2019年07月19日

NHKが来る日はセキュリティを切ってはならない

京都アニメーション放火33名殺害犯の名前が公表されません。

日本人なら容疑者段階でも重症でも、生きてても死体でも
大はしゃぎで名前と顔を晒すのに。
しかし、あからさまな犯行とメディアの対応から、
犯人像はシャーロック・ホームズでなくとも推理できます。


白昼堂々押し入ってガソリンを撒いて放火。
内部の見取り図をなぜか持っていた。
その日は「偶然」NHKが取材に来る予定の日で、
「たまたま」メインスタッフが揃っていた。

NHKの取材のために「丁度その日だけ」セキュリティを切っていた。
放火されたのはNHKが来る前だった。
そのNHKは放火後どの局よりも早く近隣住人に「インタビュー」し、
普段施錠されている場所を「誰でも入れる状態だった」と言わせた。

南チョンの回答猶予期限の最終日だった。
日本を代表する最高峰企業を最高の技術者もろとも壊滅させた。

鉄砲玉に異常者を装わせて「キチガイ無罪」。
アニメ絡みで「ヲタクの犯行」の大合唱。
ガソリンと放火は敵のいつもの手口。
「報道しない自由」で名無し報道。


状況証拠は十分です。普段名前を隠している連中が「俺は朝鮮人だ」と絶叫して殺人を犯す訳がありません。「氏名を公表したらパニックになる」も間違いです。嫌韓感情に油が注がれるだけです。容疑者が重体で事情聴取できないからとか、そのせいで逮捕していないからとかも同様です。日本人なら容疑者段階でも大はしゃぎで名前顔出しなのに、名前が出ない事が決定打です。

むしろこのままうやむやにすれば、二件目が発生するでしょう。
次はサンライズですか、青二プロですか。
バンダイか、コナミ辺りかも知れません。
やられますよ、公表して処分しないと。


ご冥福をお祈りする発言があちらこちらに見られますが、
こんな殺され方をして成仏できるとはとても思えません。









追記

犯人の名前出ましたね、カスゴミではなく警察発表で。
在日疑惑がある気違いチョンの青葉真司。
カスゴミは追従するでしょうか。
そしてお定まりの精神病患者でキチガイ無罪。

コイツを鉄砲玉に仕立てた奴がいる筈です。
NHKの取材の日の朝に行って火を点けろと。
勿論NHKのスケジュールを知ってた奴です。
関係者締め上げれば吐くんじゃないですか。

矢張り狂鬼人間を再放送し続けるのが良いと思います。
ゴールデンで、地上波で、帯で、毎日毎日。
カスゴミは絶対やらないでしょう。
でも狂鬼人間の動画はググれば出ます。





NHKが取材に来る日は絶対にセキュリティを切ってはならない。
捕まっても無罪になる朝鮮人異常者に焼き殺されたくないなら。






















posted by 跡間シノブ at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: