2015年10月29日

RV172

RV172.jpg
大阪では毎年秋には、御堂筋(みどうすじ)パレードが行われていました。特に祭り好きな訳でもないので、別にそんなに楽しんではいませんでしたが、それでも秋晴れの御堂筋が楽しげに賑わうのは、それだけで何となく心が弾んだものでした。イベントの雰囲気なんかは割りと好きです。前日の雰囲気とかも。

何もかもぶち壊したのが引退ハシ公です。結局ヤローは住民サービスの一環でもある御堂筋パレードを廃止し腐りました。それ以来大阪の秋は死んだ様に静まり返っています。とまで言うと言い過ぎですが、それでもつまらなくなりました。天下の台所のお祭り事は一つや二つじゃありませんので、御堂筋パレードがなくなったくらいで静まる大阪じゃありません。しかし引退ハシ公がやって来た如く、一つ二つと文化を潰していけば、やがては大阪を始め日本全体が韓国になります。正しくは韓国の様に文化も何もない不毛地帯になります。野郎は日本をチョンの様に惨めな土地にしたいのです。だから引退ハシ公は大阪の住民サービスを極限まで削りました。「倒産寸前」の大阪の財政を「立て直す」と嘘をついて。大阪を赤字にしたのは引退ハシシタ本人です。

大阪の住民サービスを壊滅させ、公約違反の新たな借金を背負わせた引退ハシ公の悪行は、テレビでは「改革」と改竄されて報道されています。藤井聡内閣官房参与のメルマガのまとめを再括します。




1:橋下・松井府政は、過激な「緊縮」路線である。

橋下府知事就任以降、政府支出それ自身(名目公的支出合計:左軸)も、公共投資(名目総公的固定資本形成:右軸)も、
それぞれ過激に削減されている。
http://satoshi-fujii.com/150911/




2:橋下松井は、大阪の景気を凋落させた。

「緊縮」路線を採用していれば、景気は確実に低迷していく。

政府支出の伸びが高い都道府県ほど高い成長を遂げ、逆に支出が減少した都道府県は成長できない。内需の主要部、行政支出が減少すれば当然、成長率も低迷する
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/wp-content/uploads/2015/09/osakajitsujo/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%894.JPG
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/wp-content/uploads/2015/09/osakajitsujo/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%895.JPG
橋下知事誕生直前と直後の大阪府、京都府、兵庫県の実質成長率を比較した所、大阪府だけより激しく成長率が低下している
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/701466929954253?pnref=story

大阪府だけ、橋下府知事誕生以降「プラス成長」から「マイナス成長」に転落。大阪府の経済は、橋下で明確に「成長」から「凋落」へと転落した。




3:橋下松井による景気低迷で、府民所得が低下した

景気が低迷すれば、府民の「所得」は低下する。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/kenmin/files/contents/main_h24.html

「一人当たり所得」の都道府県ランキング
就任時(平成20年度)5位
最新(平成24年度) 10位

平成20→24年の一人当たり所得の変化
全国では「−0.1%」
大阪府は「−4.4%」

橋下松井は景気後退を導き、確実に大阪府民の「財布」に悪影響を及ぼした。




4:橋下松井による景気低迷で、財政は大幅に悪化した

「大阪府の財政 赤字を黒字化」のCMを見た人々は、橋下は大阪府の財政を立て直したと勘違いした。
実際は、臨時財政債権を活用した操作で、大阪府の赤字が表面上隠されてきた。

橋下知事就任以前の年間債務増加額は454億円、橋下氏知事就任は倍以上に悪化、年間1072億円ずつ増加している
http://satoshi-fujii.com/150422-2/

橋下によって政府支出それ自身が低下したものの、それによって景気が縮退、税収が低迷。
現状の大阪府の財政はギリシャと同様「過激な緊縮」によって改善どころか「悪化」した。




5:橋下松井は、中小企業を冷遇した

「産業政策」は、橋下松井の改革路線では「新産業創出」が特に重視されている。
http://satoshi-fujii.com/wp/wp-content/uploads/2015/05/sympo1_honda.pdf
http://www.ustream.tv/recorded/63829529

大阪市内の事業所の98.1%を占めるのが「中小企業」であるにも関わらず、橋下維新は「中小企業の街」なのに中小企業対策が停滞している。

カジノ構想に代表される大企業優遇措置が重視される一方、長年続いてきた支援策が廃止される等(屎尿保険協会の廃止・統合、中小企業支援部局の経済局内での相対的低下、等)様々な業界支援策が縮小。こうした業界支援カットが橋下松井の「緊縮」の具体像であり、これが府民所得の低迷を導く直接因となっている。




6:橋下松井は「都市計画」を大幅に劣化させた

「大阪市を解体」する「都構想」を標榜してきた橋下松井は「都市計画マスタープラン」を放棄。
大阪市は全国で唯一「都市計画マスタープラン」が存在しない政令指定都市となった。

マスタープランの代わり「グランドデザイン大阪」は、都市計画の専門家からは嘲笑の対象。
この状況を放置すれば、未来の大阪の疲弊は決定的。

都市計画の主要部に位置する大災害対策については「都構想」において著しく軽視されている。
「防災・減災は選挙の票につながらないと素人政治家は判断し、今回の大阪都構想における大阪市の区割りや大阪府との役割分担において、防災・減災は全く考慮されていない。」




7:橋下松井は「教育」を大幅に劣化させた

橋下維新は教育改革を熱心にやってきた、と声高に喧伝。
http://oneosaka.jp/policy/result2/#achievement4

が、その橋下府知事による「教育改革」開始と同時に、小中学校の教育現場が明確に「荒れて」きた。
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/701430413291238?pnref=story

大阪府は全都道府県中、
暴力行為発生件数 は6位から1位に、
不登校児童数   は18位から6位に。

こうした「学校教育の荒廃状況」や、橋下松井における現場の実情と乖離したあらゆる種類の「改革」は、大阪の教育現場に就職しようとする関係者を激減させた。
http://satoshi-fujii.com/wp/wp-content/uploads/2015/05/sympo1_onoda.pdf

https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/701432479957698?pnref=story
橋下知事就任時、大阪・兵庫・京都の、小学校の教員試験の倍率は大阪が一番高いたが、橋下松井の教育現場の悪化を受けて、先生のなり手が減少、大阪府の子供達を教育する優秀な先生方が、他府県に流出してしまっている



テレビアニメの影響でか、公園や河川敷に素人ラッパ吹きが増えました。ヘッタクソな騒音をブーブービービーと馬の屁みたいに撒き散らしています。まあそれでも排気音や銃声やヒャッハーな爆発音よりはマシな訳ですが、それにしても御堂筋パレードが廃止されて晴れの舞台を失った大阪のラッパ隊の少年少女達は残念ですね本当に残念ですねいやー残念ですね。
年一回のイベントすら中止しなきゃならない改革なんて失敗なんですよ。あこがれのセイルトレーニングも廃止しやがりましたし。年間一億円の維持費をケチって帆船を売り飛ばしたハシ公が、府民と議会の大反対を無視して勝手に買いやがったコスモタワービルの代金は100億円でしたけどね。あこがれの維持費100年分でしたけどね。文化や教育は「無駄」じゃねーんだよハシ公。子育ては「負担」じゃねーんだよ自民党。


ハシ公がいなかった過去に戻したいんですよ。










【関連する記事】
posted by 跡間シノブ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 四コマ漫画 RV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック