2020年05月26日

X-29 2

10万円のダメな使い方

スマホゲームでガチャ 
十万円のダメな使い方1.jpg
天井まで行けるから確実にピックアップの☆4一体ゲット。


濃厚接触 
十万円のダメな使い方2.jpg
「てーんごく、行こ!」で、地獄行き。


中国製医療品を爆買い 
十万円のダメな使い方3.jpg
国賓? 国交回復? 笑わせんな。


貯金 
十万円のダメな使い方4.jpg
「クレーンゲームは貯金箱である」J.M.ケインズ

国民皆十万円は国民以外にも支給するそうですが、仕向けたのは朝鮮公明とか朝鮮維新とかでしょう。これもどうせいつもの取引ですよ。外国人を避けるには、選挙権がある世帯主を選んで配れば良いだけなんですから。アビガン承認は延びましたね。

まあ兎に角使いましょう、生きる為でもそうでなくても。カネが動けば好景気です。まだ受け取ってない人は、既に受け取ったシナチョンを殴り倒して奪って使うのも良いでしょう。別に死んでも武漢ウィルスで死んだ事にすれば良いと思います。国内の死者数にカウントされてしまいますけど、今だって半分以上がチンクですし、あと一寸くらい加算されたって、大した数では。









消費税

対武漢ウィルス援助金は、消費税で一割を財務省に取り返されます。一割もの大金を強奪されるのに、わざわざ買い物をしたくなる人なんていません。消費は経済活動そのものです。経済活動に課税して経済が活性化する訳がありません。国民にどんどん買い物をして欲しい今、借金してでもカネを使って欲しいこの時期に、「買い物したら罰金な」と言う為政者には、専門の医師による治療と、身近な人の暖かい介護が必要です。

消費税を上げたがる政治家は、ヨーロッパしか見ていないんじゃないかと思います。欧州各国の消費税率は20%が当たり前になっていますから。しかし必需品は無税です。故意か作為か表面しか見ていない。更に全税率を見れば日本の方が高かったりします。奢侈品にのみ課税される欧州の消費税率だけを表面のみで比較するのは、悪質な亡国プロパガンダです。

消費税を始めたのは西の朝鮮ことフランスです。輸出企業のルノーに還付金を渡すために始めたのが消費税です。そんな物を東洋の先進国で有り難がって採用して税率を上げ続けている悪党が財務省であり、財務省にキレーに言いくるめられた自民党議員がアホだと言う事です。

最悪の税制ですらない、ただの日本滅亡機構でしかない、不平等条約に過ぎない消費税。「景気に左右されない安定的財源」なんて嘘を信じていいのは、サンタクロースを信じられる子供だけです。リーマンショック級の事件が起きたら消費税増税延期と言っていたのも嘘でした。ここ数年間、立て続けに五つも六つも来ていたのに、財務省も自民党も尽く無視しやがりました。

蓋し、あと百回くらいリーマン級が来ていたとしても、消費税増税を断行していたでしょう。仮に国民が五千万人くらい死んだとしても。事実、殺人武漢ウィルスが蔓延して、日本が取れる最強の措置である緊急事態宣言が出ても、消費税だけは絶対に廃止しない政府は。

これほどまでに消費税を聖域の様に絶対視すると言う事は、誰か特別に得する奴がいると考えるのが自然だと思います。そいつらに丸め込まれたナイーブな人達が消費税廃止に反対しているだけです。信じ難い事ですが、自称保守な方々の中にも「消費税は重要な財源だから廃止すべきではない」とか「消費税は健全な財政の為に絶対必要である」とか、本気で言う人達がいて眩暈がします。日本が好きでも経済を学んでいない、言わば心が綺麗でナイーブな人達です。なので、消費税廃止に反対する人は恐らく、同時に以下の様な意見もお持ちの事と思います。

「自由貿易は兎に角正しい。反対する奴は頭がおかしい」
「グローバリズムは歴史の必然だ」
「民間活力の導入(民営化)は、兎に角良い事だ」
「既得権益をぶち壊す規制緩和は、経済成長に貢献する」
「プライマリーバランス黒字化目標を達成しなければ、国の借金で破綻する!」

ナイーブ:純朴。世間知らず。騙され易く、未熟で幼稚な様。洗練されていない田舎者。馬鹿。
例:Queen Amidala is young and naive.(アミダラ王女は子供で世間知らずだ)訳:戸田奈津子




僅か三十年前の日本には、消費税なんて存在しませんでした。そして好景気でした。我が国の最後の好景気が終わったのは、消費税が導入された年です。その後の好景気は全てフェイクです。消費税が導入されてから現在まで、日本は一秒たりと好景気になっていません。

消費税大好きっ子さん達に訊きたいんですが、本当に消費税は必要ですか。今の日本の景気が悪いのは消費税率が低いからですか。まだ消費税増税に賛成しますか。永遠に増税する鬼ですか。消費税が始まる直前までの日本はバブルで大好景気だったのに、それでも消費税は必要ですか。

消費税の解説です。どれでも好きなのをどうぞ。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/423477441.html
http://shounenkairo.seesaa.net/article/401286011.html

恐らくこれ以上簡単には説明できない数式アリのエントリー。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/402205735.html
数式を一切使わず増税と公共投資を説明してみたエントリー。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/401905958.html

消費税が上がると儲かる奴がいる。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/407457300.html
http://shounenkairo.seesaa.net/article/399380273.html
http://shounenkairo.seesaa.net/article/409477263.html

消費税を廃止しても、特別会計の見直しで、消費税10%分の財源(25兆〜27兆)が出るそうです。個人消費の落ち込みと景気回復の為にも、消費税は廃止すべきなんです。マハティール首相が廃止した消費税を。フランス政府がルノーに補助金を献上するためだけに始めた消費税を。

共和党ライアン下院議長「消費税やめろ」
クルーグマン「消費税やめろ」
スティグリッツ「消費税やめろ」
https://www.youtube.com/watch?v=hoz_VhdCDfU




某かの財源確保の為に矢鱈増税と言う悪手を選択したがる、小学校高学年の女児が好みそうなお伽噺に出て来る、どこかの国の王様の様に愚鈍な政治家達を見ているうちに、彼らには共通してパターン化された思考がある様に思えました。それは収賄守銭奴やハニトラ売国奴等とは違う、当たり前に日本の為に働く正しい政治家も同様でした。その思考が何なのか、長い間はっきりと指差す事が出来ずにいたんですが、最近分かった気がします。

彼らの頭の中では、世界の貨幣の総量が一定で、特に我が国が保有する貨幣の量がほぼ一定で、市中に出回っている貨幣以外はそのほぼ全てが、日本のどこかに存在する巨大な金庫にまとめて保管されている、と言う事になっている様です。勿論間違っています。現在、世界の大半の国家が採用している管理通貨制では、各国の貨幣量は各々の裁量で、つまり状況に応じて自由に変更できます。そして、国家の貨幣を保管している金庫なんて物は、何処にもありません。

財源増税派とでも呼ぶべき彼らが思う貨幣は、彼らの頭の中にしか存在していないので、言わば仮想通貨と言う事になります。その仮想貨幣はキンの様に希少性が価値の裏付けとなっているので、彼らは政府が新規に貨幣を供給して貨幣量を増やす事を恐れます。彼らの発言や行動は、まるで我が国の経済を金本位制を基にして考えているかの様です。

「財政黒字化目標(PB黒字化目標)を堅持する。そうしないと日本国債が投げ売られる」麻生

キンの採掘量が増えて希少性を失うと、その瞬間キンは価値を落として、ただの光る石ころになります。それと同じ様に、国債を発行した途端に一万円札が紙屑に成り果ててしまう恐ろしい幻影が、財務省に洗脳されて致命的な脳障害を負った哀れな麻生にだけ見えたのだと思われます。麻生だけじゃありません、増税バカは本当にカネをキンか何かと勘違いしているフシがあります。日本円は兌換紙幣ではないのに。ドルの金兌換はニクソンショックで廃止されたのに。それらは中学校で習った筈なのにです。

仮に貨幣の総量が一定であり、その価値がキンの様に希少性によって担保されていると考えると、政府の負債はこの世のどこかにある事になっている仮想金庫から借りた物、いわゆる「国の借金」に見えます。するとマジメな彼ら財源増税派は当然「借りた物は返さねば」と、増税戦士クニノシャッキンガーや、亡国戦隊ザイセイハタンガーとなり下がります。

カネの総量が一定であると思い込んでいるから、今回の武漢ウィルス攻撃による被害への経済対策でも「政府の財政は厳しいので、とても全員を助ける事はできない」となる訳です。ここ最近良く見かける嘘、「新規国債の大量発行は国の借金を増やして貨幣は紙屑」、「政府の財政赤字で将来財政破綻」、「財政赤字は将来世代へのツケ」、「武漢ウィルス攻撃による被害に対する財政拡大は後の増税を伴う」等も、全く同じ理屈で生まれて来ます。

消費税にも政治家にも限りませんが、(特に消費税の)増税で財源を確保しようと考えるバカタレの殆どは、この世界のカネの総量は一定で、使えば減ると思っていると考えて間違いなさそうです。もしかしたら、金庫のおカネは使ったら消えてなくなる、とまで思っていそうです。市中に流出した貨幣は雲散霧消したので、政府が予算を手に入れるためには新たにおカネを作り出さねばならない、とか。しかしそんな事をしたらインフレになってしまう。インフレは絶対に回避しなければならない、インフレを起こさずに政府が予算を手に入れるためには増税しかないのだ、とまあ、そんな感じで。実に自然な間違ったロジックです。

しかしよくよく考えてみれば、この一連の間違いは金本位制以前の問題だと気付きます。たとえ金本位制の世界であっても、おカネは使っても消滅する事はありません。誰かの稼ぎとなって、世の間をぐるぐる回ります。手元から消えるだけです。この世から消えてなくなりはしません。この一点をしっかり踏まえてさえおけば、そこから出発して「PB黒字化は国民赤字化」であり、「自国通貨建ての財政破綻はあり得ない」し、「将来世代へのツケなど妄想に過ぎない」事が、自然に正しく理解できます。

金本位制では通貨の量は国家の金保有量に限定されるが、管理通貨制では通貨を自由に増やす事ができる。現在の我が国における貨幣の流通量が一定ではない事を理解するには、中学で習ったこれだけで十分だと思うんですが、彼ら増税バカが学校で習った筈の管理通貨制を理解できていないのはなぜでしょう。

その理由は「単にバカ」だから、と言うより「大量に記憶して自分で考えない人」だからと言った方が正しいでしょう。言わば最も簡単に洗脳される人種です。この種の人々は、自分の理解の範囲を超える物を理解する為の努力をしません。今の己の知識が及ぶ範囲内でのみ物事を解釈しようとします。自分に分かる理屈だけで何もかもを把握しようとするから、経済のシステムも、より単純で誰にでも理解できる金本位制で考えたがる訳です。

似た様な考え方をする人達を、最近よく見かけます。複雑極まる物語を理解できなくてアニメの視聴を中断するとか、作品に組み込まれた高度な風刺を読み取れず画面上の絵柄だけを見て駄作呼ばわりするとかで、難しくて理解できないけど面白そうな物を、何とかして理解しようと努力しない、両腕が届く範囲の中でのみ感動を求める、そんなクソヲタ達です。両者の思考や行動は、殆ど同じに見えます。








金本位制

「財源確保は増税で」とか「インフレは絶対悪」とか信じているナイーブな人達は、往々にして金本位制を好む傾向があります。チャイナウォッチャーの大御所が「一番良いのは金本位制だ」と言われた時はさすがに驚きました。金本位制が好きな人って本当に多いです。金本位制は単純なので誰にでも理解できます。なので多くの物語に登場します。

異種族5.JPG
武漢ウィルスによる被害を受ける前だったので一シーズン分が丸ごと完成していたと言うのに、理不尽な表現規制で放送中止になった異種族レビュアーズに登場した架空通貨が、GOLDでした。異世界作品に登場する通貨単位は、大抵このGOLDです。あまりに安直過ぎるネーミングに涙も出ません。

明確に金本位制を想起させる名前と外見です。それら異世界物語の作者達は、作品世界における貨幣制度に金本位制を想定していると思われます。異世界魔法物語で流通している貨幣は大抵、金貨と銀貨です。もう大古の昔から、判で押した様に金貨と銀貨です。ただそれは、経済の形態として最も分かりやすいのと同時に、中世や古代と言った作品の世界観や雰囲気を醸し出す重要な小道具でもあります。剣と魔法とドラゴンの世界に、透かしの入った紙幣は似合いません。

金本位制は「国家が発行する貨幣の総量はその国が保有するキンの量に等しい」と言う、一国の通貨をキンで担保する制度です。その国が発行した紙幣はすべてが兌換紙幣であり、銀行で金地金(きんじがね)と交換する事が保証されます。裏を返せば、金本位制は国家が保有する金の総量以上には国の経済が発展しない制度と言う事になります。

異種族2-2.JPG
選挙公約で「発展より安定を、労働より安眠を」と有権者に訴えるオーク党なら、彼ら(豚ら?)が政権与党となった暁には金本位制に移行(復帰?)する事は理解できますが、生憎我々が生きるこの世界は弱肉強食、互いの足を引っ張り合って相手を出し抜く過酷な競争世界です。全国家が金本位制だと仮定して、ある日どこか一国が金本位制を離脱して管理通貨制に移行したその瞬間、その国が世界を征服します。その国だけは幾らでもカネ刷れるんですから。

聞けば、現存する世界中の金塊を全て集めても、国際規約のプール四杯分未満ほどだそうです。本当に世界中の国家が金本位制を採用して、発行される紙幣が全て金兌換可能だとしたら、プール四杯分のキンの価値以上には、人類の経済規模が拡大しない事になります。世界の人口がこのまま一定で、文明水準がここまででもう発展しないなら、それはそれで良いのかもしれません。でも現実は違います。人口は増える一方なのにカネは増えない、それで人類は幸せになれるモンですカネ。何が本当の幸いか、分からないです。


いまだに世界が金本位制だと思っている人は結構いるそうです。特に米ドルをアメリカの銀行に持って行けば純金と交換してくれると本気で信じている人が。アレですか、宇宙は無限で、時間は永遠である、みたいな感じですか。そんな方々には残念ですが、現在米ドルと交換できる現物は原油です。金のインゴットじゃありません。ニクソンショック以降、そうなってます。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/454011947.html

キルラキルでは、かなりえげつなくデフォルメされた大阪で、兌換紙幣が発行されていましたが、あの兌換紙幣って何と兌換できたんでしょう。まさかキンですか? 原油はドルでないと買えませんし。日本を「借金まみれ」と思い込んでる似非商売人の考える事は分かりません。或いはただの詐欺師だったとか。今や懐かしい「円天」みたいに。
klk2兌換紙幣.JPG
「ウチの紙幣は金銀宝石と交換できる兌換紙幣や、値打ちあんねんで〜」とか何とか言って、アホなおばちゃんらが騙されただけ、とかそう言う事かも。しかし、言うてスマンがあの脚本家がそこまで考えてたとは思えません。だってクニノシャッキンガーですから。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/385587569.html


数年前、中国がキンを買い漁っていると言う記事を読んだことがあります。しこたま買い集めていたようです。しかし武漢ウィルスで世界中から賠償請求されている中国は、一京円の損害賠償を支払わなければ、世界各国に移した資産を凍結されて没収されます。ちょっとやそっと買い占めた金塊程度では全然足りないと思います。でも、本当にキンをかき集めたんでしょうか。だとしたら、紫禁城の地下とかに隠してあるんですカネ。

本来キンそれ自体に価値はありません。ただ重いだけ、光るだけの金属です。鉄より弱いし、融点も低いから工作機械にも使えない。使えるのは導電部品くらいでしょうか。だからと言って、現在のこの世界で国家がキンを保有しなくていいと言う事にはならないと思います。世界がキンと言う金属を崇め、讃え、求め続ける限りは。

人々が求める物には高値が付きます。大勢が欲しがる事で価値が生まれるのです。ただの動く絵が放送中止にされたり、児童ポルノがどうのジャンプのハダカ絵がどうのと、性表現を巡って騒動が起こ(されたりす)るのは、(特に美少女の)裸がカネになるからです。つまり(特に美少女の)ハダカは、人々が欲しがる物であると言う事です。誰も欲しがらない物には値段が付きません。
異種族2-4.JPG
こんなのを欲しがる奴は(極少数を除いて)いません(少なくとも人間の中には)。なので国会での議論の対象にもなりません。希少で、求められるから価値がある。誰も欲しがらない、そこら辺に大量に転がってる石ころを規制するか否かなんて事を、わざわざ営利団体や「市民」団体を発足させてまで議論したりはしないのです。

価値の源泉や経緯がどうあれ、実際に多くの人々が求めて希少価値がある以上、国家が持つキンは国力そのものです。誰もが欲しがる物ならば、それを大量に調達しておく事は国家戦略的には正しいと言えます。大航海時代に毛唐が世界中で有色人種を殺しまくって貴金属を強奪しまくった様に。それこそ当時は金兌換でしたし。奪った金持って「これから自由主義経済です」なんて、面の皮が厚いにも程がありますが、戦いとはそうやるものです。中国は失敗しましたけど。




異世界食堂通貨.JPG
異世界食堂では、大体こちらの一万円が銀貨十枚の交換レートになっていました。店主が独断で設定した交換比率の様でしたが、ヒロインの態度から察するに、貨幣購買力は日本円の方が高い、と言うよりむしろ物価水準が異世界より日本の方がはるかに高い様です。同じ労働をしても、異世界で働くより日本で働いた方が、より多く稼ぐことができます。なので彼女は異世界に戻らず、日本でウェイトレスとして正規雇用されて毎日働けば、異世界に戻った時に大金持ちになれます。

ですが、異世界は魔法が存在する世界なので、魔族である彼女が生きるためには恐らく、魔力の源泉であるマナを大地から補給し続ける必要があるのだと思います。なので、どんなに稼ぎが良くても、ずっと日本にいられるわけではないと考えられます。

マナはファンタジー世界によく出て来るギミックです。物語の中で誰かが「魔力の源」とか言った時は、名前や性質の違いは若干あれど、大抵これを指します。火浦功によれば、マナが最も多く含有されている鉱物は、不思議な事に隕石だそうです。その後にダイヤモンド、プラチナ、金、銀と続き、一番下がコンクリートとなっています。関西生コン殺人犯ウジ元キヨミはまだ生きているみたいですが、資産は凍結されたんでしょうか。パレルモ条約は批准しましたよね。


イゼッタは魔力の供給を、レイラインから都度受けて魔法を使っていました。レイラインと言うのは魔力の地脈みたいなもので、そこにはやはりマナが流れているのだと推察できます。常に魔力を補給しながら箒で飛行するイゼッタは、レイラインの上を離れた途端に、魔力の供給を失って墜落します。

なら、イゼッタが墜落しないで飛ぶためには、ダイヤとか金塊を背負って飛べばいいと言う事でしょうか。アンチマテリアルライフルにハンドルと引き金と座席を付けて、リュックに金の延べ棒を50kgくらい入れておけば、失速と墜落は免れます。でも主人公の魔女っ娘おっぱいちゃんが「金、金……ウヘヘ」と、上坂さんみたいな事やってたら、ヒロイン降格だと思います。


イギリスの伝承によると、レイラインの最も強力な交差点はグラストンベリーです。アーサー王こと川澄セイバーさんの墓がある場所で、夏フェスもやっています。イギリス人ってファンタジーとか幽霊とか好きですよね。あの無神経親父のコナン・ドイルが、二度撮りしただけの妖精のウソ写真を本物と信じて大事に持ってたそうですし。割とアホですブリカス。

妖精写真と言う、同じイギリスの小説で、妖精の世界には貨幣は無いと主人公のオッサンが言ってました。だから服屋も無いので、妖精が服を着てるなんてあり得ない、妖精の写真は偽物だ、と言う訳です。
異世界食堂の妖精界でも貨幣経済は存在していませんでしたが、社会構造は成立していました。異世界食堂こと猫屋の代金を、妖精達は金属貨幣ではなく、希少な植物の実で払っていました。

猫屋の主人は、受け取った異世界の貨幣をそのまま持っていてもどうしようもないので、それらで異世界の食材を買っていました。異世界人向けの料理を作るためとの事でしたが、儲けの方が余りある様に思えます。何か他の物を買うんでしょうか。まさかサキュバス街に。



ファンタジー世界だけでなく、SFにもやはりキンが登場します。キンは一番分かり易いカネのイメージです。中世魔法世界でも未来科学世界でも、カネと言えばキン。もちろん、金塊や金貨が登場するからと言って、必ずしもその世界が金本位制と言う訳ではありませんが、未来世界を描く数々のSFに金本位制を想わせる描写が多く登場する事は、我々の貨幣観が原始的で進歩していない事を端的に表している様に思えます。

キン ボトムズ3.JPG
ボトムズには金貨がありました。ギルガメス星系の主星メルキアの貨幣ですが、ゴウトの「紙のカネは信用できねえ」の口ぶりから、他の星でも使えそうです。

キン ボトムズ1.JPG
第一話で金塊を強奪しに行く主役メカ。誰でも乗れる使い捨て量産ロボだからこその演出です。それにしてもバカデカい金塊。アレを持ち上げようとしたら、シャッコでも腰いわすでしょう。

キン ガンダム.JPG
ガンダムにも登場しました。シャアが、再会するもすぐ別れた妹ちゃんに、トランク一杯の金塊を届けています。でも「地球に降りられるだけの金塊」がトランク一杯って、多過ぎるのでは。宇宙船でも買えと言う事でしょうか。セイラさんもあのトランクは持てないと思います。ホワイトベースはあの金塊を積んだままア・バオア・クーで沈みましたから、探せば出て来る筈です。

ボトムズでは貨幣の形をしていましたが、ガンダム世界に於ける金貨の存在は不明です。これらSFに登場するキンは単に、貴金属としての価値を高く評価されて取引されているだけと考えるのが妥当だと思います。ロボットだの宇宙船だの異星人だの言う世界に於いて、国家や惑星の経済規模が、保有するキンの総量に制限されるとは考えにくいからです。

架空世界に於いて貨幣として登場させ易い金属は金銀銅ですが、他の鉱物では宝石類になります。硬く透明な宝石は見た目にも美しく、また魔術にも使われる事が多いので、デザイン的に装飾が重要になる、派手な衣装や魔法が登場する世界とは親和性が高い訳です。

バブル時代の日本が舞台でしたが、ゴーストスイーパー美神では、宝石がそのまま霊的な武器になっていました。装飾品として身に着けた高価な宝石に霊力を封じ込めてあり、爆弾の様に投げ付けて使っていました。なので美神さんはカネカネカネカネ言います。でも職業柄は別として、元から相当な貨幣愛好家みたいでした。

スターウォーズでもカネの話はありますが、貨幣その物は画面に映りません。何の配慮か、通貨単位も不明です。共和国通貨とか、クレジットとか、現金とか、そんな言葉だけが出て来ます。小説やアニメ等のスピンオフ作品には登場するのかも知れませんが、映画しか見ていません私。それも六作目まで。六作目第三話には、銀河銀行グループ、インターギャラクティック・バンククランと言う連中がいて、ユダヤ人のオマージュになっています。ジェダイの攻撃に会って船が轟沈してました。皆キライみたいです。





かつて、世界各国が金本位制を採っていました。欧州大戦こと第一次世界大戦が勃発し、各国に多額の軍事費調達の必要が発生しました。各参戦国は保有する金の量を超える通貨を発行してはならない金本位制を維持できなくなったため、相次いで金本位制を離脱、管理通貨性に移行しました。但しそれは一時的な措置で、戦争が終わると再び金本位制に復帰して行きました。

日本は関東大震災などで、金本位制への復帰が遅れていました。時の蔵相、井上準之助は関東大震災後の経済混乱を解決した人物で、西園寺公望公から信頼されていました。その後の大恐慌で、世界はまた金本位制から離脱して金輸出禁止の方向に向かおうとしていましたが、井上はその中で、日本の金本位制復帰を断行しました。それも悪い事に、旧平価(円高)でです。

金輸出禁止時と比べて経済状況が大きく変わっていたので、旧平価で復帰するには為替レートを円高にしなければならなかったのです。しかし井上準之助は旧平価での復帰に拘り、その為に緊縮財政、流通通貨の削減など「痛みを伴う」デフレ化政策を実施しました。
不良債権企業は倒産させて優良企業に統合し、失業者はそこで雇用し、高い生産力を持つ企業だけを成長させて日本経済を再建するのが、嵐の前に雨戸を開け放った井上準之助の目標でした。当然、日本は大デフレになりました。

「厳しい状況を耐え抜けば、日本経済は力強く成長する」と、清算主義の様に本気で信じていたフシがあります。そうまでして井上が金本位制に復帰したがったのは、金本位制に戻っていないのが先進国では日本だけだった事への焦りがあったと言われます。当時は金本位制でなければ一流国として認められないアホな世界でした。格好付ける為だけに「痛みを伴う」政策で致命傷を負った昭和初期の日本は、まるで「身を切る改革」なんて勇ましい言葉に脊髄反射で飛び付いて不幸になる維新支持者の様です。

昭和の始め、世界恐慌の中で金本位制に復帰した日本は壮絶なデフレに襲われました。世界中がデフレなのにデフレ化政策を取ったのだから当然です。世界中が金本位制から離脱しようとしている時に「金本位制に復帰できていないのは日本だけだ」とか、「二流国扱いされたくない、一等国の肩書きが欲しい」とか、名誉や称号と言った見栄に拘った結果、国中を不幸にし、国民を大量に自殺させた有様は、都にはなれない都構想で大阪を破壊し、日本を消滅させようとしている悪意に満ちた維新の欺瞞が、故意か偶然かは問わず、図らずも酷似します。

そのデフレから世界最速で日本を脱出させたのが高橋是清です。就任直後に金輸出を再禁止。ケインズの一般理論の出版よりも早く、ケインズ的政策を実施して、日本をインフレ基調に回復させました。具体的には国債発行と日銀引き受けです。回復後は、これ以上の国債発行はオーバーインフレになるので、日銀が保有している国債を民間銀行に買い取らせて現金を回収し、景気の過熱を抑制しました。自然、軍事費も縮小したので、軍に睨まれて2.26で暗殺されました。

日銀は、西南戦争後のインフレを抑制するために設立された、インフレ抑制デフレ化政策のための組織と言う事です。そして組織発足の理念が今もその時のままだそうです。デフレは想定しておらず、設立当時のままで何も変わっていないのだとか。インフレ恐怖症のデフレ礼賛は、好い加減、終わりにする時です。


清算主義
自然淘汰の事。大恐慌時の財務長官アンドリュー・メロンが、徹底的な政府支出削減を断行して、生産性の低い企業や都市農村の労働弱者を切り捨てた結果、失業率が25%に跳ね上がり、GDPは半減、大恐慌を招いた。
淘汰で残った生産性の高い企業が供給を増やすかどうかは、その時の経済状況に依存する。カネを持って来る客がいないなら、商品は作れない。しかし弱者淘汰による需要供給の縮小の方は確実なので、客の数と客が持ってくるカネの量が必ず減る以上、この手段では経済は悪化する。













今年の夏休みは中止ですよね。夏休み二年分くらい休校してましたから。休ませた分はちゃんと勉強させましょう。税金使って全ての小中学校にエアコンを完備したのに、こんな時こそ最大限有効活用しないでいつ使うんですか。国民の教育を放棄して、税金で空調完備した学校の教室でガクドー保育ですか?

校舎エアコン完備の手柄は維新ではなく平松市長の物ですけど、大阪の学力テスト全国最下位の汚名記録は維新の責任です。維新は今こそ大阪のガキどもの学力を底上げする絶好の好機です、と言っても絶対やらないでしょうね、維新どもは。維新は支持母体が解同なので反社ですから、都構想の様に日本を破壊する工作だけを徹底的にやります。日本人のカネで。

結局の所、維新に教育を破壊された責任は、維新に投票した有権者と、何処にも投票しなかった事で維新に大阪の政治を献上した有権者にあります。なので、維新に反対の意を投票と言う形で表明しなかった皆さんは、テメーのガキが受験に間に合わなくて進学失敗して家庭崩壊しても、決して文句言わないで下さい。一家で首吊る事になっても、それで御希望通りなんですから。

勉強しろガキども、維新に潰されてユトリやダンカイみたいになりたくなければな。
























posted by 跡間シノブ at 18:07| Comment(0) | エリア88その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

X-29 1

実戦配備されなかった米国の実験機ですが、エリア88の後半に主役機として実戦投入されます。

CIMG8743.JPG
エースコンバット2にも登場しています。

機体を設計したのはDARPAです。米軍の兵器開発を一手に行っている軍事研究機関で、戦闘機だけでなく、ロボットとか、パワードスーツとか、光学迷彩とか、脳波操縦装置とか、コンピュータウィルスとかも扱っており、物理ウィルスも作っていると聞いています。

なので武漢ウィルスもDARPAが作ったのではないかと疑っていました。タイミングが良過ぎたし、中国製にしては殺傷能力が高すぎるし、発生源がグローバリストの根城になっていた武漢だしと、色々条件が揃ってもいましたし。でも日本人を狙った仕様と、にも拘らず日本人を殆ど殺せないダメさ加減と、その上での大自爆と、キンピラどもの慌てっぷりから、やっぱり欠陥中国製兵器だと考えを改めました。

キンピラはアホですから無理矢理終息宣言を出しましたが、武漢を解放したことでウィルスは支那全土に蔓延し、何百万頭と死んでいるのが実情の様です。その上さらに滅茶苦茶な荒唐無稽グラフを出して、世界中を失笑の渦に放り込みました。あの新規感染者がいきなり0になって水平線を描くバカグラフは、いかにも統計を学んでいない弩素人が作ったダメフェイクの典型です。

収束に向かう局面では、グラフは増減を繰り返しながらゆっくりと平均的に減少のカーブを描く物だと言う事くらい、小学生でも直感できる事です。それがある点を境にいきなり直線て。武漢は最閉鎖、哈爾濱も閉鎖され、第二派が来るの何のと泣き言を啼き始める始末。そもそも第二派なんてのがウソで、中国はいまだ最初の混乱を続行中と考えるのが妥当です。

令和二年春期のアニメは再放送が相次いでいます。新作を放送する筈の枠がギリギリまで放送内容が決まらず、結局過去作の寄せ集めになったり、新作が始まったと思ったら三話で終了して別の過去作の再放送に切り替わったりと、かなり不様に醜態を晒しています。

とうとうガンダムまで放送中断になりました。今世紀に入ってからの殆どのアニメ作品の製作に支那奴隷が使われており、しかもスケジュールはどの現場でも常に放送ギリギリなので、今このタイミングで新作アニメが放送されないと言う事は、タイムラグ無しでまさに今、中国の各都市がウィルスの毒壷と化したままである事を明確に示しています。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/474412102.html

今日、支那全人代が二か月遅れで開幕しました。あれで隠せてる気になってるみたいなのが見ていて痛々しいですが、キンピラが幾ら嘘ついても、シナで奴隷が仕上げ作業を行うアニメが放送されない以上、中国の状況は全く好転していないのです。今後は日本のアニメ製作から中国を排除する必要があります。この期に及んでまだ支那奴隷をアテにしている様では、新作は作れません。南鮮に次いで世界で二番目に不潔な支那がウィルスを撲滅するなんて、到底不可能です。

この先、支那本土で武漢ウィルスが死滅するとしたら、その時は既に時間が経ち過ぎていて、国家としての体と機能を喪失し、何も生産出来ないただの荒れ地となった廃墟に、食料を奪い合うただの食人鬼に成り果ててミュータントと化したチンクが蠢く、世界から見捨てられた文明のサイハテみたいになっている事でしょう。だったらいいな。

現在の中国の状況は、畏れ多くも今上陛下の即位と同時に、二階やK団連がコクヒンコクヒンと鳴き始めた直後に始まっています。そしてその後の中国は各都市の封鎖などが示す通り、ウィルスの蔓延を全く沈静化できていません。それでも二階はクソ中国に御礼を言いたいだとか、K団連は糞シナはV字回復するとか、脳に悪性の腫瘍でも出来たのではないかと疑わざるを得ない、異常なタワゴトを繰り返しています。

こーれかーらにかっいーをっ
にかいとっしーひっろっをっ
なっぐりっにーいっこうっかー(チャゲ & 飛島)

中国は回復しません。虐殺ネイションの棟梁が、畏れ多くも我が国の陛下を利用しようなどと大それた犯罪を口にしたのだから当然です。我々下々には想像も付かない程の強運の持ち主であらせられる今上陛下の御尊顔に、泥を塗ろうとし腐りやがった身の程知らずがタダで済む訳がないのです。キンピラの罪は結局、統治機構丸ごと消滅と言う形を伴い、命で償う事になりました。それは決まったんです。二階どもが汚いカネで支那に陛下を売ろうとしたその時に。

もう十年になりますか、尖閣事件以来、何とかして中国をぶっ潰そうと考えて色々やってきました。最初は御堂筋デモでした。それから何度も支那崩壊が噂され、その度に落胆させられて来ましたが、今回ばかりは世界中が中国の敵です。各国はそれぞれ自国の状況が回復し次第、中国にあらゆる形で報復攻撃を開始するでしょう。その準備は整いつつあります。支那はもう逃げられません。誰も助けません。自力で回復させる事も不可能です。10年かかりましたが、こんな形で決着が付く事になるとは思いませんでした。

二階が不審死しない限り、或いは二階以下売国ジジィ共がキンピラ国賓をホザき続ける限り、現在の中国のウィルス蔓延状況は維持されるか、更に悪化して維持されます。シナは維新が居座る大阪の如く、停滞し続けるか衰退するかです。二階がキンピラ国賓と鳴き続けている以上、中国の快癒はありません。キンピラが陛下に謁見を許される日は永遠に来ないのです。








インフレ

2017年に変質狂学者や野党の反対を押し切ってアビガンの備蓄を決めた安倍総理は、世界の救世主と言っても過言ではありません。今上陛下は勿論ですが、安倍総理もかなり持ってます。ウチの元首と政治責任者に付いて行けば、トランプも再選安泰です。よく当たる占い師さんも言ってましたが、現状を見れば納得行きます。最近カスゴミがよく使うヘンな日本語、「実感力」とか言う奴です。

それでもまだ今「政府は何もしていない」なんて言う人は、相当に頭が弱い人です。心も弱い人です。いつもTVに騙されて他者を妬み、僻んでばかりいるのでしょう、維新支持者みたいに。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/474970209.html

そのアビガンが五月中に承認との事でしたが、自民党はそこでもやはり、何時もの様に公明党と取引した様です。政府がよりによってパチンコの自粛要請を解除しましたから。アレどうせ、パチンコ屋の現場のチョン共がパチンコ議員に泣き付いたんですよ。万能薬とも言える決戦兵器を、ずるずる引き延ばさせられながら承認させるだけでも、総理は敵どもと相当に取引しなければならない。その敵はまさに今、在日シナチョンの捨てゴマを使った決死のネット情報工作、欺瞞作戦を展開中です。

「死にかけてるけど、副作用が危険だからアビガンは使うべきではない」
「デフレだけど、消費税は主要財源になってるから廃止すべきではない」

アビガンをディスってる連中と消費税大好きっ子さんは、ほぼ同じ思考回路です。種別としては敵のスパイか、売国奴か、ただのアホかですが、敵味方の区別は特にありません。思考と行動のパターンがそっくりであると言うだけの事です。そんな連中による、武漢ウィルス終息後の政策についても色々伝わって来ています。財務省のイヌ麻生なんて、そりゃまあ酷い物です。
『麻生太郎財務相は13日の衆院決算行政監視委員会で、2025年度に基礎的財政収支(PB)を黒字化する政府の財政健全化目標について「放棄することはない」と語った。野党共同会派の松原仁氏への答弁。』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00000018-jij-pol

EU各国は3月に、「財政赤字を国内総生産(GDP)比で3%以下に抑える」と言う規律の凍結を決定しました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57162170U0A320C2FF1000/
武漢ウィルス攻撃を受けている現状、「国の借金を増やすのはダメ」と言って何もしなければ、国民が死んで国が滅びます。EU各国は国民をウィルス攻撃による貧困死から守る為に、財政規律を度外視した徹底的な国民経済支援を実行すると決めた訳です。有事に平時の財政規律を守る為政者はバカです。単純に財政規律を守るか国民を守るかの二択な訳ですが、麻生はバカです。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/401286011.html

基礎的財政収支プライマリーバランス(PB)とは、政府は黒字でなければならないから税収の範囲でしかおカネを使わない、と言う意味です。一見正しそうに聞こえますが、資本主義世界に於いては、誰かの黒字は誰かの赤字です。これは何人たりとも逆らう事ができない絶対の掟です。義務教育で習うエネルギー保存則や、禅問答の「命あるものは必ず滅ぶ。形あるものは必ず砕ける」と同じです。表があれば裏がある、光があれば影がある、政府が黒字になれば国民が赤字になるのです。これはある種の命題です。つまり、財政健全化目標は国民赤字化目標なのです。

従って、アホの麻生が「財政健全化目標を死んでも捨てない」と言ったのは、「俺の目が青くならないうちは絶対に国民を赤字にし続ける」と言った事になります。「国民の命より政府の財布じゃ。国民が死んだ所で知るかボケ」と国会のど真ん中で叫んだ訳です。アホな本人が気付いているかいないかは知りません。

麻生と財務省が「PBを死守する」と言っているのは「国の借金が増えると政府が破綻する」が、唯一の理由の様です。しかしその財務省は「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルト(破綻)は無い」と、公文書で断定しています。と言う事は、つまり嘘なんです。
https://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm
麻生は、財務官僚の嘘を真に受けて「絶対に国民を黒字にはしない」と言っている訳です。

給付金の十万円だって、本来は百万円ずつくらいばら撒くべきです。やれば一発で景気回復します。誰だっていっぺんに百万貰ったら使うでしょう、どんなケチでも一寸くらい。「インフレになる」? はい。インフレにして欲しいんです。デフレが続いているせいで我が国では自殺者がいまだ毎年二万人以上出ているんですから。武漢ウィルスによる死者数なんて、自殺者数に比べれば屁でもないんですよ。今はもうアビガンだって他の薬だってあるんだし。とっととインフレにしろっつってんですよ。たかが百兆円ぽっちでハイパーインフレになんかなるかっての。

今このご時勢に於いて、この期に及んで、まだインフレ恐怖症の死に損ない痴呆老害クソジジイどもが政財界に居座って、日本をデフレのズンドコに叩き落したままにしやがっています。連中からはどうにも「絶対にインフレにさせないぞ」と言う、狂気じみた死に者狂いの怨念を感じますが、そもそも間違いなのが爆笑です。新喜劇なら舞台上の全員が一斉にひっくり返る所です。

兎に角もうどうにも「インフレは絶対ダメ」と思い込んでしまって軌道修正ができなくなっている死に損ない痴呆老人達には、「血圧は高過ぎてもダメだけど、低過ぎても脳梗塞とか脳血栓とかで死ぬでしょおじいちゃん」とか言って説明してあげれば、余程手遅れの終末医療要介護老人でない限り理解できると思います。

或いは「塩分は控えないと体に悪いけど、全然摂らなくても体壊すでしょおじいちゃん」でしょうか。それとも「お酒は飲み過ぎると寿命が縮まるけど、適度に嗜めば長生きできるでしょおじいちゃん」とか。つまり「過ぎたるは及ばざるが如し」ですが、こんな風に具体的に言わないと死にかけの頭には入りません。






資本主義に於いては物価は緩やかに上昇するのが健全な経済であり、それをインフレと呼ぶのだと言う事を知らない人々の間違いは、物語の中でもよく描かれます。

AREA88_1873-2.jpg
最新鋭機X-29を見た場面です。セラは「インフレは不景気である」つまり「物価は上がらない方が良い」と思っている様です。作者がどうかは分かりません、セラが台詞の中でそう言ったと言うだけです。要らん事言うと、カナードとは先尾翼の事です。主翼が前進翼でも後退翼でも、先尾翼があればカナード機です。エリア88連載と同時代の共産党全盛期、70年代から80年代にかけての他の漫画ではこうです。

インフレの誤解-2.jpg
野比家夫妻は、値上げは絶対ダメだ、価格を低く出来ないのは企業努力が足りないせいだ、物価は安い方が良いんだ、安く売ってる店こそが適正価格で売ってる良心店だ、物価は下げなければならないんだ〜!!と、素直に考えている様です。庶民感覚としてはこうでしょう、特に主婦は。なので国民の大半が今でも、この昭和40年頃の夫婦と同じ考えだと思います。諸悪の根源はこれかも知れません。つまり国民の不勉強。

昭和40年代の物価高と物資不足.jpg
資材不足と言うのは、70年代初頭の事の様です。世界的な好景気によって起こった現象の様ですが、その後すぐに石油危機が来ます。ハカイダーも物価が高くなるのは悪い事だと思っている様です、ロボットの癖に。資材不足はそうとしても、物価関係ないやん、カネ払わんやろオマエ。ロボットは労働しないから賃金が上がる事は考えてないとか、そう言う事ですか。でもロボットの語源はチェコ語のROBOTA、奉仕とか労働の筈ですけど。何なん? ハカイダー。

どうも皆さん「インフレは物価高で庶民の敵である」と単純に思っている節があります。「値段が高い事は物を買えないから悪」と。殆どの日本人がそう思っていたんじゃないでしょうか。恐らく今でも。この手の場面は、探せば多分他にも色々出て来ると思います。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/436951217.html
公定歩合(利子率)の引き上げは本来、景気が良過ぎる時に引き締めの為に行う経済政策です。


インフレで不景気な時代の典型は、終戦直後のハイパーインフレ等です。終戦直後を経験した人を親に持つ世代辺りは「インフレは不景気」と親に刷り込まれたかもしれません。野比家もその世代でしょうか。物語世界では年も取らずに随分長生きです。でも本当は中学で習っている筈なんです、緩やかなインフレこそが好景気だと言う事を。日本国民ならば、一度は必ず義務教育の授業で履修しています。授業内容に一応、入ってるだけは入ってる筈ですから。

身近な交友関係の事しかアタマに無くて授業なんかまるで聞いていなかったか、授業中は毎日保健室で寝てたか、不登校で学校に行ってもいなかったか、或いはゆとりゆとりでそもそも授業すらなかったか。理由はどうでも、勉強しなかったクズの事情なんか知ったこっちゃありません。学生時代に勉強しなかったのなら今やって下さい。時間が無い? 馬鹿野郎、時間は一日二十四時間、万人に平等に与えられてんだよ。

大阪の教育は維新が完全に破壊しました。維新が大阪の教育を立て直す未来は来ません。あいつらは都構想で大阪を壊す事しか考えていませんし、現にそれしかやってません。どけ維新、と維新支持者。一応言っときますが、大阪が消滅したら日本が滅亡しますんで。経済規模を生物の体に例えて言うなら、体の半分近くを失って生きていられる大型動物は、この世界にはいません。ゴキブリは首をもがれても一週間生き続け、やがて死にますが、その死因は餓死だそうです。化け物か。でも日本はゴキブリとは違うんです。

マヌケにも維新なんかを自分達の地方政権に居座らせて、そのせいで学力テストが全国最下位に転落して、そのまま学力全国最下位を絶賛続行中のアホな大阪府市民は、勉強したけりゃ自力でやって下さい。アホだからアホのままで良い、維新にカネを盗まれ続けても悔しくない、カネも命も維新サマにあげると言うのなら、付ける薬は無いので、今後維新に投票して日本に迷惑をかける事の無い様に、誰も見ていない所で一人で黙って首吊って下さい。

ファンを完全に馬鹿にする発言をして罰が当たって声が出なくなった守銭奴が作った歌の中に、「どんなに不景気だって恋はインフレーション」と言う文句がありました。そいつは自分にカネをくれる人に対して、よくもまあそんな傲慢な態度を取れたもんだなと言わざるを得ない程の、腐った性根と生来の悪辣さが滲み出た無神経極まる侮辱発言をSNSに書き込んで、見事に罰が当たったバカ野郎ですが、それでも商売人だけあって、インフレに関しては正しく理解していた様です。好景気とはインフレの事です。アレも大阪人でしたか。まあどうでも良いです。

池波正太郎の剣客商売では、小兵衛さんが少しだけ経済について語っていました。お年頃になっても剣術に明け暮れるオトコマサリーな美冬さんの、剣術への熱意を萎えさせようとした父、田沼意次から無理矢理千両箱を渡され、持て余して考えあぐねた美冬さんが、どうにでもしてくれと小兵衛宅へ持ち込みました。すると小兵衛さんは、丁度自宅を狙って下見に来ていた、人の善さそうな泥棒に気付いて、その泥棒にでもくれてやるかと言います。

息子の大治郎は堅物なので仰天しますが、小兵衛さんはしれっと、千両が市中に出回れば商いが千両分だけ盛んになる、商いが盛んになればそれだけ飯を食える者が増える、と言います。カネと言うのは生き物の様な物なのだそうだ、とも。小兵衛さんもインフレに関して結構正しく認識していました。その千両はもちろん小判でした。

しかし、田沼が妾腹の美冬さんに渡した千両は個人のカネではありません。税金です。幾ら幕府の台所を預かる身でも、手を付けていいカネでは無い筈です。国の財政を預かる重責を負う立場なれば、ある程度の贅沢は保障されますが、千両もの大金、業務上横領の罪を免れないのでは?













こんなブログを書いていると特に思うんですが、ネットで芸能人のツラ見たくないんですよね。
他の人がどうかは知りませんが、身の程弁えず態度がデカい、幸せ気取って大物振るテレビ芸者も芸人も見たくないから、そんな連中だらけのTVを無視してネットに繋ぐんです。

最近YOUTUBEに、テレビで仕事が無くなったクズ芸人が喋ってる動画があります。政治や経済を扱って利口ぶる痛々しさに、こっちが恥ずかしくなります。しかも他人の著作の内容をただ喋るだけで、元芸人の癖に一度も笑わせてくれない。テレビの仕事が無くなった理由も分かります。テレビで面白くなかった芸人は、ネットでもやっぱり面白くないです。やかましくて苛々するだけで。なのになぜか再生数が回っていたりします。

「自尊心自尊心、チョチョンチョンチョンチョチョンチョン、ニダー!!」
とかやってた頃のTV番組を見ていた、当時ナイーブな小学生だった人達が見ているみたいです。
芸能人の中には、ネットでデマをばら撒いて我が国に害を為すのまで居やがってマジギレます。最新では、種苗法改正をデマでポシャらせやがった皺崎コウとか言う婆。テレビに帰れテメー。

YOUTUBEには芸能人だけでなく犯罪者、都構想の喧伝に加担していたゼンカモンなんかも動画をアップロードしていますけど、本当に面白いですか? ああ言う連中の動画。見てる人達に訊きたいです。知ってる顔が映って音が出て、勝手に喋ってくれるから回すだけなんじゃないですか。文字読まなくていいし。
















posted by 跡間シノブ at 17:09| Comment(0) | エリア88その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

歪んだ規矩(かね)

経済はマインドなので、マインドの悪化は各乗数の低下となります。緊急事態宣言を批判する声もありますが、国民の大半が武漢ウィルスにビビっていた宣言前の状態のままだったら、いつまでも増え続ける感染者数に国民は震え上がり、誰も店に足を運ばなくなって、日本は早晩、小売業界から壊滅して行ったでしょう。

緊急事態宣言からほぼ二週間後の四月十六日に、日の新規感染者数が頭を打ち、以降小規模な増減を繰り返しながら下降曲線を描いています。日本の状況は宣言が出された事で確実に収束に向かったと言えます。何より重要なのは、その実際の様子が目に見えるグラフに現れた事です。数字を出して図にして示す事で、恐怖に陥って判断力を失った人々に安心感を与えられれば、国民は正常な判断ができる様になります。

外国が日本を称賛なう
原題:Tokyo Mortality Data Shows No Jump in Deaths During Pandemic (1)(抜粋)
[ブルームバーグ 2020.5.14]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-23931475-bloom_st-bus_all

日本の感染状況が収束に向かったのは、国民の努力が大きいとは思いますが、80%の接触削減が成功したからです。「実行再生数が約2のウイルスは、80%削減すると0.4へ低下し、平均6日で半減する。計算上、30日で感染者が30分の1になる」との事です。それこそ計算の詳細はウチの様な駄ブログには分かりかねますが、これは計算通り、作戦通りと言えると思います。


今次武漢ウィルス戦争の勝利条件は色々あります。シナチョンの死滅や在日シナチョンの駆除等は、喫緊で達成可能な目標ではないので除外します。現実的に考えれば、最重要項目は日本人が死なない事です。何十万人感染しようとも日本人が「死ななければ」、少なくともウィルス戦には大勝利となります。

実際には数百名が犠牲となりましたが、半分は日本に寄生中の中国人ですし、日本人の犠牲者の八割方が高齢者ですので、武漢ウィルスの直接の犠牲者は数十名と言う事になります。一方、米国での死者は八万五千人を越えました。糞チンクどもの目論見に反して、武漢ウイルスは日本人を殆ど殺せないのです。

死なない病気で感染するのしないの言うだけ無駄です。治るんですから。これが致死率80%の死の病だとしたら、感染防止に全力を挙げます、感染阻止のためになら死ねます。ですが、治る病気相手に、新規感染者数がどうのクラスターがどうの、またどこぞの機関が出した感染防止のための新生活提案などは、最初から戦い方を間違えてるんです。

みだりに感染者数を増やす必要は全くありませんが、感染しない事にリソースの大半を費やす作戦は、今次武漢ウィルス戦争に於いては、少なくとも我が国では、間違っていると言わざるを得ません。感染しても死なないなら働けます。高齢者の感染にだけ気を付けていればいいんです。外人は知らん。

先日、二十代の力士が殺害されました。無念ではありますが、医療も完璧ではないと言う事です。ましてこれは戦争です。戦いに絶対の保証はありません。どんな強者でも負ける事はあります。それは腕や実力とは別の理です。戦う以上は負ければ死ぬ、しかも一方的に仕掛けられた戦いだから避けられない、それだけの事です。

今次ウィルス戦に於ける日本の敵は、免疫系を攻撃するせいで社会が集団免疫を得られないと言う、相当に厄介な生物兵器です。
https://twitter.com/tv_asahi_news/status/1261082008710598656?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1261082008710598656&ref_url=https%3A%2F%2Fhosyusokuhou.jp%2Farchives%2F48878291.html
しかし、支那が撒いたこの武漢ウィルスは、日本人を狙った筈だったのに日本人だけを殆ど殺せないパチモン兵器だったと言う事実を、死者数のデータが示しています。むしろ武漢ウィルスは白人キラー、並びにチャンコロ自爆ウィルスに仕上がっています。

もう終わりやねw.JPG

日本人は感染率も死亡率も極端に低い事が判明し、安倍総理の先見で治療薬を割と早々に手配できました。更に政府の時間稼ぎ作戦が成功して、結果、医療態勢が整うスピードが状況に追い付いた時点で日本は勝ちました。国民が感染しても回復させられる訳ですから。死ななければ勝ちなんです、特に今回の対武漢ウィルス本土防衛戦は。

様々な情報を総合すると、日本は新規感染者を0にする必要など無い訳です。武漢ウィルスが蔓延した状況にあっても、従来の日常生活を維持できます。高齢者の感染にだけ細心の注意を払っていればいいのです。まあ、無駄に元気で始末に負えない程アホなジジハバは多いですけど。



今、政府の取って来た対武漢ウィルス作戦に文句言う人が結構います。緊急事態宣言なんか無駄だ、緊急事態宣言が遅い、日本よりはるかに死んでる外国を見習え、休校措置がどこよりも早かった政府は後手後手だ、東南アジアでも蔓延してるけど日本で収束し始めているのは気温が一寸上がったからだ、とまあそんな感じで、右も左も憶測と邪推を論拠にして言いたい放題に。

むしろ、財務省のイヌ麻生とか、維新公明のフン菅とか、ロクデナシ売国奴だらけの政府与党をまとめながら、総理はよくやった方だと思いますよ。もし政権が民主党とか維新とかだったら、今頃は日本人の感染者数百万人、死者数十万人、経済窒息、中国が尖閣沖縄占領、大阪にチョンの特区設立、くらいになってたでしょうよ。

総理の失点は、二階や財務次官を不審死させなかった事を除けば、緊急事態宣言に際して明確な目標を掲げなかった事です。「新規感染者が0にならないと収束とは言えない、0だ0」なんてのは論外としても、作戦を始める時点で明確な目標を立てなかった以上、状況終了の条件を後からどう出しても、必ず誰かがケチを付けます。

「新型コロナウィルスに打ち勝つ」なんて、東京で知事やってる妖怪カタカナババアも言ってました。勝つと言うなら、勝利条件は何でしょうか。何がどうなったら誰の勝利なんでしょう。多分あの英語好きババーは考えていないと思います。少なくとも自粛要請を出した時点では何も考えていなかった筈です。出口戦略なんて言葉が後から出てくる事自体がそれを示しています。

日本人がこの武漢ウィルスには殺されにくい事が、まだハッキリしていなかった時点では難しかったとは思いますが、実行の初期段階で勝利条件を明確にしていなかった事が、緊急事態宣言と緊急事態宣言の解除の両方に、無用に批判を浴びる原因になっていると思います。

でも本当の理由はどいつもこいつもただ文句言いたいだけ、その相手が政権与党だと「政府に意見できる自分格好良いー」とか思えるから、その程度じゃないですか。だって与党とか総理とかを悪し様に罵ってる人達って、カスゴミの嘘に乗せられて間違って愚痴るばかりで、成果の方を正しく褒める事がほぼありませんから。

クワイエット・ライオットと言うバンドのボーカルはいつも、自分のバンドが最高、他のバンドはゴミクズ、みんなカス、みたいな事ばかり言っていて、業界に友達が居なくなったそうです。最期はコカインのオーバードーズで、遺体で発見されました。別に。それだけです。

緊急事態宣言と自粛要請については、こんな噂も。
「武漢ウィルスの黒幕はあのヤロー」

















posted by 跡間シノブ at 17:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする