2014年05月28日

クイーンエメラルダス号 6

鬱屈した日々に辟易し、未組み立てキットと中途半端に手を出して放置してあるキットの山の中から引っ張り出して、愚痴愚痴とやさぐれながら作って来たエメもこれで完成です。

CIMG6192-2.jpg
見よ、このアダルティーな雰囲気を。ゴンドラ部のガレオン船は刺すだけ脱着式。当然船体の裏には光漏れ防止カバーを付けてあります。当初は窓を黄色で塗るべきかどうか迷っていました。しかし気球部は電飾発光、ゴンドラ部は塗装ではちぐはぐです。どうしようか決めかねたまま、後で考えればいいやと塗装開始しましたが、塗り終えると実にいい感じ。この雰囲気は黄色を飛ばしたら台無しになります。このままで行きますLet It Be。

CIMG6187-2.jpg
金色ではなく正しくは真鍮色。でも百人が百人金色と言うでしょう、輝く女神像。小さすぎて両眼つぶれるかと思いましたが、意外にも割と彫れました。特におっぱい。0.3mmほどしかないけど。
「輝けおっぱい!! クイーンエメラルダス号DxD 乳(NEW)!! 」
とか何とかブツブツ言いながら彫ってました。

CIMG6119-2.jpg
頭蓋骨に両手を付いて寄せて上げたグラビアなポーズです。髑髏はただのタマになっちまいました。そりゃ女神様の顔だって彫れませんし。後で気付いたんですが、このゴールデンスカルの下にはクロスボーンが……今更無理です。技術的にではなく、気持ちが乗りません。終わってしまった作業ですので忘れます。でもやってできない事でもないので、そのうちやるかも知れません。

CIMG6245.JPG
電飾は船首の黒い皿を取り外し式にして、百均LEDを光らせてからほりこむ方式です。なので色変え自由、電源コードも露出しません。中でカラカラ言います。安価で簡単、お勧め電飾方ですが、全体が一色になるのが欠点です。部分的に色を変更したくなったら、各穴にクリアカラーを外から詰める事になります。




完成! クイーンエメラルダス号!! 
CIMG6149.JPG
暗闇にぼんやりと光るオレンジの灯り。LEDの重みで船体後部が少し沈みます。船体下部に開けた穴二つに0.8mmの真鍮線2本を刺して支えているだけなので、あまり長く点灯させ続けると穴が潰れるかもしれません。

CIMG6136.JPG
飾り台の支柱を反対側に持ってきたので邪魔が入りません。美しい左顔。

CIMG6075.JPG
なぜか? 初夏の夕闇が似合う。

CIMG6137.JPG
名札はデカールを台に直接貼らずにプラ板で作りました。

CIMG6144-2.jpg
スマートなシルエット。

このクイーンエメラルダス号、購入したのが二十年前、作り始めたのが何年前?
兎に角完成しました。仕上がりがどうでも最後まで走り切るとスカッとします。

バンダイはこう言った人型以外のキットが割と得意なんじゃないかと思います。旧ガンダムシリーズも、モビルスーツ以外のメカにこれと言ったハズレはありません。こうなるとデスシャドウ号が欲しくなりますが、実は高いんですアレ。絶対的な金額よりも価格の上昇率が。元値の五倍以上の値段が付いてたら買う気がしません。そちらは又いずれ御縁がありました時にでも。殆ど知らないし。

近年、一部の模型だけが盛り上がってる様です。ガルパン、艦コレ、ビルドファイターズ、ユニコーンあたりが。ロボットも含めてキャラクターの人気にノセられてる感が何とも充満しまくってますが、一つも話題にならない超氷河期状態よりはずっとマシでしょう。この際だから販促アニメもバンバン作って放送しまくって欲しいです。

しかしこの模型と言う、手を動かす物作り遊びはこのまま大ブームにはならずに、細く長く娯楽の定番になれば良いとも思います。特に時代が求めるスピードが加速する一方の現代にあっては、一時の流行などすぐ廃れますから。何だかだ言って、人間は何かを作るのが好きなものですし、特に日本人はその傾向が強いです。ゲームなんて出来合いの世界に遊んでもらってないで、模型を作りましょう。

CIMG6183-2.jpg

日本人がモノ作らずに誰が作るんですか。





その、物作り国日本の労働者から残業代をむしりとり、タダ働きさせようとしている寄生虫がいます。もう皆さんご存知でしょう、国賊竹中平蔵、あの覚醒剤野郎です。

一人でも多くの日本人正社員を殺 減らしたい竹中は、正社員の事を「既得特権」だとほざきました。企業に雇われている正社員は保険やら組合やらで守られている特権階級であると。それは働く国民の当たり前の保証である筈ですが、竹中はそれらを日本人には余計な特権であると勝手に見なして、正規雇用を日本から消滅させようと目論んでいます。

正社員を減らす目的は、当然派遣社員の増加です。正規が減った分は派遣に回ります。そして企業と言う後ろ盾を失った個人労働者は、タケナカが経営する麻薬漬けブラック人派パソナと契約する訳です。正社員とは正しい社員と書きます。国民がが正しく正社員として雇用されている場合には発生しない契約派遣手数料が竹中の懐にジャリジャリ入る訳です。

消費税の輸出還付金もそうですが、それらは日本国が正しく運営されていた場合には元々発生しないカネです。本来生じない筈の利益を自分以外の大多数から不当にむしり取るために、政治家にへつらって現行法を国民が苦しむ方向にわざと改竄させるタチの悪い寄生虫売国奴をレントシーカーと呼びます。



タケナカは言うなればウルトラグローバリストです。日本解体活動家とでも言うべきでしょうか。差別されてきたと勘違いして生きて来たため、日本が大嫌いで逆恨みしており、日本国を破壊するためにあらゆる努力を惜しまない反日テロリスト。しかしそれと同時に、日本人が働いて納めた尊い血税を最後の一円まで盗んでラクして良い目だけは見たい。詰り本物のクズです。他にハシシタが同じメンタリティの持ち主です。グローバリズムは国家の破壊を目的としているので、国体破壊テロリスト共には実に都合が良いのです。実際グローバリズムを標榜する連中の思考は、日本破壊の方向で一致しています。

いずれ竹中平蔵はこう言い出すでしょう。
「日本国籍は既得特権である」


「チョンは全員死ね」と言い放った素晴らしきバチカンの、敬愛してやまない我等が太陽にして偉大なる永遠のフランシスコ法皇が昨年「グローバリズムは叩き潰せ」と声明を出しました。正確には新自由主義と戦え、でしたが同じ事です。グローバリズムは人の弱みに付け込む卑劣漢の思想であり、カネ第一主義の唯物思想であり、それはキリスト教が最も恐れるニヒリズム、虚無主義そのものです。新法皇がグローバリズムを明確に敵と断定したのはそのためです。

ほんの一握りの大金融資産家達が世界中のカネとモノと労働を収奪するシステムがグローバリズムです。かつて同じシステムが地上に存在していました。万人が平等であると嘯き、その実たった一人の支配者だけがユートピアを享受する国家体制が。まだ存在している地域も一部あります。
グローバリズムは名を変えただけの共産主義に過ぎません。この世の全てをカネと言う尺度でしか測らない物質主義です。日本は物質と精神が共存する国です。自然物人工物問わず物質の中に精神を見る日本人の思想にグローバリズムは合いません。


そのグローバリズムで日本を壊滅させようとしているタケナカが責任者を務めるブラック奴隷企業パソナは、しゃちょー秘書が薬物漬けの犯罪者でした。↓お好きなソースをどうぞ。
http://hosyusokuhou.jp/archives/38237579.html
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3981
http://hosyusokuhou.jp/archives/38260205.html?1400846441
http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar536385?ref=zero_marq&ver=video_q

責任者は責任を取らねばなりません。この場合の責任の取り方はは民間議員辞職になります。竹中には任命責任があります。連帯責任があります。経営責任があります。雇用責任があります代表責任があります責任者責任があります責任責任があります。もう言葉なんてどうでも兎に角、タケナカがこの事件に関して無責任でいられる理由などありません。代表取締役なんですから。長は組織の全責任を負います。

RV112-2.jpg
RV096-4-2.jpg

さあ総理、竹中を政界から追放してもらいましょうか安倍総理。まさかいつまでも麻薬中毒患者関係者を畏れ多くも天皇陛下からお預かりした国政の場に出入りさせ続けられるなんて甘ったれた事を考えてはいないでしょうね、安倍晋三内閣総理大臣様よ。
posted by 跡間シノブ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | エメラルダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

クイーンエメラルダス号 5

ガレオン船又はガリオン船とは、大航海時代に活躍した船尾楼を持つ帆船の事です。最近で有名なのはパイレーツ・オブ・カリビアンのブラック・パール号とか。

P1040083_1.jpg

昔は帆船キットも数多くリリースされていました。帆船模型と言えば木製ボディに布張りセイル、おびただしいロープを一本一本張って行く、それも横倒しにした酒瓶の中でと言うマジで大人ホビーなイメージですが、プラキットの帆船模型もそれはそれでプラ製模型の最高峰の技術を要求される、実力者のみが挑戦を許される難易度の高いジャンルです。でも組むだけなら楽勝でしょうか。作った事ないけど。

来月アオシマから日本丸が再販されるそうですが、元々はあのサンダーバードをリリースしていた今井科学の製品です。古いカタログを調べたらイマイの帆船は十数種発売されていました。フルハルとウォーターラインそれぞれで。スケールまちまちのキットも数多くあったみたいです。しかし今じゃそんな帆船キットも数えるほどしかありません。そのイマイもとっくに倒産。模型業界はズンドコです。

模型で大繁盛しているのはバンダイだけの様ですが、それは接着剤不要塗装不要のイロプラで尚且つ世界一の超高精度を誇る、ガンプラはじめ各種高額商品のお陰である事は明白でしょう。説明書さえ読めればニッパー一本でピッカピカに仕上がると来れば、余程手の施しようの無いバカモノや、親も教師も匙を投げるほどこらえ性のない根性無しでも完成させられます。しかも低年齢向け廉価版のコレクションシリーズに至ってはニッパーも要りません……
しかしそれはもう模型と言うよりは、立体のパズルと言う方が正しいと思います。それくらいでないと売れない、面倒臭がりのガキ共ばかりでキットを買わない。お手軽過ぎるゲームに慣らされて、自分で何かを作る事を忘れてしまった日本のガキ共が、物作りの楽しさに関わり続けていられるのはギリギリガンプラ世界のみ。それでも全く何も作らなくなってしまうよりはマシなのか。現在はそんな状況みたいです。

見せてやるよガキ共。模型を作るってのがどう言う物かをな。
ここは子供向けのブログじゃないけど。


ガレオン船を物理限界と強度限界までいじります。
あと、製作者の健康上の限界もあります。

CIMG6014-2.jpg
強度の都合でマスト(縦の柱)は触れません。ヤード(物干し竿みたいな横の棒)だけ切り飛ばして0.5mmの真鍮線に。馬鹿デカいせいで実感を損ねている髑髏旗を小さくして、支柱を0.3mmの真鍮線で。この旗はハーロックの彼女、まーやの血で染めたとか言ってましたけど本当にあの面積を血で染めるなら千人くらいは生贄にぬっ殺さないと足りませんので、まーやの血はちょっと混ぜて使った程度でしょう。そう、あの呪われた名器レッド・バイオリンの様に。


CIMG6019-2.jpg
フィギュアヘッドの女神像を掘ります。やってやるぜ!! ハセガワの薄い灰色のランナーから削り出します。デザインナイフより頑丈な彫刻刀の切り出し刀の方が、刃こぼれを気にせず彫れます。時にこのフィギュアヘッド、位置も大きさもヘンです。本来帆船のこの位置にあるのはバウスプリットと言う、一番前の帆を張るロープをつなぐ太い梁であって、フィギュアヘッドが取り付けられるのはその根元、船体の最前部になります。エメの女神像は通常のフィギュアヘッドの数倍のサイズで作られていて、この像がバウスプリットそのものになっているようです。それとも後頭部から出ている支柱がバウスプリット? でも女神様のアタマに名残が乗っかってます。
しかしそもそも本物のガレオン船ではなく宇宙船です。そう言う事も稀にはあるんでしょう。

CIMG6022-2.jpg
一刀彫はさすがにできませんでしたので、ポリパテで両腕とその下のゴールデンスカルを作ります。

CIMG6025.JPG
畳んだ帆をポリパテで作り、船尾楼上の地球儀(?)二つを半乾きのポリパテをこねて作ります。
リギング? シュラウド? 勘弁して。

整えたら一息に塗ります。




所で、ボトルシップは実は大方を瓶の外で組み立てて、畳んで瓶の中に入れてからマリオネットの様に糸を引っ張るとマストとヤードとセイルがピンと張る、と言う作り方をするらしいです。勿論チョー長いピンセットで全部品根性張りする人もいるでしょう。よくは知りませんがそっちの方が王道なんじゃないかと思います。

女子モデラー、チノ。
ちの4.jpg
カワイイもの好きな女の人がきゅんきゅんするか、婚期逃して「ケ!」と吐き捨てるかのどっちかなアニメ、ご注文はうさぎですか? から。

ちの1.jpg
自室にボトルシップが置いてあったので、きっとあのダンディーなお父さんの作だろうと思っていたらなんと本人作。ボトルシップ作る中学生女子って一体……

ちの3.jpg
しかも製作途中のショットを見るに、ピンセット根性派……

ちの2.jpg
アニメには可愛い女子モデラーが時々出ますが、この子は色々と極北です。
posted by 跡間シノブ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | エメラルダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

クイーンエメラルダス号 4

画像検索すると、クイーンエメラルダス号の立体は数種類出て来ます。その殆どが完成品トイか彩色済みのフィギュアで、組み立てキットはこのバンダイ1/1600が唯一の様です。この旧キットがどうも一番スマートみたいで、他のは情報は多くて派手に電飾されてはいますが、ゴツかったりぶっとかったり。もひとつイメージが違います。このキットでさえ超絶ぶっといパネルラインも、トイでは更に輪をかけて運河みたいだし、シェイディング塗装も調子に乗りすぎて真っ黒け。

しかしこちとら原作も読んでなけりゃCGアニメも観ちゃいないんで、細かい事を気にしても始まりません。他のを知らないのであくまでスリーナインとか我が青春のアルカディアとかの映画のイメージです。電飾にしても、名立たるモデラーの皆さんが説明書の通りそのまんま作っていたり、全身LEDで弩派手演出していたりで、そう言うのを見てしまうとちょっと簡易電飾なんてどうよとか気後れしたりもしますが、他所は他所ウチはウチです知ったこっちゃありません。

CIMG5956.JPG
光ファイバーを使わずに間接照明だけで光らせるので、光アナは大きめに0.8mmで開けます。基本色が暗いのでどうせ目立たないから気にせず開けますが、あまり多く開け過ぎないようにします。やり過ぎるとデコトラ仕様になっちまいます。デコトラは割と好きだしこれは海賊船だしでそれはそれでいいんですけど、ここは控えめに。百円LEDを船首から入れるとほぼ垂直に覗いた時だけ、0.8mmのアナが暗闇でぼんやり光ります。斜めに見ると光がプラの肉厚に遮られて見えません。

CIMG5986.JPG
一気に基本塗装。タマをクリアオレンジで塗ったLEDで色味を見ます。LEDはプラスチックが光るので直接クリアカラーで塗装できますが、やはり無理矢理なせいか塗装したタマは光量が落ちるようです。オレンジとか黄色のも売れダイソーオラちんたらやってんじゃねーボケ日本のために死ぬ気で働けねーならゴミ捨て場にでも帰れ。
基本色は迷いました。地味なグレー一色でも良かったんですが、青二色の迷彩が無ければクイーンエメラルダス号っぽくありません。色味の指定はアテになりませんので、画面とか画面とか画面とかから資料をもらって、落とし所を探ります。印刷物は持ってませんので。青は大抵調色しますが、Gファイターの時より更に今回は悩んだ気がして、特に色の素とかも使って調合しています。同じ色はまず作れないでしょう。なのに丁度ぴったり使い切ってなくなってしまいました。何かミスしたら終わりです。

CIMG5960.JPG
青い影にオレンジの光が格好いい。やっぱり青よりはオレンジの方が、暗い青のボディに映えます。

CIMG5983.JPG
この光沢は残したかった。青い光も試してみます。

CIMG6004.JPG
ここからが腕のふるい所、ゴンドラのガレオン船。


いいですね帆船。綺麗。日本丸や海王丸は世界最大級だし。最近なんだか船が好きです。
人気の艦コレは全然知りません。やってないから。やってないよ。ほんとだよ。

近年、時間が許したら時々港へ行ったりしてまして、帆船でなくても船っていいなあと思います。不っ細工な貨物船でも何でもいいから船乗りになればよかったとか思うんですが、うん、この体じゃ無理。吐く。
長期間乗り続けると陸に上がった時にふらつくと言う話を聞きますが、では船酔いするタイプの人が船に慣れた時は陸に上がると吐くんでしょうか。まあそもそも船旅が苦手な人が長期間乗船する事は無いでしょうが。

所で先月長崎で帆船祭りやってたんですがご存知でしょうか。毎年やってるそうです。
http://hosyusokuhou.jp/archives/37839559.html
日本丸も参加。しかしさすがにガレオン船は無かったみたいです。
なんかお笑いみたいのんが混じってますが、ちょっと笑ったら忘れましょう。

大抵の説明書には「絶対に分解したり改造したりしないでください」と書いてあるにも拘らず、無理な改造したせいで重心位置が上がった上に無理な過積載して、無理な航路を取って岩礁に突っ込んで、やっぱり無理な運転で急旋回してひっくり返って大方の予想通り沈んだかと思ったら、自国の技術では引き上げる事もできず、仕方が無いからイギリスにサルベージ頼んだら二十倍の見積もり出されて火病起こしたなんてバカチョンもいましたね。ああ、こいつらでしたっけ。帆船祭りにヨットでニダニダアホヅラ下げて参加したニンゲンモドキ。自力で後始末できないならのこのこ海に出てくんじゃねーってんですよったく。

年末辺りから日本近海で事故起こしまくって原油垂れ流しまくってるのがこいつらです。連続してもう何件目ですか。つい先日も駿河湾で事故って油が流出してひじき全滅させられましたし、チョン共に。何処のバカだ人類に進化できなかった学名ハントウヒトモドキに航海免許渡したのは!! 

日本の海は油で汚すわ、海産物全滅させるわ、近大の養殖マグロも全滅させるわ、神社は放火して全焼させるわ、何処が高度人材だ言ってみろ総理オラ。
posted by 跡間シノブ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | エメラルダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする