2011年11月30日

タイガーT3

チッピングした後でフラットコーティング。
CIMG2350.JPG
CIMG2349.JPG
CIMG2348.JPG
初めてスポンジでチッピングしました。
割と目が細かくていい感じです。
しかし、フラットクリアでパステルを目止めしたら、折角なすりつけたパステルが殆ど見えなくなりました。
仕方がないのでもう一度パステルをこすり付けて、今回の仕上げ塗装は終了です。

油彩でフィルタリングとか出来ると格好良いんですけど、油彩は縁が無いっす。
乾燥に時間がかかりすぎるというのが主な理由ですが、今まで全く触ったことがありません。
入門セットくらい買ってもいいんですがね。
でも絵描きが、使わない画材を趣味の模型のために始めて購入するってのが情けないやら口惜しいやらで。
こいつも完成写真撮らないと。
カメラも縁遠い存在だったので、なかなか撮影に気軽に入れません。
今はデジタルでかなり手軽に撮影できるようになりましたが、セットを組む手間は変わらないわけで、狭い部屋を撮影のために一々改装してセッティングするのが、銀魂を放送中止にしやがったR4を殴り殺したくなるほど面倒です。
posted by 跡間シノブ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガーT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

タイガーT2

橋下のクズのせいでほったらかしだったタイガーTにウェザリングします。
ウェザリングというよりは仕上げ塗装と言う方が正しいでしょうか。
まずフラットブラックでトーンダウン。
CIMG2343.JPG

次にハルレッドで溜まった錆。
CIMG2346.JPG
CIMG2345.JPG
この後、メタリックグレーでチッピング、パステルのサンドイエローとレッドブラウンで埃と泥を擦り付けます。パステルの色名は分かりません。番号だけしか振られていないソフトパステルです。
あ、あとハードパステルの黒で煤を描きます。
何で黒だけハードなのかと言うと、持ってたからです。
ハードパステルはセットがあります。
あんまし使ってません。
ごめんよ。
posted by 跡間シノブ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガーT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

タイガーT1

タミヤのリモコンタンクシリーズ、タイガーT型です。
CIMG2295.JPG
このキットはもう絶版です。
購入した当事ですら、値段が吊りあがってました。
その店ももうありません。
恐らく主人のおじいさんが亡くなったとかでしょう。
アコギなことするから……

このキットはご覧の通り、ジャケが背景付きのイラストです。
リモコンシリーズとシングルモーターシリーズのキットがこのような装丁で、ガキ共の目には何もない真っ白な空間に浮かんでる戦車よりも大迫力に見えました。
シチュが良く分かる背景は大事です。
今はもうタミヤの1/35戦車のジャケで背景付きのイラストを見ることはなくなりました。
48なら別ですが、やっぱり戦車は、ねえ。

側面のシリーズ紹介。後ろにQBが。
CIMG2296.JPG
画家は高荷義之御大だったと思います。
中央のセンチュリオンの絵は「怖い」と言う理由で没になりかけたと言う話をどこかで読んだと記憶してます。
言われてみると成程、ちょっと恐怖心を煽ります。
CIMG2297.JPG

ジャケの話は置いといて、中身。
CIMG2299.JPG
実はデカール貼りまで終了しています。
それと言うものなんだか最近、戦車というものが男の憧れそのものじゃないか、なんてことを考えていて、押入れから引っ張り出してきたと言う次第です。

飛べない俺は戦車だ。
俺は一輌の戦車になる。
ここ数日、そんなことを考えてました。
この国に巣食うダニ共と一人きりで戦っていたもので。
在日朝鮮族の存在は許しません。
一匹残らず日本から叩き出します。
出来ることなら、この目が青くならないうちに。
勿論支那人も。
ここは愛国ブログです。

タイガーTは後姿も好きです。
CIMG2301.JPG
モールドの甘い昔の、それもリモコンタンクと言うおもちゃですが、一応製作は終了していますしフラットコートまでやってしまっているので、折角ですからウェザリングしてやりましょう。
高価な社外パーツを使ってるでもなし、ディーティルの少なさも手伝ってちょうどいい練習台になるでしょう。

ちゃんと実行すればですけど。
posted by 跡間シノブ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガーT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする