2018年11月25日

燃えろ凱旋門

増税にキレたフランス国民が暴徒と化して、シャンゼリゼ通りが火の海になっています。放水車とか催涙弾とかで賑やかにやってるみたいです。人々はリズムをとって足を踏み鳴らして踊っています。楽しそうな彼らはパリのピープルなので、いわゆるパリピーと言う奴でしょう。
https://www.dailymail.co.uk/news/article-6424117/Paris-riot-police-blast-water-cannon-demonstrators-protesting-Macrons-fuel-tax-rise.html
http://hosyusokuhou.jp/archives/48825981.html
しかし、黄色いジャケットを着たパリ市民が信号をゆすって倒したり、どこかの鎧戸を勝手に外して持って来て、往来の真ん中に積み上げたりしています。でリズムをとって踊っています。自国を良くしなきゃいけないはずなのに、なぜか破壊活動をやっています。

何だかフランス人のメンタルって、朝鮮人によく似てるんじゃないかと思いました。気に入らない事があると群れて暴れて破壊活動、火とか爆発とか大好き、俺達が暴れなきゃいけないのは政府のせいニダと責任転嫁、日本文化を朴ってデッドコピー等々。割と共通点が多い気がします。

皇居上空をローパスしやがったエールフランスに関しては、フランス政府から外交ルートを通じた正式な謝罪も何も無かった様ですが、航空機なんてまだ早かったと言う点は、全国津々浦々の空港で不時着と墜落を繰り返して日本に大迷惑をかけ続けているチョン共と全く同じです。

又韓国人はウンコ大好きトンスル人ですが、朝鮮同様に下水が無かった南蛮では汚物を窓からバケツで捨てていたため、長いドレスの裾をウンコで汚さないためにフランスでハイヒールが作られたなんて話があるくらい、フランス人はウンコに縁があります。人糞酒を呑まないとかウンコ食わないとか、若干の差はあるみたいですが、日本人からすれば大した違いには思えません。

デモとは名ばかりの暴動がパリでも半島でも多発していますが、移民がどうのと言う以前に、フランスなんて元からこんな感じだったと思います。パリには一度行った事がありますが、短い日程の中でも、どこかの地下鉄の駅でテロがありました。それ程の頻度でテロとかテロ未遂とかがある訳です。更にずっと前の70、80年代のパリはテロのデパートなんて呼ばれていました。どれだけ暴力好きなんでしょう白人は。やっぱり南蛮人、所詮は野蛮人です。


その南蛮フランス人ミスター・ゴーンが容疑を否認しています。しかしあれだけの大物、フランス大統領ともつながりがある要人を、本人の自白が無いと有罪に出来ない様な中途半端な状態で逮捕する訳はなく、夏頃から証拠やら何やらを集めて固めて、外堀を完全に埋めた上で、更に各方面に根回しをしている筈です。支持率が25%にまで落ちた洗剤がキーキー喚いた所で、印象がより悪くなるだけでしょう。

どこまでバカにしてやがる南蛮人共めが
https://youtu.be/_gutHUi6yZ8?t=514
当然ですが、フランスのメディアも日米同様に相当腐っていて、日本が悪いニダ陰謀ニダと繰り返しているみたいです。そのうち差別ニダとも言い出しかねない勢いですが、しかし一方ネットでは「日本よくやった」の声が多い様です。

あちらは政・官・財の鉄のトライアングルが猛烈に強くて、政治家や高級官僚が政財界を行ったり来たりは当たり前になっています。洗剤自身もロスチャイルド銀行の重役から財務省へ転進して政界入りしています。司法も同じ穴の狢で、政財界のトップが逮捕なんてまずありません。だからフランスの庶民はゴーン逮捕を歓迎しているのです。カスゴミ以外ではそう見えます。

ゴーンは、フランス政府からの日産のルノー完全統合の要請を最初は拒否していました。それが変節したのは、成金成功者であっても身分的に不可能なベルサイユ宮殿での結婚式が政府主導で許可された事にあると考えられます。日本の皇室や宮家じゃあるまいし、精々五百年程度の歴史しかない蛮族の分際で何を気取ってんのか知りませんが、フランスの上級国民と庶民の格差は、我々が想像する以上に大きい様です。その辺りについても、民衆の不満が相当溜まっていた事が今回の暴動の主要因と言えそうです。

何にせよ、皇居上空を自重300トンの旅客機で超低空飛行するなんて言う戦争行為を仕掛けた蛮族共の国がどうなろうが知ったこっちゃありません。しばらく天罰を味わうが良い。


カルロス・ビーンとミニクーパー.JPG

カルロス・ビーンは6でなし.JPG

カルロス・ビーンはボケテでは大人気.JPG

カルロス・ビーンは消されそう.JPG

カルロス・ビーン容疑者.JPG

ボケテでは大人気のミスター・ゴーンことカルロス・ビーン。























posted by 跡間シノブ at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする