2014年02月19日

ジオング10

カテゴリの上の方にあるのにずっとほったらかしの1/250ジオング、しれっと三年以上開いてしまいした。しかしほったらかしにした理由はちゃんとあります。それは、丁度良い大きさと形の小さい方の噴射ノズルがまとめて五つ手に入らなかったから。

気に入った物があっても五個まとめてはそうそうあるもんじゃありません。あれもダメこれもダメ、市販お助けパーツにもこれと言ったのが無い、わざわざシリコンゴムを買ってきてこのためだけにカタドリしてやるのもなんか負けたみたいでイヤ、ああもうどうでもいいやどーにでもなれと、ずっと放置して来た訳です。そのうち何か良いのに当たればそれで良いや、くらいに。しかし最近見付けました。それもガンプラで。

ビルダーズパーツの1/100用ノズルセットの一番シンプルな奴が、形も大きさもぴったりでした。
なんでこのセットを見逃してたんだろう。単に何となく食指が伸びない追加パーツセットだったからですが、この手のパーツはメーカーが形を凝れば凝っただけ誰が使っても同じ仕上がりになってしまうと言うのが、避けてきた主な理由です。銃火器や刃物なんかは特にそうです。かと言って逐一加工してやるのも面倒ですので、出来合いのお助けパーツには個人的にあまり手が伸びなかったりします。こう言ったサポートパーツは出来るだけシンプルな外観の方が、作り手としては使い易いんです。ラクできればそれでいいタイプの人にはゴテゴテの方が簡単でハッピーでしょうけど。

CIMG3943.JPG
アンドロメダ星雲まで飛んで行けそうなメインノズルに穴を開けます。このパーツだけ旧1/144です。元のキットには付いてません。代わりに脚が生えてます。穴を開けたことで、12発の同じ形で同じ大きさのノズルパーツが必要になってしまいました。内側の形が同じで同じ大きさならこの際もう何でもいいので、何か見繕って裏から貼ることにします。

余談ですが、ガンダム世界と言うかガンプラ好きはこの噴射ノズルの事をバーニアと呼びます。姿勢制御バーニアとか。現実世界では化学噴射ノズルとか言います。はやぶさに積んでいたのがそうでした。どちらがどうと言う事も無いのですが、ここでは何となく噴射ノズルと言ってみました。ええ、ただ何となく。


さてこのジオング、これからどうした物か。
手を進める気に全くなりません。
その気になる日が来ると良いんですが。
まそのうち何かやるでしょう。


posted by 跡間シノブ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ジオング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

ジオング9




CIMG0660.JPG
エルメスが概型だけ出来上がったので、
スジ彫り待ちのジオングを眺めていたら、
こいつのことを思い出しました。

名はマイクロガンダム。
1993年辺りに発売された半完成品キットで、
全関節稼動、ほぼ色分け再現、380円、と言う
優れものでしたが採算が取れなかったらしく、
シリーズ打ち切りになった哀れな奴です。

製作中のジオングは、このマイクロガンダムに合わせて、欲しくなった物です。
ちょうどいいサイズの物がないかと探したが見付からず、仕方なく作ることにしたと言うわけです。
いずれ折を見て、このマイクロガンダムも完成させたいところです。
posted by 跡間シノブ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ジオング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

ジオング8




CIMG0839.JPG
大体出来たジオング。
首の中とかスカートの中とかは後回し。
パーツがなかなか揃いません。
CIMG0843.JPG
ここから塗装に入るんですがその前に、
地獄のスジ彫りが待ってます。

posted by 跡間シノブ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ジオング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする