2015年08月01日

RV154

RV154.jpg
日本橋には来なくていいチョンが矢鱈来ます。行く度に何匹かぶち殺したくなります。
いなくていいチャンコロもうじゃうじゃいます。まとめてぶち殺したくなります。

模型用塗料が欲しいのになんで電気屋に行かなきゃならないんだ、それも17.5kmも離れた北の本店まで。タダでさえ炎天下に疲労がハゲしいのに、生かしておく価値が一ミリもないニンゲンモドキ共が疲れた神経を逆撫でしてくれます。シナチョンのせいで輪をかけて不快指数が跳ね上がったまともでない精神状態なら、学名ハントウヒトモドキなんか片っ端から凹っても絶対不起訴ですよね。

日本人は大体、嫌いな相手は完全ガン無視するのが普通の対応ですが、無視するのは簡単なんです。気に食わない相手に対してツンとそっぽ向くなんてのは小娘のする事です。ましてシナチョン相手には通用しません。何も言わなければ奴らはてめえの存在を認めてもらえているものと間違った判断を下し、益々図に乗るだけです。これまでの日本人の対応がそうでしたから、チョン共は勘違いし始めたんです。アホですから。

正しい怒りはぶつけて爆発させるのが正しい処理の仕方です。正しい怒りは人間としての自己の存在の再確認の作業です。しなくていい我慢をしてはいけません。耐えなくてもいい苦痛に耐えても、誰の為にもなりません。自分にも相手にも、この国の次の世代にもです。

日本の仏像には憤怒の形相をしたものが多く存在します。仏教で禁じられている筈の怒りをあらわにしている仏の像が、特に古い物が全国各地に残っています。あれらはどう言う事なんでしょう。
世界的に見て、宗教彫刻及び絵画に於いて、神々が怒りを湛えた表情で表現される事はあまり多くはありません。日本に観光に来た西洋人は自分達の価値基準に照らし合わせて考える事しかできないので、怒りの表情の仏像を見た時、あれはサタンだと勝手に思い込むのだそうです。アホですから。……つまりそれほどに、神様仏様が怒り狂う姿を表現する事は少ないにも拘らず、日本の仏像は頻繁に怒っていると言う事です。

日本人はもっと怒りましょう。日本の敵に対して。仏の顔もカネ次第と言いますが、日本人が仏心を見せてやる値打ちも義理もシナチョンにはありません。大体カネを払うどころか嘘で毟り取り続けやがったのがチョンです、シナです。ぶちのめしましょう、最後の一匹がこの世から消えるその日まで。その為に、早々と働けや総理オラ。何の為に消費税にまで目ェつぶって自民党なんかに投票してやったと思ってやがんだバカタレが。



品揃えとか周辺の店舗の充実とかで、日本橋のジョーシン電気に行く事が多いんですが、スーパーキッズランド本店とキャラクター館、後者は以前ガンダムズとか言ってたと思いますが、その両方の店員があの間違ったチョン式のお辞儀をしていて吃驚しました。何時からかはっきりとは覚えてませんが、今年に入ってからだと思います。多分春頃。

チョン式の間違ったお辞儀コンスについての詳しく正しい解説
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2560.html
大阪に住んでいるなら、ジョーシン電気が阪神タイガースを応援している事くらいは誰でも知ってますが、チョンに関わった者は必ず凋落すると言うあのKの法則に就いて知っている人は、まだまだ少数派の様です。
潰れてもらっちゃ困るんですよジョーシン電気。何かと利用する機会が多いんで。




東京五輪の公式スポンサーにはサムチョンが入っているそうです。
もうダメだオリンピック。








【関連する記事】
posted by 跡間シノブ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 四コマ漫画 RV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック