2013年08月20日

RV086

RV086.jpg
国防系社会派風刺四コマ漫画リアルバカチョン第86話。
RV086
「俺の妹が可愛いワケがない」

お兄ちゃんは大抵、年下で女である妹に何でもかんでも譲らされます。頂き物のお菓子も、お気に入りのおもちゃも、お風呂の順番も、今となっては見る番組すらろくにないテレビのチャンネルも、何もかも。
……世間的には違うんでしょうか。
「それでも兄は、妹のためにイヤイヤ、渋々、こう言うのだ」

宮沢賢治にとって妹トシは唯一の理解者だったようです。安息地だったのかもしれません。「永訣の朝」はその妹を失った賢治が、心中を泣き叫びながら綴っています。もしギターを弾けたなら、月に吼えるような歌を絶唱していたかもしれません。



ここからはひどい話。

「試し腹」と言うのは、娘を嫁に出す前に妊娠する能力があるかどうかを試すという名目で、女児が家族親戚一族郎党から犯されまくると言う、かの悪名高き韓国の恐るべき風習です。現在はもう無いそうですが、大日本帝国が禁止しなければ今でも続いていたんじゃないかと思います。他にも、おっぱいチョゴリとか、少女キーセンとかの野蛮な風習はやめさせねばならないと、大日本帝国はそれらも禁止しました。頼まれて仕方なく併合するとは言え、日本人と同じになる訳だからと。

韓国は現在も超男尊女卑社会です。朝鮮半島では女性に人権は事実上ありません。

朝鮮人のDNAには、近親交配を少なくとも千年単位で継続しなければ現れない異常な類似性を示す塩基配列が、世界で唯一見られるそうです。朝鮮は千年属国と言われる通り、支那に美女を献上し続けてきました。そして美人がいなくなり、それが主な理由かどうかは分かりませんが、近親間で性行為を狂った様に繰り返して劣性遺伝子を選択的に培養してきた朝鮮は、ある種の実験場です。朝鮮人の、一人の例外もなく似通った思考回路や行動様式は、この様にして作られたのです。

異常な歴史が培った朝鮮人の抜きがたい精神性の歪みは、現在の韓国人の整形前の顔に噴き出しています。オリンピックやワールドカップに出場する韓国人選手の顔は、その一つ残らずが二目と見られないほど醜く、しかも見分けが付かないほど似ています。たとえ整形しても、矢張りどれもこれも見分けが付かない同じ顔です。
しかもあの朝鮮顔は、ダウン症患者特有の顔付きだそうです。この疾病に関してはあまり詳しくはないのですが、似たり寄ったりの顔が一つ残らずダウン症の兆候を示しているなんてゾッとします。近親交配を繰り返すと遺伝子異常が起き易くなると言うのは常識ですが、奴ら朝鮮人は人肉食の習慣もありました。カニバリズムも長く続けると、矢張り遺伝子異常を起こすそうです。
人肉カプセルが話題になったのはつい最近の話です。


表面ばかりいくら取り繕っても本質は隠しきれるものではありません。
結局、歪んだ歴史をいくら捏造改竄しようとしても、積み上げられた時の重さは覆せないのです。

朝鮮に関する記述のソースが欲しい方はこちら。
↓朝鮮人が絶対に日本人に知られたくない主に性的な真実
RV Vol6&7のソースリンクとコピペ集.zip


それにしても、折角の美しい宮沢賢治関連エントリーなのに朝鮮が絡んだ途端いきなり汚くなります。
それも人類最悪のレペルで。

【関連する記事】
posted by 跡間シノブ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 四コマ漫画 RV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック