えている人は、テレビに洗脳されたお花畑脳になっていますので、早々と目を覚ましましょう。
次の選挙までに、急いで。
RV016.jpg
リアルバカチョン016
「成功・・・してた」
皆さん、テレビ見るのもう止めましょうよ。
似た様な内容の、同じ様な顔触れの、まるで仲良し会みたいなヒナ壇トーク番組ばかり。それ本当に楽しいですか? バカ高い電気代払ってまで見る値打ちのある番組ですか? 芸能人って本当に見られるだけの価値がある人達ですか?


posted by 跡間シノブ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Junkplant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする