2015年06月02日

デススター3

前のエントリーが民主党政権時代。このブログは2010年スタートです。

やる気一切なしで放置された百均ピン球デススターを塗装しました。
いきなりやる気になったのは、mpcのタイ・インターセプターを購入したからです。

CIMG7541.JPG
箱ボロボロで未開封のが600円。600円なら即買いキットです。箱なんてどうでもいいし。細部の考証とか作り込みとか、そんなのはもう全く考えてないのでラクに作ってバーっと塗るか、600円だし、なんて甘い事を思いながら帰宅してから改めて見てみたら、シュリンクが破られてない……
いきなり勿体無くなりました。何でこんなボロボロなのにビニールも破ってないんだよチクショウメーと、例の相当閣下シリーズみたいに叫びはしませんが、何となく開けられない。しかし大きく破けている場所もあります。それに箱がぐしゃぐしゃだから、目の前のこのキットの金銭的な価値は矢張り600円くらいだとも思います。なのに何となく開けられない。ビニールのせいで。
まーそのうち気紛れにバリバリとやるでしょう。なんせ簡単キットだし、ストレス発散には持って来いのアイテムです。ガーっと作ってぶわーっと塗ればいいんですぶわーっと。それでも最近のバンダイのキットの方が絶対ラクに作れると思います。

デススター一型の設定は直径120km。二型は巨大化して160km。劇中画面のイメージはもっと小さい感じです。今作ってるのは一型なので、4cm/120kmで300万分の一となります。ちょっと他に例が見当たらないスケールです。こんな巨大な縮尺なので飽く迄遠景用と言うか、近くば寄って目にも見よな工作はできません、細部表現は考えない事にします。やるならもっと大きいサイズでです。
それにしても世の中には凄い人がいるもので、地球儀をくりぬいてデススター二型を作った人がいました。あの建築中の奴。作った人はネットの有名人みたいです。造形も大した物だと思いますが電飾の鬼でもあり、ピカピカ光るわ自転するわのソーゼツなデススター模型です。あんなんやれと言われても無理ですこちとらピンポン球です……やっても面白いかも。

CIMG7538.JPG
灰色だけ三色使います。前に塗ったグレーは暗い方でした。しかしマスキングは明るいのを下地にした方がラクだと思い、一旦明るいグレーに塗り直してから、細切りにしたマスキングテープをちまちま貼って行きます。仮固定しているベースは縁だけ塗ってほったらかしにしている情景セットのテキサスです。地形とあいまって何か別の映画みたいです。今日はこの辺にしといたらあと言う所まで貼ったら、暗い方のグレーを一気に吹いて、基本パターンは終わりです。

CIMG7539.JPG
向こうのおもちゃにこんな色のがあるみたいです。いかにもおもちゃっぽいのが。簡単模型とは言え、さすがにこのままでは色分けがはっきりしすぎなので、全体にかなり明るいグレーをかなり薄めで吹いて調子を整えます。

CIMG7540.JPG
大分マシになりました。本当なら宇宙じゃ空気遠近法は使えません。その筈です。しかし映画では明らかに空気遠近法が使われています。巨大感を演出するに当たっては矢張り、リアルかどうかは二の次三の次で、人類の大半が見た事のない宇宙空間に浮いている球形戦闘ステーションを大きく見せるには、嘘を承知で地上と同じ手法を用いるのが妥当な線と言う事だと思います。


CIMG7559-2.jpg
完成。した事にしよう。今回のやる気はここまでです。他のキットの横にでも後ろにでも、ちょこっと台座に乗っけとけば雰囲気です。それ以上は求めまい。ピン球だし。300万分の一だし。

CIMG7557-2.jpg
南北の極、つまり天辺と底付近がどうなっているのかは、画面を見ても分かりませんでした。爆発直前のカットでちょっとだけ映るんですが、小さいし極付近は見えません。
"You're all clear kid, Now let's blow this thing and go home!" から
"Great shot kid, That was one in a million!!" までの所です。
なので他の部分に輪をかけてテキトーです。

せめてもうちょっと何か手出しするべきでしょうか。劇中の雰囲気とは大分違う気がします。筆塗りでごんごん描き込むのがよさそうです。でも筆目が見えると巨大感所か逆に小さく見えるし、かといってマスキングとブラシじゃキレイ過ぎておもちゃっぽいし。でもやっぱり筆で塗る以外に何があるとも思えません。良い手を思いつくまではまた放置です。リターンマッチの日はいつになるだろう。





テレビなんか見ねーよーNHKなんか潰しちまえー、と年がら年中言ってるんですが見るものはきっちり見てたりします。NHKの機材はやっぱりと言うか物凄い性能で、見た感じですが他局に比べて画質が段違いにイイのです。まったく支那ブタに真珠です。しかしイイのは見とかないと損ですから、受信料は払わずタダ乗りして、イイのだけ選んでただ見ましょう。

NHKの受信料は、解約は色々面倒なのでただ払わないのが正解だそうです。解約と言うのは離婚と同じで手続きやら何やらが大変で大事ですが、ただ黙って払わない、不払いなら何もしなくて済みます。口座引き落としにしている人は口座をカラにするとか口座を作り直すとかしなきゃならないでしょうが、それでも一番簡単なのが不払いだと言う事です。罰則もありません。Let's不払い。

数年前にやってたスターウォーズ一気放送をHD録画して見まくってます。本当に画面がキレイです。かつて劇場で観た映画そのものよりも高精細で、スターデストロイヤーの表面のパネルラインが鉛筆で描かれている事まではっきり視認できます。何でそこまで高性能な機材を使えるんでしょうか。日本国民からカネふんだくっては捏造売国ウソ番組ばかり作る国賊が。Let'sタダ乗り。

NHKの放送で良いのは画質だけではありません。音も桁違いにいいのです。VHSのビデオデッキとモノラルスピーカーのテレビでは殆ど聞き取れなかったスターウォーズの会話が、NHKのデジタル放送ではかなり聞き取れる事に気付いてビックリしました。ギリギリの英語力しか無いので洋画なんて吹き替えでなきゃ字幕べったりが当然だった自分が、日本語の字幕と記憶の中の吹き替えの台詞を、聞こえてくる音声に照らし合わせながら頭の中で文法を組み立てて、ああそう言ってたのかと理解できるほどに音質が良いのです。
勿論、全部の会話を聞き取れる訳ではありません。精々イイとこ半分くらいです多分。しかし聞き取れれば嬉しいもので、まして大の日本贔屓のジョージ・ルーカスのスターウォーズですから気分も良く、もう毎日の様にちょっとずつちょっとずつ見ては聞き、聞いては見てます。現金なものです。まあ日本贔屓とは言っても思いっきり間違ってる部分もあるんですけど。名前は忘れましたが図書館司書のジェダイマスターが、かんざし代わりに塗り箸を髪に刺してたり。しかもぶっちがいのバッテンに。ああ言う所は大目に見ない方がいいでしょうか日本人としては。

テレビ放送の音質が良いのはNHKに限った事ではないのかもしれませんが、テレビ自体あまり見ないのでよく分かりません。しかし、他局との比較はどうでも、NHKが高価な良い機材を使っているのは、画面と音声から確かです。


先日、どこかの幼稚園か保育所かが、うちの前の公園に遊びに来ていました。その時、妙な違和感を感じました。いつも来ているうぉチビちゃん達と先生ではなく別の集団の様ですが、それだけではなく何かがおかしいのです。その違和感の正体はすぐに分かりました。日本語を喋っていなかったんです。
まだロクに日本語が母国語として人格の基底に定着し切っていない幼児を連れて公園に来ているどこぞの幼稚園か保育園が、引率時に日本語ではなく英語を使っていたのです。

アメリカかぶれか何か知りませんが、人類と言うよりは哺乳動物と言った方が相応しい様な感じの醜く太ったバカな女が、聞いていて寒気がするほどしょぼい英語をヘッタクソな発音で、何を勘違いしたのか幼児の前でイキって鳴いてやがりました。
「ア、トゥリィー」、「ソウ、ビィィィッグ」、「ヘァッピィィィ」。
本気で思いました。飛び出して殴りに行こうかと。

乳幼児の教育は、母国語で徹底的に考える思考回路を形成する為に徹底して母国語で行うのが常識です。母国語の語彙も少なく、文法の法則も体得する前の状態にある若年者の、人格と思想の基底である思考の源泉たる言語野に、外国語と言う邪魔な情報を故意に与える事は、就学前児童の思考回路に妨害情報を加える事により、我が国の母国語を完全に活用して思考、思想できる国民を意図的に減少させる亡国行為であり、それは決して過言ではなく日本国民を虐殺する国賊的犯罪と同義です。

小学校低学年から英語教育をとか何とか、日本破壊工作を全力でキーキー喚いてたバカがいましたねそう言えば。何て言いましたっけ。スミでもない、カドでもない、ヘリでもない、フチでもワキでもヘタでもない、ハシ……ハシシタだ。ハシシタって何でしたっけ。
どこのどいつの差し金か、大体見当はつきますが、中学で英語教育だったのが小学校まで食い込んで来ています。このままならいずれ遠くない将来、敵は必ず言い出すでしょう。「胎教は英語で」と。

RV124.jpgRV126.jpg

英語教育ゴリ押しの理論的根拠はただ一つ、口を揃えてグローバル化です。誰かにそう言えと命令されてでもいるみたいに。カップヌードルのCMでもグローバル=英語でした。
あえてざっくり言いますと、グローバリズムは「日本を世界に合わせることです。対してナショナリズムは「世界を日本に合わさせること」になります。日本の政治家なら、理不尽な世界などガン無視し、どうでも世界を日本に従わせるくらいでなければならない筈です。ウチに合わせろオラ、日本と商売したい奴は全員日本語喋れ、と。日本が英語を学んでやるのではなく、世界が日本語を学べばいいんです。



posted by 跡間シノブ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | デススター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

デススター2

塗ってみた。
CIMG1050.JPG
これだけでも割と、らしいです。
この後薄いグレーで模様(?)を描きます。
エアブラシで描くならマスキング地獄になります。


日本破壊のために本気出してる民主党。
このまま日本を弱らせて死那に渡す積りです。
民主党は殺す気で行かないと消せません、
死ねと言って死ぬようなゴミじゃありません。
もう、ゴミがゴミの様だ民主党。
民主党と言うゴミがゴミの様だ。
posted by 跡間シノブ at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | デススター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

デススター1


CIMG0825.JPG

デススター。
ピンポン玉です。
てきとーに穴開けて、メルカバのハッチを付けました。

怒らないで。




posted by 跡間シノブ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | デススター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする