2020年04月05日

別のブス

フランクフルトにいる身内からの一昨日の報告では、ドイツは食料品以外の店は全て閉まっていて、住民も外出禁止で自宅待機中、でもウォーキング程度なら外に出て良いそうです。企業活動は現在、ほぼ停止しています。しかしその分の減収は、外国人労働者の給与までも政府が保証すると言っていました。

エエカッコしたいメルケルがシリア難民とかムスリムとかを入れ過ぎたせいで、年がら年中自爆テロ騒ぎで電車が止まりまくってるドイツですが、いろいろと公言公約した手前もあって、外国企業も今、既にいる以上、冷遇する訳にも追い出す訳にも行かないのでしょう。むしろ、まだグローバリズムの悪癖が抜けないと言うのが本当の所でしょうか。

動画広告がウザいUNHCR「シリア難民に援助を」
https://www.japanforunhcr.org/lp/syria?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=JA_JA_UNHCR_Generic_syria&gclid=EAIaIQobChMIm9XbvZfL6AIVxKqWCh33XAFWEAAYASAAEgJQNvD_BwE
国連(戦勝国)だけでやれや。日本語サイト作ってタカってんじゃねーアホンダラ。

累計死者が五千を越えたらしい隣のフランスはもっと警戒厳重で、外出は完全に禁止、許可証が必要だそうです。違反したら相当高額な罰金を科されます。しかしそこまでやってもまだ終息の兆しが見えません。矢張り手洗いうがい忌避の土足キスハグ不潔世界では厳しいですか。
https://twitter.com/warsonthebrink/status/1245738106076217344?s=21

都市封鎖したら三週間で劇的に収まると言う話があてになるのなら、上手く行けばあと一週間と言う所ですか。マクロンは四週間に延長しましたが、最初の一週間でもう35%の女性が旦那からDVを受けているとの事です。言うて、往来の人糞を避けるためにハイヒールが作られた国ですし。
そう言う野蛮で不潔な国なんですよ。二週間後にはフランス人女性の半分以上が顔ボコボコになってそうです。日本人はフランス人の女の子の可愛さが大好きですけど、残念ながら。

年初辺りだと思いますが、武漢ウィルスには二種類あると言われていました。年末くらいからチャンコロ共が日本に持ち込んだのは一型で、欧米に蔓延したのは二型ではないかと言う事です。一型より二型の方が感染力も毒性も強力で、志村がやられたのも二型の方かも知れません。

三月半ば辺りまでは若者、乳幼児には罹らないとされていたのに、感染して重症化しています。そしていずれも悪化の速度が異常に速い。志村もそうでした。ここ二、三週間くらいで一気に爆発的に感染者が増大したのは、自分だけは大丈夫と考えたバカが欧州に卒業旅行に行って持って帰って来た二型が拡大したものと考えれば、時系列的には辻褄が合います。



返品の嵐が吹き荒れるパチモン欠陥マスクみたいなゴミしか作れないチャンコロ製にしては、世界中を大混乱に陥れている武漢ウィルスはあまりに性能が良過ぎるので、アメ公が作ったのをキンピラが盗んだんじゃないかと疑っていました。しかし、どうも日本人だけを狙って絶滅させるつもりで作ってたのが、いろいろ大失敗やらかして自国のチンク共がバタバタ死んでってるのを見ると、やっぱり中国製の欠陥品だったんだなと思い直しました。

中国、ビザ保有でも外国人の入国を拒否へ 3月28日から
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57301080X20C20A3000000/
「部屋片付けて来るから、ちょっと玄関で待ってて。絶対見ちゃダメだからね」だそーです。

で、キンピラが終息宣言 4月3日
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59992?page=5
烏骨鶏は否定。元凶中国からの情報が入って来ません。保八っぽいフェイクデータばかりで。

噂では中国人のスマホ解約が1月から700万件ずつあり、現在2100万件解約されているとか。その噂が本当だとしたら、新製品でも出たんですかね。中国はゴミマスクなんか作ってますけど、外国人の入国を全面解禁しない限り、全土が武漢ウイルス蔓延状態だと考えて良いと思います。

先週北京で新規感染212頭、一日で全土で2500頭。これから毎日2000頭ずつ感染する様です。
湖北省を解放したので、本格的に第二次感染爆発している様です。むしろ、元より状況は一度も終息などしておらず継続中なのでしょう。あれでも必死に隠してるみたいです。今期のアニメは妙に再放送が多いです。支那奴隷なんかに頼るから。

アニメーション制作進行くろみちゃんと言うアニメがありました。日本のアニメ制作現場の笑えない過酷な現実がコミカルに描かれています。劇中、仕上げ作業に空輸と支那奴隷を使っていましたが、スケジュールがかなりギチギチでした。もう本当に放送ギリギリに上がって来ると言う感じで、毎週のアニメって、あんな綱渡りで放送されてるんだと思ったのを覚えています。

現在支那からの入国は禁じられていますが、貨物は対象外です。各社の裁量で減便されており、それによる輸送コストの大幅な上昇もありますが、輸送そのものは停止していません。なので、今、アニメが放送されないと言う事は、タイムラグ無しでまさに今、支那内部の状況は全く好転していないと言う事です。

MADE IN CHINAの玩具雑貨も発売延期が相次いでいます。延期? 発売される日は来るんですかね、工場の移動も無しに。「中国はV字回復」なんて寝言ホザいてる政財界の末期癌孔子ジジイとか、要介護論語ジジイには、冷水でもかけてやれば目ェ覚ましますか。それとも永遠の眠りに就きますか。いずれかにしてもらいたいんですがね、上級国民様どもを支える底辺としては。

二月から武漢工場は機械だけ空回しして電力消費だけ上げてると言う小噺
https://youtu.be/-rAMYPj4jgI?t=1780

武漢の病院の患者は全員退院した、なんて言ってますが、上海事業所に居る人曰く、全くの嘘。上海や色んな別の街、武漢の郊外に次々病院を新設しているとの事です。まあ、退院は生きたままでなくても出来ますし、骨壺が大量に武漢に運ばれて行ったらしいですし、良いんじゃないですか、直接地面にじゃなくて骨壺に入る事ができた個体はまだ。

ウコッケイは終息を否定しました。明確に対立しているのは派閥とか政局とか私怨とかですか。アメ公が後ろに付いたんだと思いますが、まあどうでも中国の殲滅は確定事項です。キンピラだろうがウコッケイだろうが、騒ぎが収まり次第潰されます。収まるのを待つ必要も無いとは思いますけど。今殺ってもええんやでトラさんよ。……だからですか?

そもそも朝鮮に次いで世界で二番目に不潔で、悪食を極め尽くした下劣で野蛮な支那人どもが、殺人ウィルスの感染拡大を止められる筈がありません。支那で広まったのが仮に、先に述べた一型だとしても。蝙蝠や鼠を生きたまま喰らう雑鬼が如き中国人が、どうして他民族に先んじて生物兵器の暴走を鎮める事ができようかです。笑わせるでないです。



数年前、コロナウィルスが原因と思われる風邪をひいた事がありました。食って温かくして寝ると言う、通常の風邪の治療法がまったく効かず、頭がボーっとして何も考えられません。微熱と軽い咳と鼻水が続き、全身が何となくダルく、一日中寝不足の様に頭がふわふわする、でも症状は軽い。そんな状態が二か月続き、さすがに死ぬかと思いました。

それがコロナウィルスによる風邪だと知ったのは、今回の武漢ウィルス騒ぎでです。やっと理解しました。インフルエンザの殆どが中国製で、インフルエンザ以外の疫病も中国製で、スペイン風邪なんて名前でも中国製だったと言う事もです。どうせ武漢で作ってたんでしょうよ。そう言う事にして中国人を絶滅させましょう。世界中が一人一殺でかかれば十五億頭なんて一ヵ月くらいで片付きます。証拠なんか捏造で良いですから。善い中国人は死んだ中国人だけです。

今、東京で蔓延しているのは以前の武漢ウィルスとは別物だとしても、感染者の半分が中国人の様です。何で日本人が使うべき病床を占拠させておくんです、全ての元凶である中国人如きに。「日本国籍以外の感染者」を発生源へ送り返しましょう。邪魔する奴は消しましょう。

効果が確認されたにも拘らず、アビガンがまだ検討中なのがもどかしい。三十か国から提供要請があったとかで、人体実験用を無償提供する様ですが、ブ(カンウイル)スの病状に対する効果は確認できてるんですから、臨床試験なんか後回しにして、とっとと量産開始すればいいんです。命かかってるんですよ全国民の。リソースに制約でもあるなら別ですけど、あるんですか。

今すぐ国民分のアビガンを作って、全国民の手に行き渡った時点で、現在の状況は終了します。日本の勝ちです。副作用なんて助かった後で考えれば良い事です。どう考えても命が最優先でしょう。悪に負けてからこっち、日本人はどうにも戦い方をすっかり忘れてしまっています。布のマスクなんか自作できるから、とっととアビガン作れ。消費税廃止しろ。殺処分絶対必須の在日に現金支給なんて論外です。



今はせめて笑いましょうか。笑いは免疫力を高めます。
笑う門には福来るです。

あれがまだマシだからやり切れない.JPG

あの黒いの.JPG

マスク買えないし.JPG

で消毒.JPG

欧米って不潔だよな.JPG

当然だからな.JPG

すべてボケテから。













posted by 跡間シノブ at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: