2016年04月12日

パリのバカンコク人

大学の時に仏語を取っていたとか、絵描きであるとか、ちょっとずついろいろあって、個人的にフランスはいささか贔屓目の色眼鏡で見てしまいがちです。空手も柔道も強いよね、とか。

特に絵に関しては、十九世紀末パリは絶対に外せない重要なポイントです。印象派には絵を描く動機と絵画表現の到達点の両方が存在していますから、一度絵の世界に入ったなら避けては通れません。
ゴッホが北斎の富岳三十六景を見て感激して日本画を模写したとか、それは北斎が輸入品のプルシアンブルーを使っていたから西洋人の感覚が一致してピンと来たからだったとか、でもプルシアンブルーはプロイセンで作られたブルーだからプルシアンブルーと言うんだとか、まあそんな事もありますが、割と昔からフランスで日本の物が好まれてたりなんかする一例です。

今では漫画アニメゲーム等のヲタクカルチャーが持て囃されていて、毎年パリでジャパンエキスポが開催されているのは、もう日本でもよく知られています。今年もやる様です。
http://nihongo.japan-expo.com/art-1289-en-plaquette_je16.html
昔からフランスは他国他民族の文化を気に入ったら、取り込んで消化して再構成して、自分達の物としてしまう傾向があります。しかしどうにも日本のアニメだけは真似できないらしくて、仕方がないのでもう諦めてユーザーに徹しているそうです。日本のアニメはどんなに小さな作品でも一つ残らず輸入して。

でもそりゃそうでしょうね。世界的にも稀な高度な精神文明を築き上げた日本と言う2676年続くユーラシアのガラパゴスで、特異な日本人の中でも特に極め付けにアッチな趣味や嗜好を持つ人々が作っているのが、日本のアニメですから。たかが五百年程度の血まみれの野蛮な歴史しか持たない白人如きが、和を以て尊しと成すアマテラスの末裔の精神や感性を真似できる筈がありません。まして世界屈指の繊細さと器用さを誇る職人芸を。


七、八年前からそのパリJAPAN EXPOにチョンが割り込んで来ていて、パリのみならず欧州全体へ大迷惑と、日本に対する誤解を撒き散らしています。ヨーロッパは地続きなので外国からの訪問客も多いらしいですから。
主催者がいくらか掴まされているのかどうかは知りませんが、邪魔なチョンを排除しようとしない年が続いていたのでムカついて、抗議文をヘタな仏語で書いて何度か送りつけたりしました。僕のゴミみたいな抗議文になんぼほど効果があったとも思えませんが、他の方々が頑張ってくれたお陰で、チョンのバカステージが中止になったりしました。紛れ込む屋台も最近は減ったと聞きますが、どうなんでしょうね。

フランスでチョンが日本人の神経を逆撫でした事と言えば、アングレームは記憶に新しい所です。ニコラ・シネとかフィネとか言うアホなハゲがチョンにカネもらったらしくて、チョンの悪行を告発した漫画を出展した日本のスタッフとテキサス親父にケンカ売ってフルボッコにされてました。外側も中身も薄ら寒いアタマの愚かで哀れなおフランスジジーは、既に社会的に抹殺されたと思われますが、まどうでもいいです。日本の敵なんかどうなろうと。チョンにもらった汚いカネで残り少ない余生を面白可笑しく楽しむがいい。国民から石投げられながら。

チョンは何かとフランスに憧れがある様で、身の程も弁えずにストーカー行為を国家規模で行っています。エッフェル塔の前で誰も見てないチョンタレダンスやったり慰安婦ダンスやったりと。でももう無理でしょう。カネもなくなったみたいですし。


一方のフランス人は、一般的にどうも風刺と侮辱の区別が付けられないらしくて、度を越した揶揄で世界中からド顰蹙を買ったりします。でも当の本人達は、外国から轟々たる批判を浴びても何が悪かったのか全く分からない様で、最高の風刺の何が悪いんだ、みたいな事を言ったりします。福島の原発事故を嘲笑った新聞の風刺漫画には、日本から猛烈に批判が行きましたがどこ吹く風。マホメットを侮辱しまくったシャルリ・ドブエじゃなかったエブドは、結局社員が七人殺されました。

最近ISISの偽装難民がパリで同時多発テロを起こしましたが、フランスはイスラムに対して滅茶苦茶な暴力を振るい続けてきた黒歴史があります。それはあの国連が見るに見かねてもうやめろと勧告するくらいにひどいしうちを続けていました。
https://www.youtube.com/watch?v=CgXZYi93wPo
なのでフランスはイスラムからは報復されて当然と言えば当然です。フランス人に対して行われたアンケートでも、復讐されても仕方ないよと言うニュアンスで答える人が少なからず見られました。

しかし、あの襲撃事件を記録して公開された映像の中に、ISISに撃たれて倒れた後、起き上がって携帯電話を取り出して話し始める人が映っていたり、銃を乱射していたISISの兵士が実は白人だったと証言が出ていたり、爆弾が破裂した競技場で行われていたサッカーの試合が結局最後まで続けられていたり、不自然な証言や証拠が多数ある様です。この目で見たわけじゃないのが口惜しいですが。
https://www.youtube.com/watch?v=8bbafu-pktQ&index=1&list=PLubSbhcjV7IAyR1lReZmgigSC9Tp6yQ4S#t=23m59s
じゃ仕掛けたのはオランド大統領? その後頼まれたワケでもないのに勝手にシリアを空爆してるし。でもアサドはそれを反アサド勢力への攻撃に利用しています。もう何やってんだか。


ことほど左様にアホで傲慢なフランス人が多いですが、中にはもちろん誠実で優秀な方もいます。これは、そんな正しいフランス人の一人が、チョンの慰安婦の嘘を誰にでも一目で分かる形で暴いてくれた動画です。【慰安婦】フランスの方が暴いた韓国の嘘〜
La pyramide des âges de la Corée du Sud non impactée par la guerre

日本の過酷な支配だの強制徴用だの慰安婦二十万人だのとほざく割にはチョンの人口は増え続ける一方だった、と言うのはネット界隈では常識ですが、他国と比較してグラフ化した動画、それも外国人製作による物はこれが決定版でしょうか。兎に角一目瞭然で、慰安婦どころか、岸田と佐藤が新たに捏造に加担した軍艦島の強制徴用と強制連行も真っ赤な偽りである事がこれで明白です。

しかし、残念ながら二年かかって三十万も回っていません。これが二百億再生くらい行けば、諸悪の根源たるチョウニチ新聞も廃刊さぜるを得なくなると思います。NHKも晴れて解体処分となる事でしょう。なのでこれを読んだ不幸なあなたはこの動画をリアルネット問わずばら撒いてください。国民を欺く猿芝居を打ってまで働かない杉山晋輔外務審議官に代わって。国民の義務として。




そのチョウニチ新聞、押し紙詐欺を公取が調査開始したとか言ってたのに。
【報道しない自由】公正取引委員会が新聞社に「押し紙問題」で宣戦布告![桜H28/2/22]
https://www.youtube.com/watch?v=9SEKe0w_wV4#t=0m46s
去る三月末、公正取引委員会は結局ヘタれて、チョウニチ新聞にトドメを刺さなかった様です。またかよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28618189
結局ヘタれるいつもの三文芝居。一体どう言う事なんでしょう。「まあまあまあまあまあまあ」とか言うんですか、「組織」の「誰か」が。そんな連中が国民を舐め切っているのは、国民が怒らないからでしょ?
逆に言えば、悪党が断罪されない事案が発生した時は、それは当然「国民は暴れろ」と言うサインです。

ヘタれると言えば、あのトランプが「日本に核売るとか言ってないし」。
日和ってんじゃねー。早々と核寄越せブタ。

それと日チョン断交条約調印はどうなった? 総理。







posted by 跡間シノブ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック