2017年04月10日

ドップ3

完成。
ドップ7-1.jpg
洋上迷彩のドップ。

DOP1691.jpg
主翼はハメてるだけです。

DOP1700.jpg
黄色のジオン公国章はキット付属の物。日の丸に脳内変換です。

ドップ10.jpg
脚はこのくらい長くないと、着艦時にサスが沈んでハラ打ちます。

ドップ11.jpg
文句無しに格好いい、アズライトの様な深い青。

ドップ8.jpg
完成してから気が付きました、アレスティングフックを忘れた事に。コアブースターもそうでした。艦載機なのに着艦用のフックをつけ忘れています。でも大丈夫、きっとVTOLなんだよ。

ドップ7-2.jpg

この所ずっと、小さい物ばかり作っている気がします。作りかけの1/48のF-15とかもあるんですけど手が出ません。完成までが早いからと、最近は小物ばかり。ただでさえ悪い目がもっと悪くなりそうです。でも、目が悪かったのは自分のせいじゃない。眼球の歪みなんてどうしようもない。逃げる場所さえなかったんだ、窓から見上げてるだけで精一杯のあの日の僕には。
気が付いたら飛行機を作っています。戦車や車は割と意識して作る事が多いですが、飛行機は何となく手に取って何となく作るケースが殆どです。そしていつの間にか完成品が机の上に乗っています。さよならは言った筈だ、昨日など要らない、朽ち果てた夢も、とか言いながら、無意識に模型飛行機を手に取っている。飛行機と言う機械が特別好きな訳じゃないのに、なぜかいつもつい手が動いてしまう。視力の低下に少しだけ怯えながら。

CIMG1772.JPG

空を飛ぶ物なら何でも好きと言ったのは、Zガンダムのフォウでした。北鮮のミサイルも?
前作ドップのエントリーの時点では、トランプはまだ大統領ではなく一候補でした。来るか来るか、来たらいいな、とか思ってたら本当に大統領になっちまいました。そんな最近のアメリカが、シナチョンを本気でウザがっていると言う雰囲気が、そこかしこのニュースから伝わってきます。支那は支那でチョンをウザがっていますけど、トランプのキンピラの扱いは既に空気です。政治素人のトランプを上手に躾ける安倍総理、やはりその辺りの外交手腕はさすがと言う所ですか。

米軍がシリアにトマホーク59発を撃ち込んで、結局トランプもグローバリスト共に逆らえなかったのかなと思うと残念ですが、北朝鮮有事がいよいよカウントダウンです。B1爆撃機が半島を何度もぐるぐる飛んでますし、ガースーも北鮮攻撃を仄めかす声明を出しました。とか言ってる間に、既に展開中の第七艦隊にカール・ビンソンの第一艦隊が合流しました。
http://hosyusokuhou.jp/archives/48789971.html
キンピラは敵地に一人で半泣きです。あの引きつった作り笑い。見る者を不安に叩き落す、近年の整形タレントの表情筋が死んだ不自然な笑顔にそっくりです。時期にラクにしてやれるでしょう。

電話アタマはいまだに辻元ミサイル「ナマコン」を飛ばし続けています。
「ノドンとテポドンは衛星ニダ!! でもナマコンはミサイルニダ!!」
わざわざ米支会談を狙ってやったのは、つまりそう言う事です。「我を恐れよ」的な。電話が。
の.jpg
本当にチョンは人の姿をしているだけの下等生物です。米軍は斬首作戦なんてそのものズバリな名前の電話カリアゲ殺害計画を予定していますし、日本は日本で集団的自衛権を行使して北鮮襲撃作戦への参加も想定していると言う話です。どの程度本気なのか、ワタシ気になります。所でウジ元は今どこですかね。
森友の4.jpg
2ちゃんのウジ元生コン疑獄殺人事件祭りの時に見た四コマ。下はその一覧です。
http://i.imgur.com/VWZ25ce.jpg
http://i.imgur.com/RpoBQGv.jpg
http://i.imgur.com/dbBqFRI.jpg
http://i.imgur.com/Wd3DKBb.jpg
http://i.imgur.com/NCcpUSB.jpg
http://i.imgur.com/lKLj2GQ.jpg

北チョンについては米国議会下院が、北朝鮮に関するあらゆる工作を合法とする法案を提出しました。これが通れば、例えば日本に暗殺部隊を送り込んで総連を皆殺しにするとか、パチンコ屋を皆殺しにするとか、関西生コン連合とウジ元を皆殺しにするとかできる様になるそうです。やられる前に殺る。撃てるようになる前に撃つ。やらせる前にやらせない。もういよいよ本当の本当に本気みたいです。


半島有事になれば、総理は指揮権を発動してハードランディング開始、在日駆除作戦が決行されると余命は言います。それが既定路線であるとも。日本に寄生している数十万匹の在日の内、千匹ばかりを陸上自衛隊が物理的に地獄へ送り返せば、残りは蜘蛛の子散らしたみたいに祖国へ逃げ帰る、そう言う作戦らしいです。それが一番被害が小さいと。
http://shounenkairo.seesaa.net/category/26348726-1.html
個人的に何よりも望むのは、ハシシタの死刑です。それと維新の殲滅。大阪を切り刻んでチョンにくれてやろうとしたあのパチンコ屋の捨てゴマ共をまとめて殺せれば、他はもう殆どどうでもいいです。ハシシタを殺したいんです。大阪を切り刻もうとした罰で。

もっと大きな理想としては、日本の敵が全員で潰し合ってくれればいいのにと思います。こっちは核が無くて丸腰同然なんですから。見る限り安倍総理が外交素人のトランプを上手くあやして手なずけている様で、それは何よりなんですが、トランプはカジノ資本家がスポンサーについていると言われています。アベ公がカジノ法を通したのはそう言う事ですか? トランプの糸を引いている黒幕カジノ王に日本のカネをくれてやるよと、安全保障と引き換えに。だから大阪のカジノヤクザ松井のいるISINなんかに媚びてるんですか? 大阪を追放されたきったない弩腐れ河原乞食なんかと昼食取って。目と目が合っておいしいねって。隣り合わせもいいねって、仲良しにはんぶんこで。あんな日本人かどうかも怪しい反日チョンヅラジジィとよ。
在特会会見以来、安倍総理は維新を敵とみなしたと、余命は言っていました。なら有事の際には殺すんですよね、ハシシタとそのフン共を。殺るんですよね総理。有事にならなくても外患誘致罪で死刑にするんですよね、総理。


安倍総理のダメな所は経済を軽く考え過ぎて取引の材料にしてしまう事と、敵と取引してそれを実行してしまう事です。現状、国防が最優先なのは分かりますが、安倍総理は経済を甘く見過ぎです。日本が貧乏になってしまったら世界中は我が国を見向きもしなくなると言う冷たい現実が、安倍総理にはまだ実感できていない様です。それは勿論安倍総理に限った話ではなく、他の総理大臣の時もほぼ同様でした。兎も角そのせいで国民は、安倍政権が余計に払った、本来払わなくていい筈の不当に高い政治の代金を肩代わりさせられて来ました。

エエトコのボンボンに生まれつき、末は博士か大臣か、蝶よ花よと愛されて育てられたのでしょう。安倍家の坊ちゃんを取り巻く保守爺さん達は「若は将来この国を背負って立つ大事な御身、健全で誠実な御人柄をこそ第一に御教育を」とかナントカ言って、そう言う方向性で英才教育を施したのだと思います。
「カネ、経済なんて、あんな汚いモンはそう言うのが好きな奴が勉強したらエエねや。あんたは大事な身なんやから、カネなんちゅー汚いモンの事は考えたらあかん、汚いモンの事ばっかり考えてたら、心がきたのーなるさかいな」
大方こんな所でしょう。保守のおじいちゃん達は、なぜかカネを「汚い物」とみなす傾向がありますから。そして皆さんキレイ好きなので、一旦「汚い物」とレッテルを貼ってしまったが最後、一生涯見向きもしなくなります。経済を汚いものと見做して毛嫌いし、自分から遠ざけてしまって全く学ばない。なので、カネのエキスパートである敵がつく嘘に、いとも簡単に引っかかります。

日本を破壊しようとしている敵は、カネと言う物のカラクリの裏の裏まで熟知しています。当然です、敵が自分達で作ったルールですから。敵が作ったルールに則って動かされている世界の中にいて、そのルールから目を逸らし続けていたのでは、勝てる筈がありません。良い様に盗られるだけです。
そして同時に日本の敵は、人の心の底の底まで知り尽くしています。どうやったら人は判断を誤るか、どうしたら人に言う事を聞かせられるか、どうすればアホな大衆がゴミ同然の商品を有り難がって先を争う様に買い漁りながら、自分達が擁立した候補に投票するか。
カネとココロ、敵はこの二つのカラクリを完全に習得して自分たちの物にしています。そんな本物の悪魔の様な連中を相手にしているのに、「カネなんて汚い物の事は考えたくない」と子供みたいな事を言っていて勝てるわけがないのです。

選挙演説では正しい経済政策を公約したのに、当選して総理に就任した途端に財務省の犬になり下がった安倍総理。総理の取り巻きには守銭奴と弩アカグローバリストが集まり、いつの間にか首相の周りは日本を破壊しようと画策しているレントシーカーとグローバル政商だらけ。国民に絶大な指示を受けて誕生したはずの安倍政権は、気が付いたらロビイストを儲けさせるために日本を経済的に衰退させる経済政策ばかりを推進する内閣になっていました。カネのかからない愛国発言だけは勇ましくて。その有様を見ていて、きっと大東亜戦争もこんな成り行きで負けたんだろうなと思いました。

近衛文麿が戦争末期に述懐しています。和平を目指して邁進して来た筈なのに、いつの間にか自分の周りはアカだらけで、戦争やる気満々のウォーヘッド政権になってしまっていた事実を。
開戦前、日本共産党は表向きは壊滅状態になっていましたが、看板を下ろして鳴りを潜めただけで、政界にも陸軍内にも転向非転向を問わずコミュニスト、共産主義者と社会主義者が大量に潜入していました。政界も陸軍内もコミュニストだらけになり、軍も政府も国民も新聞も、近衛の望んだ道とは全く正反対の方に進み、気付いた時にはもう後戻りできない所まで来ていました。そして彼らコミュニストが実行した計画は敗戦革命と呼ばれる日本敗北工作だったので、最初から大東亜戦争に日本が勝利する道など無く、ボロボロに敗北する事は予め決められていた、それが大東亜戦争の「日本国内の」シナリオです。

大日本帝国が巻き込まれた大東亜戦争の敗北はもう覆せませんが、現在の日本が直面している経済危機と安全保障危機には、まだ選択の余裕があります。これから正しい選択を繰り返せぱ、日本は繁栄の道へと進めます。
そろそろ取り巻きの言いなりになるのはやめませんか、総理。ましてや日本を破壊するために大阪を切り刻んでチョンにくれてやろうとしている維新と手を組むなんて。それは、和平への道を模索しながらも、いつの間にか社会主義者だらけになっていた戦前の近衛内閣と同じ失敗です。

ウジ元生コンと北鮮爆撃の陰に隠れて目立ちませんが、アメ公が消費税を廃止しろと言ってます。
共和党ライアン下院議長「消費税やめろ」
https://www.youtube.com/watch?v=M8U4IfiV3fU
スティグリッツ「消費税やめろ」
https://www.youtube.com/watch?v=hoz_VhdCDfU
クルーグマン「消費税やめろ」
https://www.youtube.com/watch?v=Fa6PVkhmEkk
とっととやめちまえばいいでしょ消費税なんか。あれは最悪の税制の皮をかぶった不平等条約です。日本人だけが苦しんで、ウォール街が儲かります。そう言うカラクリです。最初からそうだったのかどうかは知りませんが、今は既にそうなっています。
RV117.jpg
http://shounenkairo.seesaa.net/article/401286011.html
四半世紀も消費税を続けて、しかも税率を上げ続けて、日本の景気はよくなりましたか。答えは言うまでもありません。それでもザイゲンガーに騙される程度にしか経済を学んでいない、つまり全く勉強してない保守のおじいちゃん達は、「消費税は将来的に上げなければならない」と本気で言うのです。勘弁して下さい。

日本を守るため、本物の悪魔の様な敵に勝つには、その悪魔どもよりも汚れる覚悟が必要なんです。知ってしまったらもう戻れない、そんな場所へ行く覚悟が。まずは入口の、この辺りから学んでみるのはどうですか。
https://www.youtube.com/watch?v=qFphGIehVWg&feature=youtu.be


そこには、まだ何も識らずにいられた、幼過ぎた昨日までの僕達はもういない。
無垢なる物への過ぎたる憧憬に溺れる幼稚なお花畑アタマは、昭和バカ左翼だけでもう沢山だ。
























posted by 跡間シノブ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ドップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

ドップ 2

前回のエントリーから一年足らず、意外と早くその気になりました。誰が作ってもほぼ同じ形になる、優秀過ぎる素組みの姿を見飽きたのもありますが、一番の要因は「キットの出来が良い分、ラクそうだから」です。で、毎度甘い見通しで楽観的なペース配分を見積もって、予想外にかかる手間に予定の数倍の時間を取られて最期は「こんなはずじゃなかったのに」と泣きながら作業するハメになる、それがウチの大体いつものパターンです。今回も大概でした。

CIMG1138.JPG
兎に角格好良い、初代ガンダムのイカす名脇役。70年代風のトゲトゲしく悪役っぽいデザインにシビれます。しかし登場回数がそこそこ多い割に、当時品には恵まれていません。同じジオン軍の重力下航空機ドダイが1/144でキット化されているのに、なぜドップは無かったんでしょう。ドダイなんて劇場版にも出てないし、活躍した質も量も明らかにドップの方が上なのに。小さいから単品では難しいと言うなら、悪役三点セットでも良かった筈。同梱はガトルと、白馬に乗ったシャアとかで。

「四翅に逆ガルってか」
ドップの翼は四枚だから間違ってはいません。四翅です。戦闘機としては少ない、と言うか足りない様な気もしますが、そこは色々あるのでしょう、SF的な何かが。現代の技術を超える何かが。400年も前にロボットが作られていた世界で、発掘されたそのロボットに現代の我々が使っているのと同じタブレットをつないで整備していたり、事務所の机にはやはり我々現代人が見慣れたデスクトップPCがずらっと並んでいる、なんてアホみたいなSFモドキ蟹工船ガンダムとは違いますから、宇宙世紀の初代ガンダムは。

重量バランスがどうなっているのかは置いときます。エンジンの重さとか大きさとか出力とか配置とかで、前提条件が大きく変わるからです。それを言っちゃあお終いよ、な側面もありますが、ここまで外したデザインならきっとそう言う事なんだと無理にでも納得します。ガンダムはSFですから。
翼面積はコアファイターと違って十分にあります。ガンポッドさえ重量オーバーにならなければ、胴体も小さいので、揚力は足りそうです。
コクピットがデカすぎですが、この大きなふくらみを持つキャノピーなら、キャノピー自体が揚力を発生させます。野心的で派手なデザインですが、高速域では機首で機体を吊る感じになるので、意外と安定して飛ぶんじゃないかと思います。

ふと思い返したんですが、ガンダム一作目に登場したドップの、名前のあるパイロットはガルマ大佐くらいですか。他に覚えがありません。
いろんな所で心無い人達に散々バカにされるガルマ君ですが、実はそんなに嫌いではなかったりします。特に最初の劇場版で見る限りでは、士官学校もいい成績で卒業したエリートで、現場でも割と活躍していた印象です。自分でも専用のドップを駆って蓮舫の新型に果敢に挑んで行くし。ウジウジしい自閉症児の主人公に比べればパリッと凛々しい美青年で、ジオン国民に人気があったと言うのも頷けます。
また、ガンダムの本当の主人公と言われるシャアは絶大な人気と支持を得ていますが、復讐の鬼と化して何者をも犠牲にし続けるシャアよりは、むしろガルマの方が常識人な気もします。上司にするならシャアよりはガルマです。あの人は無茶しませんから。シャアなんか上司にしたら、部下は確実に死に目に会います、イヤですあんな人に付くの。でも、外伝とかリブートとかインサイドストーリーとかが新しく発表されるごとに、ガルマの扱いはどんどんひどくなり、今やただのイロモノです。折角の悪役美形なのに。皆さんあんまりです。「虫が好かん連中だ」
ガルマ様.JPG
「辻元」な。


EXモデル 1/144 ガルマドップ
ドップ1.jpg
小さいクセに高いので、損した気になるシリーズ。バンダイはいつもパーツを箱にギチギチに詰める癖に、EXシリーズはなぜか箱の大きさの割に中身スッカスカ、まるでグルーポンの詐欺おせちの様です。まだあるんですかあの会社。塗装するなら必要のない色分け用の普通のシールと、マーキング用の大きなドライシールのシートが頼みもしないのに付いてます。ジオン公国章はそれなりに使い所はありますが、他は大して出番はなさそうです。バンダイのドライシールは水貼りデカールの数倍の厚みがあるので使い辛いんです。

組んでみたら吃驚、猛烈な精度です。パーツ同士の合わせ目はまるで線を引いた様。ゲート跡は殆ど出ず、ほんの僅かにヤスリ掛けをするだけで、誰でもピカピカの完成品を手に入れる事が出来ます。丁寧に作業しても20分くらいで組み上がります。シールは失くしました。捨ててはいないのでどこかにある筈なんですが出てきません。まあ要らないので気にしない。どこへでも好きな所へ行くが良い。いや多分ウチの中です、どっかにあります。

着陸脚は可動して、飛行状態と着陸状態にできます。可動部分はそこだけ、主翼は動きません。全体にそこそこのスジ彫りモールドが施されています。それほど細かくはないです。
最近のキットにしては珍しく、いろんな部品がが尖っています。バンダイの社内安全基準はPL法の比ではないそうですが、このキットは児童向けには設計されていないみたいで、割と言葉通り、とんがった出来です。なのでいつにもまして精度が高く、良く出来ちゃいますがそこはそれ、幾つか気に食わない点もあります。

パイロット人形が付いていません。機種下面のキャノピーが透明じゃないのも残念です。この値段でこの手の不備があると言うのが解せません。ランナーの隅に人形一体くらい付けてもコストは上がらないでしょうに。キャノピーの透明パーツだって、あと一つ付けてもランナーが増える訳じゃないんだから、値段は上がらない筈です。要らんシールなんかどうでもいいから、人形と下面キャノピーを付けるべきです。
あと、やはり翼が厚いです。特に垂直尾翼が厚い。いっそプラ板で作り起こしたくなる厚さです。その翼のスジ彫りはIMFイミフです。主翼尾翼ともに全く理解できないパネルラインです。これは大河原御大にも責任の一端がありそうです。設定画の主翼、何よ、あの三本のスジは。かと思いきや、胴体と機首にはスジ彫りは殆どありません。こっちは手抜き?

多分サイズとか値段とかが原因ではない部分で、いろいろ不満のあるキットです。しかし可動戦士ザクとかMIAドズル専用ザクとかに付属する完成品に比べれば、雲泥の差があります。このキットが月なら、あれらの完成品は泥です。我ながらヒドい言い様です。
ドップ2-3.jpg  ドップ2-4.jpg
左・可動戦士。右・MIA。

着陸姿勢で眺めているうちに、何となく違和感の様なものを感じました。自分の中では、このシルエットを変更する気は全く無く、このままの姿を受け入れてしまっている状態ですが、それとは又別の違和感の様です。
ドップは艦載機であると考えてブンドドしているうちに分かりました。脚が短いんです。航続距離が短いと言う事ではなく、物理的に着陸脚が短い。地面から脚柱格納庫壁の下端までが寸詰まりで、これでは着陸時の衝撃でサスが沈んだ時に甲板にぶつかります。零戦みたいに壁ごと沈むならいいんですが、デザイン的にどうも違うみたいだし、仮にそうだったとしてもこの脚は短い気がします。さすがにハラ打つんじゃないでしょうか。

手を加える箇所が見えてきました。主翼を動かせるようにし、コクピットを作って搭乗員を乗せ、着陸脚を違和感が無いように交換する、そんな所です。後は細かい調整になります。しかし。シルエットが綺麗なので、ラクに完成するわ簡単簡単、と甘く考えて手を出したのが間違いでした。アニメキットを現用機っぽく見せる為には、やはりそれなりに手を加えねばならなかったワケで。




大抵いつもそうなんですが、改造にあたって先ずやる事は、使えるジャンクパーツがあるかどうか探す事です。あればやる気になります。狙った様におあつらえ向きの部品が見つかった時は、感激して目がハートになる感じで運命と勘違い出来るので、すぐさま作業にかかれたりします。逆に、何も見つからなければそのパーツは作り起こすしかないのでテンションはガンガン下がります。もうやる気は出ません。最初にこれぞと言うパーツが見付かるかどうかで、そのキットを作るかどうかが決まるのです。

ドップ3.jpg
主脚はキットの脚を切り飛ばして、1/144F-18の脚を持って来ました。元から現物とはずいぶん違う好い加減な形ですが、そのまま使います。別にF-18を作ってるわけじゃありませんから。前脚は何か分かりません。余ってた何かの脚です。機種を忘れましたが、判別できる人はいるでしょうか。
前も後ろも着陸脚接続用の基部を2mm丸棒で作り、切り飛ばした場所に貼り付け、0.5mmの穴を開けて、真鍮線でそれぞれの脚を接続します。接着せずに取り外し式にする事で、脚収納庫壁の開閉ギミックを残しました。

脚柱格納庫の内壁は、プラ板で簡単に作りました。さっき作った脚の基部との干渉を避ける様に調整する作業は、ブツが小さいだけに結構シビアです。
また、後で白塗装が待っているので、塗膜の厚みの分は削らないといけません。特に白は厚くなりがちですから、これを忘れると塗膜が擦れてハゲハゲの完成品になります。白塗りの下にオレンジが所々見えたら不様です。

機体の全ての縁を薄く削ります。翼の前後も、ロケットみたいなノズルも。飛行機模型の改造の精度はこの削り込み如何で決まります。カミソリの様にエッジを削るのは飛行機模型の醍醐味の一つですが、んなの面倒臭ーよやってらんねーよと言う人は別にやらなくてもいいです。キャノピーだけ綺麗に塗りましょう。飛行機模型を美しく仕上げるコツはキャノピーを汚さない事に尽きます。削り込みは飛行機模型と長く関わり過ぎて塗装だけじゃ物足りなくなった、もう後戻りできない悲しい人がやる事です。普通の人はやらなくていいんですこんな事。まだ引き返せる人は。

翼端灯をクリアランナーで作りました。コアブースターの時に忘れた奴です。作り方は簡単、ナイフで当該部分をモールドに沿って切り飛ばし、接着面に合わせて削ったクリアランナーを瞬着で貼り、硬化したらヤスリで外形を削り出して磨く。何ら特別な作業はありません。切って貼って削って磨くだけです。
しかし今回はちょっと調子に乗って削り過ぎて、翼端灯が物凄く小さくなってしまいました。一度やり直していますが、それでもまだ小さいです。何でもかんでも削れば良いってもんじゃありません。行政サービスばかり削ったら、大阪の魅力が片っ端から無くなって行きます。それを改革と呼んで大阪人を騙して票を集めている卑劣な北朝鮮パチンコの会は、大阪を追放されたアホな元芸人党首が在任中に大阪の一等地をタダ同然でチョンに売り払った事実を説明する義務があります。もちろんパチンコ大遊協から献金を受けている事も。ストフェス2017にステージ出してましたね、大遊協。

バカチョン明清唐の陳と謝が調子に乗って要求した、安倍夫人と森友とのメールを公開されたら、ウジ元と大阪の偽装北朝鮮工作企業との癒着がバレました。本当に底無しのアホです朝鮮人明清唐は。ウジ元メールにある通り、同和に部落にヤクザに北朝鮮と来れば、どうせパチンコ屋の捨てゴマハシシタやカジノヤクザ松井もつながってるでしょう。
なんかカジノ松井がウジ元を吊し上げるフリして保守ぶってますけど、要するにウジ元生コン疑獄殺人事件はいわゆる内ゲバです。カジノは業界が違うからてめえだけは大丈夫とでも思ってるんでしょうかカジノは。何を勘違いしてるのか知りませんが、どの道死刑ですよ。一匹ずつ絞首台から地獄まで蹴り落されるか、16式機動戦闘車の105mmライフル砲で事務所の建物ごとバラバラになって地獄まで吹っ飛ばしてもらうか、違うのはそれだけです。

しかし本当に問題なのは、帰化チョン議員共の厚顔無恥な犯罪者っぷりよりも、むしろあの程度のカムフラ猿芝居で維新を保守と勘違いするアホな日本国民の方です。そりゃ敵方からすりゃラクでしょうね、大阪を切り刻んでチョンにくれてやるつもりでいるぽっと出のチョン工作員が、昔からいる帰化チョンウジ元をほんのちょっと攻撃しただけで、勝手に愛国者と思い込んでくれるほど日本人がアホなんですから。大阪の街はいまだに維新のポスターだらけです。もう、有り難くて溜息も出ません。
でも、今国会で共謀罪ことテロ等準備罪も成立する事ですし、今度こそ死刑にできますかね、捨てゴマハシシタ。これでも期待してるんですよ、余命ブログの外患誘致罪告発。殺ってくれるんでしょ? 指揮権発動してハードランディング。ねえ総理。

主翼はキットの接続部を切り飛ばし、3mm丸棒を削り、長さを合わせて貼り付けます。回転軸は通しませんでした。特に必要ないでしょう。しっかり保持できればいいだけなので、厄介な作業は回避します。


ドップ4.jpg
矢鱈だだっ広い操縦席。五人くらい座れそうです。Nゲージの運転手さんを持って来ましたが、ちょっと小さすぎます。できるだけ大柄な人が良い所に、Nゲージは1/150なので小さ目で、しかも日本人なので更に輪をかけて小さ目千雨。不採用にして他の誰かにします。
MG一作目のジオン兵が余っていました。でもこちらは大柄過ぎて合いません。それと時期的にまだ原型を木型で作っていたみたいでモールドが甘く、ザクの奥まったコクピットなら兎も角、丸見えになるドップには座らせたくありません。不採用です。
塗装せずに放置していたMGザクVer.2のジオン兵を持って来ました。ちょっと小柄でいい感じです。モールドも細かくて見栄えも良い、これで行きます。是非わが社に。
黄色いのはファイヤーバルキリーに乗っていた1/144熱気バサラです。ギター抱えてます。この上半身だけのボーカルが、1/100のジオン兵の上半身とほぼ同サイズです。相変わらず、プラモのパイロット人形のサイズと言う物は出鱈目でマチマチなのです。だからこれで1/144であると言い張ってもいいと思います。いいんだよ。気にするなよ。

ファイヤーボンバーの歌を歌っていた福山芳樹の声はかなり理想です。あのタイプが好きなんです。スティーブン・タイラーとか、アースシェイカーのマーシーとか。あんな声で歌えたらと、もう何度思った事か。でもバサラの声も割と好きです。あんな声で必殺技を叫べたら気持ちいいだろうなと、それも何度も思いました。
座らせてキャノピーを閉めると、頭がぶつかりました。シートが高過ぎます。丸ごと削り落として座れるだけの深さを確保します。ついでに膝を伸ばして姿勢が悪くならないように調整しました。

計器盤はプラ版で簡単に作り、余りデカールを細切れにして貼り詰める事で表現する事にしました。完成後はチラりとも見えません。オシャレは見えない所にこそ気を配ります。
HUDも付けます。ミノフスキー粒子散布下では有視界戦闘が主です。ミサイルロックも甘くなるのでガンファイト中心になります。照準器は必須です。
リアビューミラーは二枚付けました。位置と形状から、三枚より二枚の方が似合うと思いました。決してラクをしたいから二枚にした訳ではなく、あくまでドップと言う機体のデザインから、似合う仕様を考慮した結果、リアビューミラーが二枚になったのであって、決して決して三枚作るのが面倒だとか、本当は三枚作るつもりだったのが途中で飽きたとか何かイヤになったとかそう言

下面キャノピーは機首パーツと一体の不透明ワンピース形成です。艦載機の下方視界は重要なので、ちゃんと開けます。この高い位置にある操縦席では、下がしっかり見えないと甲板を逃します。発進口の下の壁に激突するかもしれません。ただでさえ狭いガウの翼内デッキ、着艦失敗は即大事故です。火災が発生したら墜落するでしょう。なので少しでも視界を確保する事が大事です。
模型的に大事になるのは、くりぬいて開けてから何を嵌めるかです、ヒートプレスが面倒だから。特に原型を作るのが。電熱コンロはこのためだけに買いましたが、ラクできるならしたい訳で。
最初はコンビニでゼリーを買った時に付けてもらったスプーンを使うつもりでした。でも切断してみるとアールが全く合いませんでした。
次にタミヤイタレリのF-22のキャノピーを持って来ました。この機体はエースコンバット3のディジョン機にしたので、風防が丸々余ったのを放置していましたが、ここらで出番です。僅かにズレが生じる物の、黙っていれば分からない程度の差なので、これで行く事にしました。

ついでに射爆照準器らしき物を詰めました。ドップに爆弾って積んでるんでしょうか。とてもそんな余裕はなさそうです。翼下に吊るなら脚が短いので、着陸脚はやはり伸ばすのが正解です。いえ爆撃しなければ良いだけですけど。そもそも爆撃は母艦のガウがやってくれますから、ドップは格闘戦だけやればいいんです。でも付けました、射爆照準器。ただなんとなく。だってB-29にも付いてるし。北チョン空爆はまだかトランプ。半島なんか火の海に沈めちまえ米軍。日本は一切関知しないぞ。


ドップ6.jpg
尾部には、ガンポッドの排気孔を開けました。片側六連のミサイルと中央のバルカンの分です。でも設定では逆みたいで、六連のバルカンと中央のミサイルです。画面では両方とも六連穴から出てます。……気にすんなって。いいんだよ。いいんだ。
スジ彫りは半分くらいを埋めて、デザインをやり直しています。新たに彫る分は過剰にならないように考えて線を引いて行きました。でももっと派手にしてもいいと思います。そろそろPカッターだけでなく、タガネとかも使うべきかもしれません。作業に要求される精度は、経験と共に上がる一方です。もう戻れない。

ハゲなので後頭部に何か欲しいと思いました。そこで野心的なデザインの整流板を作ってみました。うん似合わない。やめましょうこれは。ガルマ機ならちょっと何かあってもいいかなとは思ったんですが、これはまた別の機会に譲る事にしました。今回は無難に現用機っぽいレーダーを。顎にも一枚。

塗装をどうするか。一般兵が座っていてガルマ機ではなくなったのでオレンジはダメ。緑は1/1200でやったから今はイヤ。グレーは白っぽいのも青っぽいのも格好いいけど、よく検索に引っかかる他の人の作品とカブるからこれも没。欧州機っぽい迷彩も1/144じゃ窮屈だし。何かないかな、何かいい事ないかな、Wondering if anything will go right.Or will you dance with me tonight?
ラブソングができるまでの間、一緒に踊ってくれる人なんかいねーよと思ってふと目が行ったのは、ウチの棚に安置されているF-2でした。格好良い。航空自衛隊のF-2とF-4に施されている洋上迷彩、これがいい。君に決めた。

ミディアムブルーとネイビーブルーの二色です。ミディアムブルーが殆ど残っていませんでしたので、余っていた塗料で作りました。結構似ましたのでそれで行きます。普通に買いに行けば良いんですけど、ただ、なんとなく。余ってたし。但し、塗るのは機体内部が先です。脚柱格納庫を白、操縦席をエアクラフトグレーで塗ってから、外装を吹いて行きます。
エアブラシは0.2mmのダブルアクションを使ってるんですが、これがどうにも具合が悪い。細かい迷彩を吹く時など、まったく安定しません。なぜだ。コンプがショボくて圧が低いからか。機材が応えてくれなくなっています。さほど塗装の腕が上がっている訳でもないのに。それでも何とかヒーヒー言いながら塗り切りました。

デカールはやはり余り物。コアブースターほどには機体面積が無いので、うるさくならない様に気を付けながら位置を決めて行きます。と言えば簡単みたいですが、これはこれで悩むものです。ここぞと狙った所に貼った目立つマークが気に入らなくて、貼っちゃ剥がし貼っちゃ剥がしを繰り返します。何度も何度も繰り返して、もう沢山だ、これ以上付き合ってられるか、となった所で完成です。いつも思うんですけど、良いのか、そんな姿勢で……。

一通り完成してから気付きました。F-22から流用した下面キャノピーの縁がやたら白い事に。ツライチの上面ワンピースキャノピーに比べて、猛烈な厚みの流用パーツの切断面が真っ白になっています。アールも僅かに違うのが、青く塗ったらバレバレに目立ってしまいました。
どうする、無理に気にしなければ気にはならないけれど。でもあまりにも不様すぎる。そこだけ「改造してまっせ」と、チンドン屋が太鼓叩いてクラリネット吹きながら通っている様です。已むを得ません、ヒートプレスで作ります。
最初からこうしていればよかったんです。初めからヒートプレスしていれば、二度も同じ失敗をしなくて済みました。ラクできるならラクをした方が良い場面と言うのは確かにありますが、時には罠もあります。誰かが言ってました。「人生には大抵二通りの道がある、ラクな法としんどい方だ。」
そしてラクな法を選んだ時は、後でかえって高い代償を払う事になる事が多いのです。
































posted by 跡間シノブ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ドップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

ドップ1

CIMG9414.JPG
折角作ったんだから見せびらかそうと。1/1200ガウ攻撃空母のオマケ。なのでガウと同じ名義のカテゴリに追加すれば良い様な物ですが、あえて新たに作ります。いずれEXモデルを作るつもりだからです。あくまでいずれ、そのうち。何時の日にか、遠い将来、はるか銀河系のかなたで。

で。旧キットのドップはこれしかありません。ドップはガウの艦載機だから、ガウのキットにオマケで入ってるのは当然です。むしろずっと謎だったのは、キャラメルコーンにピーナッツが入っている事です。あれはいらんだろと思います。ガウにドップが付いているのは当たり前でも、キャラメルコーンにピーナッツは邪魔です。昔は入ってなかったそうですし。シカダ駄菓子よりはのんのんの影響です。オマケドップと言えば可動戦士1/144量産型ザクには1/144ドップが付いていましたが、あのオマケは完成品で、80年代でもない事から勘定には入れません。持ってないからとかではなく。

名脇役にして名悪役。ホワイトベースが地上に降りたその時から再び宇宙に上がるまで、主人公達にずっと付きまとい続けて墜とされ続けた悪役の中の悪役です。世間的にはヤラレメカと言います。ザコとも言います。しかし何はなくともジオン地上軍の主力戦闘機、人型ばかりがちやほやされる非情なガンダムワールドでも、もうちょっと取り上げられてもいいと思います。

が。架空航空機のデザインもここまで来るともう何も言えません。好きにしてください。単純に格好いいんだからもう何でもいいです。匙でも槍でも投げます。長いこと右肩壊してますけど何でも持って来てください。それにこのキットはサイズもサイズですから、空力がどうの重心がどうのと言ってもあまり意味がありません。飛行機っぽく見えるかどうかではなく、ドップに見えるかどうかなんです。存在が小さすぎて、自分が自分でいられるかどうかすら危ういんです。なので兎に角プラのカタマリが最低限ドップに見える様になるまで削ります。

ガウを作った時、ガウ本体だけで力尽きたので、オマケ共にはもう手を出さずに押入れに逆戻りさせようと思ったらピンセットの力に負けて首が外れ、再接着しようとしてもなんだかよく分からない理由で上手く行かなかったので、これは作れと言う事か、模型の神様かなんかからの啓示か、とアサッテな勘違いをわざとして一気に仕上げました。

こんな目ん玉が潰れそうな工作を、わざわざ好き好んでやる人は多分そんなにはいないと思いますが、一応何をしたかだけ記しておきます。俺ガンプラやってるから名人ぶって格好良く旧キットの改造とかしてみたいわー、でもハードル高いわー、とか思ってる人達にはお手軽な課題になるかも知れません。小さすぎてなりませんか。でも気楽なのは確かでしょう。あまり再販されないのでキット自体が入手困難ですが、再販されてしまえば一箱300円ですから、このドップの値段は3円くらいです。

ドップ1.jpg
作ると言っても猛烈に小さいので、作業は基本的に削るだけです。新品の刃に交換したデザインナイフで軽く軽〜く、削ると言うより皮を剥く感じで、プラスチックを削いで行きます。

強度の都合で先ず胴体の形を出します。当然上下幅を薄くしますが、同時に長過ぎる前後幅を前から詰めました。下面を削り込む際は、翼の位置と角度を考えて削ります。前部四箇所のインテークはどうするか迷いましたが、結局彫りました。ここで迷うと言うのは要するに、上手くやれる自信がないと言う事ですが、えーいやっちゃうぞーと思い切ってズバッとやっちまうと結構できたりする物です。細かい作業でも思い切りは大事です。

この形の翼は逆ガル翼と言います。いわゆるガルウィングの逆です。ドップの翼はちょっと大袈裟目に角度を付ける位が格好良く決まる様です。このくらい小さい場合はヤスリをアテにせず、デザインナイフと彫刻刀で行ける所まで行くのが吉かもしれません。しかしその人その人で使いやすい道具を使うのが一番です。ヤスリしか使わないなんて人もいるでしょう。火傷覚悟でヒートペンでも。いや全部溶けるかも。
時々ヒートペンで物凄く小さなフィギュアとか作る人がいますけど、もうどうやってんだかさっぱり分かりません。スパチュラみたいなビットで細かく引っかくんでしょうけど、1/35の女の子の前髪とか睫毛とか作る人って、もう何かアレです。

コクピットは、下に伸びている首の部分がただの円筒になっているので、プラ板で作り直しました。それとキャノピーのサッシ(?)のラインがちょっとだけ違いますので、瞬着で埋めて堀り直しています。当然ナイフです。まさかPカッターは使えません、こんな胡麻粒みたいなパーツに。俺なら使えるぜと言う人は使ってくださって結構です。

バルカンポッドは短くして、先細りに削った1.2mmの丸棒を先端に貼ります。側面も付け根を少しだけ彫り込んで、凹凸を強調しました。正確な円筒なんて最初から望むべくもありません、大雑把にザッと彫ります。小サイズ模型は僅かな狂いが致命傷になりますが、出来ない物は出来ないんでやれる事だけやって満足しましょう。

垂直尾翼はプラ板で新造しました。文字で書く分には楽勝です。縁は最初に削りますが、小さいので本体に固定してからも削ります。持ち手が増えてラクになります。それでも猛烈に小さいです。

エンジンノズルはパーティングラインが中央に水平にビシッと入っています。こんな小さい円筒のヤスリがけなんてまっぴらです。切り飛ばして新造です。でもナイフだけで削り込んでも良かったかもしれません。迷うと言う事はまあどっちでもいいと言う事でしょう。結果にも道筋にも大して差は出ません。投下する労力もです。大体こんなちっちゃいのんに「どうすればいいんだ……」なんてやってる方がバカらしいのです。ちゃちゃっと行きます。で作業中、力加減を間違えて、何度か主翼をへし折りかけました。その度にボークスの強力瞬着で固めます。

さっさと形を出したらとっとと塗ります。最初はサーフェイサーを吹いた上にクライ・ミドリを吹いたんですが、色味が気に入らなくてザクの緑を上掛けしたら、何だかもっさりと厚ぼったくなってしまいました。このサイズでは、塗料の厚みがバカになりません。厚く吹いてしまうと、折角薄く削った翼が塗膜の厚みで厚ぼったくなってしまうのです。初めて気付きました。仕方がないのでシンナー漬けにして全て落とし、ザクグリーンをサフ無しでプラに直接吹きました。
本体色が乗ったら後は筆塗りです。イカれかかった安物の面相筆と、とっくに燃え尽きた根性で塗ります。パイロットになれなかったほどに悪い視力が更に悪化しそうです。気にしないよ、今更ちょっとくらい。空に拒まれた、こんな出来損ないの体なんて。

工作、塗装、共に四時間くらいでした。この手の作業をすると思います。バカなんじゃないかと、自分。と、このドップを仕上げた時点で我に帰ってしまったので付属のザクとズゴックは見なかった事にしました。とっとと塗るだけでも塗って、ガウの前部格納庫に収容すべきだとは思いますが、同種の機体が三機ないとやる気になりません。やらない言い訳ならいくらでも出て来るのが長所です。でもMGで物凄い精度のムサイとザクを作った人を見て、ちょっとざわざわしています。


CIMG9490.jpg
完成。

ドップ2.jpg
大きめのハエくらいの大きさです。
寝ぼけてたら羽虫と間違えて叩き潰しそうです。
ちょっとノズルがデカ過ぎたかも。
見ろ、ゴミの様だ。

ガンプラの旧キットで、小さいオマケしか存在しないアイテムは、エルメスのビット、ホワイトベースのガンペリー、マゼラン、サラミスのシャトル、後はアッザムの爆弾くらいですか。旧キットは結構集めたんですが、連邦の船三隻が丁度今手元にありません。ガンペリーがなんか猛烈に欲しくなってきました。EXモデルの1/144はどうでもいいんで旧キット。でも来月の再販にも無いみたいです。会いたい時にあなたはいない。いつもあなたは。祝ボトムズ地上波再放送。

作ると言ったEXモデルは1/144のガルマ機だけ組みましたが、まだ仕上げる気になっていません。誰が作っても格好いいですからあんなの。新しい精密なキットは、なぜかやる気にさせてくれない。でも飛行機だからいずれ必ず手を出すでしょう。多分。やると言った事ほど実行しないのがウチのブログです。

所でバルバトスに飛行機って出て来ましたっけ。戦闘機もヘリも輸送機も出て来なかった様な気がします。全く記憶にありません。なんか、航空機が存在しない世界なんでしょうか。録画した分はとっとと全部消したし、もう一回アタマから見る気なんてこれっぽっちもありませんけど、どうなんでしょう、スタッフ。








今ガンダムで気になるのは核の事です。
歴代のガンダム世界には割と核が出て来ます。最初の宇宙世紀のガンダムでは、物語が始まる前に両軍が核を使いまくったせいで人類が懲りて使用禁止にしたと言ういきさつがありますが、それでも時々核を使おうとするアタマのちょっとアレな奴がちょくちょく出てきます。特にジオン軍にですが、そんなに沢山ヤバい奴飼ってて組織としては大丈夫なんでしょうか。まあ出ちゃ負けてますけど、ジオン側。それに全てのモビルスーツが核融合炉を積んでますから、今更爆弾の形にしなくてもその気になればいつでも核爆発くらい起こせるとか思ってんでしょうか、連邦もジオンも。08小隊にそんな人が出てきます。最初のガンダム第一話ではアムロがぶった切ったザクが核爆発を起こしてコロニーに大穴を開けています。

G25-1.jpg
マさん(馬と書いてマ? 苗字なん?) 。水爆ぶっ放した結構ヤバい人。しかしあの鈍足なガンダムに追い着かれる核ミサイルってどんだけのろいんでしょう。でもそのお陰で助かりました。

G80-1.jpg
キリング中佐。上官を射殺してまで新型ガンダムを開発中のコロニーを核攻撃しようとしたかなりヤバい人。小説か漫画かで自決しています。アニメではしれっと生きてるみたいです。

Zではジャブローが核爆発を起こしていました。ターンエーでは戦略核を掘り起こしてしまって爆発させています。ウイングでは我等がヒイロが核貯蔵庫の自爆を忍者みたいな大活躍で阻止しました。シードではどこかの宇宙の基地を核攻撃していました。核を使った奴は死にました。そんな感じでガンダムには、弾頭の形をした核が結構登場しています。爆発はしたりしなかったりです。


現実世界ではトランプが日本は核武装しろと言ってます。個人的には割と好きですあのアホ。あれだけバカなら殆どの日本人が気付くからです、アメリカは決して友好国などではなく、敵だと。
それは兎も角、D.R.F.S.Rのジャケットのバケモノデブみたいなアメリカ大統領候補が、全米に向かって世界に聞こえるように、日本は核武装しろと大っぴらに言っています。あれほど日本の核武装を嫌がっていたアメリカの大統領候補が。報復を恐れるが故に、九条を作って日本を奴隷化しようとしたアメリカが。零戦にビビりまくって日本の航空機開発産業を壊滅させたあのアメ公が。日本は核武装しろ、ですって。

D.R.F.S.R "Dirty Rotten Filthy Stinking Rich"

以前こんな話を聞きました。アメリカは財政難を主たる理由に世界の警察を引退し、アジアの平和管理は日本に任せるつもりでいるので、「シナチョンは攻撃可能だが合衆国には到達しない中短距離核ミサイル」の日本への売却を計画していて、安倍政権下で実行中であると。ご存知の方も多いでしょう、あの余命ブログです。
現在、アメ公はテロ対策の名の下に、日本の原発が出したプルトニウムと濃縮ウランを無条件に、対価も払わず没収しています。これは民主党時代に始まった日米交渉の延長ですが、これが決まった時は日本の核武装が又一歩遠のいたと思ってクライ・キモチでした。余命の記事を読んだのはその後です。安倍政権がオバマ政権と交渉して、水面下で核弾頭購入計画を進めている、余命が確かにそんな事を書いてました。

余命ブログは民主党野田政権の衆院解散や、対テロ関連法の成立の日付まで予告して見せたと言う事ですが、自分で細かく検証した事がないので、それらが当たっていたのかどうか分かりません。なので、どうせきっと眉唾な話だろうと話半分で読んでいました。しかし今やアメリカ大統領候補があれほどまでに轟々と日本の核武装をアナウンスするに至っています。トランプのパフォーマーっぷりも大概ですが、合衆国を攻撃出来ない範囲の核ミサイルを日本に売却すると言うアメリカの要望は本当なんでしょうか。


アメリカの希望としては、目下のターゲットである中国韓国北朝鮮だけに対する抑止力としての中短距離核ミサイルに限った売却であるとの事です。日本が合衆国を攻撃できるだけの核ミサイルを持つのは避けたいでしょう。日本はアメリカに復讐する権利を保留したままで、連中はそれを一番恐れていますから。しかしそれでもシナチョンの飼育係を日本に押し付けたいアメリカは、核弾頭と中短距離ミサイルを日本に持たせるしかありません。

アメリカを攻撃させないと言っても、大陸間弾道ミサイルなんて、我が国にはH2ロケットがありますからどうとでもなります。日本に作れない物なんてありません。いつもの手口で弾頭にブラックボックスでも付けますか? 外せば良いんですそんなの。プルトニウムと濃縮ウランさえ手元にあればいいのです。もっと言うと、日本に限り水爆製作に実験の必要もありません。スパコンのシミュレーションだけで作れます。
更に本当は、外交的には実際に作れる事を証明する必要すらありません。なんせ日本ですから。西洋人や大陸人が、自分達の想像をはるかに超える物作り大国ならそのくらいやっちまうに違いない、と思い込めばそれで良いのです。ブラフとはそうやります。
日本ならもうとっくに核弾頭も大陸間弾道ミサイルも持ってるだろうと、欧米人やタイリクヒトモドキが思い込んだ段階で、その思い込みを利用するのが政治の手腕なのですが、ご承知の如くウチの外務省にそんな機転は期待できません。頭痛がする程のアホと腰抜けと売国奴ばかりです。
しかし、外務省がどこまで売国奴でも、ハッタリかます必要がなくなるのならそれに越した事はない訳で、何十年も妨害され続けて実現しなかった核保有を実現できるのならこっちの物です。あちらの意向だろうとタナボタだろうと。

ずっと謎だった。キャラメルコーンじゃなかった日本に朝鮮人が入っている事が。散々っぱら理不尽に煮え湯を飲まされ続けて来た日本の苦渋の日々は、最初の核弾頭を所有した時点を以て終わります。核さえ持てば日本のすべてが正常化するでしょう。どの国ももう日本に圧力を加える事が出来なくなるからです。ただ一発の核の衝撃に、国家は耐えられないのです。早々と核ミサイル寄越せトランプてめえオラ。

ただしこれには、日本国内の状況が整えば、と言う実に厳しい条件があります。憲法改正と言うハードルはもちろん高いのですが、整えなければならない状況とは、憲法よりもむしろ世論です。有体な言い方をすれば空気です。核武装が絶対不可欠だとする国民の正しい空気こそが、核武装には必要なのです。
憲法などとご大層な事を言っても、所詮は文言に過ぎません。文字が並んでいるだけです。そんな物はどうとでもなります。ご立派だけど全く運用されない法を破りまくっている悪党共が、全く咎められずにのうのうとお天道様の下を闊歩しているのが何よりの証拠です。また、為政者の不正行為などがネットで大騒ぎになれば、政治は国民の声を聞かない訳に行かなくなっているのが現在の言論空間です。何だかだ言って、落選の恐怖に常に晒されている政治家は、国民の声が恐ろしいのです。核武装に必要なのはやはり空気です。


ここへ来て、その「空気」が妙な感じになってきました。民主党じゃなかった民進党のジャスコが「増税しろ」と叫び始めています。よりによって選挙前のこの時期に。
ジャスコが増税しろと言う理由は、民主党のブタじゃなかった野田が決めた増税だからで、自民党が巻き込まれた三党合意に逆らって増税延期するのはジャスコとしては納得行かないと言う事です。しかし「増税」は選挙前に言う事じゃありません。今や国民は消費税率さえシナチョン駆除の捨て牌にしかねない勢いですが、そんな特殊な事情があろうとなかろうと、劣勢の野党が選挙前に増税を口にするなど、常識では考えられないのです。と言ってもまあ朝鮮人に常識なんてあるワケもないんですけど。

平成の開国TPPを言い出したのは、矢張り民主党のカンでした。あの時アメリカから「TPP、消費税増税、ヲザーパージ」の三点セットの要求があったと見られています。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/377357952.html
通常、国家元首や政治責任者に言う事を聞かせる時は、エコノミック・ヒットマンが脅迫する物ですが、背乗りカンなどは総理大臣になって大はしゃぎで日本を破壊しにかかっていましたから、脅すまでもなくホイホイ言いなりになったと思われます。でそのまま公約を堂々と破棄して消費税を10%まで上げる事を次のブタじゃなかった野田内閣で決定したのはご承知の通りです。

数日前までジャスコは増税に関して口ごもっていました。選挙が終わってから判断するとかナントカ、兎に角政権だけ盗ったら後は又やりたい放題好き放題やると、朝鮮思考丸出しで。そのジャスコがいきなり増税しろ増税しろと言い出しているのは、単に安倍政権が消費税の再々々増税を延期すると言い始めているからでしょうか。兎に角反対の事を言っとけと。しかし増税を公約して勝てた政党は過去に例がない筈です。イヤむしろ選挙前にわざわざ増税を公約した候補や政党なんて聞いた事がありません。

あの自民党よりアメ公の言いなりの民主党じゃなかった民進党が、選挙を前に増税増税と叫んでいます。既に負けは確実なのに更に自分の足に重りを付けて、ISINと一緒に池に飛び込もうとしています。その正気とは思えない行動は、自滅しようとしている様にしか見えません。まるでそうしろと誰かに命令されてでもいるかの様に。
折角合流して元の鞘に収まったのに、その民進党の支持率が民主党とISINの支持率の合計より低いなんてもう、漫画のネタをはるかに超えまていすが、事実、ただでさえ低い支持率が増税強行発言で更に急降下爆撃です。連中の説明不能なそれらの行動は、気でも違ったか誰かに殺すと脅されてでもいるか、イヤでも朝鮮人だし。まともな判断なんて出来る筈もない、だからと言っていくらなんでも選挙前の増税アピールなんて、でもやっぱり最悪のタイミングで最悪の決断をするのが朝鮮人だし。

自爆が続いているのに、他に選択肢がないからと言う後ろ向きな理由で仕方なく消去法で支持されているだけの自民党を見ていると、この夏の選挙で自民党が憲法改正に必要とされるだけの絶対多数を取れるとは思えませんが、それでも今の状況を見ていると、口先だけの改憲勢力を合わせれば本当に2/3を取るかもしれません。敵があれでは。


第一次安倍内閣以来のアメリカから日本への核弾頭売却の噂と、それを裏付ける様なアメリカ大統領候補者の日本核武装促進発言、更に選挙を控えている事を忘れたかの様なジャスコの自滅増税連呼。それらは余命ブログが予言した事が実現すると言う事なんでしょうか。


index.jpg
D.R.F.S.Rのジャケット。
Back to the futureのビフより似てると思うんですけど、トランプ候補。










posted by 跡間シノブ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ドップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする