2020年06月04日

X-29 3

NHK 「犠牲者0」の 天安門      
               六月四日の句




国債

今次武漢ウィルス災害の対策として、国民皆十万円支給がなされました。しょっぱい額とは言え、渋る財務省をよく折れさせた物です。しかし、折角のこの支給を「国の赤字」だとか「どうせ増税で回収される」とか考えている(アタマが)残念な人達がいます。所謂「(情報源が)テレビだけ層」と呼ばれる人達です。「国の借金」の嘘は今や、テレビでしか聞かれなくなりました。

「国の借金千兆円越えてるから、当然いずれ増税になるだろう。定額給付金は前借りですので、いずれ私達が返さなくてはいけない」 常嘘吐維新如池上彰放送機器前平然述虚言
2020年5月31日(日)毎日放送(MBS)「緊急SP 生!池上彰×山里亮太」
https://twitter.com/dagjapvnxal/status/1267058045516804098

R4-1.JPG
「国債という国民の借金です」二重国籍蓮舫放送機器前嘯図改後頭部自力刈上図
https://www.youtube.com/watch?v=MIqnVRcRhAY
この場面はNetflix、DTV、AbemaTV、キッズステーション、Amazon prime video、hulu、レンタルDVD等の全てで徹底的に墨塗り、音声はピー音加工されているとの事です。逆に利用してネタにしてりゃ一寸は人気出たのに、バカめ。

テレビの反日河原乞食どもは、国民を貧しく不幸にする事に日夜、血道を上げています。帰化朝鮮人または在日朝鮮人である奴らテレビ野郎共は、自ら進んで財務省の犬にも成り下がります。そんな日本破壊勢力が一方的且つ大量に垂れ流してくる反日偽装ディスプロパガンダ、逆情報と偽情報ばかりに接していると当然、偽りと誤りを真実と誤解して記憶し、保守と勘違いして反社会組織維新を支持してしまったりするのです。

維新を保守と勘違いして応援してしまう様な(アタマが)ちょっと可哀想な皆さんは、財政拡大、国債発行を悪い事だと考えがちです。「新規国債の大量発行は国の借金を増やして貨幣は紙屑」、「政府の財政赤字で将来財政破綻」、「財政赤字は将来世代へのツケ」、「武漢ウィルス攻撃による被害に対する財政拡大は後の増税を伴う」と。なんだかデジャヴです。「政府の財政は厳しいので、とても全員を助ける事はできない」も。TVに騙される人達は皆同じ事を言います。TVが同じ嘘しか言わないので当然です。

自粛の在宅勤務で、昼間のワイドショーの酷さが会社員達にバレる
https://www.youtube.com/watch?v=gJ9RLLXDn04
専業主婦層を洗脳して、政治に無関心な旦那を唆させる事と家庭内を分断させる事が、太古の昔からワイドショーの目的でした。なのでバレない様に土日は控えていたんですが、緊急事態宣言期間中の平日もいつも通りにやっちまった訳です。手品の種がバレたヘボ道化師は用済みです。驕るテレビも久しからず、今や作る側も観る側も日本に不要の人間ばかりとなっています。

テレビがと言うより、むしろ芸能人がでしょうか。先日の芸能人を使った検察定年ツィッター工作が記憶に新しい所ですが、アベノマスクが小さいとか、百日で死んだワニとか、種苗法改正妨害デマツィートとか、河原乞食の悪質さが目に余ります。頭空っぽの癖に影響力だけは大きい、質が悪いのは芸能人です。海外でもガガがトランプをアホ呼ばわりしてました、全く。

そう言えばR4議員も元芸能人でしたね。暴動を扇動したとして、先日トランプがテロ組織認定した暴力集団ANTIFAに応援されてた事が発覚しました、アホめ。
https://twitter.com/antifa_japan/status/760108424772194304
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1267129644228247552

「芸能人の発言 = 朝鮮人の願望」である事は、既に知ある国民にはバレています。


「国債は国の借金」も「給付金はいずれ増税」も日本を滅ぼす嘘なので、基本的に同じです。
国債発行については、近作のアニメでも登場しました。
ノゲ4.JPG
「国債…とは?」大臣
「詳しくは後で教える。国債を発行し、銀行に買わせろ。それで予算を」空

財政難に際して「国債を発行しろ」と言う件でした。細かい説明がなされていなかったのは、恐らく原作者が詳細を把握していないのだと思います。それでも、作中での使われ方は正しい文脈でした。今や国債発行の意味は、ラノベ作家でも知っている常識なのです。

この作品の中での国債について書いていたブログがありました。王国の財政難に際して何故国王の借金ではなく国債発行なのかと考察してありましたが、答えは簡単です。国債は借金じゃないからです。国債の発行で国家と国民は借金を負いません、ただ現金が増えるだけです。




国債発行の仕組み (本当にココ全部読む人はいませんよね)

@「国の借金」ではなく「政府の負債」である。
A「国の借金」が世界一大きいのはアメリカである。
B「政府の負債」は「民間の資産」である。
C日本の国債など政府債務が破綻しない唯一絶対の理由は、自国通貨建てだからである。
 なぜなら、最後の貸し手で政府の子会社の中央銀行(日銀)が買い取ることができるから。
D日銀が国債を買い取って大量発行するのは、企業や家計が使えない日銀当座預金である。
 実体経済にお金(貨幣)が供給されるわけではない。
E政府が国債発行で借りるお金は、企業や家計の「銀行預金」ではない。
 国債発行のプロセスは下記のようになる。
 ●政府が「国債」を発行して、銀行の「日銀当座預金」を借りる
 ●政府は借りた「日銀当座預金」を担保に「政府小切手」を発行して企業に支払う
 ●企業は銀行に「政府小切手」を持ち込み「銀行預金」に変えてもらう
  その銀行預金で給与や仕入れ品の代金の支払いを行う
 ●銀行は日銀に「政府小切手」を持ち込み「日銀当座預金」に変えてもらう。
  (政府が借りた「日銀当座預金」が銀行に戻る)
 国債発行過程で「銀行預金」は減るのではなく増え、「日銀当座預金」は銀行に戻る
Fそもそも、お金(貨幣)とは負債の一種であり、誰かが借りることで創出される。
G自国通貨建ての国債は物理的には無限に発行でき、お金(貨幣)の供給量を拡大させ、需要を創出できるが、物やサービスの供給能力に対して需要が過剰になるとインフレになる。従って、国債発行量や貨幣発行量の限界は、需要に対する物やサービスの供給能力(生産力・経済力)である。
H現在の日本は、物やサービスの供給能力に対して需要不足のデフレである。政府債務や貨幣供給量を拡大して需要を増やさなくてはいけない。(インフレ時は逆)

2017年以降、この一連の国債発行プロセスの簡略化のために、政府小切手の発行は省略され、市中銀行への政府支持と言う形を採る事に変更されている。





上のコピぺを読んだだけで全てを理解できる人は、一体何人いるでしょうか。某所から無断借用して勝手に修整した物ですが、これで国債発行のカラクリを理解できるなら、誰も財務省の嘘に騙されたりはしません。なので図を作ってみました。主に三橋先生の動画を参考にしています。

国債発行BS図.jpg
国債発行なうに使っていいよ(本当に持ってって構いませんので)

国債発行に関連する経済主体の貸借対照表を並べて図にした物です。貸借対照表は資産とその出資者を記録する物ですが、ここでは単に「左側が資産、右側が負債」と考えるのが分かりやすいです。簿記が分かる人は、仕分けは無視して下さい。

貸借対照表に書き込まれる数値は表の左右、所謂「借方と貸方」で釣り合います。この釣り合いは、自分以外の誰かとの間でも成立します。「誰かの負債は誰かの資産である」事がキモです。銀行が最初から持っている日銀当座預金一兆円以外は全て、この図の全ての段階に於いて、釣り合いを保っている事が分かります。

政府が(返済も利払いも不要の)借金をする事で、企業(と雇用されている国民)の資産が増える事が、この一連の貸借対照表を読めば明らかです。詰り政府が国債を発行すれば国民が金持ちになるのです。逆に政府が黒字になれば国民は赤字になります。財政健全化目標は国民赤字化目標、又デジャヴです。

これらは簿記を知っている人なら簡単に理解できる事ですが、大半の国民は財務諸表を学びません。義務教育で履修しないから、自費で専門教育を受ける一部の国民しか理解できないのです。
https://www.youtube.com/watch?v=obE9sJbLQjc&feature=youtu.be
なので、貸借対照表を知らない大多数の国民の為に、もっと簡単な図も作りました。

国債発行概念図.jpg
通貨供給量の増大なうに使っていいよ(こちらもどうぞご自由にお使い下さい)

日銀と政府の親子関係が面倒臭いので、一緒にしてまとめました。これなら簡単です。逆にこれ以上簡単にはなりません。残念ながらこの二枚の図はスマホでは一望できませんので、PCかタブレットの大きな画面で見て下さい。

この二枚の図の中に、経済にあまり詳しくない普通の人には一寸聞き慣れない単語があります。
「日銀当座預金」です。これを知っていれば国債発行の仕組みを理解できる、しかし知らなければ理解できない、従って国民は絶対に知っておかねばならない、なのに誰にも教えてもらえない最重要語句です。




日銀当座預金

日銀の口座にある預金の事です。但し政府と銀行しか持っていません。個人も企業も、日銀には口座を持てません。

国債発行時に政府が市中銀行から借りる預金は、家計や個人の銀行預金ではなく、家計や個人には直接関係の無い、この日銀当座預金です。「国債発行で国民の預金が無くなる」等と言う珍説が嘘である事が、この一語を理解するだけで分かります。

反対に、政府は市中銀行の銀行口座を持っていません。なので公共事業などの委託企業に支払いをする時、政府小切手を発行していました。しかしあまりに面倒臭いと言う批判が昔からあり、昨今のペーパーレス傾向も後押しして、2017年からは政府指示と言う形で銀行に直接、企業への支払いを命じています。

そして最後に、日銀は政府の子会社なので、発行した国債は連結決算で消滅します。国債を発行して残るのは「国の借金(笑)」などではなく、新たに生まれた現金だけです。この現金には勿論、返済の義務も、利払いの必要もありません。返す相手が最初から居ないんですから。

日銀当座預金の一語を知るだけで、財務省やカスゴミが垂れ流し続けて来た「国の借金」が完全に嘘である事を、我々国民は簡単に理解できます。逆にこのたった一つの言葉を知らなければ、国債発行の仕組みを、仮に誰かに説明してもらったとしても理解できず、字面からイメージし易い「国の借金」や「財政破綻」と言う嘘に騙される事になるのです。

日銀当座預金を知らなければ国債発行の仕組みを正しく理解できません。なのでこの単語は、国民には絶対に知られない様に、義務教育の過程から除外され続けて来ました。知らなければならない筈の単語を、国民の誰もが知らない、誰も教えてくれない、学校は絶対に教えない。それが如何に悪質極まりないか、それは、国民の無知故に衰退を続ける今の日本の、目を覆いたくなる惨状を見れば、考えるまでもありません。

財務省が省益を拡大し、天下り先を作り続けるために、真実が隠され続けて来た。そう言っても何ら差し障りありません。もっと言えば、日本が貧困化させられて来た事で、国民が何十万人も経済的理由で自殺させられて来たんです。高そうな背広を着てブクブク肥った元財務官僚のブタ、都構想の黒幕こと高橋洋一ももちろん、日本に巣食う巨大な犯行グループの幹部です。

国債発行のカラクリを問い質されてしどろもどろ。
https://youtu.be/jO1oOZOqdag?t=1327
上念司などの都構想推進員を無批判に信用しているナイーブな人が多いですが、あのガンダム芸人が矢鱈主張していたクラウディングアウトは、完全に間違いだとバラされていました。
https://youtu.be/gzWE5GGfN9A?t=1800
財務官僚のブタと、その豚の糞。都構想をゴリ押ししているのは、こんな嘘吐きばかりです。


ここまでの一連の流れで分かる事があります。政府が(国債を発行して)お金を借りたら、その分のお金が生まれたと言う事です。つまり、お金は誰かが借りた時に生まれるのです。この、お金が生まれて消える仕組みがピンと来ない人は、極端に単純化してイメージしましょう。市中にお金が全く無くて、現金は全て電子マネーで、銀行が一行しかない世界を考えてみます。
https://youtu.be/A_jlJoWXdro?t=859

どれだけ働いても、お金がどこにも存在しないので給料が出ない。
仕方が無いので銀行から100万円借りる。この瞬間100万円のお金が出現する。
借りた100万円で買い物をする。100万円の現金が市中を回る。
やがて返済期限が来るので、出回った100万円を掻き集める。
集めた100万円を銀行に返す。この瞬間100万円の現金は消滅する。

お金は銀行から借りた時点でこの世に現れ、返済すると消える事が、これで分かると思います。国の借金なんて嘘にビビッて、「おカネを返し過ぎて」お金が無くなって行っているのが、今の日本なんです。景気が悪いままなのは単純に国内を回るカネが少ないからです。
MMT的にはカネはあったと言う事.JPG
ミルトン・フリードマンのマネタリズム、トリクルダウン、新古典派マクロ経済学、リアルビジネスサイクル理論等、ガンダム芸人や都構想デブ高橋洋一が主張するそれらは全部間違いです。
https://youtu.be/W38UXhRNlE4?t=475

「国債を発行すればお金が増える。返す必要は無い」
(但し自国通貨建てに限る)

国債の発行はインフレ率が許す限り可能である事。そして不況を三十年も長引かされている上に、この十年は災害まで襲い続けている今の日本に於いて、増税で家計からカネを吸い上げて奪うなんて以ての外である事。それらはもう国民にバレています。消費税増税など論外です。

「国債を返す必要は無い」
(但し自国通貨建てに限る)




日銀と(増税の)専門家ども

自粛要請による20%のGDP下落を補填して国民の経済自殺を阻止するためには、百兆円の財政支出での景気刺激が必要だそうです。それなのに、武漢ウィルス戦争による被害で、経済を著しく棄損された我が国が正しいデフレ対策を必要としている今この時に、首相は「経済についての専門家会議」に増税バカばかりを集めてしまいました。集めた犯人は財務省ですか。明らかに故意に、悪意を持って、極北の「(増税)専門家」を選りすぐっています。
https://www.asahi.com/articles/ASN5D41XYN5DUTFK003.html

小林慶一郎・東京財団政策研究所研究主幹
「大きく急速な産業構造変化が起きると予想されるが、それには企業の退出と新規参入による新陳代謝が不可欠である」
https://www.tkfd.or.jp/research/detail.php?id=3361
井上準之助が昭和に犯した清算主義の間違いを、令和の今に繰り返そうとしています。メロンの二の轍を踏むバカです。バカメロンです。他にも。
「復興支援への合意が得られ易い現在は、政治的には増税の好機である」東日本大震災直後
https://www.canon-igs.org/column/macroeconomic
もう頭がクラクラ、目眩がして、吐き気がします。

竹森俊平(慶應義塾大学・経済学部教授)
「消費税増税による悪影響は大した事はない、延期する必要も無かった」
https://blog.goo.ne.jp/c0sm0smik/e/b48c78db08d2f9e4e02c501fd13e9af2?fm=entry_awp_sleep
ただの増税狂です。

大竹文雄(大阪大学・社会経済研究所教授)
「基礎年金を消費税で全額賄う」
http://www.computer-services.e.u-tokyo.ac.jp/p/seido/output/Horioka/horioka027.pdf
「消費税率は18%に」
https://www.zenshoren.or.jp/zeikin/shouhi/080623-03/080623.html
同上。消費増税派で典型的な緊縮論者。18%にしたらすぐに20%と言い出すのは明らかです。

井深陽子(慶応大学経済学部教授)
「財政健全化のためには、医療の自己負担率を一定以上にしておかねばならない」
https://sites.google.com/view/ibuka-seminar/
同。

残り三人の「専門家」は全員緊縮財政派。消費税や医療の自己負担等の引き上げ、財政健全化を主張しています。(ネタ元:藤井センセのメルマガ)

この手の売国奴どもって、財務省に媚びさえしていれば、アホみたいな嘘しか言ってなくても、財務省から仕事をもらえるそうですね。だからゾーゼーゾーゼ―と鳴くのだとか。そう言う事ですか。絶望的な状況です。日本の衰退はコイツラが確実に進めます。しかし希望もあります。



この四月、日銀が国債の無制限買取を宣言しました。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58562110X20C20A4MM8000/
在日新聞はそれを「禁じ手」なんてギャグで笑いを取りに来てました。
https://mainichi.jp/articles/20200427/k00/00m/020/242000c

日銀は「やる」と言いました。そして先日の対武漢ウィルス戦対策費、第一次補正で117兆円、第二次補正で合計200兆円オーバーの予算が決まりました。ここまでは取り敢えずよくやったと思います。大事なのはこの後、絶対に増税させない事です。それと消費税を廃止させる事。

今、自民党の一部の議員が「消費税0%法案化」を目指して頑張っている様です。しかしあれは景気回復までの期間限定であり、恒久的消費税廃止を実施する法ではありません。暫定措置でもやらないよりははるかに良いですが、日本に必要なのは消費税の廃止です。財務省は一時的な内容なら割と要求を呑みます。給付金十万円とか、キャッシュレス決済5%還元とか。

言論界の御歴々や御高名な先生方からすれば、日本を衰退させるのは前述の如き「専門家」達と言う事になるでしょう。ですが私の様な最下層の弩貧民から見れば、国民が貧困化して悪党がのさばる責任は、声と手が届く所にいる立場に居るにも拘らず、経済を軽視する総理や御用学者を殴らない論人にあります。そう見えます。

主君が道を誤たんとせば、一命を賭して之を諫むるが真の忠臣。どんな会議で何が決まろうと、「決まった事だから」と、変えられる物を変える努力をしないのは、勇気が無いと思います。
「主よ願わくば、変えられる物を変える勇気と、変えられない物を受け入れる落ち着きと、その二つを見分ける知恵を」
好い加減とっととぶん殴って来て下さい。「戦い」なんでしょ。そう言ってましたよね。

下々がやるべき事も当然あります。ある議員が、共産思想に洗脳済みの重度汚染患者の母親に、右派系チャンネル登録済みのタブレットを渡したら、一ヵ月で強固な洗脳が解けたと言う例が報告されていました。
https://www.youtube.com/watch?v=tJqk8HIH2co
ネット時代のいまだにクニノシャッキンガーな人や、維新に投票する(頭が)残念な人が身内にいる方は、タブレットでも買って右派系チャンネルに登録して、その人にプレゼントして下さい。十万円もらったでしょ。こんな駄ブログ読んで笑ってるだけじゃ何の意味もありません。













1/72 X-29 ハセガワ 無印

「インフレなんて嘘よ」の一言のせいで、製作記事に辿り付くまでに原稿用紙換算で66枚程かかってしまいました。私の責任じゃありません。私は悪くないです。悪いのは全部他人です。

321190-alexfas01.jpg
エリア88版ではなく、普通仕様の定番商品の方です。タミヤイタレリのクフィールとほぼ同時期に一寸だけ安く買って、そのまま放置していましたが、主役メカに釣られて段ボールから引っ張り出しました。タイガーシャークにデザイン違いの一角獣のデカールが3セット入っていたので、そのうちの細長い物を使って風間機で作れるんじゃないかと、セコイ事を企んだ訳です。

作ったのは、実はタイガーシャークの直後でした。書こう書こうと思いながら、延び延びになっていただけです。購入して放置、製作して放置、チョー気楽な放置プレイキットとなりました。現在は完成して放置中です。このエントリーの後は、記事にして放置です。それにしても。

クフィールにしろ、クルーセイダーにしろ、X-29にしろ、何でコイツラ全部、キャラパッケージではなく無印を買ってあったのか、自分でもよく分かりません。特別仕様の限定品は高いとか、劇中機と同型なら定番商品の方で良いかとか、そんな後ろ向きな理由の様な気がします。

いずれ今回のエリア88シリーズでこのキットが発売されるだろう事は予想していました。前にもありましたし。でもぽんぽん新キットを購入するのもどうよと言う、子供の頃から染み付いている貧乏性に加えて、手元にある同じ形のキットを無視して新しいのを買ったらバチ当たるんじゃないかと、これまた生来の気弱さと内気で控えめな性格が禍して、購入を諦めてしまった訳で。でもエリ8版を見送った理由は他にもあります。

青の帯を明るい色にしたくなかったからです。タイガーシャークは予想外の色のストライプデカールのせいでひどい目に会いました。今度もあんな色だったら目も当てられません。しかもX-29の帯はただの青じゃありません、青の帯の両脇に極細の赤の帯が沿います。さすがにアレをマスキングで吹き付け塗装する気にはなれませんでした。一方、無印キットのデカールは暗い青の帯です。勿論赤帯もあります。ならばそれを使えば良い。一角獣デカールは余りが残ってる。

手元にあるこのキットを作るんだと、方向が決まったら、具体的な仕様を固めて行きます。パネルラインは全て凹、シャープな良い彫りです。パーツ同士の合いも精緻で、成型色の白も清潔感があって好感度高し。中々どうして、良いキットです。今回は途中写真一枚も無し。見たい方は買って下さい。600円くらいです。10万円もらったでしょ。


コクピット内部をササッと仕上げて胴体を貼り合わせ、脚柱格納庫壁も閉じて固定、シルエットと表面をとっとと決めてしまいます。ヒケも少ないのでパテも殆ど使いません。本体パーツが塗装待ちの状態になったら、細かいパーツをガラクタ箱を漁って探します。

現実には試作機しか存在しません。タイガーシャークも同様です。尤もらしく描かれてはいる物の、各種武装も作者の空想で、バルカン砲口の位置は明確にされずにごまかされ、パイロンの形状も本当にそれが正しいのか、確証がありません。そもそも実戦仕様の現物が存在しないので、漫画にありがちな、カットごとに細部が異なる事故もまま見られる、言わば曖昧なメカです。

ミサイルは四発のみです。絵で見るとサイドワインダーの様ですが、セリフにはスパローとあります。コマの中ではサイドワインダーばかりでスパローは描かれていませんが、きっとどこかで使ってたんでしょう。なのでスパローを持って来ました。

このスパローは以前F-15Jを作った時に、当初AAM4の代わりに吊っていた物です。AAM4に換装したので遊ばせていました。別に新しくサイドワインダーを用意するのが面倒だったとかじゃありません。風間がセリフの中ではっきりスパローと言っていたから、わざわざ持って来たんです。本当はサイドワインダーにしたかったんですけど、でも主人公がスパローって言うんだからしょうがないんです。
X-29 04.jpg
パイロンは翼下に四か所。翼端にステーションはありません。作者がそこまでシルエットを変えたくなかったんでしょうか。テキトーな場所に取り付けられたパイロンは、アップのコマでは後端がホーネットのパイロンみたいな形をしています。しかしX-29はタイガーシャークの後継機の様ですから、F-18よりはF-20のパーツを持って来た方がしっくり来ます。手元にホーネットのパイロンが無かったとか、デモンストレイターを作った時に使わなかった武装パーツが一式残ってたからそれ使えばラクできてカネもかからないとか、そんな事は一寸しか思ってません。

持ってきたF-20のパイロンを合わせてみると、前方へ向かって下に傾斜します。特に翼の根元ほど角度がきついです。よく見ると、ねじり下げが逆に付いていました。ねじり下げは翼端失速を防ぐための措置で、端に行くに従って翼の断面の前方が下へ向いて行く設計の事です。かの零戦にも採用されていました。これが逆方向に付いています。前進翼ってこうなんでしょうか。教えて二宮さん。細かすぎて伝わらないオーディオコメンタリー付き荒野のコトブキ飛行隊再放送は、もう好い加減観ましたよね皆さん。二か月近くも自宅に籠っていて、まさか観てないなんて事は無いですよね。観ましたよね。

そのせいでパイロンが下を向いてしまいます。翼に接する縁を大きく削って、ミサイルが機体中心軸に平行になる様に調整しました。今回は飛行姿勢で作るので、何か支えが無ければミサイルが接地してすぐ外れます。なのでパイロンにもスパローにも真鍮線の軸を通して補強します。でもそれだけでは済みませんでした。劇中の画面通りの位置に付けるとエルロンに干渉します。これでは下に曲がらないので上昇できません。離陸も着陸も出来なくなるので、仕方なく内と外を入れ替えて前後の長さを調整しました。この辺は架空機の遊びが許される範囲です。多分。……知らない。

バルカン砲口は勿論ありません。劇中では何回か発射場面がありますが、直接描かずにごまかしています。新しく作ってもいいんですけど、別にいいでしょう、無くても。どっかにあると言う事にしとけばそれで、特に気にする人もいないと思います。黙ってりゃ気にならない部分なんてそんな物です。大体、劇中画面では機体下面からガンファイアが出ていましたが、タイガーシャークの後継機ならコクピット前方の機首上方に二門でしょう。何で下にあるんですか。ハイ、分かります。作者がテキトーに描いて逃げたんですね。最新の研究機が将来実戦投入された時の正確な形なんて予知出来ませんから。実際、量産も実戦投入もされませんでした。

X-29 05.jpg
HUDは一枚、リアビューミラーは二枚。実機がどうかは知りません。これはあくまで漫画に登場する劇中機です。タイガーシャークには無かったフェイスカーテンハンドルがあります畜生。銅線でイヤイヤ作ります。

立ち姿勢のハゲ白人は付いていましたが、着座姿勢のパイロットがいません。ガラクタ箱から人狩りしてきて風間真にします。サンダーバーズのF-16の運転手が余ってました。あの機体はサイドスティックなので、右腕が正中線上にありません。切断してしかるべき位置に持って来ます。http://shounenkairo.seesaa.net/article/474674542.html
そう、コイツがF-16の付属パイロットフィギュアです。何かイカツい顔もそのまま乗せました。バイザーを作っても良かったんですけど、別に無くても良いかと。でも最近の極小フィギュアの出来は凄いですから、自作でもこのくらいはお直しした方が良いのかもしれません。せめて似せる努力くらいは。

一通りの工作を終えて、これで終了と思った矢先、機首両脇にドアノブみたいなモールドが見えました。何だコレと思ったら、劇中画面とパケ絵では何かのアンテナです。キットではスジ彫りになってました。これくらいパーツ化しとけ、なんて愚痴っても仕方がないので作ります。クフィールの時はやりませんでした。あの時は手数が多過ぎてもうイヤんなってました。もっと精密な高額キットだったらやってたと思います、勿体なくて。
X-29 03.jpg
大変過ぎたクフィールでは力尽きて作らなかった、小さいレーダーアンテナ。キャノピーのマスキングはもっと気合い入れるべきでした。今頃気付いても遅いです。やり直す気も起きません。


真っ白けの一色だけ、塗装は一気に迷いなく。グランプリホワイトです。純白よりも見た目がリアルになるので好きな白です。もっと漫画チックなデフォルメにする時はクールホワイトみたいな純白がアニメっぽくて良いんですが、実在する機体にあれはちょっと。幾ら漫画とは言え、舞台背景は現実世界ですから。それにOVAには未登場で、セル画も存在していません。更に言うと、古いデカールとの親和性もあります。新しく塗装した本体だけが驚きの白さでは、デカールの色が浮き上がります。

古くなってもデカールは使えました。少々黄ばんではいましたが、柔軟性も接着力も損なわれておらず、殆ど破れる事なく台紙から離れて、プラに食い付きました。タイガーシャークデモンストレイターの付属デカールと違って、このX-29の標準付属デカールは優秀です。

一か所だけ没にしました。主翼下面のバルジの上に貼る、短い赤青のストライプです。この機体のストライプは赤青赤なのに、ここだけなぜか赤青です。しかも形がよく分からない。貼り付いた後の姿を全く想像できない理解不能な形なので捨てました。実機? 今回のは架空機ですよ。

そのバルジは筆で塗るのが妥当ですが、もう面倒なので真っ白なままにしました。その方が精神衛生的に良さそうです。何より架空機、現実を気にする必要はありません。はっきり言って、ここにストライプが描かれていても描かれていなくて真っ白なままでも、わざわざアナウンスさえしなければ気付く人は一人もいない筈です。500円賭けてもいいです。

垂直尾翼の青は、デカールの暗い青に合わせて調合しました。暗い青を作ります。エリア88版X-29専用デカールが無いのを逆手に取って、定番シリーズのデカールの色をそのまま利用し、もしもアニメに登場していたらこんな色で塗られていたかもしれない「暗い青の帯の風間真機」のX-29にします。サンダーバーズの青を買って来りゃそのまま行けるぜラクショー、なんて軽く考えていたのは甘過ぎでした。全然違う。しかし全くかけ離れて違い過ぎる訳でもない。微妙です。これを何とかして近い色にします。

口で言うのは簡単な物で。兎に角近似色に調整するんですが、これが中々上手く行かない。青味が足りないかと思えば白っぽくなったり、暗くしようとすると緑っぽくなったりと、狙う色味になりません。模型用塗料と言うのは、原色以外は殆どが複合色で、様々な色が多数混ぜ合わされています。模型店で手に取ってみればすぐ分かります、瓶の底に予想もしない色が沈殿している事が多々あります。模型用塗料の調色が思い通りに行かないのは、大抵それが理由です。

最終的にシアンとかマゼンタとかまで使って調合しました。かなり近い色になったと思います。デカールに近付ける調色は大変なので、デカールがダメになった時は丸々作り直すか自分で塗るのが手っ取り早いです。でもそうしません。ここは製作者の意図を尊重します。

そのデカール、一か所大失敗しました。物凄く目立つ所を、ただし黙ってれば分からないくらいのレベルで。失敗しても言われなければそうとは気付かない、でも言われても気付かないレベルにまでは届かない、それがウチの模型です。わざわざ探す人は心の汚れた人です。ですが、一寸くらい失敗したからと言って「何もかもぶち壊して出直しだ」なんて事はしません。完全じゃないから全て壊す、100じゃないから0にする、それはアホがやる事です。

長い時間をかけて今に至る物や、手間をかけて長く持ち続けた物、色々な立場の様々な人々が大勢で築き上げ、根気良く修整しながら維持して来た物を、丁寧に手直ししながら引き継ぐ事は、人として誠実な、自分がそうありたいと願う、ある意味に於いて理想の姿と言えると思います。世界最長の歴史を誇る日本の一部として生まれたからか、最近特にそう感じます。米の酒も米の酢も合わない、仲間外れの体でも。




完成。

X-29 09.jpg
一角獣デカールは余り物ですが、細いのが丁度合うみたいです。

X-29 14.jpg
空対空中距離ミサイル、所謂スパローが四発。

X-29 01.jpg
インテークの奥は黒で塗るべきだったかも。後から黒い板を作って放り込んでもいいです。

X-29 16.jpg
機首先端のピトー管は取り外し式にしたかったんですが、デカールがかぶりました。仕方なく固定しましたが、ナイフを入れて切り離しても良いかも。

X-29 06.jpg
今回も蛍光塗料のブラックライト点灯。

X-29 10.jpg
クルーセイダーも、X-29も、クフィールも、エリ8版キットをそのまま作ってはいません。理由はそれぞれ、凸リベット、青帯、凹モールドと、あるにはありました。でも単につむじ曲がりなだけだと思います。

X-29 02.jpg
OVA準拠想定で塗装したのに、パイロットは原作版塗装。私ってほんとバカ。

X-29 11.jpg
青い帯にDARPAの文字が。
DARPAとは、標的を見た兵士が頭で思っただけで弾が出る銃とか、昔は魔法の道具と思われていた透明マントを実現した光学迷彩とか、無人戦闘機とか、そんなのばっかり作ってる連中です。アメ公は人を殺す事に余念がありません。特に有色人種を殺す事には何の躊躇も無いです。
有色人種だけがかかる鳥インフルエンザなんてのもありました。

現在はこの状況ですし。今からでも遅くないからシナチョンだけが死ぬ毒ガス作れや。でもトランプは、戦争する事なく支那を壊滅させるハラの様です。冬の間は展開が遅くてイライラしてましたけど、最近はノリノリです。尖閣沖人民解放軍偽装工作船領海侵犯及び海保巡視艇襲撃事件から早十年。あれがこのブログを始めたきっかけでした。支那の終焉がやっと見えて来ました。

X-29 15.jpg
作ってから時間が経っているので、もう一回作ろうかと言う誘惑に駆られます。地獄へ戻れと悪魔が囁きます。いくら大阪でも、模型には二度付け禁止のルールはありません。但し、一度でも「これがダメなら二度目はやらない」と公言したなら「状況が変わった」等と言うタワゴトは許されません。公僕には法的拘束力があります。河村市長・大村知事「ナゴヤ都構想だぎゃー!!」





X-29 07.jpg
全然そうは見えなかったとしても、ウチは模型ブログです。

















posted by 跡間シノブ at 17:07| Comment(0) | エリア88その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする