2016年10月21日

武蔵鐔大小拵

日本の刀の多さに、今更ながら改めて驚いています。種類や絶対数だけでなく、一振り一振りに施された装飾の雅さとか、美しくしつらえられた拵えの凝り様とかにも。あれほどまでに手間をかけて人斬り包丁を美しく飾り付けて整えた国は、日本以外には見当たりません。日本人にとっていかに刀が特別な存在か、ちょっと見ただけでも分かります。
でも、零戦も大和もおコメも着物も和菓子もお盆も将棋も柔道も落語も神社も俳句も文楽も漫画ももちろん皇室もその他諸々も、日本人には特別です。「特別」多過ぎだろ日本。歴史が長いと言うのは、それだけで凄いのです。

刀剣乱舞を見ていて思ったんですが、名前の付いた刀剣がこれほど多く残っていたり記されていたりする国は日本くらいでしょう。一番古い所では神話からありますし。他の国で日本以上に多く、名前の付いた刀剣が存在する所は一国たりと無いと思います。
また刀そのものの名前だけでなく、刀を構成する各部品にも、部品の部位にも、それらの形状や状態にも、更には使い方などにさえ、名前が一々付けられている事からも、日本人の刀への思い入れは他国の追随できる所では無いとはっきり分かります。矢張り刀は、日本の「特別」の中でもかなり上位で特別なのです。

実際、西洋の剣で名前をぱっと出せるのはエクスカリバーくらいです。他に思い付きません。西洋では大抵「誰それの剣」みたいな呼び方をしている印象です。ナントカ大公の剣とかナンチャラ二世の剣とか。実在の剣はほぼそんな印象です。具体的に思い出せるワケでは無いんですが、一般的にそんな感じがあります。

検索すると、実在架空入り混じっていくつか出てきました。カラドボルグ、ゲイボルグ、フラガラッハ、ラブリュス、デュランダル、アスカロン、ロンギヌスの槍等々。Wikiを見ると北欧神話に十振りばかりありました。ガンバンテイン、グラム、ダーインスレイヴ、テュルヴィング、フロッティ、ホヴズ、ミスティルテイン、リジル、レヴィル、グングニル、ミョルニル、レーヴァテイン。西洋で固有名詞の付いた刀剣は、神話や伝説に集中しているみたいです。
幾つかは知っていましたが、それらは大体が日本のアニメに使われていたから名前を知っていただけです。魔法少女リリカルなのは、これはゾンビですか、緋弾のアリア、フェイトステイナイト、バンゲリ。アニメ見てなかったら記憶にありませんでした。

逆に外国人でも比較的知っていそうな日本の刀と言えば、村正とか菊一文字とかになるでしょうか。あるいは草薙剣とか。村雨丸は架空の刀ですが、名前だけならZガンダムに出てきたので一番有名かも知れません。アニメ強いです。なので更に今度のアニメ化された刀剣乱舞で、一気に大量の刀の名前が世界中に知られる事になりそうです。それも主に女性に。それって良いのか悪いのか。

一般に刀が沢山出て来る物語と言えば、やはり時代劇です。アニメではなく実写の方。かのスターウォーズのジェダイの騎士も、ルーカスが時代劇、じだいげき、じだい、じぇだい、よっしゃジェダイにしよう、と言って決めたそうです。本人が言ってました。きっと本当でしょう。筋金入りの黒澤マニアで極度に日本かぶれのルーカスの事ですから、リップサービスなんて事は無いと思います。

でその時代劇ですが、実はワタシ、日本人なら殆ど誰でも知っている時代劇を殆ど見ていません。水戸黄門も暴れん坊将軍も銭形平次も、ただの一度たりと見た事がありません。長七郎江戸日記も必殺仕事人も三匹が斬るも、大人になってから再放送でちらっと見た程度で、鬼平犯科帳でさえジプシーキングズのテーマ曲の方をよく知っているほどです。耳コピしたし。まともに全部見たのは、同じ池波正太郎の剣客商売の第一シーズンくらいです。文庫版は十何冊かまで買いましたが、そこで止まってます。また買い始めようかと思っても、もう話を忘れました。

兎に角時代劇には殆ど縁がありません。まったくカスりもしませんでした。時代劇だけに留まらず、刑事ドラマも青春ドラマも野球中継もお笑い番組も、時代時代でそれぞれにメインストリームがありましたが、ほぼ見ちゃいません。サザエさんでさえ習慣になっていないのです。こんなんで日本人と言えるんだろうか。ちょっと心配だよ。


武蔵鐔大小拵
CIMG0589.JPG
童友社の古いキットです。しかしいまだ現役、現行品です。値段だけは時代に連れて微妙に上がり続けていますが、殆ど初版当時のままの姿を保っています。初版がいつかは存じません。何度も再販を繰り返されている為、箱の装丁もラインナップも時期によって幾許かの変更がある様ですが、どの時代のシリーズも基本的に一刀の物と大小拵えの物を合わせて、全八種類となっている様です。

武蔵1.jpg
作ったのは2004年頃だったと思います。何か刀が欲しくておもむろに購入しました。キットは恐らく90年代の再販です。本当は渋い柳生十兵衛か派手な豊臣秀吉が欲しかったんですが、店頭に宮本武蔵しかなかったから、じゃあ宮本武蔵でいいです、とこれをチョイス。何かあの人あんまり好きじゃない。何となく。こじろーの方が好みです。でも「物干し竿」のキットは見た事ありません。刀剣乱舞には出ないんでしょうか。ゲームやってないんで分かりません。

CIMG0590.JPG
説明書の各部品の名称に、カタカナが無いのが良い。安易な外来語の多用は日本人が愚民化します。この説明書は他キットに比べて極端にカタカナが少ないです。でも所々読めない。愚民化進んでます。ちょっと心配。

昔作った奴だから途中写真無し。このキットは接着が必要ですが、ヤスリがけを要求されるのは大小共に鞘だけです。柄の合わせ目は柄紐で見えなくなります。鞘は大きい部品で合わせ目のスジが目立ちますので、塗装するしないに関わらず丁寧に磨いてやります。
ちょっと惜しい気がしたのは、鞘や台座の成型色が真っ黒ではなかった事です。物凄く暗い紫で、本物の鞘は恐らく漆塗りか何かだろうからこんな色はしてないんだろうなと思う色です。でも実物に関してよく知らないので気にしない、鞘は大小とも成型色のままで仕上げました。

この鞘の内側は要注意です。古いキットなのでバリが多く、そのまま刀身を納めようとすると、内側にアイアンメイデンよろしく突き出た剣山みたいなプラの棘で、折角のメッキがボロボロになります。鞘の内側は、接着前に粗目の紙ヤスリでプラの棘を削り落とす必要があります。先に言うとけや……
ええ、やっちまったわけですよ。鎬がボロボロのズタズタになっちまいました。ははは。疲れた笑いしか出ません。もう首吊って死のうか池に飛び込んで死のうかなんて思いましたが、最近は模型用お助けグッズが山ほどあります。あるんです。

各社から様々なメッキ塗料が発売されています。メッキシルバーNEXTが人気でよく使われている様ですが、見た中ではアルティメットミラークロームが一番ギラギラ光るみたいです。しかし残念ながら現在は生産中止、手に入りません。なので矢張りクレオスのスーパーメタリック、メッキシルバーNEXTになります。でもここはあえて塗装を避け、ハセガワトライツールのミラーフィニッシュで簡単仕上げも良いかもしれません。
そのためにはまず、傷んだメッキを完全に剥がさねばなりません。矢張りハセガワから発売されていました。春に作ったジェットモグラのドリルで散々悩んだメッキ剥がしですが、模型専用メッキ剥がし剤がこの夏に新発売になっています。税別2000円。え? ミラーフィニッシュシートが1000円ちょっと待て。このキット1000円弱くらいで買ったぞ、二割引きの消費税サービスで。

CIMG0610-2.jpg
柄紐は本当に紐で、説明書に従って巻いて行きます。改造したのは一箇所、柄紐の隙間を狙って目釘を打っただけです。これがあると無いでは気分が違います。打った目釘は2mmプラ棒ですが、いっそ本物の木と言う事で、爪楊枝突っ込んでもよかったかもしれません。鮫皮のモールドに穴を開けるのはちょっと躊躇いましたが、当時の侍達もそれは同じだった様です。

高価な鮫皮にはできるだけ余計な穴を開けたくないと言う理由で、刀の刃を変える時は、目釘の位置を柄の方に合わせて、なかごに新たな穴を開けたそうです。刀身だけの写真を見た時、なかごに無駄に沢山の穴が開いている刀があるのはそのためです。
何でも、鮫皮とはイトマキエイの皮の事で、南方の海で捕まえたエイの皮を南蛮貿易で輸入していたワケです。がしかし、これがなかなかに高級品だったので、誰も彼も傷を増やすのを嫌がったのだとか。しかし高価かどうかは兎も角、外から見える所に余計な穴が開いていたら、不様なのは確かです。


CIMG0597.jpg
台座の黒だけ塗装して完成。堂々たる姿です。

CIMG0615.jpg
一番気になる刀身はもちろんメッキ、ぎらぎらと輝きます。

CIMG0612.jpg
刃も柄もちょっと短い感じです。でも長さは足りているので、短いのではなく、太いと言うのが正解みたいです。メッキが多いので全体に華やか。このキットのメッキパーツはすべて両面メッキです。
大小拵えなので大刀と小刀二つで一組、夫婦の様です。勿論ふうふではなくめおとと読みます。夫婦茶碗、夫婦鈴、夫婦岩、夫婦漫才。響きが良い。

CIMG0617.jpg
刀剣乱舞のエンディングのCGっぽく撮ってみる。

CIMG0604.jpg
小柄。木切れに仏でも彫ってたんでしょうか武蔵。こんな所に何か付けられたら居合いで抜けません。何でここにあるんでしょう。もうちょっと外した場所に付けてくれてたら居合いを使えるのに。使った事なんてありませんけど。

持たせるドールがいないのが残念です。1/3ですから60cmサイズの人形が合いますが、そのクラスになると大抵は球体関節人形です。凄く高いボークスのスーパードルフィーとか。軟質樹脂製のドルフィードリームも骨格こそ入っていますが、基本的に球体関節人形の構造を踏襲しています。で、高いです。
ドルフィードリームは同サイズのドールの中では安い方だと思いますが、それでも高いです。キャラクタードールにはお迎えしたい娘もいました、水銀灯とかセイバーオルタとか。8万とかでした。買えるか。素体でもヘッドとヅラを合わせれば3万くらい。お人形さんにどんだけ。

CIMG0622.JPG
確か何かのご褒美で買った人形制作指南書です。魔女の店ことビレッジバンガードで。気取って置いてました。大丈夫です分かってます、この刀のキットはドールに持たせるためのものではありません。これだけで完結しています。人形は必要ありません。分かってます。大丈夫です。ホント大丈夫です。

CIMG0620.jpg
鋼鉄の処女みたいな鞘内壁の棘には閉口しましたが、全体的に殆どヤスリがけ無し、華やかな大量のメッキパーツに、本物の紐を巻く柄紐など、全工程を通してほぼ楽しい作業しかない、極めて稀なプラモデルです。鞘の内側の棘には気を付けて、鞘の外側だけ合わせ目を磨いてやれば、後はもうプラモデルに必須の面倒な作業が殆どありません。塗装もイヤならしなくていいし。完全イロプラだから。

ひょっとすると女性向きのキットかも知れません。塗装しないならラッカー塗料は必要ないのでイヤな臭いもしないし、作業中に出るクズも埃も、他のプラモに比べて極端に少ないし。工具だって、一箱しか作らないなら入門セットとかで間に合います。さすがにニッパー一本では完成しませんが、難易度や価格など、組んで終わりのガンプラにはない充実感を味わう模型制作の入り口としては、うってつけと言えると思います。
トレーディングフィギュアの刀とか鍔とかを沢山集めるのも、趣味娯楽の正しいあり様ですが、一振りでも自分の手で組んで柄紐を巻いて仕上げれば、きっと刀好きとしての経験値が上がる事でしょう。まあそうは言っても、女の人はこう言う事あんまりやりたがらないと思いますけど。さくら兵団の兵団長くらいですか。スケールモデルをガリガリ作る女性モデラーって。




現行品とは言ってもガンプラ一人勝ちの昨今、今でもネットでも買えるだろうかとちょっと気になって、幾つか通販サイトを覗いてみました。全てではありませんが、それでも気紛れにふらっと入った店頭に売れ残ってるくらいの数はあります。しかし少し安心したのもチョンの間、商品ページの下の方にひどいコメントが。

接着剤が必要だの、ヤスリがけが必要だの、メッキパーツの接着部分はメッキをはがす作業が必要だのと、模型を作るに当たって当然存在する工程に、アホでも組み上がるガンプラと比べて文句を付けています。中でも呆れたのは、柄紐を巻けなかった己の愚かさを説明書のせいにしていたウジ虫野郎がいた事です。説明書通りにただ従えば良いだけの柄紐を巻けないバカタレって。小学一年生か。
恐らく本当に就学児童なんだと思います。パーツを切り取ってはめ込むだけで確実にピカピカの完成品が出来上がる、最近の精密キットを当たり前の物だと思い込んだ世間知らずのガキが、ガンプラを十体ばかり組んだだけでいっちょ前のモデラーと勘違いして、ネット通販の旧キットに手を出して火傷したと言う所でしょう。

甘えんなガキ共。とメーカーとしては言いたいだろうと思います。こんな楽しいだけの組み立てキット用意してやったのに、まともに完成させられない程度のクズなんざとっとと人間辞めちまえ。くらいに。
しかしあまり厳しい事ばかり言っていたのでは、最近の根性無しガキンチョモデラーは離れて行ってしまいます。法にも社会にも家族にも甘やかされて育った軟弱日本人は、ほんの少しでも困難が立ちはだかったが最後、すぐにすべて投げ出して逃げ出します。何もかもを他人と環境のせいにして。そんな腑抜けのクズガキ共が行き着く先は、スマホの課金ゲームです。あのカネ払って時間を潰す、何の生産性も無い、一番ダメな娯楽。

折角悪党バンダイのお陰で何とか保っている模型業界が、そのバンダイの超優秀キットのせいで客を失って縮小衰退する、なんて事態は避けたい所です。なのでバンダイ以外の各模型メーカーは、どんなに理不尽なクレーマーに腹が立っても、どんなに根性無しの甘ったれガキ共にイラ付かせられても、イヤならうせろクズ野郎、貴様らはゲームに遊んでもらうだけのゴミ同然の人生で満足してやがれ社会の搾りカスなんて言いたくても言えません。

でも普通そこまで言われたら頭に血が上ってうがーと何か始める物です。自分の経験ではそうでした。所が最近は違うみたいで、どうもボロクソに罵られたら燃え上がるのではなく、しょげかえって殻に篭るみたいなのです。どうせボクなんてダメなんだと。
本気で厄介です。そこまで手応えも張り合いも無い、己を救う気の無いゲル状無気力人を、上手くその気にさせて動かす方法を知りません。甘ったれを甘やかす気は毛頭ありません。甘やかされた結果がそれなんですから、それ以上甘やかしても治りません。でも最新キットはユーザーを甘やかす一方です。







posted by 跡間シノブ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

美少年チャンバラ

マッサージタイムはテレビタイムです。深夜アニメの新番組を一回目だけチェックして切る、かどうかを決める訳ですが、最近は殆ど生き残れません。オンエアのバラエティ番組を見る事はほぼ皆無です。見ません。苦笑と失笑しか提供しない下手な作り笑い芸人にひたすら付き合わされる感じがたまらなくイヤで。あとCM。で、録画した番組を見る時は、大抵いつも低周波治療器具を首とか背中とかに当ててマッサージします。パソコン辛いです。

人気の刀剣乱舞。主に女性にウケている様ですが、登場人物が刀とあっては見ない訳には行かないでしょう、日本人なら。と言う事で野郎共にも人気みたいです。ゲームはやってませんが、気になるので見てみました。
刀の擬人化と聞いていましたが、擬人化と言うのは正確ではなく、古い刀が未来の技術で肉体を持たせてもらったとの事です。その体で以て、歴史を改変しようと企む時間遡行軍の犯行を阻止する為に、時間の壁を越えて戦う、有体に言うとタイムパトロール物のSFです。
歴史を改竄する奴らと言うのが気になります。現実世界に存在する歴史改竄犯は、ひきょうぐみこと日教組です。一貫して、教科書の皇室に関わる最も重要な部分を集中攻撃しています。何が「いい箱作ろう」か。箱じゃねーだろ国だ国。国作れ。

メカブトン.JPG
日教組は現実の国賊組織ですが、フィクション世界で歴史を改竄する奴らと言えば、ひょっとしてコイツラの事ですか? タイムボカン24。先日まで夜中に紹介がてらちょっとだけ放送していた原作は、街外れのスーパー科学者が発明したタイムマシンで、試験運行中に行方不明になったその科学者を主人公二人が探すと言うお話でした。今度のはどちらかと言うとオタスケマンに近いスタイルのタイムパトロール物です。しかし解せない事に、タイムボカン24で真歴史と呼んでいるそれら「真実」の歴史とやらは、とんでもないデタラメなのです。クレオパトラが漫才コンビて。ライト兄弟はウィルバーとオービルとキャサリンの三兄弟なんだよ。妹ちゃんだけ何故かいつも蚊帳の外だけど。

この調子で半年やるんですか? こんな内容でどう始末付けるつもりなんでしょうか。アホらしい出鱈目を並べる夕方番組の趣旨が分かりません。で、その辺りを考えてみたんですが、これはひょっとして、ひきょうぐみが作った歴史の教科書に書かれている事にはウソが多いから、ちゃんと自分で調べなきゃダメだよ、とガキ共に注意を促す事が目的なんでしょうか。南京大虐殺も従軍慰安婦も731もバターンも日中戦争も、一つ残らずウソだよ、本当の事を知りたければ自分で調べなきゃダメだよ、と。
そう言う事かもしれません。あえて正解を示さず、ガキ共に自分の手で調べる様に仕向けて、戦後七十年続いたGHQの東京裁判史観から自らの手で抜け出せる様になれと。日本をウソと捏造で貶め続けて来た悪党共の罠から、次の世代は自力で脱出できる様にと。それなら分かります。夜ノヤッターマンが辛口だったから、今度は甘口にして、本当に子供向けに。はっきりと言葉にはせずに。

歴史を書き換えて日本を滅ぼそうとした奴らがいる。そいつらは今も、日本を潰そうとしている。
そんな歴史改竄主義者共を美少年剣士達がぶった斬る話とあらば、否が応にもテンション上がります。

しかしあの刀達、刀剣男子ですか、何かどいつもこいつもチャラチャラしてます。しかも何だかナヨナヨしい。行動も言動も妙に女々しくて、「−してよ」とか「−でしょ」とかが、あまり強く主張しない台詞の末尾に付きます。かと思えば身繕いにも余念が無く、ヘアメイクに化粧やシルバーは当然、マニキュアまで塗ってたりします。……何なんだオマエラ。折角刀で男なのに、全然男臭くない。中にはゴツいのも、いるにはいるんですけど。
あの立ち居振る舞いなら、いっそ女性キャラの方が良かったんじゃないかと思いました。美形の男性キャラと言うより、あれはむしろオンナです。元のキャラ絵をデザインした(恐らく)腐った皆様は、色っぽい、セクシーな男を描きたいのでしょうが、そこにあるのは男の色気ではありません。あれは女の色気です。女のセクシーさの記号を男に当てはめたに過ぎないんです。

男の色気と言う物は、あんな形はしていません。
http://shounenkairo.seesaa.net/category/25929520-1.html
しかしあれはあれで、中性的な魅力と言うのは分かります。いわゆるキレイな男の子、少女マンガの男性キャラ。例えば70年代の少女マンガの男性キャラは、実は殆どがロバート・プラントとジミー・ペイジでした。だからああ言うロン毛スタイルだったのかと、大学の先輩に教わって愕然と納得した事があります。かと思えば、その前の60年代に流行ったGSのビジュアルは、少女マンガの世界から飛び出してきた様なキレイな男の子と言う方向性だったわけで。もっと遡れば歌舞伎役者も言わば男の娘だし。求められるこの手の色っぽさと言うのは、時代が変わってもそう変わる物でもないみたいです。80年代にも化粧バンドは流行ってましたね。

でもかつての化粧バンドのメンバーは、化粧はしてても女みたいな喋り方はしてなかった筈です。彼らはあくまで仕事として、レギュレーションに従って仕事着を着用して化粧をしたまでです。しかし刀剣乱舞は、台詞の言葉尻とか、妙に遠慮がちな口調とか、何と言うかガーッと来ない感じが煮え切りません。何か知らんモヤモヤします。血の気が無いと言うか、そんな感じで。見てくれより内面的に女みたいな男を見た時にイライラする、あの感じです。
まあそれでも、女のケツ追っかけてニタニタ笑わないのがせめてもの救いです。美形や美少年は単純に好きですが、年中女に擦り寄っては矢鱈ニタニタヘラヘラする野郎は特に嫌いです。スパッとやっちまいたくなります。

派手派手しいフィギュアみたいなキャラによるフィクションの斬り合いがメインになる一方、初回冒頭では新撰組の池田屋事件が描かれました。こちらは本当に歴史をそのまま描いていて、腕に覚えの剣客達は全然ナヨナヨしていません。どの人物もはっきり顔を描いてはいませんでしたが、むしろオッサン臭いと言うか、暑苦しい感じです。なので血の通った人間の男と言う印象でした。
これは恐らく、本物の人間キャラと、擬人化キャラを対比的に描く事が狙いなのでしょう。きらびやかな擬人化キャラはあくまでイメージですよ、妄想ですよと、言外に訴えている。多分そう言う事なんだと思います。漫画は漫画だから、空想の世界を現実に求めないでね、そんな所じゃないかと。全然違うとアレなので保証はしません。

とは言え、見た目に綺麗な美少年達は、ただ見てる分には気分が良い物で、あれが最新の流行か〜、なんて絵描きのクセに他人事みたいに思いながらぼへーっと低周波治療器具で首筋をマッサージしつつ見てました。分かります、いくら刀の擬人化と言っても、ゴツくてムサ苦しいオッサンしかいないアニメなんか、暑苦し過ぎて誰も見ません。それは仕方のない事でしょう、俺だってヤだよ。せめて何かアレンジしないと絵的に耐えられない。しかしそれとは別に、一通り見終わった後で居心地の悪い違和感の様な物が残りました。何かがすっきりしない。

なのでゆっくり回しながらもう一度見てみました。するとその違和感の正体はやはりと言うか予想通り、殺陣にありました。いろいろ間違いが見えます。流れに任せてただ見ていると気付かない物もあれば、やたらはっきり間違っている物も。

殺陣b.jpg
刃が逆。峰では斬れんぞ。描いてて気付かなかったんでしょうか、こんな決めゴマ。
OPから。左の清光、長外套を着ているので腰に佩かず、鞘を左手で峰を上にして持ち、刀は片手で使います。峰を合谷に当てて滑らせて切っ先を穴に落として納刀する前田納刀を使わずに、刀の方をちらりとも見ないで鞘に納めるのが格好いい。問題は本編です。
これは帯に差した刀の抜き方です。刃と左手親指が上、右手は反らして上から掛ける。普通の抜刀。
そのすぐ後の納刀では、左手親指が峰の側に来ていました。抜刀前も納刀前も、握り直す描写はありません。これは二話でも同様で、清光が左手に持った鞘の向きは、戦闘中に頻繁に逆になります。

これらが違和感の原因です。凡ミスが目立ちます。単純な刀の使い方なのに、描く人が間違いに気付いていません。誰が描いてるんでしょうか。最近の作画ですから、原画の上に修整原画が五枚くらい乗る筈ですが、誰一人気付かないなんて、そんな事があるんですか。
なにぶん手描きのアニメですから、ミスも起きるとは思うんですが、中には気付くスタッフもいるでしょう。それとも本当に一人もいないんですか。誰かが気付けば修整できる筈なのに、デタラメに作画されているのはなぜですか。アニメの製作現場の事は良く分かりませんけど、他の近作にはひどい間違いだらけの殺陣もありました。無彩限のファントムワールド。ラノベ原作、製作は天下の京都アニメーションです。

殺陣a.jpg
鞘の上下は合ってますが刀身の刃と峰が逆。右手は握り込み過ぎ。
こちらも右手を握り込み過ぎ。通常の抜刀は、右手は大きく反らして、四指を上から掛けて抜きます。
刀と左手は合ってますが、矢張り右手がおかしい。これでは刃が自分の方を向きます。
手が逆だ小僧。左腰に佩いた刀を右手で抜くので、右手が前です。

殺陣5.JPG
アニメのジョジョでもやっていた逆手納刀。格好いいんですが、この位置に来た時は、指が開いていないと刀が回りません。絶対に握れない訳ではないんですが、自然に回っている刀をわざわざ四指全力で握り込んで止める人はいないと思います。それと、この納刀をする時は一度右下へ大きく振って人差し指を抜きます。しかしこのカットではいきなり回しています。覚えている限りでは、ジョジョの刀のスタンドは正しく回していました。多分。記憶に間違いがなければ。
ジョジョはカードプレイヤーの話が一番好きなんですが、そちらもカードを片手でシャッフルする指使いがしっかり作画されていたのが驚きでした。その話のエンディングにはカード指南のクレジットが。凝ってます。やる所はやるんです。なのに京アニは。誰一人刀の使い方を知らないんですか。作画スタッフの部屋には模造刀の一振りも無いんですか。たった一本のエピソードでこのミスの連発。本当はもっとありました。DVDでは直るんでしょうか、こんなにミスばかりで。

刀剣乱舞の立ち回りに関しては、脚の運びと体捌きが気になりました。上半身は割と渋めの太刀筋ですが、下半身がドタバタしい感じです。そのせいか全体的に無駄な動きが多い様に見えました。でもこれはアニメとしての派手さとか絵的な動きの面白さを優先しつつ、リアルな立ち会いを演じさせた結果なのかと思います。
ご参考までに、宇宙刑事ギャバンのスーツアクターは剣道の有段者と見受けました。レーザーブレードのシーンでの太刀筋は確かに剣道のそれです。ギャバンの殺陣は滑る様な脚運びで、重心がブレず、刃筋が立っていて、暗闇に光る刀身が美しい軌跡を描いています。特に面打ちは無駄が無く見事です。火薬を使わない限りにおいてだと思いますが、ギャバンは刀剣乱舞に見る様な大振りの身のこなしは殆どしていません。大きく振りかぶるのは必殺技の時くらいです。やはり、アニメにはアニメならではの表現方法があると言う事なのでしょう。
もっとも、剣劇メインでありながら、設定から無理のあるチャンバラアニメもありました。

殺陣c.jpg
七人の侍のアニメ版リメイク作品、SAMURAI 7からキュウゾウ。右が逆手で左が順手、格好いい変則二刀流の使い手です。長い刀を左右同時に抜いていました。やってみれば分かります、無理です。抜けません。あの鞘から同時に抜刀するには、身長が2m半くらい必要です。ル・シャッコでも厳しいでしょう。いやギリギリ抜けるかな。でもSAMURAI 7は好きです。原作の良さもこのアニメで初めて理解できましたし。

ひどくて話にならない作品もありました。そいつは、中腰に落として両足はてんでバラバラ、重心位置も定まらず、しかも膝と爪先すら両脚ともちぐはぐな方を向いていて、不様な猫背で正中線はひん曲がり、更に脇を大きく開けた隙だらけの上体は、腰からはるか遠くに離した刀を両手でそれぞれ柄と鞘をしっかと握り込んでいて、そのとんでもない構えを「居合い」と称していたのでずっこけました。
番組のタイトルを忘れたんで画像も拾えませんけど、アレです、「パーティー会場から中庭を見下ろすと婚約者が剣舞を」と言う奴です。本当に忘れました。何でしたっけ。二話か三話だったと思いますが、さすがに呆れ果てて見捨てましたアレは。プリンセスラバーでしたか。ま、いいやどうでも。

殺陣12.JPG
アニメの刀はしょっちゅう峰と刃が逆になります。誰が描いてんだ。

殺陣13.JPG
こうだ、こう。

ことほど左様にフィクションなアニメ世界の殺陣ではありますが、それでもやっぱり日本人には刀はグッと来る物があります。もちろんヤクザではなく侍で。武士でも忍者でも素浪人でも。何と言うか、血で感じる様な何か、筋肉や骨が覚える体術を見た時のそれとはまた違う、刀、それも練達の剣客が振るう剣捌きでの刀は、全身の血がグツグツと音を立てて煮え滾る様な、そんな何かがある様です。
なので、しっかり描いて欲しいんですよ、チャンバラアニメ。今時はアニメくらいでしかチャンバラ見られなくなってますし。


テレビの時代劇から殺陣が消えて久しいです。民放ドラマで最後に斬り合いやってたのは何時だったでしょう。十年位前はゴールデンで火曜時代劇とかやってました。北大路欣也の子連れ狼とか良かったのに、岸田今日子のナレーションが。冥府魔道を行く拝一刀と、一子大五郎。この二人に安住の地は無かった。あの辺りがテレビの最後だったのかも。その後は本当にテレビを見なくなりました。

時代劇はカネがかかるなんてウソです。今時はCGで何でも描けます。そこら辺でロケやっても、余計な物は全部フォトショで消せます。背景も全てブルーバックの合成にしたって誰も文句は言わないでしょう。ちょっとくらい不自然かもしれませんが、言い訳並べて何も作らないよりははるかにマシと言うものです。観客は感動が欲しいんです。アホしか出ない雛壇バラエティを何時まで作るつもりなんでしょう、テレビこと朝鮮維持装置は。

カネが無いからと言って時代劇を作らない、作っても殺陣を入れない、それは本当はカネが無いのではなく、ただ作る気が無いだけです。テレビ局の役員は今でも不当に高給取りです。要するに侍や浪人や忍や剣客が格好良く立ち回る殺陣を、どうしても作りたくないから作っていないだけです。再放送すら無いんですから。カネが無いんなら、何十作もある昔の名作時代劇をぶっちぎりで放送すれば良いんです。ゴールデンで昔のチャンバラ時代劇を一本でも再放送すれば、多分20%くらい行きますよ今。カタナ流行ってるし、何処もやってないし。それにカネもかからない、でもやらない。つまりそう言う事です、テレビ局こと支那救済機関は。

テレビ局が時代劇の切った貼ったを見せなくなり出した時期と、ウジテレビの買収騒ぎに始まって反チョンデモまでやられた時期とが、どうやら重なっている様です。その頃の政治は小泉改革でしたか? はっきりと日本がロクでもない方向へ転がり落ち始めたのが、丁度そのくらいだった筈です。

テレビこと洗脳広告表示装置は、もうバカしか出てなくてバカしか見なくなってますが、テレビの黒幕、電通がチョンそのものである事を、核武装様が書いていました。そりゃもうひどい物です。知ってたけど。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6397.html
こんなのに引っかかってハゲ添やマジコンや捨てゴマが当選しているのかと思うと、疲れた笑いしか出てきません。無力だわ。捨てゴマは大阪から追放できたけどさ。

高市大臣は韓国面に堕ちました。停波も閉局もしないのならいなくて結構です高市貴様。別に地上波でなくてもいいんですよテレビは。衛星放送なら何百チャンネルでも作れるし。最初はラジオ放送とかやってましたよね、文化放送BSQRとか、音楽専門放送とか。それらが片っ端から潰されて行って、残ったのは今や、有料チャンネルを除いて地上波大手のBS支局だけになっています。先日も、CH910の天気予報専門放送が消滅しました。お役所仕事の決定と言う事になっている様ですが、影で糸引いてるのはどう考えても朝鮮電通でしょう。本来なら新規参入で増える筈の小規模衛星テレビ局が減る一方なのは。

見栄えの良い派手なチャンバラ時代劇の新作を、次にテレビで見られるのは何時になるでしょう。この際ジャニーズでいいから若い綺麗どころを何人か見繕って、一年か二年くらい剣術だけをみっちりやって、テレビオリジナルの脚本でゴールデンタイムにチャンバラ時代劇の主役をやらせる。もう長らく時代劇スターが空席のままですから、出ればいきなりトップ取れます。叩き文句は「三船の再来」とか。誰かやりませんか、美少年チャンバラ時代劇。やっぱりテレビ局のチョン共全殺しにするまでは無理ですか。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/275469440.html










posted by 跡間シノブ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする