2013年08月28日

RV088

RV088.jpg
国防系社会派風刺四コマ漫画リアルバカチョン第88話。
RV088
「漫画朝鮮昔話」

侮日放送。
グループグック。
もこっちでやってたからと言う事ではなくたまたまです。
http://www.youtube.com/watch?v=fAlh8LMFB3g

二度と描くもんか浴衣なんて。
普段浴衣を着ない子が買ってきたばかりの浴衣に袖を通すと、プレスラインがはっきり出るので肩と腕が膨らんでもこもこになります。馴染んでいない、着慣れていない感がバレバレです。一目でああ、着付けしてもらったんだな、みたいな。それはそれで可愛いと思います。もはや風呂上りの部屋着と言う本来の日常的な目的はとっくに失われていますが、可愛いからいいんです。

でもせめて風呂上りに着て欲しいとは思います。あえて言うなら、昼間から和装で着飾って出かけるのであれば浴衣ではなく普通の夏物の着物を着るべきです。浴衣は寝巻きの様な物ですから、電車やバスに乗って移動するには不向きなのです。いつからなんでしょうね、浴衣がおしゃれ着になったのは。

PL花火大会の日、近鉄阿部野橋駅のホームで昼の一時から浴衣着てスタンバってるあっぱっぱーヘアーのキャバ嬢みたいな連中を見ると、無性に腹立たしくなったりします。その時なんでそう感じたかは分かりませんでしたけど。炎天下でぶっ倒れちまえクソビッチバカ女共、とか思ったり。別にリア充がとか、以前ヤな目に会ったとか、そんなことはないです。



朝鮮半島の妖怪は実在します。
●乳出し女はおっぱいチョゴリ、所謂乳出しチョゴリと言う服を着ている朝鮮ババァの事です。彫刻が作られて街中に立てられている事もあります。今はもういないそうです。
最初の頃、韓国人は乳出しチョゴリはネトウヨの捏造ニダーといつもの火病を起こしていましたが、文献やら絵画資料やら写真やら、果ては映像までもが残っているのがバレて、今ではすっかり諦めて認めています。

●泣き女は葬式で雇われるサクラの事で、基本的に同じですが北朝鮮と南朝鮮では若干の違いが見られ、北の方に現れる泣き女は後ろに銃を構えた兵士が立っている事が多い様です。

●犬食い女は割とどこにでもいます。日本国内でも朝鮮半島から渡ってきた犬食い女がいて、新大久保などに出没しています。場合によっては犬食の店まで構えていて、ハゲの犬ことSMAPの草薙剛は常連客だそうです。そう言えば妙に朝鮮贔屓ですね彼。チョナンカンとか名乗って半島で歌ってた事もあったし。

●人食い女は中々姿を現しませんが、人間の赤ん坊を乾燥させて粉々に砕いてカプセルにして食うそうです。悪魔の所業である人肉食は、戦場の最前線で飢餓状態を生き延びるために止む無くと言った話ではなく、日常において繰り返し継続すると脳に遺伝的な障害が発生する事が知られています。又同時に、韓国人は火病を起こす事でもよく知られています。

●糞食い女は人前では大便を模して作った菓子を食べている事が多いです。しかし韓国の家庭の台所には便器があるのが一般的です。また韓国の絵本には大便を食する内容の物が散見されます。
今はトンスルが世界的な話題になっていますね。韓国人は、トンスルはネトウヨの捏造ニダーといつもの火病を起こしてますが、のぶえ(本名李・シネ)とか言う日本人みたいな名前を使ってるパンスト顔の朝鮮ババァが、トンスルが韓国に実在する事を否定しようとして逆に自白しています。アホな連中です。
http://www.hoshusokuhou.com/archives/31166505.html
http://www.hoshusokuhou.com/archives/31186926.html
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0826&f=national_0826_017.shtml

●売女。ばいたと読みますがなぜか変換できません。韓国売女はは韓国全土、そして非常に残念な事に日本全国に存在します。国内最多出没地区は鶯谷です。同じ顔をした全身改造売女は日本人の様な名前を使い、世界中で各国に大迷惑をかけ続けています。


韓国人売春婦改称自称従軍慰安婦捏造問題は、そろそろ正式に"korean prostitute problem"と表記して行きましょう。"comfort women"とか"sex slave"とか間違って言わせないように、日本人が正しく世界に発信して行く事が大切です。
【関連する記事】
posted by 跡間シノブ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 四コマ漫画 RV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック