2017年07月20日

タイガーシャーク 4 1/72 タイガーシャーク 風間真

経済音痴☆バカ総理のせいでデフレを抜け出せない我が国に蔓延する断捨離ブームもどこ吹く風、ウチに余計なモノが増え続けています。主にプラモですもちろん。毎度「これだけ」と思って、買った途端に買った事を忘れてすぐ次のが欲しくなる、それが延々続くわけで。絶版キット、限定品、タイムセール、送料無料……

ハセガワ クリエイターワークスシリーズ 1/72「エリア88」F-20 タイガーシャーク 風間真

ts72-25.jpg
やっぱり買いました。これを作らないと終わらない気がして、ぼっちタイガーシャーク祭り。ただ思うのは、このキットを買った人の九割以上が作らずに積んでるんじゃないかと言う事です。とっくに完成させたか、今まさに製作真っ最中か、います? そんな人。積んでますよね。
組むだけで仕上がる昨今の優秀なガンプラと違い、接着、パテ盛り、やすり掛け、スジ彫り修正、マスキング込みの塗装、水貼りデカール、無改造でもそれだけの作業を要求されます。手間も時間もかかります。美しく仕上げるには慣れも必要です。積んでますよね。正直におっしゃい。

ハセガワエリア88祭りの目玉、物語のトリを飾った後半主役メカです。作品の顔とも言うべき代表機ですが、主人公がタイガーシャークに乗っていたのは、実は物語中盤の山岳基地にいた時だけです。砂漠では乗ってません。後輩のキムに譲渡された後、キムがハリアーに乗り換えて使わなかったために、その後のアスランの政変には参加せずに温存されていました。で、最終回で思い出した様に出て来て、主人公が乗っておいしいトコだけ持ってったせいで主役機扱いされています。その意味では幸運な機体です。

デカールが完全新規なのかそれとも20年前の焼き直しなのかは知りませんが、1/72の新品は初めてお目にかかります。是非一箱欲しいと、ネットで予約注文しました。店頭では入荷してくれるかどうかアテになりません。実際、発売日からこっち一度も店先で見た事がありません。何だかだ言って人気みたいです。ネットのあちこちでも売り切ればかり。予約してよかった。自宅に商品を運んで来てもらうスタイルの買い物はどうにも性に合わないんですが、確実に入手するには昨今この手しかないようです。

予約商品なので発売日に発送の通知がなされます。Amazonが送ってきた書簡の日付を見たら午前四時。え? 夜中に商品発送の電子書簡が来ます。あるいは明け方ですか。夜遅いんか朝早いんか知りませんが、そんな時間まで働いてるって、どんなブラック企業ですかAmazon。消防署みたいに夜勤の人が詰めてるんだとは思いますけど。本当は利用したくない企業でも、利用してみて初めて分かる事もあります。
確かにすぐ届きました。ハセガワの本社は静岡だから、やっぱり交通量の少ない深夜に、メッキと電飾ギラギラの長距離トラックで、文化放送の走れ歌謡曲を聴きながら東海道を越えて持って来てくれたんでしょうか。大阪のAmazonの倉庫は大和川の河口近くにありますから、一旦そこへ? アマゾンは元々貸し倉庫会社だとの事で、それが大量の商品を取り扱う巨大企業になっているとか。まあアマゾンだろうがブラックだろうがRXだろうが無免ライダーだろうが、日本で商売する以上、税金は払わせましょう。


裏切りのハセガワ

届いたキットをすぐ開けてみます。内容物は予想通り、旧来のハセガワ1/72タイガーシャークにデカールを追加しただけ、パッケージは原作漫画のコマをそのまま引き延ばしただけです。カラー印刷の説明書とか、ラインナップの紹介チラシとかも無し。説明書は白黒のが一枚。不要だけど付けてくれていたら何かと便利で助かる定番シリーズの方のデカールは入っておらず、それでこの値段。幾ら何でも高い。
肝心のデカールは、悪くないと言う感じです。バージョン違いの一角獣が三種類、パイロットのヘルメットに付ける十字も、原作版の黒とOVA版の赤がそれぞれ二人分ずつあります。キットには一人しか入ってないのに。それも米空軍の装備なのに。しかしそれでも一枚っ切り。小さい。高い。

問題なのは青のストライプです。塗装指示がエンジェルズの青なのに、デカールの印刷の色はなぜか薄い。原色を明るくした様な鮮やかな青ではなく、少しくすんだ薄い青です。これでは塗装するエンジェルズの青と合いません。機首両脇のF-20Tigersharkの文字もやっぱり同じ薄い青です。でもストライプの色とはまた違っています。だからと言ってエンジェルズの青でもない。
これでは使えません。どうしてもこのデカールを使うのなら、胴体色を合わせて薄くするしかありませんが、それでは全体の印象が大きく変わってしまう。なんでこんな色なんでしょう。ハセガワには説明の義務があると思います。説明して下さい。説明された所で納得は出来ないでしょうが。

しかし買っちまった以上、グヂグヂ言ってても仕方がありません、ここは腹を括って、薄い青のストライプと文字は捨てます。ストライプは根性マスキングで完全塗装です。文字はデカール自作か、或いはデモンストレイターになぜか付属していた余分な黒の方、赤を使うので必然的に一枚余るサンゴッド3の様な、なぜか黒で印刷されたF-20Tigersharkの文字列を使うか、そのどちらかです。パッケージの完成写真では黒です。引き締まっていい感じなので黒を使う事にしました。
ただ、OVA版で作ればストライプも文字列も必要ありません。スパッと一回マスキングしてエアブラシ吹けば終わりです。精神的にも実際の作業的にもラクできます。まさかそのためのメットの赤い十字じゃないでしょうけど。
こんな余計な苦労を強要する欠陥デカールが付属しているだけで、現行定番のタイガーシャークより1500円も高い訳ですか。腑に落ちないぜ、パイロットのリュウ。ガキどもが夢中になれるコンテンツを作る事よりも、今カネを持っているオッサンに買わせりゃいいやと言わんばかりのアイテム選択と商品展開。自国の将来を考えなくなった企業と社会に明るい未来があるとは思えません。

同じハセガワの旧1/72エリア88仕様タイガーシャークのキットは、今となってはデカールが軒並み使えなくなっているみたいです。保管状態によるとは思いますが、大半は日本の湿潤な気候のせいでダメでしょう。日本は模型製作には向かない、過酷な気候なのです。
以前、1/72サンダーバーズF-16のキットを作った時に、デカールがバリバリに破れた事がありました。店頭で新規に購入したものですが、長期間店晒しにされていた様で、完全にくたばっていました。しかし折角塗装まで終えていたので、放棄するのは勿体ない。投下した努力とか時間とかが。
そこでハセガワに注文しようとしたんですが、なぜかデカールの値段が書いていませんでした。仕方がないので「サンダバのデカール寄越せ、値段幾らだ請求しろ払うから」と封書で送ったら、何も言わずにデカール一枚送ってくれました。それ以来ハセガワ信者です。でもこの値段は無いだろうよ。

タカラの旧キット1/100エリア88シリーズのデカールは、恐らく生きていると思います。タカラのデカールは頑丈です。ボトムズの当時品のデカールは今でも使えます。ちょっと黄ばんでたりするけど。でも破れる事はほぼありません。セッターとソフターを使って丁寧に貼って行けば、要求した通りに完成します。ダグラム? 知らん。
日本の模型のデカール事情は極めて酷薄です。場合によってはほんの数年で黄ばみ、劣化し、使用不能になります。折角の1/48の大物、F-15記念塗装機の豪華大判デカールを丸ごと二枚パアにした絶望は、きっと誰にも分からないでしょう。分かるもんかよ。もう沢山だあんな思い。納得行かないこの世の中、日に日にささくれる心、燃える怒りの炎、参る丑の刻。だから、買ったらとっとと作っちまいましょう、せめて追加デカール付きのキットくらいは。

改めて見ると、パリ航空ショーで飛んだデモ機の塗装パターンをほぼそのまま青に変えた様な感じのデザインです。漫画にも、青の塗装に黒のストライプ、と言う間違ったコマがあります。腹面は真っ白。機体中央に塗り分けが無いのはラクです。しかし塗装に関して腹を括った以上、問題になるのは塗装よりも装備です。



飛行状態で作ろうと思いますが、武器と増槽をどうするか迷います。ナニも無しのハダカで作るか、はたまた大迫力のフル爆装で作るか、或いはパイロンだけが残った近接格闘戦モードにするか、それともOVAっぽくサイドワインダー六発積みで作るか。今回でハセガワ1/72タイガーシャークは通産三箱目になり、一箱に二発入っているミサイルを過去二回とも使わず残っているので、手元に丁度六発あります。

原作を見てみると、エリア88に登場する戦闘機は殆どの場合、離陸時は増槽タンクを複数抱えた旅装束姿です。そんなに必要ないだろうと思うほど大量の燃料を抱えて離陸します。アスランの国土は大して広くはない筈で、どれほど作戦行動範囲を広く取っても、国内で活動する分には胴体内燃料タンクだけで足りると思われます。なのに、なぜか大抵、増加燃料タンクを二つ三つ吊り下げて作戦に出て行くのです。
アスラン地図1.jpgアスラン地図2.jpg
物語の舞台となる架空の産油国アスランは、地図上ではシナイ半島北部、エジプトの北東部辺りに位置します。地中海に沿って、そのすぐ北は現実世界ではイスラエルですが、劇中ではヨルダン辺りまで含めてブラシアと言う国になっています。しかし劇中にはイスラエルも存在しており、アスランはイスラエルとは友好国です。

アスランは狭い国です。サキが言っていました、アスランは小さなオアシスの様な国だと。地図で見れば、広く見積もっても差し渡し400kmくらいです。さすがに砂漠は歩いて渡るには広すぎますが、航空機ならすぐの距離です。漫画エリア88はアスラン内戦の話ですから、戦闘機が外国へ飛んで行ったりしません。なので必要な航続距離は、長くとも精々1000km程度と思われます。アスランの航空機は大して長くは飛ばないんです。

物語後半では、エリア88がプロジェクト4を迎撃するために地中海を横切ってイタリア沖辺りまで飛んで行ったりしていましたが、そんな長距離飛行の作戦は極稀にしかありませんでした。アスラン王国正規空軍の作戦行動範囲なら、500kmも飛べれば十分の筈です。エリア88が空母に基地を移してからのサキとミッキーの会話でも、攻撃機の航続距離がどうのと言う件がありますが、それもさして気にするほどの距離ではない筈です。地中海の東岸、あのくらいの距離なら、大抵のジェット戦闘機はどこへでも行って帰れって来れると思います。

劇中、T-38がアスランからパリまで地中海を横断して無給油で飛んでいます。練習機で、重い爆撃装備などを一切積んでいないので、そのくらい飛べるのかもしれません。後ろにザク国王を乗せていましたが、原作のザク国王はちっちゃいですから大丈夫でしょう。
アニメの同じ場面ではタイガーシャークが、サイドワインダーを六発積んで、増槽は胴体下の一本のみで同じ距離を飛んでいました。OVAのザク国王は大男でしたが、乗っていたのは風間機の後席ではなく、非武装のビズジェットだったから大丈夫でしょう。

参考までに、国産一号機が完成した日本のF-35は、燃タン全吊りのF-18スーパーホーネットより足が長く、作戦半径が1400kmあるので、美保基地から飛べば電話に空対地ミサイルをぶち込んで帰って来れるそうです。
更に空自のF-2は、完全爆装状態で那覇から離陸して、支那三渓ダムを爆撃して帰還できると聞いています。空対地対艦ミサイルを四発ぶち込めば、下流の工業地帯なんかラクショーで壊滅です。公害と殺戮を撒き散らす世界の癌であるシナのすべての活動を停止させる事は、世界の悲願です。

今、北京の西10kmにまで砂漠が迫って来ています。原因は毛沢の大躍進政策みたいです。土に水を撒き過ぎるとカリウムとかナトリウムとかカルシウムとかが蓄積して、いわゆる塩害で砂漠化するそうですが、やっちまった訳です、初代電話ブタこと毛沢は。さすが学名タイリクヒトモドキ。
現在シナは国土の27%が砂漠になっているそうです。それはモンゴル、チベット、満州を含めての27%なんでしょうか。そこは分かりませんでしたが、兎に角経済と一緒に国土も終了です、やっと。めでたく。南に逃げるって話も聞きますが、シナ人なら砂漠でも地獄でも生きていけそうな気もします。自分達で出した毒ガスの中でも生きてるんですから。ヒトモドキから更に別の生命体に進化するかもしれません。支那人ならそう言う生存戦略を取りそうです。

公害と迷惑と発癌性物質と虐殺しか撒き散らせない世界の嫌われ者、それがシナ人です。外国人のアンケートで「日本旅行で最悪だった物」と言う、実は「日本大好き」のランキングの堂々一位が「中国人旅行者」でした。アイツラ何処にでも居やがる、と。それ日本じゃないだろと突っ込まれてましたが、要するに中国なんか世界中の誰もが大っ嫌いなんです。
そこまで世界中から嫌われまくる欠陥民族の国家モドキなんか、砂に沈めてすべての活動を停止させてやれば良いんです。それほどまでに嫌がられている欠陥生物の殲滅を、日本が主導して実現すれば、成功の暁には間違いなく確実に世界中から感謝される事でしょう是非やりましょう。


結局、このキットの製作に次は無いだろうと考えて、全装備コンパチのプレイセットで作る事にしました。つまりブンドド仕様です。強度的な問題があるパイロンだけは、翼に完全に接着しなければなりませんが、増タンとミサイルは真鍮線で取り外し式にします。ついでに着陸脚も取り外し可能にします。翼が薄いのでかなり厳しいですが、やってやれない事も無いでしょう。キャノピーも開閉差し替えに。開状態にするためのパーツは余ってます。問題なのは前の方を胴体に接着できるかどうかだけです。あと、替えのキャノピーをどうやって揃えるか。

はたと思い付きました。翼をもう一枚ずつ用意して差し替えにしてしまえば、パイロン無しのハダカ状態も再現可能です。着陸脚格納庫壁も、閉じた状態にするためには開いた時に露出する部分を削らなければなりませんが、差し替えにすれば、もう一枚ずつを削らずにそのまま着陸脚に貼れます。キャノピーも丸々付いてきます。ついでに予備のデカールまで。そうか、もう一箱買えば良いんだ。七百円だし。迷う値段じゃありません、買いました。四箱目です。

デフレ真っ只中で消費税を上げた経済音痴☆バカ総理のせいで、2016年の所得税も消費税も法人税も減少し、消費が15か月連続で減少しまくっている世間の風潮をガン無視して、燃え滾る物欲にまかせて消費しまくっているワタシを政府は表彰して賞金を出しなさい。





工作です。途中写真をほぼ取っていないので、画像は完成状態の物を参照してください。むしろ文章に読む値打ちがあんまり無いです。三回目だし。

ts72-26.jpg
特に大改造する箇所も無し、気になる細部の修正だけで、ほぼ素組みです。その工作も三度目となれば慣れた物で、勘所も分かっていますからすいすい進みます。真っ先にコクピット内部を塗装してデカールを貼り、コーティングしたら胴体に組み込んで接着します。内部はどうしてもいの一番に作業しなければなりません。早く全体のシルエットを見たいのに、ここは飛行機模型の少々イライラする部分です。

このキットの弱点は二つ、全体のスジ彫りが浅い事と、胴体腹面が合わせ目に向かって沈み込む様に傾斜して谷になる事です。特に垂直尾翼左面の彫りが浅くて、そのままでは塗装後にエナメル塗料が走りません。しっかり彫り直します。でもこの風間機は暗い青で塗るし、大きなデカールを貼るので、やらなくてもよかったかも知れません。特に真ん中辺りは。
胴体腹面の合わせ目にはパテ盛り作業が必要です。スジ彫りは一旦消えますが、ここを丁寧に処理しておけば、完成後の見栄えが違って来ます。しかしこれも、白い胴体に黒のスミ入れならコントラストが強いので、ちょっとくらい凹んでても目立たないかもです。

細かい所では、バルカン砲口を直さなければならないとか、HUDが無いとか、ミラーを作らなきゃならないとかですが、それらはプラキットの宿命みたいな物で、殊更メーカーの責任を追求する様な事ではありません。まあこんな細かい粗は、気にしない人は気にしなくても全然大丈夫なんで、イヤだったら別にこんな作業しなくても良いです。素組みでバババと作りましょう。組んで塗って貼って終わり。ハッピー模型ライフ。

機体全体の全ての縁を削ります。ノズル、翼、空気取り入れ口、目立つ部分は兎に角薄く。これも別にやらなくても良い作業に入ります。こんな部分を見る人が殆どいないからです。MGに投稿されるガンダム世界の航空機なんてそりゃもうアレで、戦車みたいな極厚装甲のコアブースターとかが高評価で高ポイントを獲得していたりします。やっぱり誰も見ちゃいないんです、こんな所。何かさっきからこんな事ばっかり言ってる様な……
それでもやるんだ。自分がそうしたいからやるんだ。他の誰かなんて知らない、他人の評価なんてどうでも良い、ただ自分が納得できる物を作るんだ。たとえ明日が行き止まりでも自分の手で切り開くんだ。

機首両脇の小さいバルジを削り落として消します。アニメ版で作るなら残しておきましょう。空気取り入れ口は別パーツになっているので、内側を白で塗ってから貼り合わせます。矢張り別パーツになっているバルカン砲口は削り落とし、彫刻刀で溝を彫って、後で真鍮パイプを通す為の0,5mmの穴を開けます。この加工は、開けた穴の後ろの方を裏側から削り込んで、プラの肉厚を減らすのがコツです。プラの厚みが邪魔をすると、真鍮パイプが上を向いてしまいます。胴体内機銃の銃身は正面を向いていなければなりません。
操縦席前の照準機、HUDがあるはずの部分にある三角の台みたいな奴は削り落として、無かった事にします。HUDは透明塩ビ板とプラ板で作ります。レンズはHアイズミニの1.2mmを使います。ちょっと大きめの物でも見栄えがして良いと思います。所詮漫画の架空メカ、派手に演出しても良いでしょう。

主翼の直陸脚格納庫壁は、開けた時に地面を向く方を削って、主翼の溝に合わせます。もちろんこれは飛行状態再現用です。主翼側は脚を取り付けるためのガイドレールを削り落として、着陸脚格納庫壁がはまる深さを確保します。待機状態再現用に、着陸脚も作ります。骨と骨が細いピン一本でつながる部分は、待機状態で固定するなら問題ありませんが、脱着させるには強度不足です。0.5mm真鍮線で補強します。主翼への接続も0.5mmで。ショックアブソーバーみたいなモールドのある部分に穴を開けて通しました。
前輪格納庫壁はプラ板を削って作ります。ここは特に複雑な加工をしなくても良い場所です。

プレイセットにするので、各装備に真鍮線を通して脱着可能にします。胴体下の増槽タンクは、パイロンが別パーツで付属していますので、それも脱着式にします。翼下の増槽タンクはパイロンと一体なので切り離します。こちらのパイロンも別パーツが付属していますので、それを使います。タンクのフィンは縁を薄く削ります。
三機分のサイドワインダーは、六発全てのフィンの縁を薄く削ります。このタイガーシャークのキットを最初に買った時は、まさか六発揃う日が来るなんて、これっぽっちも思いませんでした。四枚x二箇所x六発で48枚。眩暈がしそうです。それでもやるんだ。自分がそうしたいからやるんだ。たとえ明日が行き止まりd

後は特に加工の必要もありません。開状態がデフォルトらしいエアブレーキを閉じるために、ちょっと削るくらいです。何だかんだ言って良キットです。パイロットもちゃんと付いてるし。
そのパイロット、風間真は原作の衣装にしました。エリア88の傭兵共はみんな薄着です。トップガンでトム・クルーズが着ていた様なゴツい戦闘機乗り装備とかは着ていません。なんかツナギみたいなのを一枚着てるだけです。

彫り直すのが面倒なので、塗りでごまかす事にしました。1/35スタンディング・タートルの着座人形みたいです。このキットはある事も知りませんでした。まんだらけで初めて見掛けましたが、箱の横の写真を見ると、違うデザインなのに同じ金型を使って成型したパーツを塗装だけでごまかしてました。昔は大手メーカーでも、そう言う事を平気でやってたんですね。
当然筆塗りですが、なんかパジャマみたいになりました。なんでこんな色の迷彩。いっそ水玉でも笑えて良かったかも。ピンクでハートとか。クマさん抱えて。特徴的な髪の毛も塗って、片目にします。あれじゃ敵機も見えないと思います。前髪だけはパテで作ればよかったかも。ヘルメットの十字は原作版の黒で。



地獄さ行ぐんだで。

エリア88は地獄の最前線ですが、模型製作でもある程度は地獄を擬似体験できます。表面処理を終えたら全面をグランプリホワイトで基礎塗装、乾燥後はいよいよ、四本ある細いストライプの根性マスキングです。

説明書を見ながら慎重に場所を探ります。細長いマスキングテープを切り出し、狙った場所に貼って行く訳ですが、融通の利かないマスキングテープとの格闘になります。この手の、息の長い直線ないし曲線のマスキングで気を付ける点は、兎に角密着させる事に尽きます。胴体の面の微妙なねじれや僅かな溝がテープの粘着を拒み、浮き上がらせます。それを確実に見つけ出して逐一密着させないと、僅かな隙間から塗料が漏れます。エアブラシ塗装は事前の処理が肝心です。徹底的にやります。しかしそれでもミスは必ず出ます。
四箇所ほど吹きこぼれました。不覚。それとも迂闊、或いは慢心か。しかし幅の不揃いや、縁の滑らかさは特に問題なかったので、細かい修整作業に移ります。マスキングよりもここからが地獄です。

削り落とせそうな所は、2000番の紙やすりを使って削ります。上から修正塗装するにしても、なるたけ削って薄くしておけば、重ねる塗膜を薄く出来ます。
削れるだけ削ったら、最高級面相筆を使って丁寧にレタッチします。最高級と言っても模型用の使い捨ての奴です。まさかウィンザー&ニュートンのセーブルなんか使ったりしません。あれは水彩専用です。テンの天然獣毛を有機溶剤なんかに漬けたらどうなるか。……意外と大丈夫かもしれません。でもそんな度胸ないです。3号筆が2800円ですよ。
修正塗装が一発で決まる事はまずありません。何度でもやり直します。筆ムラが出てしまった所や、いっそエアブラシで直した方が良さそうだと判断できる部分は、またマスキングして吹き直します。この時の再マスキングが大変で、余裕無しのオンラインで貼らねばならないため、猛烈な精度を要求されます。神経擦り減ります。筋肉はガチガチ、眼球はしょぼしょぼです。アタマもガンガン痛み始めます。
そしてこれも一回で決まる事は稀です。貼っちゃ吹き、剥がして、まだ気に入らない所を筆で塗って、また貼っちゃ吹き、を何度か繰り返します。これ以上はもう無理と言う所まで来たら、そこがゴールです。それ以上は無理をしても、なぜかあまり良い結果になる事がありません。潔く筆を置きます。

基本色を全部塗り終わったら、一旦スーパークリアでコーティングします。削った部分やムラになった部分に膜を張る事で、この後のスミ入れが滲まない様にするためです。
スミ入れはいつもと同じ、エナメルのつや消し黒とコピックモデラー0.02mm、それにパイロットのドローイングペン005油性です。コピックモデラーがズルっとはみ出た所は、エナメルシンナーを染み込ませた綿棒で手早く拭き取ります。今回はかなり漫画チックに、真っ黒になるくらい派手目にスミ入れしました。垂直尾翼のデカールも派手派手しいので、これくらいが合うと思います。

スミ入れが終わったら、お待ちかねのデカール貼りです。と言ってもストライプを貼らないので数が少ない。十枚くらいで終わりです。ハセガワの新しいデカールはそれはもう優秀で、水に漬けたらすぐに剥がれるわ、糊は強いわフィルムは良くなじむわで、貼り心地最高です。
しかし、いくら良くなじむと言っても、スジ彫りも段差も多いので、セッターとソフターは必須になります。それでもちょっと引っ張ったくらいじゃ破れないのが、新しいデカールの素晴らしさです。実にいい気分、もっと貼りたいわ、と思った辺りで終了。嗚呼、人生って奴は。

デカールの水分を完全に乾燥させたら、最終コーティングをします。最後は半艶、セクシーなセミグロス仕上げです。
ミラーやバルカン等の細かいパーツをすべて塗って貼り付け、差し替え部品には真鍮線を通し、ウェザリングを華麗に失念して完成です。



ts72-54.jpg
これが欲しかった、タイガーシャークセット。

ts72-31.jpg
メインの飛行状態。但しサイドワインダーは二発追加して四発に。

ts72-40.jpg
増槽を捨ててミサイルを撃ち切って、パイロンだけになった格闘戦突入状態。

ts72-29.jpg
何も無しの全裸状態。

ts72-37.jpg
OVA風六発装備状態。

ts72-41.jpg
ts72-42.jpg
キットが要求する完成形の駐機状態。ラダーと脚注格納庫壁は両面テープで貼ってるだけです。

ts72-51.jpg
今回も蛍光塗料で塗った各ライトがブラックライトで光ります。

ts72-28.jpg
細部を晒す勇気。

ts72-27.jpg
実は、完成して撮影も終了した後になって破損した部分が結構あります。撮影中にぶつけて真鍮パイプのバルカン砲口がハゲていた事が判明したので、修正したらマスキングミスで焼鉄色がはみ出て胴体色も修正しなくてはならなくなって、キャノピーにマスキングテープを貼ったら剥がす時に外れてしまい、再接着したら接着剤が指にはみ出てキャノピーが溶けて白くなって、また泣きながらヤスリからかけ直してコンパウンドで磨いて塗装し直して、と。結局のところ模型製作とは、誰にも理解されない苦痛と、見えない努力の積み重ねです。失敗の修正を繰り返す時は、特にそう感じます。なんでこんな事やってんだろうと。ひょっとするとその辺が模型の醍醐味なのかもしれません。理解されないから美しい。




余りパーツを形にしてみた

ts72-45.jpg
主翼と風防を除いた一機分の胴体パーツが丸のまま残っています。飛行機模型の胴体は一ピースが大きいので他で流用するのが難しく、持て余しがちになる事が多いです。これを組み上げてみる事にしました。と言うのも、色味が気に入らなくて没にしたデカールを使ってみたかったからです。
折角の追加デカール、部品注文したらコレだけで1700円取られます。なので使ってみない手も無いでしょう。高価なのに遊ばせておくなんてもったいない、全部使います。遊ぶのはこっちです。

余り物工作なので気楽に行きます。但し、完成後に手を加えるのが困難になるパートだけは、しっかり作っておく事にします。やっぱり最後まで作りたい、と思う日が来ないとも限りませんし。
コクピットはサッと作ってすぐに組み込みます。バルカン砲口は削り落して開口して、裏側の処理だけしておきます。全体のスジ彫りも綺麗に彫り直し、塗装が映える様にします。
やらなかったのは全体の縁研ぎです。これだけはやめておきました。手間が矢鱈かかる割に他の誰も見ない部分は、製作者さえ気にしなければそのままでいいのです。面倒、やらない。

表面処理だけ綺麗に仕上げたらすぐ塗ります。殆ど何も考えなくていい作業はとてもラクです。スージーブルーを買ってありました。鮮やかさに惹かれて衝動買いした塗料です。いつかどこかで使ってみたいと思っていましたが、機会が無くて塗料箱の肥やしになっていました。デカールの方は若干鈍く暗い感じですが、ハゲしい違和感が生じるほどには遠くないと思います。少なくともエンジェルズのブルーを塗ったボディに貼るよりは。

デカールの色に合わせる事も考えましたが、塗りたくありませんあんな色。ヤだよ。塗りたくない。あの色を全面に塗ったら物凄い事になりそうです。なのでハセガワの間違った色のデカールに合わせてやる気はなくなりました。だって最初から違うし。大して美しくも無いし。大阪の濁った海みたいな色です。悲しい色やねん。何より原作にこんな色で塗られたタイガーシャークは一コマたりと出て来ません。
それに、瓶から出した青を使いたいんです。混ぜ物無しで生のまま。調合無しの鮮やかな色を真っ白な画用紙にアラプリマで一発塗りする幸せは、絵描きと子供にしか分からないかもしれません。

ts72-46.jpg
しかし他に使い道のないストライプ、ここで使います。貼ってみると、機首下面はどう頑張ってもズレるみたいです。塗装指示書に従って、可能な限り正しい位置を狙ってマスキングしてありますが、デカールの曲線が合いません。これはデモンストレイターの黒のストライプも同様でした。設計にミスがある様です。こう言う部分はユーザーが何とかします。愚痴っていても完成しません。
ミスは手描きで修正します。エアブラシ作業がメインになる模型塗装も、最後は筆塗りの修練が物を言います。塗料の癖を把握して、自在に扱えるまでになる事が、綺麗な完成品を作れるかどうかの境目になります、と言うのは美しい言い方です。実際は、不様な失敗をいかに姑息な手段を用いてそれと分からない様に巧妙にごまかすかです。

ミディアムブルーを混ぜて、デイトナグリーンを微量足せば丁度いい感じです。全面をこの色で塗ればデカールと塗装部分との違和感は無くなりますが、それで完成した物はイメージと大きく違うタイガーシャークになっているでしょう。
デカールとスージーブルーとの差は、現物を遠目に見るだけなら殆ど気になりませんが、明るい照明の下で至近距離からだと目立ちます。指示通りにエンジェルズの青で塗装したボディに貼れば、もっと合わない筈です。試してみました。

ts72-49.jpg
フォトショです。実際に貼ったデカールをコピーして切り抜き、ワープツールで変形して、完成した方に移植しました。撮影状態の僅かな差による色調の変化を防ぐため、同一画面内から素材を取ってあります。塗装指示書の指示通りにエンジェルズの青で塗装してデカールを貼るとこうなるわけです。
矢張りかなり違う。しかしこのストライプの色に合わせて胴体を塗装しろと言う事では無い筈です。事実、指定されている色もエンジェルズの青な訳ですし。それに誰だってエリア88のタイガーシャークをこんな色で塗りたくはないと思います。イメージが全く違いますから。なのにハセガワはこの全然違う青の帯を貼れと言う。

ここまで違う色味のデカールを用意してしまったハセガワの積みは大きいと思います。一体何千箱のタイガーシャークが、全国の民家で積みになっている事か。このストライプの色味が原因で積みにされたタイガーシャークは、決して少なくない筈です。積み作り過ぎるんじゃないですか。ハセガワは積み滅ぼしに、正しい色味のデカールを購入者に無料配布すべきです。箱のバーコードを切り取って送ってね、銀なら五枚、みたいに。送料無料で。元々相当高いんだからこのキット。
ts72-47.jpg
並べて比較すると違いがはっきり分かります。デカールの帯は幅が広く、縁は綺麗に整っていて、色味が大きく狂っています。マスキング塗装の方はかなり細めに貼って吹きましたが、そこはやはり手作業なので接写で見ると縁はガタガタ、でも色味は完全に同じです。マスキングが下手なのはハセガワのせいじゃありませんけど。

どちらが良いと言う事はありません、各人が良いと思う方を選べば良いのです。マスキングだって他の人はもっと上手にできるでしょう。しかし、元はと言えばハセガワが正しい色味のデカールを用意しくれてさえいれば良かっただけの話です。基本塗装まで終えたのに色の違うデカールで躓いた、なんて人は怒っていいと思います。いるかどうか分かりませんけど。いるでしょうかそんな人。皆さん積んでるんでしょ? 正直におっしゃい。

ts72-48.jpg
さすがに飽きました、タイガーシャークにもユニコーンマークにも。しばらくは大丈夫です。


ts72-53.jpg








posted by 跡間シノブ at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガーシャーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

タイガーシャーク 3 1/72 F-20 タイガーシャーク


F-20タイガーシャークは三機が試作されただけです。開発競争に敗れてお蔵入りとなった機体です。

物語の小道具としてのタイガーシャークは、エリア88以外に登場しているのを見た事がありません。たった三機しか作られず、コンペに負けて採用されなかったために日の目を見る事も無かった敗残機なのに、エリア88の主役を務めた事で人気メカとなった稀有な航空機です。
ここまで過大評価された例は、このF-20以外ではジミー・ペイジくらいかもしれません。本人は過大評価だと謙遜しますが、あの人は弾き始めた途端にツェッペリンになります。そう言った、他の誰かでは代わりが務まらない存在感は実力と呼んでいいと思います。技術レベルも決して低くないと思います。セックス・ピストルズは世界的に有名ではありますが、彼らの演奏技術に対する評価は全世界でボロのチョンです。実際ヘタです。キャラクター的にも代わりはいるんじゃないでしょうか。シド・ヴィシャスを英雄視する人って、なぜか今でもいますけど。

兵器として最も幸せな事は、一度も実戦使用されずに埃を被って退役する事です。力は使わないためにあります。しかし本当に使う必要に迫られても使わないのであれば、その力は無い方がマシです。持っているだけで制約を受けますし、維持と管理に無用な費用もかかります。柔道や空手を習っていてもケンカでは絶対に技を使わない真面目な少年が、ゴミクズ共にナメられるのと同じです。
使う度胸があり、使った時に生じる責任を背負う覚悟もあると認識された時のみ、その力は本来の機能を発揮します。都議選に隠れて領海侵犯されてもシナ軍を攻撃しない海上自衛隊に、存在する意味はありません。日本がナメられるだけです。使う事が前提で作られ、使うべき時は使うが、必要が無ければ使わないままで終わる。タイガーシャークは、その意味では最も幸福な兵器の一つかもしれません。今は博物館に一機が残るのみです。

もしエリア88の主役メカがF-5Aフリーダムファイターだったら、F-20タイガーシャークなんて失敗兵器はだれも見向きもしなかったでしょう。その後キット化されるのもフリーダムファイターばかり、と言う事になっていた筈です。
F-20タイガーシャークは、元はF-5Gと呼ばれていました。エリア88初登場時もそうです。同じF-5シリーズですが、後に続くアルファベットによって愛称が異なります。F-5A/Bがフリーダムファイター、F-5E/Fがタイガー2、そしてF-5G(F-20)がタイガーシャークです。

フリーダムファイター? 何が自由の闘士か。つまり「未開の専制国家の民衆に自由を与える正義の民主化の戦士」てのが、アメ公どもの言いたい所なんでしょう。しかし現実は、産油国や貴金属産出国を火の海と瓦礫の山にして、現地人を殺戮する事でウォール街のウジ虫企業を儲けさせる悪魔の手先軍団です。もちろん作っていた人や乗っていた人に、その自覚は無かったでしょうけど。自覚があろうがが無かろうが、彼らの犯した罪はそう言う事です。

アメリカには中東政策と言う政治セクションがあります。何でアメリカが遠く離れた中東に政策をめぐらすんでしょう。答えは簡単、中東にある物と言えば石油です。子供でも知ってます。しかしアメリカは元から産油国で、他国の石油を必要とはしていません。日米開戦の直接の理由も、アメリカによる日本への石油の禁輸でした。
なのにバカブッシュや他の合衆国大統領どもは、「石油が足りない」と言いながら、中東を爆撃して来ました。掲げた看板は「テロとの戦い」、首から下げたプラカードは「民主化」です。

あまり言及されませんが、アメリカはいわゆる「ユダヤ人」の国です。ニューヨークをジューヨークと呼ぶアメリカ人もいるくらいで。なのでアメリカがイスラエルを支持するのは至って当然です。そもそもイスラエルは主に英米が支援して作った国です。



第一次世界大戦中、フランスがカトリック教徒保護の名目でシリアを占領しました。シリアはイギリスに泣きついて「英仏の対独戦争に協力するから、戦後は独立させてよね」とフサイン・マクマホン協定を結びました。しかしこれは、イギリスにとってはイスラム教徒を参戦させるための欺瞞でした。1917年にシリアは一応、独立します。
実はイギリスは大戦中にフランスと結託してシリア分割秘密協定を結んでいました。イギリスはそれを実行し、1919年にシリアを裏切ります。イギリスの裏切りでシリアはフランスの委任統治領になりました。
しかし第二次世界大戦で軟弱フランスがドイツに負けたので、シリアはへっぽこフランスから独立しました。すると卑賎フランスは戦争が終わった1947年、米軍のお陰でドイツがいなくなった途端に、またシリア侵略を始めました。あの国連が「もうやめとけ」と諫めるほど、矮小フランスはシリアに対してやりたい放題、悪逆の限りを尽くしました。その後は本当にごたごたを繰り返して、今のフランスとシリアの関係があります。シャルリ・ドブエ襲撃は、その象徴的な事件と言えます。エブドでしたか。

イギリスは第一次世界大戦中、裏でユダヤ人とも取引していました。イスラエル建国を約束したバルフォア宣言です。裏取引大好きですイギリス。イギリスが戦費調達のためにユダヤ人が持っていたカネをアテにして建国を約束したとされていますが、正しくは「英国政府がパレスチナに於いてユダヤ国家成立を約束するなら、シオニズム運動を主導する米国内のユダヤ人は米国政府に対独参戦圧力をかける」です。イギリスが欲しかったのはユダヤ人のカネではなく、むしろアメリカの軍事力でした。
パレスチナとは、オスマントルコが付けたイスラエル辺りの地名で、シオニズムとは、約束の地つまりイスラエル辺りに帰ろうとするユダヤ人の主義主張の事です。

イギリスは二枚舌を平気で使います。試合前には「正々堂々と戦いましょう」と言っておきながら、試合開始直後に「恋愛と戦争では何やっても許される」とサラッと掌返して言ってのける、ダージリン様の言葉を聞けばすぐ分かります。よくあれで正気を保てるものだと呆れるほどの嘘をつけるのがイギリス人はじめ白人です。約束なんか破りゃいい、くらいに思ってんでしょう。それが世界です。イギリスは第一次世界大戦中にアラブ人とユダヤ人両方に口約束をしていましたが、第二次世界大戦後の1948年、結局パレスチナにイスラエルが建国されました。

そのイスラエル建国の日に第一次中東戦争が勃発します。イスラム諸国は中東にイスラム以外の国を作られたくなかったので攻撃を開始した訳ですが、米英の支援でイスラエルが圧勝。その後何度も戦争を繰り返して、今のイスラエルと周辺国の関係があります。つまりイスラエルを巡る周辺国との諸問題の元凶はイギリスとフランスで、イスラエルを支持して中東に火薬をばらまいて爆発させまくっているのはアメリカです。その後もイスラエルを巡る戦争は当然続き、第四次中東戦争では石油危機になりました。
オイルショックの真相は、報道されていませんでしたが、古代の怪物が近代兵器相手に暴れていた事でした。コンクリート・レボルティオでそう言ってました。



1950年から1958年頃まで、アメリカはイスラエルを支援するのと同時に、(少なくとも表向きは)中東諸国がソ連陣営に付いて行かない様に画策していた様です。中東諸国と西側自由主義陣営との友好関係の構築を目論んで(いるアナウンスをする一方で資金提供して武器を輸出して)いましたが、宗教上の理由から、それら中東諸国はイスラエルと戦争してばかりでした。戦争当事国の双方に支援すると言う事は、誰がどう考えても戦争を長引かせると言う事です。
「ケリが付かない方が良いんじゃないか? 商売としては」

しかし宗教やウォール街の思惑がどうでも、いきなり第三者が銃を持ってやって来て「今日からここにコイツラ住ませるからお前らはどけ」と言われれば、そりゃ誰だって怒ります。しかも本当に国家を作られた訳で。それも地中海沿いの一番良い所に。エルサレムの東側、内陸側は殆どが砂地です。エリア88のアスランも、北の地中海沿いは涼しい風が吹く、緑豊かで穏やかな気候の良い環境です。それをある日突然、ごっそり理不尽に武力で持って行かれたら、居座っている強盗を殺して取り返すのが当り前です。



1958年辺りから、アメリカはイランのパーレビ国王を支援し始めました。
イランはイスラエルの敵で、共謀罪が無い数少ない独立国です。はよ亡命せえや小西。アメリカが「支援」していた本当の理由は銀行だと思います。いずれ派手な内戦を起こさせて国土を破壊して国力を奪い、その隙に復興の大義名分でIMF系の中央銀行を置かせるつもりだったんでしょう。破壊する予定の国が起こす戦争は、大規模になるほど儲かる訳です。

パーレビ国王は、当時最新鋭だったF-14トムキャットをアメリカからまとめて購入しています。飛行機好きの国王にはちょっと親近感があったんですが、アメリカの傀儡だと聞けば、さもありなんです。
その後イラン革命が起こり、アメリカはイラクのフセインと組んでパーレビを支援しましたが、ホメイニ師に負けて、イラン王国支援は失敗しました。この時のどさくさに乗じてマッコイ爺さんが帳簿を細工して一機ちょろまかしてエリア88に持って来たのが、ミッキーの一機目のトムキャットです。

アメリカは何度かイランを焦土にしようと画策したみたいですが、上手く行きませんでした。現在は北朝鮮のミサイル技術も流入しています。北朝鮮のミサイルの性能が徐々に上がって来ていますが、チョンに何かを改善する能力なんてありません。裏でカネと技術を提供している奴がいます。
安倍総理はG7の席で、北朝鮮の弾道ミサイルはイランの核開発と結び付いていると話して、各国首脳の関心を買う事に成功しました。日本以外の国は北朝鮮などまったく気にしていませんが、イランの核ミサイル技術には目を光らせています。自分の事しか考えないのが現実の余所の国家です。

民主化民主化とキチガイみたいに喚き散らすアメ公ですが、イランは曲がりなりにも革命で王政を廃止して民主化した国です。アメリカが今更ケチを付ける余地は無い筈です。なのに「核ガー」「ミサイルガー」と白痴みたいに喚き続けています。経済制裁もやっています。イランには今でもIMF系中央銀行がありません。
現在イランは、アラブ諸国のカタールとの一斉断交を巡って旗色が悪いみたいです。カタールはスンニ派が多い国ですが、イランとは昵懇です。イスラエルを支持してパレスチナ問題を解決したいアメリカの画策で、ペルシャ湾周辺の状況はスンニ派アラブ諸国対シーア派イランの様相を呈して来ており、きな臭くなっています。北チョンを片付けた後はイランですか。



イランを支援していたのと同じ時期、アメリカはイラクへの支援もしていました。
イラン革命でアメリカがパーレビ国王をフセインと共闘して支援していた事からも分かりますが、フセインは実はアメリカが支援していました。結局は戦争させて国土を破壊し、瓦礫と化したイラクにも銀行を作るつもりだったと言う事でしょう。イランにもイラクにも「支援」していた訳ですから。そのアメリカのイラク「支援」は1991年の湾岸戦争で終了します。

2001年の911テロ以降は、イラク派兵による直接支配に切り替えました。裏工作が面倒臭くなった様です。イラク派兵が9年続いて、米国民も好い加減、派兵に嫌気が挿して来ていました。イラクには既にIMF系の中央銀行が設置されています。米軍は速やかにイラクから撤退しました。まるで銀行さえ作っちまえばもういいやとでも言うかの様に。

ISISが台頭したのはその直後です。フセインの国家運営をかつて担当して、今は「国家運営が得意な」山賊となっていたバース党がISISに参加。イラクとシリアの国境付近の広範囲を支配します。平たく言って、ヒダリー・クリンチョンが旗振り役となってCIAの傭兵が作ったテロ組織にフセインの残党が合流し、ジハードに憧れたムスリムのバカ者達がヨーロッパを中心にしてあちこちで自爆してひどい迷惑をかけている訳ですが、そいつらが先月、とうとうフィリピンまで来ました。米軍が退いたからです。日本の国防に関わるこの一大事を、日本のカスゴミは一切報道しません。
https://twitter.com/search?q=%23isis%20philippines
しかしそのISも、今や戦闘員が15,000人から1,000人弱に激減していて壊滅寸前です。トランプとプーさん、IS殲滅まであと一押しですけど、二人は本気で片付けるつもりでしょうか。ついでに言うと、ISINのハシシタをISISに放り込んでB2とかで爆撃して始末できないもんですかね。ボンボンの安倍総理が悪いハシシタにたぶらかされる前に。生まれも育ちもおよろしいエエトコのおぼっちゃんは、下層階級で品性下劣なロクデナシのチンピラ博徒に惹かれるみたいですから。

そのロクデナシが大阪を切り刻んでくれてやろうとしたミンジョクの、北の方の電話がこの所、毎週の様にミサイルをぶっ放しています。それを見てもトランプは当初の威勢はどこへやら、記者会見で煮え切らない御託を愚図愚図繰り返していますが、この七月の中旬は、キンピラがトランプに泣き付いて要求した100日の猶予の期限です。
気になるのはトランプのあの態度、共和党内のグローバリスト共とディール出来ていないのか、それとも期限切れまでのカムフラか。Twitterでは殺る気も準備も万端みたいですけど。フォローしましたよトランプのアカウント。うさぎさんチームの山郷あゆみの中の人も、トラさんフォローしたって言ってたし。



イラクを支援し出した頃、アメリカはエジプトにも「支援」を開始していました。
湾岸戦争から二十年間は、アメリカは中東諸国のコントロールを目指していた様に見えます。ペルシャ湾の自由航行を監督するなどがそれです。それで納得行く結果を出せなかったのか、それとも事業計画が一段階進んだのかは分かりませんが、2010年代になって若干の軌道修正が見られます。

2011年辺りからアメリカは、中東諸国の「民主化」を目指しています。「民主化」が本当であるとでも言わんばかりに、形だけ取り繕ってワザとらしく、イラクで選挙やらせたりしていました。砂漠の様な苛酷な環境には、意思決定に時間のかかる民主主義の様な政治形態は適していないと言う事は、よく言われる事です。
実際は、内戦状態にして混乱させている隙に中央銀行を作ったら、アメリカは中東諸国の「民主化」を早々に、簡単に「諦め」ました。エジプトもそのうちの一国です。アメリカはエジプトにもしつこく「民主化」を要求していました。最終的に「アラブの春」で無政府状態にさせられたエジプトには、IMF系中央銀行が設置されました。その後はそれ以外全部ほったらかしみたいです。



2014年、オバマはアメリカが世界の警察を廃業する事を宣言しました。それに呼応して世界中でテロが頻発し始めます。特にヨーロッパでのアラブ人の自爆テロがそれはもうひどくなっていて、報道されない規模の小さな爆発事件や爆発未遂事件が連日連夜繰り返されています。CIAが作ったISにノセられたアラブ人のバカ者達が自爆し、その度に電車が止まり、検問で通行止めになり。未遂事件となるとその何十倍も起こっていて、未遂でも交通が規制されるので、まともに出社できる日が月に何日あるかと言う状態だそうです。これはドイツにいるウチの身内の証言です。

今年、トランプがイスラエル支持を継続する事にしました。大統領の椅子との交換条件だったと言われています。イスラエルに住み着いたユダヤ人の数が、あと数年で、世界に離散して金儲けしているユダヤ人の数を上回るとする予想がなされている事から、アメリカのイスラエル擁護のスタンスが微妙に変わりつつあるとの事です。その影響でイスラエルを巡る中東和平が安定化するとの見方もある様ですが、さてどう言う物でしょう。ウォール街はイランのIMF中央銀行を諦めてないと思いますけど。

ダラダラ書いてきましたが、つまり中東の混乱は殆どアメリカが悪いんです。その次にイギリスとフランスが続きます。主に米英仏の三国が、中東を爆撃して火の海にして瓦礫にして難民を大増産してるんです。特に英仏にシリア難民が押し寄せるのは当たり前です。そして一番の元凶の癖に知らん顔してるアメリカ、貴様らが責任取って難民引き取れボケ。元々移民国家だろてめー。







ハセガワ 1/72 F-20 タイガーシャーク 

CIMG2005.JPG
ぼっちタイガーシャーク祭り続行。かなり前に爆装増槽一切無しのハダカで組み、半端に完成させた汚い状態で放置しまくっていましたが、ハセガワのエリア88祭りの便乗ついでにレストアしました。

新品でも安売りなら700円程度のキットです。長らく仕様を変更していないハセガワの定番商品の一つで、何時でも購入できます。どこの模型店に行っても大抵置いてあります。はっきり言って、新たに買い直して最初から作り直した方がよっぽど気がラクでした。それでもなぜか手を入れてしまいます。
勿体ないと言えるほどの金額じゃありません。一寸小マシな店なら昼食代にもならないでしょう。なのに、ただ手元にあると言うだけで、余計な手間と時間をかけて修復します。ファントムの時もそうでした。初めからやり直した完成品に比べて、辿り着ける到達点が確実に低いにも拘らず。

何故そうまでして無駄な時間を使ってしまうのか、自分でもよく分かりません。多分、山があるから登ると言う登山家と同じでしょう。ただ目の前にある、恐らく理由はそれだけです。そうでないとしたら、何者かの呪いでしょうか。お前はこんな無駄な事に、一回しかない大切な人生の貴重な時間を浪費すればいい、と。ひょっとしたら、悪い魔法使いの呪いをかけられた紬車の錘(つむ)に指を刺してしまったどこかのお姫様みたいに、いつか遠い過去の日、模型製作の最中、呪いのかかったキリか千枚通しでうっかり指を突いてしまったのかもしれません。ピンバイスなんて持ってなかった頃に。

CIMG1969.JPG
デモンストレイターを、指示通りにほぼハダカで作ったので、こちらは完全爆装で作る事にしました。同じ金型なので、デモンストレイターの付属パーツが一式丸々余っているのです。このキットの本来の付属パーツの方は半分方消失していました。他のどこかで使ってしまった様です。

改めて見ると、当時の表面処理が非常にテキトーです。かなりヤスリをかけなければなりません。しかしヤスリをかければデカールが失われます。塗装はほぼ全面やり直さなければいけませんので、生き残れるデカールは殆ど無いでしょう。
しかし前回、同じタイガーシャークのデモンストレイターを完成させています。ハセガワの仕様により、デモンストレイターを作れば、元のタイガーシャーク用のデカールがほぼ丸々一枚余るのです。計器盤だけは使われますが、それはさすがにこちらを製作した時に既に貼ってありました。なので心置きなくヤスリをかけられます。完全に表面が真っ平らになっても大丈夫です。ただ、できる限りラクをしたいので、手を抜ける所は抜きます。

ゲート処理の甘い所、バリが残っている所、合わせ目が消え切っていない所等を重点的にヤスり、塗装が汚くなっていた所も容赦なく削り落します。背中の小さいレーダーは作業中邪魔なので一旦削り飛ばして、後でプラ板で再生します。
翼やノズルの縁を薄く削るのが定番工作なんですが、それはしませんでした。新規工作なら恐らくやってた所ですが、到達点が低い事が最初から予定されているレストア作業では、コスパ的に報われない作業になります。新規作り起こしと同じレベルに到達させるつもりの、本当に本気でレストアする時であれば勿論やりますが、今回はそこまでやる気にはなれませんでした。だって現行品だし。ただ綺麗な完成品を作りたいのなら、そこらへんで新しいのを買ってくればいいんです。本当に、なんでわざわざレストアなんかやってるんだろう。
CIMG1970.JPG
キャノピーを外して、いつもの改造です。HUDとリアビューミラーを作ります。バルカン砲口もやはり同じ、0.5mm真鍮パイプです。
枠の塗りの仕上げが汚かったキャノピーはシンナー漬けにしました。塗装は落ちましたが、全体が真っ白に曇ってしまいました。これもまたコンパウンドで磨きます。
キャノピーの下に付ける、馬の蹄鉄の様な形をした、跳ね上げる時の支えみたいなパーツは残っていませんでした。これも何かに使ってしまったんでしょう。でも気にしない。作った事がない人には、言わなきゃ絶対気付かれない。バレなきゃ手抜きじゃないんですよ。

パイロット人形は数に余裕が無くなってきました。いや、数だけならまだかなり残ってるんですが、イイ男がいない。ここは米空軍の標準スタイルの人形ではなく、どこか他所の国の誰かを拉致る事にします。良いんだよどうせレストアだから。何か、レストアと言う言葉が「テキトーに作る」言い訳みたいになって来てます。空自もいましたが、今回は英国海軍、ロイヤルネイビーのハリアー乗りを連れて来ました。そのハリアーはもうありません。なんせ中学の時のです。

短距離空対空ミサイルはキット付属の物ではなく、そこら辺にあった余りパーツです。古い感じの形のが欲しかったので、そう言う形のを選びます。四発なら何とかなる事が多いです。アニメ版みたいに六発となると厳しいです。
パイロンとミサイルに0.5mmの穴を開けて真鍮線を通します。飛行状態で組むわけですから、この補強作業は必須です。ブンドドする気満々です。完成が楽しみです。

折角なので、今回作る他のF-20とは違う仕様で作りたい。なので操縦席前の空中給油ブームも付けます。これだけで大分印象が変わります。やっぱり顔は大事です。およそほぼ全ての人類がブサイクと感じるパーツの究極の寄せ集めである韓国人なんかに生まれなくて本当に本当に良かったと、両手一杯の花束を神様だか仏様だかに送りたいほど、心の底から感謝します。
でも、似合いやしないんですよ感謝なんて。分かってます。柄にもない事した時は、大抵何かひどい目に会ったりするし。他に搭乗用のラダーがありましたが、キャノピーを閉じて飛行状態にしている以上、こっちはどうしようもありません。変化を付けるのは給油ブームだけで良しとしましょう。

ざっと仕上げてドカッと塗って、スミ入れを控えめに済ませて再度デカールを貼ったら、翼端灯が残ってました。蛍光塗料を塗ってブラックライトで光らせる小ネタを、今回もやります。
翼端灯は、今回はデカールで処理してみました。先に作った二機でやった様に、完全な円形を手描きで塗り込むのは大変です。垂直尾翼の長方形は1/144のアニメ版でもデカールにしましたが、今回は翼端灯もデカールです。
大量に所有している余りデカールの余白部分に、エアブラシで蛍光赤と蛍光青をそれぞれドカ吹きして厚塗りします。塗り込む訳ですから、別に余白でなくてもいいのですが、やっぱり印刷されている部分を塗りつぶすのは勿体ない気がします。いつかどこかで使う日が来るんじゃないかと。この手の貧乏性は人生を圧迫する事が多いです。カネより大事な物を色々失って来た気がします。

完全乾燥に数日かかるくらい厚く吹きまくって、後でこれを円形に切り抜きます。小さな円形を正確に切り抜くには、ポンチが必要です。書類用の二穴のパンチはダメです。どれも大き過ぎますし、狙った所を抜くのは至難の業です。なのでホームセンターへ行って、1mmのポンチを探しました。2mmのポンチは辻元ミサイルの時に使ったので手元にありますが、1/72の戦闘機の翼端灯には2mmでも大きいです。

探せばあるもんです。1mmの円を切り抜けるポンチを売ってました。無いかもしれないと思ってたんですが、存外にありました、しかも安い。ホムセンには耐水紙やすりも大きいのが揃っています。こちらも安い。ホムセン優秀です。でも、直径2mm未満の真鍮線はありませんでした。さすがにそれらは模型以外での需要が無い様です。数少なくなった模型店で買いましょう。

買って来た1mmポンチで、蛍光塗料を分厚く塗った余りデカールを打ち抜きます。カッティングマットの上で垂直にうりゃ、と一息に押し付けます。塗料がひび割れるかも、と心配しましたが、大体ひび割れました。どうにも中々、綺麗に円にならない。
でも、十回くらい繰り返しているうちに、手が慣れて来ました。抜いた円の縁を指で撫でて慣らしてやると、割と整った円になっている物が幾つかあります。それを水に浸して貼ってみました。これは大当たり、面相筆での手描き根性塗りよりはるかにラクです。今度からこれで行きます。
長期間販売され続けている定番現行品をほぼ素組みしただけなので、今回はあまり書く事が無いです。



完成。

ts72-20.jpg
ts72-23.jpg
完全爆装にすると、シルエットが大きく変わります。

ts72-19.jpg
雰囲気も全然違って見えます。
スーパーのタイムセールか百貨店のバーゲンの帰りのおばちゃんみたい。

ts72-17.jpg
でもこの姿が戦闘機としては正しい運用形態なワケで。遠くまで飛んでって爆弾落して。
自力で空まで飛んでる割に、人間ってアホだなと。

ts72-24.jpg
むしろ欲深い? 戦争やらせてる連中なんて大体いつも同じだし。

ts72-18.jpg
各ライトがブラックライトで光ります。



ts72-21.jpg









posted by 跡間シノブ at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガーシャーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

タイガーシャーク 2 1/72 ハセガワ デモンストレイター

エリア88は長らくアニメしか見た事が無かったので、二、三年前にやっと原作漫画を全部読んでみました。曲がりなりにも漫画を描いていながら、本当に呆れるくらい漫画に興味ないです。

原作の冒頭を見ると、最初は長期連載するつもりはなかったみたいで、一話完結の物語が続きます。毎回ラストのページは一枚丸々使った大ゴマに、詩心のあるモノローグが配置されていて、明らかに松本零士の戦場漫画シリーズ、ザ・コックピットを意識して描いている事が分かります。
AREA88_0049.jpg
左 ザ・コクピット  右 エリア88
エリア88のセールスポイントの一つは、戦場漫画を少女漫画の絵柄で作った事です。戦闘機がどかどか出てくるお話であるにも拘らず、操縦する人がマーガレットとか花ゆめとかに出て来そうな見てくれで、その落差が良くも悪くも強烈な特徴になっています。女性キャラに至っては外見ばかりか心理描写の手法までが少女漫画です。別マとか月マとかデラマとか、昭和の王道の。

そのせいか、なんだかエリア88は主人公の傭兵達もどこか女性的です。何となく未練がましかったり、ペラペラよくしゃべったり。細い外見だけでなく、内面的に割り切れてない部分が見ていて印象に残ります。読後感もあまり男っぽい感じではありません。
時代的に近いボトムズは完全に擦り切れ切って全然しゃべりません。物凄くハードボイルドです。キリコだけじゃなく、他のキャラも余計な事は口にしません。言葉少なに淡々と行動で物語を進めて行きます。同じ、戦場で生きる男の話なのに、随分違うもんです。舞台背景も、方やアストラギウスなんてどこぞの銀河系の何時かも分からない世界、方や1979年の中近東。



エリア88で描かれる架空国家アスランは、産油国ですが石油を輸出していません。外資の参入を避け、自国内で需給をほぼ完結させて細々と、しかし豊かに暮らして来た平和で静かな王国です。

アスランの政治は王族のヴァシュタール家が代々取り仕切って来ました。砂漠のオアシスに集まったいくつかの部族の集まりがアスランと言う国の始まりで、ヴァシュタール家はその最古参だから王族なのです。その王族のサキは、他の部族はアスランと言う土地にも国にも愛着はさして無く、王がいるお陰でかろうじて国がまとまっているだけだと言います。
アスラン国民の教育レベルは低く、自分たちの国家の代表を決める方法すら知らないため、アスランが民主主義の国民国家として独り立ちするにはまだ50年は必要で、それまではヴァシュタール家が手を引いてやらなければならない、サキはそう主張します。国家に愛着が無い無教養な他部族は、当然ながらカネの誘惑にも弱く、もし王政を廃止すれば、その途端に外国にアスランを売り飛ばす奴が現れるであろう事を、正確に読んでいるのです。

一方、サキの父アブダエルを筆頭に、反政府側となった急進派は近代化を進めようとします。サキの弟リシャール王子は、国民の貧困を憂いて近代化を推進します。そのためには現政権である王政も廃止すると。貧しい国が列強諸外国と肩を並べるほどの近代化を無理矢理進めるには、当然、外国資本が必要となります。教育水準が低く、需給が満たされるのがやっとの経済規模の自国内には、今あるシステムの枠の外へ出るだけの大金は無いのです。
しかし、一度外国資本の参入を許せば、その国は骨の髄までしゃぶり尽される事は明白です。「外国資本の参入」と言えば聞こえは良いですが、その実態は要するに、ウォール街の経済マフィア共が他国の石油を強奪する事です。もちろん、目当ては石油だけじゃありません。金、ダイヤ、ウラン等、各種鉱物資源をはじめ、カネになる物は全部です。

エコノミック・ヒットマン 外国の資源を強奪する方
https://www.youtube.com/watch?v=17mE5fPQjt0

豊かな資源を持つ貧しい国は、外国資本の参入を許せば内乱にさせられます。内戦で国土が荒廃し、国民が混乱している隙をついて外国の軍隊が、主に米軍ですが大手を振って侵入、治安維持の名において現政権を圧倒的な軍事力で壊滅に追い込み、新政権を樹立させた後は「安全」と引き換えに資源採掘権を要求します。
ヴァシュタール家はそれを嫌って、外資をアスランには入れませんでした。しかしアブダエルは国家が貧困のまま衰退する事を懸念しており、かねてから外国資本の導入を考えていました。なので、外資の参入に懐疑的だった先王は、王位を保守派の弟ザクに譲りました。すると王位につけなかったアブダエルは外資の誘いに乗って、国王崩御をきっかけに内乱を起こした、これがエリア88の物語の舞台であるアスラン内戦の背景です。結果、アスランも周辺諸国も火の海、瓦礫の山です。




現実世界では中東は常に火の海です。最近の例では、「アラブの春」と呼ばれた中東諸国の一連の「民主化」は、標的にされた国々が荒廃しただけでした。エジプトでは今もテロが続いています。チュニジアのアリー政権は既に無く、国状は混乱。カダフィ大佐が米軍に殺されたリビアも今は無政府状態で、カダフィ生前の安定していた幸せだったリビアは消え失せました。

リビアを見てみます。1951年のリビアは世界最貧国の一つでした。しかしカダフィの手腕により、NATO侵攻前にはアフリカ最高水準国となり、ロシア、ブラジル、サウジアラビアよりも上でした。家を持つ事は人権とみなされます。新婚夫婦はマイホームの資金が5万ドル支給されます。国民は電気代無料です。医療は質が高く、やはり無料。国民が必要な医療を国内で見つけられない場合は政府が治療可能な国への渡航を手配します。ローンは法律による規定で全て無利子です。車を購入する時は政府が半額払います。ガソリン代はリッター0.14ドル。農家を志望すれば土地、家、器具、家畜、種子が無料支給。大学まで教育無償。保険料無料。失業者にはアパートも無料提供。

NATOはそれを爆撃して破壊しました。「カダフィがリビア国民を虐殺している」と言って。2011年7月、リビア国民の1/3に当たる170万人がトリポリに集まり、NATOによる爆撃に対して反抗を表明しています。しかし、カダフィはもういません。NATOが、アメリカかウォール街と言っていいと思いますが、そんなあからさまなウソをついてまでカダフィを殺害した理由は何でしょうか。名前は存じませんが、あるアフリカ人が動画で語ってくれていました。

アフリカのための通信衛星を提案した事。
1992年、アフリカ45か国がアフリカの通信衛星を決定しました。2007年、カダフィはこのアフリカ独自衛星の資金の3億ドルを約束しました。アフリカは初期投資4億ドル一回だけで済みますが、欧州はこの衛星一つで年間5億ドルを失う事になります。西欧諸国は年間5億ドルもの利益を、アフリカの通信ビジネスで得ていたのです。

3つのアフリカ主要銀行を計画した事。
AMF。このアフリカ銀行を作ればアフリカはIMFの負債から解放されます。これに気付いた西欧諸国はAMFへの参加を希望しましたが、2006年カメルーンのヤウンディでの会議がAMFへのアフリカ以外の国の参加を拒否しました。アフリカは他所者からの資金融資だけでなく、部外者のAMFへの参加も拒絶したのです。
中央アフリカ銀行。これで欧州通貨の使用を中止させられます。カメルーン、コルティボア、カボン等のフランス語圏では今日もCFA(フラン)が使われていますが、この中央アフリカ銀行の出現でナイジェリアのナイラの様な独自通貨を持てる様になります。カダフィはこの計画にもほぼすべての予算を出しました。
投資銀行。リビアに拠点を置く銀行で、アフリカの殆どの投資を担います。
この三つの銀行が、西欧の略奪植民からの独立を可能とするのです。オバマが、リビア国民を殺す資金だと言ってカダフィから盗んだカネは、カダフィがこれらアフリカのために用意した資金でした。
カダフィ殺害の少し前、欧州諸国の政府はトリポリに行ってカダフィに預金を頼んでいました。2000億ドルもの資金を分散して預金させて、あろう事か、後で凍結しました。それもこれらの計画のための資金でした。

アフリカ統合を計画した事。
アフリカ統一が計画されていました。具体的にどこまで進んでいたかは語られていませんでした。
西洋諸国がアフリカに最初にした事はアフリカの分断です。地図に定規で国境を引いて、支配しやすい様に、手頃な大きさに切り刻んだ訳です。五分割してワン大阪みたいに。その次にした事は、教育の廃止。ゆとり教育フルスロットル版です。ひきょうぐみこと日教組もはっきり言えばいいんですよ、「日本の教育を廃止しましょう」と。

石油をディナール決済にしようとした事。
イラクのフセインは、それまでドル決済だった石油をユーロで売りました。その直後に起こったのがイラク戦争です。石油の価格決定権は、かつてOPECが一度はアメリカから取り返したものの、再び石油メジャーに奪われ、イラク戦争でまたも米ドルに持って行かれました。カダフィは、今度は石油の支払いを米ドルからアフリカディナール金貨の決済に変えようとしていました。その直後、リビアはNATO軍に爆撃されました。フセインもカダフィも殺されました。



カダフィはリビア国民を殺してなんかいません。西洋諸国がチュニジアやエジプトで起こった事を利用して、リビアの「問題」をでっち上げたのです。ありもしない「問題」をでっち上げる事で偽の敵を作り上げ、民衆の敵意をその幻影に向けさせているうちに、重要な決定事項の判断を誤らせる。これは、国民を騙す奴らが使ういつもの手段です。

巨大な民主主義国家が戦争などの大きな政策決定を行う場合には、国民の同意、つまり世論の形成が必要になります。そのために「独裁者による虐殺を止めなければならない」の様な、大きな脅威に対抗すると言うお伽噺を作り上げるのです。経済的利害を隠蔽し、敵を悪魔に仕立て上げ、捏造した犠牲者の庇護者のフリをし、当該地域の歴史を隠蔽し、情報を独占して国民には偽情報と逆情報だけを与える。AFPなどの大手通信社はどれも、アメリカやイギリスやフランスにある会社です。

日本でもやってたでしょう、郵政民営化だとか、事業仕分けだとか、二重行政解消だとか言って、本当は存在しない「問題」をでっち上げ、テレビでガンガンそのウソを宣伝して、住民投票させる。この偽の敵を作り出して攻撃させる事を偽旗作戦、フォールスフラッグと言います。



魔法少女育成計画のスノーホワイトこと小雪は、人助けがしたくて魔法少女契約を結んだ純な若者です。凄惨な戦いを何とか生き延びた後は、世界中を飛び回って荒事を解決している様です。
まほいく12.jpg
まほいく 最終話
スノーホワイトの仕業です。でもこの「独裁政権」は、本当に独裁体制を敷いて、自国民を虐げていたんでしょうか。小雪は、フェイクニュースCNN等が撒き散らした偽情報と逆情報、つまり偽旗、フォールスフラッグに引っかかった可能性が高いと思います。
中東か南米か、小雪がその国の「独裁政権」を打倒してしまった後、恐らく産油国か貴金属産出国でしょう、この国は無政府状態に陥り、ウォール街から武器と資金の供与を受けた市民ゲリラや武装勢力が跋扈して、市民は外出すらまともにできない、盗賊と強盗ばかりがのさばるこの世の地獄と化す事が容易に想像できます。
若いと言うのはこう言う事です。優しい小雪には酷ですが、よく考えずに気持だけで行動すると大抵こうなります。河合隼雄先生が生前に言われた通り、「世のため人のため」にやった事と言うのは、まず間違いなくひどい結果になるのが世の常なのです。
まあ、小雪がぶっ倒したのが本当に悪い独裁者だった可能性も無くは無いですけど。でも低いと思います。嘘ばかりのこの世界では。

大衆は、小さな嘘より大きな嘘に騙されやすい。 なぜなら、彼らは小さな嘘は自分でもつくが、大きな嘘は怖くてつけないからだ。 アドルフ・ヒトラー



カダフィを独裁者呼ばわりしてNATOが殺した理由の一つの中では、銀行が気になりました。エリア88の漫画で描かれてはいませんが、アスランにはIMF傘下の銀行が無かったのだと思います。国内の銀行は全てアスラン独自で設立された国有銀行だったのでしょう。それが気に入らないいつもの連中が、アスランの王位継承を巡るヴァシュタール家の内輪もめに付け込んで、多額の資金を貸し付け、その資金を使わせて大量の兵器を売り付け、戦争を誘発したのだと考えれば、現実世界の悪党どもの謀略と符合します。
アスランを瓦礫に変えた後は、復興の資金援助と称してまたカネを貸し、それと引き換えに石油の採掘権と販売権を強奪すると同時に、確実に破綻する経済を立て直すためとかナントカ言ってIMF傘下の私有銀行を設立して、国民から預金を盗む。王家が存続し、政治が共和制に移行しても、国土が荒廃して国力が著しく衰退したアスランには、西欧の軍事駐留を拒む力は無いでしょう。アスランは未来永劫、IMFにカネを奪われ続けるのです。

2000年代、時期は少々前後しますが、中央銀行が存在しなかった国に中央銀行が置かれました。イラク、リビア、パキスタン、アフガニスタン。すべて戦争を起こされた国です。これが現実です。

ついでに、今トランプが毎日何百億円もの運用費をドブに捨てつつ日本海に空母打撃軍を展開しながらも北朝鮮爆撃を控えているのは、共和党内にいるウォール街のグローバリストどもが待ったをかけているからです。連中は北朝鮮に朝鮮半島を支配させるつもりでいるので、電話以下金豚共を皆殺しにされたくはないのです。いずれ電話豚に半島を統一させた後は、やっぱりIMF系の中央銀行を作るハラなんだと思います。
しかし先のG7で、トランプは北チョン攻撃の意思を各国首脳に示した様です。会議の音声が途切れたと伝えられていますが、その時にはっきり話した筈です。だからウチの総理がトランプに付いて行くと発言した訳です。
でももう六月、さっさと電話殺しに行けトランプ。一秒でも早くシナチョン国賊まとめて外患誘致罪で皆殺しにしたいんだよ。日本橋でシナチョンを見るたびにただ殺したくて仕方ないんだよ、こっちはもう暴発寸前なんだよ。




「屍肉に群がるウジ虫共め」

漫画には、多国籍企業の集合体も出て来ます。アスラン反政府軍が使っている戦闘機は主にミグ-21フィッシュベッドですが、物語の途中からフィッシュベッドの中の部品が多国籍製品の寄せ集めになりました。それはまるで国連そのものと言った感じの面々です。「途中から」と言うのは、お話の比較的初期の頃、マッコイ爺さんが敵側のパーツを拾って来る場面が割とよくあったからです。あの爺さんが気付かない筈がありません。

西側の兵器が反政府軍に渡っていると言う描写はOVAにもありましたが、原作ではもう少し踏み込んで、この世界の裏側で戦争を起こしている連中について描いています。
原作にのみ名前が出て来るプロジェクト4は、石油メジャーに代表されるウォール街のグローバリスト共のメタファーに思えますが、別物と捉えるのが正しい様です。アジアの黄色いサルの神崎が主導している事からも、組織の性格が伺えます。神崎はレイシスト白人ジジィ共の反感を買ったりします。そんな奴らです。

この辺りは、読んで行くうちに敵の正体が微妙に変わって行く様な感じがあったので、大人気長期連載になるに連れて、作者の構想も途中で変化したのだと思います。ただ、名前や素性がどうあれ、多国籍悪行営利団体である事は間違いありません。その点においてエリア88の黒幕達をグローバリストと呼んでしまっても、特に差し支えないでしょう。

兎角この世は悪党だらけです。他国の石油を盗む奴、空気からカネを作り出す奴、人を不幸にして金を儲けている奴。漫画の中でも現実の世界でも、中東は特にヒドい有様です。アメ公主導の虐殺に我々日本の税金が使われている事にもハラが立ちます。自分が死ぬ事は無いだろうなんて考えて、他国で戦争を起こす連中に。
そんな奴らは地獄に落ちればいい? カネの為に人を殺す様な悪党は神も地獄も信じちゃいません。死んだ後は何も無いから、生きている間に平気で何人でも殺すんです。何の迷いも無く。笑顔で。

そんな現実を、戦って人を殺すのが怖いから、人を殺して地獄に落ちるのが怖いから、中東なんて他人事だからと思って知らんフリしていると、いずれ自分の番が回って来ます。地獄に落ちる恐怖が他者への思いやりよりも優先している人は、優しくないと思います。人として優しさが足りずに自分の心配ばかりしている人は、きっと天国には入れてもらえないでしょう。














1/72 ハセガワ タイガーシャーク デモンストレイター

CIMG2004.JPG
買った時は、エリア88の奴と同じ塗装パターンだ、なんて思ってた訳ですが、箱を開けて出てきたのは灰色一色のランナー。自分で塗るのね、当たり前だけど。カラフルなロボットもいいな、とか思って買った300円のキットが真っ白な事に箱を開けて気付いた時みたいです。デカールになっているのは、黒い二本線だけで、赤と白は自分で塗り分けなければなりません、当然だけど。

追加デカールと指示書が入ってるだけで、中身は現行品定番シリーズのタイガーシャークです。ぶっちゃけ殆ど素組みです。でも、一応新規工作なので、手を入れられる所には手を入れます。レストアの時は、余計な手間を増やさない様にするため、制約を受ける作業が出て来ます。今回はその懸念無しなので好きにやれます。最近、レストアと新規と、どっちがラクなのか分からなくなってきました。
パーツ数が少ないので、ガンプラしか作らない人でも、組むだけなら楽勝なキットです。人型ばかりじゃなくて、たまには飛行機もどうですか。無塗装素組みでもいいじゃない。追加デカール無しの定番の方なら電気屋で800円くらいだし。タミヤセメント流し込み速乾なら五分で乾くし。

途中写真なんか無いから。

翼の縁と空気取り入れ口の縁とノズルの縁をまとめて薄っぺらく削り込み、バルカン砲口を削り落として開口して0.5mmの真鍮パイプに置き換え、機首両脇のバルジは削り飛ばしました。コクピット内部はHUDとリアビューミラーを作ります。飛行状態にするので着陸脚格納庫壁は閉じます。主脚の方は地面に近い方を少し削って胴体側の形に合わせ、前脚の方は1mmプラ板で新造しました。どちらも裏側を削って厚みを落とします。これをやらないと浮き上がります。着陸脚は一応組んであります。本当は待機状態とコンパチにするつもりでした。でも面倒だからもういいです。

パネルラインは、接着面付近で埋まったり、初めから薄かったりした所を丁寧に彫り直します。今回はPカッターに加えて、ハセガワトライツールのモデリングスクライバーと言うケガキ針を使いました。鋭くて中々使いやすいです。特に小さな円や楕円の彫り直しや、Pカッターの刃が入らない場所に重宝します。値段もそれほど高くないし、割と気に入りました。でも刺さったら痛そうで怖い。ゴムだけ外してそのまま投げれば手裏剣になりそうです。実はこの形の手裏剣を打てます私。有効射程は約二間です。トランプ爆撃はよ。在日駆除したいんや。七月中旬って噂はホント?

表面処理が出来たら基本塗装です。白はデカールの黄ばみを考慮してグランプリホワイト。デカール優先で選びました。感謝しなさい。赤は指示通りの原色赤です。出来るだけ空気中の埃や水分を噛ませない様に、至近距離から吹き付けます。すると塗料だけで物凄く艶が出ます。スーパークリアとかが必要ないくらいにツヤツヤになります。ノズルやキャノピーなどは、もちろん塗装後に接着します。

このキットで気を付けなければならないのは、キャノピーの接着です。二分割された前の方、和式便器の金隠しみたいな形の透明パーツを、胴体に接着してはいけないのです。正確に言うと、流し込み接着剤は使えない。粘性の低い接着剤を流し込んだら、胴体に接触している透明パーツの無塗装部分にまで浸透して、見苦しいまだらができるのです。それも一番目立つ顔のど真ん中に。
やってしまいました。さあこれで基本工作も終了と言う時に。左手でしっかり押さえたキャノピー前部と胴体の隙間に流し込み速乾を流したらどぶぁ……と広がって、接地面の半分くらいがつや消し黒のまだらに。しかも流動性が高いので、押さえていた親指との隙間にまで浸みて、透明パーツに指紋がびっちり。失敗して彫り直した胴体のスジ彫りまで潰れました。






また一曲歌って気を静めたら、キャノピー再生の算段を始めます。






透明パーツの修復
CIMG1958.JPG
ハセガワの現行品ですので、部品注文すれば新品が手に入ります。でもキット自体が電気屋の割引特価で650円くらいです。手数料とか送料とか考えれば、余程の田舎住みでない限り得策とは言えません。新しいキットを丸々買った方が得と言う事になりますが、その場合、キャノピーを取った後はパイロット人形と翼端の短距離空対空ミサイル二発以外の殆どの部品が無駄になります。そのまま使えそうなのは精々ラダーくらいです。方向舵ではなく、はしごの方です。そんな勿体ない事はできません。罰当たります。仏罰はぶつばちと読みます。ぶつばつなんて読んでる創価学会は公明党ごと外患誘致罪で死刑にして潰しましょう。

紙やすりを600番から当てます。400では荒過ぎです。傷が浅いなら1000番からでも十分ですが、今回はちょっと足りない感じでした。紙やすりの番手は飛ばせません。必ず順番を守ってやすります。
2000番までやすりをかけたらコンパウンドで磨きます。木綿の布にちょっと取って、擦るのではなく磨きます。以前歯医者に、歯磨きはごしごしこするんやない、磨くんやと言われた事があります。余計な話です。キャノピーを磨きます。
タミヤコンパウンドで十分透明になります。まだ物足りないなら、自動車用の3000番とか9800番とかがありますので、それを使えばいいです。ただ、なかなか思う様にツヤツヤになってくれませんでした。なぜだ。平和で豊かなこの国も、俺とあんたじゃ扱いが違うのか。格下扱いはシナチョン相手にしろよ正しく。結局タミヤコンパウンドで仕上げ、最後はワックス用のクロスで軽く磨きました。プラにはこれが良いみたいです。
再度塗装して貼り付け、今度はキャノピー下面ではなく、跳ね上がる部分に接する面だけで固定しました。流れ込んで行かない様に、従来のタミヤセメントで。チョン付けで。

理不尽なリカバリ作業を済ませたら、全体のパネルラインにエナメルのつや消し黒とコピックモデラーの黒でスミ入れします。もうコピックモデラーだけでいいんじゃないかと思う事もあるんですが、やっぱり場所によっては届かない所もあるので、エナメルはどうしても手放せません。色もきつ過ぎる時がありますしね、コピックモデラーの真っ黒では。ガンダムみたいな白地の時は特に。

広い面積の部分には、パイロットのドローイングペン005を使いました。別の用途で間違って買った物です。油性なので紙に染みます。でも模型になら使えます。ただし、完成した後で指が触れない所にだけ。
スミ入れが終わったら、いよいよ本命のデカール貼りです。



古いデカールの貼り方
ts72-0.jpg
ハセガワのデカールは、定番商品の付属デカールは何十年越しでも破れず使えたりと、比較的長持ちして優秀ですが、特殊塗装を再現した様な追加デカールは数年で使用不能になったりして、脆弱な物が多い様です。買ったら積まずにすぐ作れと言う事なんでしょうか、特に記念塗装機等は。MGMG動画の、お前の積みを数えろの回が好きです。やっぱりアレくらい積まないと一流の積みモデラーにはなれません。

白も無色部分も若干黄ばんでます。でも気にしなければ気にならないレベルです。それでも文字以外の白は使わず塗装し、無色透明部分は細くて切れそうな所と小さすぎる物以外を、可能な限り切り捨てます。害を為して足を引っ張る悪要素は、見た奴から始末します。どうせ日本のためになる事は何一つしない奴を、ゾンビ復活などさせてはならないのです。比例区は廃止しましょう。

デカールを貼る時はカッターではなくデザインナイフを使いますが、刃はできるだけ新しい物を使います。切れ味が鈍ったらすぐに交換して。ここはケチらずにどんどん新しい物に換えて行く所です。ウチの模型製作で唯一気前が良くなる部分です。デザインナイフ大好きです。作業中によく左手スパッとぶった切るけどそんなの気にしない。
今回は細いストライプが大量にあるので、まずそれらを片付けます。これがこのキットの山場です。今回の一連のタイガーシャーク全作の山場でもあります。何機作る気だ俺。とにかく天王山です。関ケ原です。池田屋です。巌流島です。ビビってても完成しないのでハラ括って行きます。

古いデカールは大抵、水に漬けた時に無理に伸ばしたままにすると、張力に負けて破れます。今回もそうでした。台紙がフィルムの側に向かって反るので、反るに任せて自然に曲がらせます。但し全体を水に漬けたままで。フィルムにも僅かですが水を吸わせて、柔軟性を取り戻させてやらねばなりません。
そして無理に剥がそうとせず、自然に剥がれるのを待ちます。しつこくへばりついている所は、ピンセットで台紙を持ってゆらゆらと揺さぶります。しかし揺さぶっても何もしなくても、この時点でかなりの高確率で何か所か破れます。

貼る位置にセッターを塗り、水中でユラユラしている剥がれたデカールの端を持ってそっと乗せます。慎重に位置を決めますが、早々と決めないとセッターに含まれている柔軟剤でデカールが弱くなります。
ここぞと決めたらティッシュで水を吸います。この時、真上からガバっと押さえるとデカールが消える事があります。ティッシュに丸ごと持って行かれるのです。裏返ったデカールがティッシュにへばりついているのを見るのは精神的にかなりこたえます。右を見ても左を見ても大阪を消滅させようとする敵ばかりでうんざりする時みたいに辟易します。なので面積の半分くらいをそっ、と押さえて、プラとフィルムの間の水を抜きます。
でもティッシュを使うと、繊維が崩れて模型に貼り付いてしまう事があるので、良く水を吸うタオルがあるなら、そっちの方がいいと思います。ウチに無いだけですそんな上等な物。無いから仕方なくティッシュなんです。仕方なくやってる事もあるんだよ。グレゴリー・ペックがローマの休日で言ってた様に。

シルバリングを避けるため、水を抜いたら表面を濡れティッシュで軽く撫でて馴染ませます。当然ここでもティッシュです。ねーっつってんだろ上等なタオルなんか。この時の力加減が重要で、硬く絞ってもダメ、ヘロヘロでもダメ、絶妙なる匙加減で、デカールを痛めない様に気を付けつつ、隙間の空気を抜きながらプラに密着させます。位置修正ができるのはこの段階までです。

スジ彫り部分や、凹凸が激しくてデカールが浮きそうな部分にはソフターを使います。瓶に刷毛が付いていますが、塗布量は僅かでいいので、使い古しの面相筆を使います。デカールを湿らせるように塗ります。一分くらいで効果が目に見えて現れますが、古く硬くなったデカールは時間がかかります。柔らかくなるのを待って、余分なソフターをティッシュで吸い取ります。吸い取らないと乾燥に余計な時間がかかります。黄ばみも悪化するらしいです。そんなんヤです。
ここまで来ると、もう位置の修正はできません。ソフターを使った所が乾燥してピンと張ると、プラにデカールが密着しています。密着させ切れなかった所には、面相筆でセッターを再度流し込みます。そしてまたティッシュで吸い取り、ソフターを塗って吸い取り、を繰り返します。ただし、あまり何度も繰り返すとデカールが破れる確率が上がります。

大きなデカールの真ん中辺りに空気が入って白くなってしまった所は、デザインナイフで傷を入れてセッターを少量流し込みます。そしてやはりティッシュで吸います。クリアコーティング塗装後にはどうにもならない部分なので、見付けたらその都度片付けて行きます。この手の虱潰し作業は本当にイヤです。神経擦り減ります、どこもかしこも敵だらけで。でもうずくまって泣いてても始まらないから。
胴体のストライプを貼り終わったら、一旦完全に乾燥させてクリアコーティングしてしまいます。触れただけで剥がれそうだからです。垂直尾翼は持ち手にしていたので後回しです。がっちりコートしたら、残りのデカールを貼り切って、またコーティングです。

キャノピーを貼った後なので、クリアがかからない様にマスキングしたんですが、ここでイレギュラーがイヤガラセの様に襲って来ました。完全に仕上げた筈のキャノピーの内側が、なぜか白く曇ったのです。瞬間接着剤が白かぶりした時とはまた違う、まるで自動車のフロントガラスに大量の牛乳をこぼしてこびり付いたみたいな感じに。
原因が全く分かりません。外側ならマスキングテープの粘着剤ですが、内側です。密封こそしてはいない物の、乳白色のまだらがこびり付く理由が無いのです。なぜだ、十分に気を配って作業しているのに、理由も無いのにケチが付く。前回の1/144の時は、限界まで粘着力を落としたマスキングテープに貴重な一角獣のデカールを剥がされて持って行かれたし。
外すしかないのか、と手をかけて気付きました、ギリギリの位置に貼ったデカールがキャノピーにかぶっています。この状態で強引に外したら、やっとの思いで貼ったデカールが破れます。替えはありません。それにかなり強力に接着してしまっています。下手をするとキャノピーが真っ二つに割れかねません。
ティッシュでこよりを作ってラッカーシンナーに浸し、前から差し込んで、少しずつ拭き取って行きます。せっかく作ったリアビューミラーとHUDを飛ばしてしまわないように気を付けて、静かにちょっとずつちょっとずつ。結局、真ん中のミラーとHUDは外れました。分かってたよ、こうなる事は。直すよ。直しゃいいんだろ。

デカールの破れた部分は、ラッカー塗料と新品の面相筆でレタッチします。はみ出した部分は面相筆にシンナーを付けて、撫でて拭き取ります。コーティングしたスーパークリアの層があるので、簡単にその下の塗料を拭き取ってしまう事はありません。なので落ち着いて、静かにゆっくり丁寧に修正します。この作業では新品の面相筆が最高のパフォーマンスを発揮します。

よせばいいのに最後の一手間、また翼端灯を筆で塗りました。サイズが倍なら何とかなるかもと、甘い考えで手を出したのが運の尽き、大方の予想通りひどい目に会いました。ここでは穂先が曲がった使い古しの面相筆を使いました。そう言う作業です。辛い。これ以上何も書きたくない。




完成。

ts72-4.jpg

ts72-2-2.jpg
脚柱格納庫壁は接着していません。両面テープで留めているだけです。着陸脚は作ってあるので、一応コンパチにできます。ただその気が無いだけです。

ts72-1.jpg
バルカン砲口は0.5mm真鍮パイプ、HUDは塩ビ板、リアビューミラーはプラ板です。

ts72-9.jpg
増槽、武装、パイロン一切無し、翼端の空対空短距離ミサイルは恐らくダミーです。当時の状況とかは、まったく調べてません。

ts72-14.jpg
塗装指示書にはアレスティングフックが描かれていませんでした。よく分からなかったので、とりあえずボディ色と同じ赤で塗って仮固定しておきました。違うなら外しゃいいんですこんなもん。

ts72-7.jpg
1983年のパリ航空ショーに出場した時の姿だそうです。派手なカラーリングが魅力的。と言ってもデカールじゃなくて、自分で塗るんてすけど。

ts72-12.jpg

ts72-13.jpg
星条旗はムカつくので付けませんでした。見たくない物は付けない。

CIMG2222.jpg
蛍光塗料の各ライトがブラックライトで光ります。


ts72-6.jpg
よくよく考えてみれば、エリア88とは何の関係もありませんこのキット。完成すればそれなりに派手で目を引きますが、デカールがただただしんどいです。相当な手間を強要してくる割に、作り手の思い入れを増幅するキャラクター性は全く無い。この面倒臭いキットを指示通りに完成させた人って、どれくらいいるんでしょうか。















posted by 跡間シノブ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガーシャーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする