2017年01月03日

ビークルモデル ミレニアム・ファルコン

以前は、メリークリスマスと言わなくていいポリティカルコレクトネスを利用して、ハッピーホリデイとか言ってましたが、ポリコレがグローバリストの卑劣な罠であると知ったので、もう使いません。ちゃんとメリークリスマスと言います。どうしても言わなければならない時だけ。
クリスマスは我が国の年末の景気高揚に大いに利用すべきです。それで経済が活性化するのなら何でも利用しましょう。日本が世界経済に後れを取る事は許されません。でも白人どもによる文化侵略は断固拒否です。キリ教なんて暴力的な邪宗は皇の御国には必要ありません。キリストだろうがアラーだろうが、そいつらは精々八百万の神々の一柱ずつに過ぎないのですから、贔屓して殊更に持ち上げるのは差別ニダ。

なので思い切って日本風に形を変えてしまいましょう。鶏のもも肉とか、ペコちゃんが乗ったデコレーションケーキとか、既にもう相当変形しているとは思いますが、もっとぶち壊せばいいと思いますクリスマスなんか。よく分からないままゴリ押しを受け入れた為にただのコスプレの日と化し、かぼちゃ神輿まで出したあのハロウィンみたいに。カーネル・サンダース神輿とか降誕節音頭とか。チキンレースとか。

そんなわけで年も明けてからクリスマスネタでエントリーします。もう何の日だか分からない。いいんですよ、これで。GHQ共は日本の重要な祝日を全く意味のないただの休日に上書きしやがったんですから。明治節を文化の日、新嘗祭を勤労感謝の日、てな具合に。あんなのはただの休日です、何の意味もありません。一日休みになる事でGDPが1/365減るだけです。とっとと元に戻してください政府。ついでにクリスマスなんて毛唐の祭りは、名前だけ残してぶち壊しましょう。雪も暖炉もブッシュドノエルも七面鳥もねーよ。日本人なら二日前に天長節を祝え。

910o5fjwIOL._SL600_.jpg
スターウォーズ・クリスマスと言うコンセプトアルバムです。中学の時に存在を知って、欲しいと思っていたものの、結局ほったらかしのまま生きてきた、そんなアイテムの一つになります。ネットを使うようになって久しいですが、なぜか今の今まで検索の候補にも上がっていませんでした。本当は欲しくなかったのかもしれません。毛唐祭りだし。誰が上げたかYOTUBEに各曲のサンプルがありました。
https://www.youtube.com/watch?v=Jzo4QDfJhvA
https://www.youtube.com/watch?v=ddvua3e9W-U
https://www.youtube.com/watch?v=q1N5FOEQtC8
https://www.youtube.com/watch?v=xqpMr8Nwhi4
https://www.youtube.com/watch?v=KAQ-VZUdiqg
https://www.youtube.com/watch?v=vxAZ6qVz-JQ
https://www.youtube.com/watch?v=pkmNs_5WSqU
https://www.youtube.com/watch?v=zABi4TEr6f0
https://www.youtube.com/watch?v=rtic9GXDM2U
一通り聴いてみて思いました。買わなくて良かったと。C3POがウザい発音の英語をべらべらしゃべって、R2D2がピコピコフィー↑ヨー↓パパピポ、と合いの手を入れつつ、オリジナルのクリスマスソングが流れると言う物で、いかにも欧米人が80年代初頭のテイストで作ったファンディスクと言う感じです。発売された当時のキリスト教徒である白人の子供なら、たぶん物凄く幸せになれるレコードだったんでしょうけど、80年代をとっくに通り過ぎて、それも今となってはクリスマスを毛唐祭り呼ばわりする様になった日本人が聴いても、特に感動はありません。

1980年のレコードです。何度か再販されています。80年と言えば二作目、帝国の逆襲の公開年です。一作目の公開時じゃないんですね。スターウォーズの世界初登場時は、日本では歌詞付きのテーマ曲とかも出たのに。子門真人のボーカルで。版権取ってなかったとかで回収されたらしいけど。

日本ではスターウォーズの新作が出るたびに、この歌を劇場で大合唱するのが良いと思います。これこそ日本人が幸せになれるスターウォーズソングでしょう。日本人が幸せになれない外国映画なんか要らないから。スターウォーズはルーカスがチョー日本かぶれだからこそ、安心して見ていられたワケで。






毎日二時間ずつ作業して四日とちょっとで作るビークルモデル 
mf9.jpg
バンダイのミレニアム・ファルコン。当ブログにしては珍しく最新モデルです。それも世界的メインストリームの超有名アイテム。モドキをスクラッチした事はありましたが、ちゃんとしたキットのファルコンが一つくらいは欲しくて、一番新しく一番安く、且つ一番古いデザインのファルコンであると言う理由で買ってみました。電気屋で500円。あ、途中写真なんかありませんから。


一日目
開けて吃驚。壮絶に良くできてます。全体のシルエットや形状の正確さに加えて、小さいのに細部が猛烈に細かく掘られています。全部見ていると目がつぶれそうな細かさです。
組んでみて更に吃驚。ゲート跡が極力目立たない様に配慮されていて、やすり掛けの必要が殆どありません。パーツの合いが良いのは言うに及ばずです。接着剤は必要ですが、丁寧に作業しても物の15分で形が出ます。但し、塗装後にはめ込むパーツだけは後回しで。この状態で飽きるまで眺めます。嘗める様に眺め倒します。


二日目
今回は基本塗装はしません。プラに直接付属のシールを貼ります。が、その前にスミ入れです。シールを貼ってフラットクリアでコーティングした後では、溝に流したエナメルのフラットブラックがラッカーのフラットクリアの膜に染み込んで濁り、綺麗な線になってくれません。なのでエナメルでのスミ入れは、生のプラの時にやってしまいます。
スミ入れマーカーとかコピックモデラーを使う人は多いと思いますが、このくらいモールドが細かくてサイズの小さいモデルなら、エナメルでザっとやるのが手っ取り早くてラクです。完全に乾いてからティッシュと綿棒で拭き取ります。拭き取りすぎた所は、そこだけ狙ってリテイクします。

基本塗装をしなかった理由は二つ。モールドが非常に繊細なので、できるだけプラに直接スミ入れをしたかった事と、後でウォッシングによるトーンダウンを予定しているので、ガルグレーをベース色にすると暗くなり過ぎそうだった事です。個人的に一作目のファルコンのイメージは、グレーと言うより、割と白です。


三日目
ここでシール貼りです。これがまた細かい。箱側面の貼り付け指示書が輪をかけて細かい。小さ過ぎてどこに貼ればいいのか一見しただけでは分かり辛いです。しかし正確なので、各シールの形と大きさと向きを、本体のモールドを頼りにゆっくり確実に探って行けば、正しい位置は判別できます。落ち着いて丁寧に進めれば誰にでも貼れます。心眼は必要ありません。武道とかやってなくても大丈夫です。
せめてもうちょっと大きいカラーの指示書一枚くらい付けてくれてもいいのに。でもそれをやると100円くらい上がってしまうかも。なので根性で間合いを見切ります。しんどくなったら劇中画面で確認します。

台紙から剥がしにくいシールは、デザインナイフで端を引っ掛けて起こします。周囲の余計なニスの部分を切り取る必要はありません。ピンセットのアタマや極細綿棒でグイグイ押し付ければぴったり貼り付きます。貼った後で、どうしても不様になった所だけ切り捨てればそれで十分です。

このキットのシールはデカールではなく、水で濡らさなくていいドライシールです。なので一発で決めます。間違ったら剥がして貼り直し、と言う事はできません。水を使わなくて済む分シビアです。間違ったシールを剥がす事はできるんですが、マークセッターもマークソフターも効きません。一度剥がしたらやり直しはできないのです。一発必中ですべてのシールを貼り切ります。
使わなかったシールは、エンジングリルの六個の円と、窓ガラスの黒だけでした。エンジングリルはスミ入れで。窓ガラスはコピックモデラーの0.02mmで、何回かに分けて根気よく塗りました。本当はスターウォーズクルーザーにキャノピーはありません。でもくりぬいて操縦席を作るなんて面倒です。今回特に小さいし。パス。
必要なシールを貼り終えたら、マークの保護のためにラッカーのフラットクリアでコーティングします。エアブラシがないなら缶スプレーを使えばいいじゃない。


四日目
もうこれだけでも十分雰囲気です。しかし折角のスターウォーズメカ、派手に汚しましょう。かなり薄めに溶いたエナメルのフラットブラックで全体をウォッシングしてトーンダウンします。エナメルが先のフラットコートの膜に染み込みます。
気を付けなければならないのは、密着し切っていないシールの端からエナメルが侵入して、シールを剥がしてしまう事です。水貼りデカールならマークセッターを流し込む所ですが、ドライシールにはセッターは利きません。ここはタミヤセメント流し込み速乾を流し、ピンセットの先端で押し付けます。五分で乾きます。

ここまで来ればもうかなりスターウォーズです。でもあともう一息。タミヤのウェザリングマスターBセットのススとサビを、極細綿棒で塗り付けます。エンジングリルの排煙とか、雨だれとか、船体中央から放射状に延びる細いオイルだれとかです。色味が足されて劇中プロップに一気に近付きます。
mf2.jpg
塗り過ぎた所はノック式消しゴムの先端を斜めにカットした消しゴムでこすって落とします。こすり過ぎてフラットコートまで落としてしまって艶が出てしまう事もありますが、その時はまた後でエアブラシかスプレーでコートするか、筆目が目立たない部位なら面相筆でさっとリタッチします。納得行くまで汚したら全作業終了です。


でももうちょっとやってみる
とても良くできたキットなのでそのままでも良いんですが、折角良くできているのだから更に良くしましょう。高精度なキットは簡単に良い物が仕上がりますが、他の誰が作っても同じ様に良い物が出来上がります。自分が作ったと言う証が無いのでは、完成品に対する愛着が弱く、自分で手を動かして作る魅力が半減です。なので追加工作をしましょう。劇中のファルコンにあるダメージ表現です。
mf1.jpg
ダメージは四か所。背面左舷の弾痕、右舷の弾痕、同右舷の円錐台の穴、腹面右舷の大きなひっかき傷。一作目の映画の劇中画面と、どこのご家庭にもある一作目の写真資料と、ネットで見られる他の人が作った様々なファルコンを参照し、できるだけ似せて、傷付けます。痛みでもそれでいい。あなたの跡を残しておきたい。いや自分の跡だよ。



完成。
mf5.jpg
さすがに良くできたキットです、片手間にゆっくり作っても完成まであっと言う間。

mf8.jpg
猛烈な精度。これで全長が10cmにも満たないなんて。500円だなんて。

mf7.jpg
アンテナの基部とか四連装機銃の銃身とか、抜きの都合で省略されている部分はそのままにしました。加工しても強度的にプラではもたないと思います。メタルパーツでもなければ厳しいです。やってやれない事もないとは思いますけど、気が付いたら何か無くなってる事でしょう。今回はブンドドアイテムのつもりなのでパスで。

mf10.jpg
台座のボールジョイントはすぐにヘタります。ボール側に瞬着を塗って固くしたら折れました。今はボール無しでくっつけてあります。(こう言う扱い方をするから細かい改造してもパーツがどっか行くんです)

CIMG0980.JPG
以前作ったなんちゃってファルコンと。並べる勇気を称えて欲しい。



毎朝毎朝朝鮮お辞儀を全国放送で垂れ流し、歴史番組と偽ってチョンの恥かしい歴史を日本に捏造し、天安門事件はなかったと大嘘をへーきで吐くNHK、なのに国民から視聴税をむしり取ろうとするNHK、余命から外患誘致罪で告発されているNHK、国民から解体を要求されている支那様のNHKでやってた、BSのスターウォーズ全話一気放送の時に録画したHD画面をガン見して、細部を調べて行くとやっぱり、微妙に違いました。良い機材使ってやがるわNHK。コソボクリミア方式で機材以外は殲滅だわ。プロップとキットとでも違いますが、プロップごとにも僅かに違います。劇中プロップは実寸大を含めて数種類作られたそうで、それら同士でもちょっとずつ差異がある様でした。画面を見ただけではっきりココと指摘する自信はあまりないんですけど、山ほど写真資料を持っているコアなマニアなら全部言えたりするんでしょうか。

しかしそれらは、人間が手で作ったんだなと思う部分です。各サイズ、全く一緒にはならないのが手作業と言う物で。
方やバンダイの最新ファルコンは、人間の手では絶対に不可能と思われる細かさでモールドされています。特にエンジングリルのメッシュの正確さは、この大きさでは手で掘る事は不可能です。コンピュータで設計して、機械が作ったんだとはっきり分かります。

良くできてはいるけど何かが足りない、そんな物足りなさの原因です。でも手作業の金型製作では、これほどまでの細部表現は望めません。まして毎月何台もの新製品を商品化して出荷するなんて。猛烈な高精細キットを500円(の割引価格)で購入出来て、たった四日で素晴らしいスターウォーズメカを完成させられるのは、大企業の最新のデジタル設計環境と生産態勢の賜物です。CGでなければガルパンもはいふりも完成しなかったでしょう。ラブライブだって、手描きであれだけ踊らせたらスタッフ何人かダメになると思います。デジタルもCGも良し悪しです。



ミレニアム・ファルコンの初公開時の名前は「黄金期の鷹」。ミレニアムは千年で、日本でも鶴は千年と言いますし、「千年鷹」とかでも良かったかもしれません。正月らしくめでたい感じになるかと思いましたが、既に2677年で世界最長の歴史を誇る王朝日本が「ミレニアム(千年王国)」とか言われても、ハ! です。
CIMG0983.JPG
千年の鳥だけでは片手落ちなので、万年の亀も。
こっちはいつになったら完成するのやら。








posted by 跡間シノブ at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ミレニアム・ファルコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする