2018年07月21日

ガッキー 7 一万円(税別)ギター卒業

異常な猛暑が続いていますが、教室にエアコンがあるなら夏休みは必要ありません。学童保育なんかやるくらいなら授業して下さい。週休二日に加えて増え続ける一方で減らない祝日と、ただでさえ授業時間が少なくなってるんですから。大阪は学力テスト全国最下位ですし、維新の「改革」とやらのお陰で。そんな成績ならもう少し勉強した方が良いです。空調効いてるんでしょ。

教師も生徒も維新もひきょう組のミイラも、それでもどうしても授業がイヤと言うのなら、せめて将来のある学生の皆さんだけは、折角のまとまった自由時間で、普段では難しい某かを習得するのが有意義です。特に予定がないなら、電気ギターでも練習してはどうでしょうか。
https://guitar-hakase.com/30-days-guitar-challange/
ギター博士の30日間ギターチャレンジ 〜 30 days guitar challange
特にソロのフレーズはタブ譜を読むのも難しいですが、メタルのリフだけでもマスターすれば二学期にはいっぱしのギタリスト、上手く行けば文化祭でバンドデビューです。
ガヴリール第一話.JPG
でも、40日間ネトゲだけしてたいわってんなら止めはしませんので、楽しい長期休暇をどうぞ。



本当にもう何のブログなんだか

捨てにできるジャンクギターを求めて今度こそはと、Mavisの中古に手を出してしまいました。止せばいいのに、よりによってわざわざジャンク。どうせ練習用の捨てゴマだから、使えそうな物の中から一番安いのを選んだ結果です。

多くの国民が安物を選んでいるのは、言うまでもなくデフレだからです。デカい買い物して自慢する芸能人もいますが、当たり前に生きている大半の国民は貧乏暮らしを強いられているんだ。昭和恐慌もデフレでした。猛烈なデフレの中でデフレ促進政策をとった浜口首相は(直接の理由は別でしたが)狙撃されました。他に国民に狙撃された歴代の首相は、ガサラキの無能総理くらいしか思い当たりませんが、デフレ下にデフレ促進政策をとった首相なら安倍総理です。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/437878198.html
高い楽器ほど良い音がする事くらいバカでも分かります。でもデフレではそんな大金使えないんです。そもそも無いし。趣味でやってるだけの音楽人に向かって、良い音が欲しいなら高い楽器を買えみたいな事を言う奴は、もしそれがデフレを激化させた政治家なら射殺されるべきです。

いまだ復旧が滞っている西日本豪雨では150名以上が犠牲になりました。親日各国が義援金を持って来てくれるほどの大参事です。首相も官房長官も、寝言言ってられる状況じゃありません。
リーマンショックを上回る国家的大災害が起きたので、とっとと消費税を廃止して下さい総理。まさか内閣総理大臣たる者が、人命の喪失より株価の下落の方が被害が大きいなんて言いますまいね。


できるだけ愛着の湧かなさそうな物が良かったんですが、弾く気も起きない程ダッサい機体でも駄目な訳で、その辺りが微妙でした。で、たまたま見付けたメイビスの中古が小泉さんのRamenと同じ、メイプル指板仕様のサンバーストだった訳です。一万円(税別)ギターがどう言う物か気になった事は否定しません。頭では分かっていたんです、最低価格帯ギターの実態は。現物を知らなかっただけです。今回それを体で実感する事になりました。好奇心は身を滅ぼす。イギリス野郎の諺にムカつきます、図星で。

一万円(税別)ギターが有効に活用されるケースを考えてみました。

1 続けられるかどうか自信がない初心者の、パワーコード辺りまでだけの超入門機。
2 自力で調整できる中級者以上の玩具、又は激しい練習のための捨てギター。
3 パーツ取り用のドナー。
4 塗装、改造の土台、又は練習台。
5 コスプレアイテム。
6 ステージの床に叩き付けてへし折ったり、火を点けて燃やしたりするパフォーマンス用。
7 不法入国者や違法滞在者の後頭部をブン殴って祖国か地獄へ送り返すための得物。
8 安ギターの音が好きで好きで堪らない一寸アレな人に本来の用途で使われる楽器。

今回は2、無茶な練習で磨り潰す捨てゴマです。くたびれたら大阪から追放します。でも思いがけず4、塗装練習台としても使う事になりました。塗装と言っても、シーラーから塗り直すのではなく、模型用のクリアーカラーを上から吹くだけの、超手抜き塗装です。一万円(税別)ギターのあまりにも雑な造りを直接見て、やる気が最初から不在通知です。

前回分解したパーツを組んで行きます。購入時は弦がベロベロだったせいでベタ漬けだったブリッジも、正しくチューニングすればフローティング状態になりました。ただし、欠品していたアームは追加購入しません。フロイドローズと違って、分解時にも必要ないのです。
外す時にかなり緩めたボディ裏のテンションバネも緩めたままにします。締め切って固定ブリッジにしてもいいかと思いましたが、余計な張力をかける事も無いでしょう。なのでだるんだるんにします。

ネックはほぼストレートでした。流行ってるんでしょうかこの仕様。レンチでトラスロッドを少しだけ右に回して僅かに純反りにします。
弦高調整は両端から順に。1弦と6弦は共に1.3mm位にしました。どうせ安物、ノイズは出る物と考えます。と言うよりノイズ出ません。ここは意外と優秀でした。ちょっと吃驚。
オクターブ調整はこのブリッジならラクです。全てのギターがこんな感じならいいのに。これが終わったらもう一度弦高を調整します。弦長の僅かな変化で張力のバランスも変化して、ブリッジの角度が変わる事で弦高もまた変わるからです。

mavis15.JPG
黄ばんだプラパーツ、中央の平面だけが半艶で、元から大きな色ハゲのあるボディ、再生させたものの、仕上がりは何とも不様です。写真がこれだけしかありませんけど、大体伝わると思います。でもこのくらい駄目なら容赦なくぶっ壊せます。音は全く期待していません。鳴れば良いです。取りあえず弾いてみました。

いかにもストラトっぽいシングルコイルの音がします。ハムノイズもじーじー言ってます。歪ませてコードを弾くと音が潰れます。複数の弦の音が混ざって、一つ一つの構成音を聴き取れない感じです。コードを鳴らしながら高音を弾いたら、自分が何を弾いているのか良く分かりません。単音ですらちゃんと弾けているかどうか聞き取りにくいです。弾いててイライラします。

更に、ボディのどこで鳴っているのか、残響がわんわん唸ります。生音から鳴ってます。これがうるさくて仕方ありません。それらをピックアップが全部拾って、大ノイズ祭り開催です。ストラトのシングルらしい枯れた音と言うよりは割れた音で、要らん音が常時うわーんと鳴り続け、ヘッドホンで聴いているとあーもーうるせえ、すぐイヤになります。で逃げます。

成程、この音では練習しても上手くはならないでしょう。耳が疲れます。ずっと弾いていたい音じゃありません。幾ら期待してない、鳴れば良いと言っても、これではきついです。ここまで酷いか一万円(税別)ギター。せめてリアだけでもピックアップを交換すれば少しはマシになるかも知れませんが、こいつはそう言う事をしてやる様な代物でもないと思います。実際、いきなり交換する初心者はいない筈です。それに、替えてもあのノイズでは。

一万円(税別)ギターの本当の落とし穴はここかも知れません、つまり音がヒドいせいで練習しても上達しない。ある程度弾ける人がオモチャにするなら問題無いでしょうが、まったく音楽の素養が無い初心者が、このクラスのギターから入っても精々パワーコード止まりです。上手くすればコードストロークとアルペジオくらいまでなら習得できるかも知れません。しかしその先は、綺麗に弾けているかどうかを聴き取りにくく、また潰れた音に耳が鍛えられる事もないので、どんなに繰り返し弾いた所で巧くならないと思います。実際一万円(税別)ギターから始めて、その最初の一本でソロまでバリバリ弾ける様になった人を見た事がありません。


失敗だったかなと思っていると、イシバシ楽器の広告動画を見かけました。一万円(税別)ギターでもこのくらいできますよ、と言う宣伝の様です。
https://www.youtube.com/watch?v=enj1F_7UcIs
ウソだと思いますコレ。こんな音出ません。この音は、ペダルもアンプも駆使しまくってビルドアップしてあり、それをメジャーレーベル並みのレコーディングスタジオで録音して、エンジニアもメタリカのドラムを録った人くらい優秀で、その音源に対して更に、原形を留めないゴクドルズレベルの全身整形手術を施してある筈です。ついでにフォトショ修正まで。詰り、一万円(税別)ギターでも(数百万円(税別)の周辺機材とプロ用の録音環境を用意すれば)このくらいできる、と言う事ですこの動画は。

又別のイシバシ楽器の広告動画がありました。こちらはただのセット商品の紹介の様です。
https://www.youtube.com/watch?v=uX7dutSgNK8&feature=youtu.be&t=152
これや、この音や。ウチのメイビスはこの音や。割れ鐘を並べて金槌で殴る様なクリーントーン、日本中の紙を破く様なオーバードライブ、歪み過ぎて潰れてもう何やってんだか分からないディストーション。メイビスのストラトの格好した一万円(税別)の電気ギターはこの音です。ヘッドホンで聴き続けると鼓膜が傷みそうです。

正直弾く気になれません、イヤですこれ。耳痛いし、チューニングすぐ狂うし。憚りながらそこそこ良いギターの音を聴き続けて、且つフロイドローズの便利さに慣れてしまった体にはもう、ジャンクギターの音にもファインチューナーが付いていないトレモロにも戻れないみたいです。

蓋しFENDERやYAMAHAが一万円(税別)ギターを作らない理由は、一万円(税別)でギターは作れないと言う事を知っているからです。フェンダーのボトムは五万円(税別)台です。対してヤマハは流石、もっと頑張って三万円(税別)弱となっています。つまりそれらが「楽器」の価格的な下方限界であり、楽器としての最低価格を下回る一万円(税別)ギターは、もう楽器とは呼べない代物なのです。

ギターとして体裁を保てるギリのラインが一万円(税別)かと思っていましたが、甘かった様です。それらはギターではなく、ギターの形をしたギターの様な何か、つまり模型に過ぎません。そうです、一万円(税別)ギターはギターそのものと言うより、一応音が出る様に作られただけの、ギターの1/1模型なのです。ここまで酷い造りで楽器でござい、なんて通用しません。

そこで思いました、弾きたくならないのならボディで遊んでみようと。本物のギターはメカ部のちょっとした修理くらいしかしたことがありませんが、模型と言う事なら慣れたもんです、幾らでもどうとでもできます。だったらここは一発やってみるか、失敗した模型用ラッカーの再塗装と、派手に欠けてるポリ塗装の修復を。たった今からこいつはギターじゃない、塗装と修復の練習台だ。そもそもギターの形に切られただけの、ただの集成材に過ぎないんだ。




mavis6.jpg
再度分解して作業を再開します。それも、電気系統の改造や大掛かりなペイント等ではなく、傷んだ中古品を本来あるべき姿に戻してやる、いわゆるレストアです。ウチのブログでは絶版キットで年中やってる奴です。止せばいいのにプラモ気分で手を出しました。

課題は三つ、欠けたポリ塗装の修復、ピックガードの漂白、ボディにアクリルシリコンでコーティングしての艶出しです。今回わ〜、この三つを↑、マスターしたいと? 思い、ます!! とかやってみると、タレント気取りの勘違いYOUTUBERみたいで自分にハラ立ちます。

張ったばかりの弦を外します。端を切ったので長さがギリギリになってしまいましたが、取っておいて再利用します。捨てゴマに一々新品なんか張ってやらん。全部バラしたら、ボディに吹いたクリアーレッドを、ティッシュにラッカーシンナーを染み込ませて拭き取りました。本当に簡単に落ちます。このまま弾いていたらアッと言う間にハゲてたでしょう。別にそれでも良かったんですけど。

黄ばんだプラパーツをもう一度漂白します。反日朝鮮企業花王のワイドハイターEXを、血の涙を流す思いで購入しました。先に使ったのはキッチンハイターです。今度は一週間以上待つつもりで行きます。日の当たる所に置いて、蒸発する水分を足しながらの放置です。漂白を待つ間に本体を修正します。

mavis7.jpg
ボディの木が露出しているハゲ目にポリパテを盛ります。ポリパテは元々車の板金用の補修材ですので、これは正しい使い方です。問題はポリ塗装に喰い付くかどうかです。ヒビが入って今にも剥がれそうになっている部分には、ボークスの即着を流し込みました。

余計な所に傷が付かない様にマスキングしてからポリパテを粗削りし、足りない所と気泡が出た所に、再度ポリパテを盛って削ります。2000番まで紙やすりで磨いたら、タミヤコンパウンドで磨きますが、イマイチでした。
試しにピカールを使ってみました。上々です。ピカールはタミヤコンパウンドより研磨力が高く、仕上がりが細かい様です。さすが、餅は餅屋ですか。ポリパテを光沢が出るまで磨いたのは初めてです。模型では大抵、この後のサフ吹きで1000番くらいまで落ちますから。

黒を0.2mmのエアブラシで塗装します。クレオスの黒です。手元にあったからですが、何ですか、ガイアならEXブラックとかあるんですか。全然知りませんでした。近所にガイア置いてないし。やっぱりピカールで磨きます。艶を出すには独特のコツがある様で、カンを掴むまで少々かかりました。三度ほどやり直しています。それでも完全に同じ色と艶にはなりませんが、至近距離まで近付かない限り分からない程度には馴染みました。

気に喰わないボディの黄色にクリアーレッドで赤味を足します。一度失敗して足りなくなったので買いに行きましたが、クレオスのクリアーレッドは色味が変わってました。今のは何かカワイイ赤です。しかも透明度が下がった様な。前の血の様に暗い透明な赤が良かったのに。仕方が無いので色の素のマゼンタを足しました。あったから。

前回みたいなダマを飛ばさない様に、ノズルキャップを外しての作業です。しかしやはり表面はザラザラになります。それもなぜだ、前の半艶よりも艶消しです。乾いてから柔らかい布で軽く軽〜く表面を撫でて、酷いザラを取ります。大抵は固着せずに乗ってるだけなので、布がピンクに染まるくらい落ちます。この表面をコートして、ツヤツヤにする訳です。表面の保護にはアクリルシリコンラッカースプレーを使います。説明によると塗膜が頑丈になるそうです。

mavis8.jpg
失敗した失敗した失敗した私は失敗した失敗した失敗した私は失敗した失敗し

なんか今回、何やっても上手く行かない。折角黒塗装までは何とか格好だけは付いたのに。噴出力の弱さのせいで顔料が乗らずにムカつき、割と近距離で吹いてこのザマです。なんだよコレ。でも離れると本当にミストが乗りません。周辺数十センチが曇ってザラザラになります。だから近付くと、狙った中心点だけがツヤツヤになって、なんだよコレ!!
この作業中の数日は風が猛烈に強かったし。何だかイヤガラセされてる気分です。動画でこの缶スプレーを使ってるのを見て買って来たのに、俺の時は綺麗にならないんだな、ああそうかよ。今度ばかりはやり直しが効きません。やり直すならポリ塗装全剥がしです。誰がやるか。このまま前に進みます。

水研ぎです。表面のザラつきを均すのが先決ですので、コンパウンドほどの艶は期待しません。患部のみを研磨するため、マスキングテープを貼って作業します。ある程度まで来たら全体を磨きます。マスキングテープを剥がすとラッカーの塗膜がベロッと持ってかれました畜生。
ポリパテが露出しました。なんてこった。ポリ塗装をしない以上、塗膜の段差は強引に均すしかありません。ここは絵描きの根性とモデラーの意地で意固地になって乗り越えます。他の失敗部位もヤスります。紙ヤスリでアクリルシリコンの塗膜が剥がれました、あーもう。

ダメ続きで写真を撮るのもイヤんなってます。画像が少ないのはそのせいです。黒を吹いて、また元の状態に近い所まで戻します。でも今度は前ほどには磨きません。どうせアクリルシリコンが埋めちまうと知ったからです。艶が出た時も出なかった時も、塗料の艶はほぼ無関係な事を表面のクリアーレッドで学習しました。そうです、神経質になる必要なんて無かったんです。ホント、バカみたいだろ、笑ってくれよ。

スプレー缶がカラになったので、小さい方を買い足しました。状況は前回と似た様な物でした。真っ先に傷を負った側面を修復する様に吹いたんですが、ミストに勢いが無く、対象の面の前でもわ〜っと雲の様になります。これでは顔料が喰い付かない。なんとか喰い付かせようとして近付くと、ノズルの正面だけが艶になってムラになります。しかしどうにか、出来るだけ広い面積に艶を出します。意地も根性もまだちょっとだけ残ってます。

側面の乾燥を待ったら、正面をもっとツヤツヤにしようと最後にもう一度だけ、もう一度ルミナスを求めて缶の残りを全部使い切るつもりで吹きました。すると一応艶は出たんですが、今度は側面が又ザラザラになりました。回り込んだミストが付着したんです、風の無い日だったのに。
もう一缶買って来ましょうか。いや、同じ事を繰り返すだけです。三本目を買って、最後に側面を吹いたらまた正面が曇った、なんて御免です。取りあえず正面に艶を出す事には成功したので、缶スプレーコーティングの練習はこれで終わり。解散。今日はこの辺にしといたらあ。

ピックガードの漂白は半端に終わりました。日照時間の短さから二週間くらい放置しましたが、漂白し切れませんでした。ワイドハイターEXが触れ込み通りでない事は予想していました。所詮は花王製品です。知ってました。反日朝鮮企業花王は、ダメなんだよ。このあと残りのキッチンハイターも全部混ぜて、更に二週間くらい放置してもいいかと思いましたが、あまりのしつこさに好い加減待ち飽きました。今日はこの辺に

全体が真っ黄色ならまだしも、部分的に白い。こんな事なら最初から何もしなければよかった。反日朝鮮企業花王のゴミ商品なんかアテにしたから、あーもう、反日朝鮮企業花王のクズ製品なんか。これも他の人なら上手く行くんですか。いえ、別に教えてくれなくていいです。聞いたってどうしようもないし。
それでも半分くらいは落ちた様です。でもそれ以上には白くならなかった。もっと漬けておけば真っ白になったかもしれません、夏も終わる頃には。流石に待ってられませんでした。打たれ強いのが長所ですが、気が短いのが短所です。これで終わり? いいえ、モデラーにはモデラーの漂白の仕方があります。


ヤスリがけじゃあ
薬品で落とせなかった黄ばみは削り落とせばいいのです。1000番で磨いてみました。繊維がもろもろになってダマになり、研磨を邪魔します。ただのプラスチックではないな。水研ぎするしか無い様です。模型でも殆どやらないってのに、手間かけさせやがって。

矢張り1000番で水研ぎします。何の変化もありません。600番に下げました。まったく変化ありません。渋々400番に下げました。何一つ変わりません。本当に磨かれてるんでしょうか。400でダメならもう、傷を覚悟で320番を使うしかありません。こうなったら傷なんかもうどうでも、黄ばみを落とせるかどうかの勝負です。勝てばいいんだよ勝てば。
10分程削っていると、僅かに黄変が落ちて来ました。少しだけ白くなっています。よっしゃ行けるぞ。でもこんなペースでは丸一日かけても全体は白くならないでしょうし、その時には腕が使い物にならなくなっている筈です。240番に下げました。だがまだ遅い。とうとう120番投入です。これ以下の番手は所有していません。

プラモでは80番は使わないんです。木工なら80番でガリガリやりますが、プラは柔らかく、部品が小さいので、そこまで目が粗いとすぐにブツが消滅します。結局120番で小一時間程削り続け、やっと全体がぼんやり白っぽくなりました。ノブの跡も言われるまで分からない程度です。これでギリギリ合格点と判断し、番手を上げて傷を消して行きます。
最終、コンパウンドまで磨きましたが、元の艶は戻りませんでした。光は一応反射しています。しかし消し切れなかった傷がかなり残っていて、妙な粘りのあるプラをコンパウンドが磨き切れない感じでした。黒いピックガードはかなり鏡面にできるんですが、今回はダメでした。所詮中国製だから? 兎に角今回はここまでです。

削り落とした分量から見て、表面のかなり深い所まで黄ばんでいた様です。成程、ハイターで落ちないのも道理、漂白剤で落とせるのは浅い所の黄ばみだけでしょう。模型のメッキ剥がしに使う事から考えても、プラスチックの表面から浸透する薬品でもない筈です。真皮まで傷付いてしまったら修復は不可能なんです。肌の綺麗な人が本当に本当に羨ましいです。特に若い奴、努力して綺麗な肌になったわけでもなかろうによ。何で俺がこんなイヤな思いばかりずっと。

元々ビニールカバーを外されていなかったこのピックガードには、ひどい黄ばみこそあれ、傷は殆どありませんでした。ストラトのピックガードは黄変している方が渋くて格好良い、と言う人も多いんですが、それは傷だらけでボディまでハゲハゲになった本当に古いビンテージだけです。ブルースメンが使う様な。いっそロリー・ギャラガー風に作ってみようかと言う誘惑に駆られます、塗装もボディもズタズタにして。でもそれならピックガードの漂白もやらなきゃよかったワケで。もう手遅れです。


ピックガードを諦めた頃、ボディのアクリルシリコンスプレーの乾燥待ちが終わりました。一週間も待てば十分でしょう。足りないと言われても承服しません。納得行かない、ザラ付いた部分を中心にピカールで磨きます。ダマになった所は1000番で水研ぎします。が。水研ぎした部分が白く曇ります。理由は分かりませんが、この白濁は表面だけですから、消えるまで磨けばいいのです。ただ理不尽にしんどいだけです。

しかし、磨いても磨いても美しい均一な艶が出ません。またムカ付いて来ました。作業の合間に作業台に立てかけて置いて、しばらくして手に取ってみたら、接触していた部分がゴム質の縁に引っ付いていて、剥がしたらペリ、と。不様な型が付いてしまいました。一週間待った代償がコレか。まさか、ひょっとしてこれが完全乾燥状態なのか? この缶スプレー。

そんな状態なので、作業中にあちこちヘンな型が付いてしまいました。散々磨いているのに艶もロクに出ないし。腕が両方とも壊れそうなほど頑張ったのにそれでも。努力を無視されるのは本当にハラが立ちます。お前は頑張って当然、できて当然とでも言うかの様な態度は。これ以上やると体が壊れると言う所まで耐えている時は特に。それが努力も出来ない、しようともしない、適当にダラダラへらへら生きている奴が言ったのであれば殊更。もう何もしたくなくなりました。沢山です。

今回は技術的に色々試そうと、もう本当になんでもやってみる実験台にした訳ですが、最後にアクリルシリコンが期待を裏切ったので、缶スプレー塗装の練習台としての役割も終了しました。ポリパテ修復と艶出し塗装までは上手く行ったのに、大詰めのコーティングで台無しです。でも一応、吹き付けのみで艶を出す技だけは、何とか会得できたと思います。
しどろもどろな作業が続きました。やっぱり最低限の塗装環境は整えないと無理かもしれません、日菜のテレキャスをウチで作るのは。ポリ塗装のあの塗膜を吹き付けで作るのは流石に。

今回の課題は及第点ギリギリと言う所です。ポリ塗装のポリパテ修復、ピックガードの漂白、アクリルシリコン缶スプレーでのコーティング、なんとかアガりました。「アガる」と言うのは、最近の馬鹿者用語ではなく、子供の頃に通ってたピアノ教室で課題曲をクリア出来た時の表現です。イヤな事思い出しちまいました。

ピアノに関わって楽しかった時なんかありません。地獄の様な想い出しかありません。思えば思うほど悪魔としか思えません、カワイ音楽教室の西川てめー。担当が貴様でさえなけりゃ、今頃俺は世界的なピアニストになって大金持ちになってカリブの別荘でのんびりしてたんだよチクショー。本当に師匠や上司に恵まれない人生。なんか今回こんなんばっかりです。



出来上がった物は納得行かない感じで全然気に入りません。最後にアクリルシリコンに裏切られました。裏切られて嫌気が挿したせいでコーティングが薄い裏側は、上掛けしたクリアーレッドが簡単にハゲます。ブレたドライバーがコツンと触れてしまった時にハゲました。極薄ラッカー塗装の様に弱い。いやラッカーですけど。しかしハゲでも何でも、駄目が出た所はアップでない限り写ってません。バレなきゃ失敗じゃないんですよ。

傷を埋めて塗装を直す、そこまではできてます。大きなポリ塗装のハゲと言うか欠けを補修してあるので、全くの素人が見たらキレイだと間違って感じるかも知れません、ハードウェアをピカピカにできた事も手伝って。だったら、どうせWeb発表しかしないこのネタ、大成功した体で行ってもいいでしょうか。どうせ誰も見てないし。

mavis14.jpg
いかにも中国のパチモン臭い色だったタバコサンバーストを、レッドブラウンサンバーストに塗り替えました。クレオスのクリアーレッドの色味が変わったせいか、心なしかカワイイ赤です。

mavis9.jpg
ボディのクラックはすべて埋めて補修。くすんでいたハードウェアは磨いてピカピカに。

mavis11.jpg
黄ばんでいたピックガードは削って真っ白です。薄汚ねえチャンコロ製のゴミクズが新品同様に生まれ変わりました。中国製だから新品でもゴミだけど。

mavis10.jpg
ガリが取れて音もちゃんと出るので、物の価値が分からない弩素人ばかりのジャンク屋になら売れるでしょうか。裏のハゲもさして目立たないし、2000円(ぽっきり)くらいにならんだろうか。阿漕なハードオフでは無理かな。イヤ別にそんな事するために買った訳じゃないですけど。




一応形にはなったので、改めて弾いてみました。ネック太!! フェンダーのストラトのネックは大抵、ちょっとゴツく感じても手が吸い付く様な自然な形状をしています。が、このメイビスのネックはただの柱です。コタツの脚を半分に割って、指板貼ってフレット打ち込んだだけみたいなネックです。誰だ設計した奴。メイプル指板のストラトが欲しくて買ったのに、ひどすぎるそのネックのせいでまったく弾く気になれないなんて。とんだ盲点でした。

肝心の音はやっぱりうるさいです。鼓膜をやられそうなほどバリバリした音です。分解した時、ピックアップの磁石がやたら強かったんですが、出力だけ無駄にデカいみたいです。あるいはそう感じるだけかも。いずれにせよ、音がグジャグジャに潰れるのにうるさすぎて、弾き始めるとすぐに耳が疲れます。
特に歪ませた時の音は、耳元で乳幼児が渾身の全力で泣き叫び続けている様な感じ、と言えば伝わるでしょうか。ヘッドホンで聴くのは拷問です、聴いてられないので弾いてられません。突発性難聴ってこう言うのが原因なんじゃないですか。これだからチャンコロ製は。

所詮シナ土人、学名タイリクヒトモドキにまともなギターなんて作れるわけがないんです。そのチャンコロ共が、佳子殿下の名前をオムツに付けやがりました。
http://hosyusokuhou.jp/archives/48819817.html
しばらく待ってみましたが、先陣切って抗議しなければならない外務省の慰安婦岸田以下、安倍内閣の誰一人、何一つ、一言も声を上げていません。お前らクチ無いんか。更に日本政府はそのチャンコロ共に、殺人バスの走行実験を日本でやらせる許可を出しました。
http://hosyusokuhou.jp/archives/48819873.html
何考えとんか安倍内閣。そない竹中平蔵のケツの穴好きか。ほな死んだら必ず竹中平蔵と同じ墓に入れたらなな。それかアレか、中国なんか黙って待っとったら時期になくなる思とんか。

中国製のゴミギターは、ギターではなくギターの形をした何か別の物だと言う事が、実際に弾いてバラしてみてはっきり分かりました。一応音は出るし、練習でフレットを減らす生贄にするには一万円(税別)くらいが相応だろうと思っていましたが、その程度の使用にすら応えられない粗悪品が中国です。特にハズレではない平均的な個体でも、音も作りもヒド過ぎて、練習しても上手くならないどころか練習する気にもなれません。「安ギターは練習用に良いですよ。チャンネル登録はこちら」とか言ってる奴がいたらぶっ飛ばして良いです。

但し、こんな芥の如きダメギターでも、パワーコードだけなら恐らく習得できます、よほど根性の無いロクデナシでない限り。そうか。つまりこのクズギターの前の所有者は、設計思想に正しく沿う形でパワーコードだけを習得して、次のちゃんとしたギターに移ったと言う事ですか。だから低音弦側のフレットだけが減っていた訳です、なるほど。


メインギターのフレットを無駄に減らしたくないとの思いから、練習用の捨てゴマギターを探してこんな所に来てしまいましたが、最近JESCARのステンレスフレットを見付けました。最初から300Rの湾曲が付けられているので、素人作業でも綺麗に仕上がりそうです。これがあればフレットの摩滅にビビる事もありません。だったら、どこの安物かも分からない、こんな汚い浮浪児なんかと浮気する時間で、長年連れ添った美しく優秀な相棒をガンガン弾けばいいのです。JESCARがあればリフレットはいつでもできます。

と言う訳で、メイン以外のギターを弾く気が無くなってしまいました。シャーベルは音の違いとメタル仕様とで別腹です。サブギターはそれでもう満足です、精々ちびちび弾く事にします。なので本当に要らなくなりました、この中国製のゴミクズ。どうしよう。
mavis12.jpg
色気出すとダメなタイプなのは分かってたのに、ジャンクギターには稀なメイプル指板と言うだけで舞い上がって、つい「小泉さんの奴〜」とか思ったのが間違いでした。怖いもの見たさも手伝ったと言う点は否定できませんけど。思てたよりひどかったわ。

マズいの掴んでしまいました。初心者のパワーコード習得の役割を終えて売り飛ばされ、塗装の練習台としての二度目の役割も終えたこのゴミクズを、私はどうすべき。そうだ、歯ギターの練習用にしよう。あ、でもチャンコロ製だから、ピックガードに発癌性物質とか入ってるかも、一級発癌物質ベンゾピレンとか、辛ラーメンの。なら、夜陰に乗じて騒音バイクのアホのツラを走行中に正面からブン殴ろうか。この辺りは防犯カメラ無いし、ボディのポリ塗装全部落としちまえばルミノール反応も出ないし。もう、そのくらいしか使い道が……

ガンプラ二個か三個程度の代金を払って購入した、後悔が染み込んだゴミと共に残ったのは、缶スプレー塗装やらプラ漂白やらの経験値と、全ての中韓下等生物に対する嫌悪感でした。むしろプラモの値段が高いです。

本当、シナチョンに関わるとロクな事がない。エアウルフのパチモンの時もそうでしたが、文句言う程度のネタにはなっても、笑えないんですよ、イライラさせられるだけで。二度と関わるまい中韓製ゴミ、特に安いギター。正体見たりで結論を得ました。一万円(税別)ギターなんて楽器じゃありません、ギターの形をしてるだけの廃材です。一万円(税別)と言う価格は、ギターではなくギターの形をした廃材の値段です。

それでも尚、一万円(税別)ギターをこれから買う気でいる、なんて人は、パワーコードだけマスターしたらとっととポイ、オサラバするのが良いでしょう。仮に結構なレベルまで弾ける様になったとしても、人前で弾くのはお客さんに失礼なんです、このクラスは。
もし、S席15,000円(税別)のクラシックのコンサートで、世界的に有名なバイオリニストが中国製の5,000円(税別)のゴミバイオリンでキーキーと耳障りな音の演奏を始めたら、カネ返せと怒鳴ってビール瓶投げます。一万円(税別)ギターは、そう言う性格の商品なんです。クラシックの演奏会にビール瓶持ち込む人はいないでしょうけど。






















posted by 跡間シノブ at 20:51| Comment(0) | GUITARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

ガッキー 6 一万円(税別)ギター入門

バンドリのボーカル様フィギュアシリーズが登場です。
友希那-Vocalist Collection No.1.JPG
https://segaplaza.jp/channel/sub_channel.php?t=248&sub_channel_id=2892
一人目は狂い咲く紫炎の薔薇、友希那です。欲しいです。でもクレーンゲームの景品です。ゲームはやりません。多分。五名全員が用意されているそうです。初期のキーピジュを立体化しているので、反骨の赤メッシュこと蘭のレスポールSTUDIOのブリッジがどうなるのか気になります。大方、元絵そのままになるでしょう。それとも本当にバーブリッジなんですかアレ。バンドリの登場機材についてはこちら。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/457011697.html
模型の話はここまでです。



日菜テレキャス11.jpg
サッドネスメトロノームこと紗夜が唯一敬語を使わない相手である隣の天才ちゃんこと日菜の、恐らく立体化はなさそうなテレキャスもどきは、過去のイラストごとに幾つかのバリエーションがありますが、3DCGのMVが製作されたことから、今後はあのMVに登場する形で統一される事になりそうです。画面をよく見るとちゃんとオクターブ調整もしてます。しかし。

日菜テレキャス8.jpg
ボルトオンのメイプル指板ネックは良いとして、HSHでピックガード無しのエスカッション吊り、センターのみ直付け、ブーストスイッチではなく3WAYトグルスイッチ、1ボリューム1トーン、アーム無しの直付けアメリカンスタンダードブリッジ。こんなギターこの世に存在しません。ESPも作らないと思います、少なくともそのままの形では。特に5WAYセレクターが無いのが致命的です。なぜ付けなかった、3Dモデリングスタッフ。オクターブ調整までしてるのに。

自作するならFERNANDESのTE-Jの2ハムモデル辺りが改造しやすいと思われます。この2ハムモデルは数が少ないみたいですが、たまに見かけます。なんとか手に入れたら、ボディの塗装をドライヤーかアイロンで温めてヘラで剥がし、シングル用にセンターの溝を掘って、トグルスイッチとボリュームポットの位置を変更。開いた穴は木片とパテで埋めます。
塗装はシーラー、下地、青塗料、コーティングです。ネックは穴の開いていないフェンダーのヘッドのテレキャス用メイプル指板をどっかから探して来て、位置を合わせて穴を開けて固定します。白いシングルコイルとカバー無しハムバッカーをエスカッションごと前後で揃えたら、3WAY配線にして配置すれば完成です。

どなたか作ってみませんか。完成すれば、今なら誰かが結構な値段で買ってくれると思います。本当は自分で作りたいんですけど、ウチは大物の塗装環境が整わないのです。それでもパーツだけは揃えてしまいそうで一寸イヤです。





ギターのフレットは消耗品です。弾けば必ず摩滅します。25年前のジャンボフレットが丸のまま残っていた、春からウチにいる国産シャーベルも、弾くうちにほんのちょっとだけ減って来ました。音も見た目も優秀な、探している人が国内だけでなく海外にも結構いる日本製の逸品で、まして摩耗が殆ど無い個体は稀です。その辺りに配慮して、できるだけフレットを減らさない様に気を付けながら慎重に弾いていて思い出しました、別にこんな良いギターが欲しかった訳じゃないと言う事を。

フレットが擦り減ったら躊躇なくポイ捨てできる練習用の捨てゴマギターが欲しかったんです。確かにシャーベルのこのモデルはちょっと探していましたが、ここまで良い状態だと、激しい練習による衝撃のチリツモでフレットを無駄に摩滅させる事が惜しまれます。
ゴミクズの様な安いギターが欲しい、それも本当に安い値段で。但し練習に使える物が。相場はどの程度の物でしょう。ジャンクで良品は滅多に出会える物ではないので初めから望めません。かと言って中古に又一万円(と消費税)払うのもちょっと。

もちろん、安ギターに一定の確率で混じっているチョン製は絶対不可です。チョン製以外である可能性が高い事が絶対条件で、中古なら五千円(税別)未満、ジャンクなら二千円(税別)未満、それくらいでしょうか。でも大阪のジャンクはどうも相場が高い様で、千円(税別)台のジャンクギターはまず見かけません。そんな値段のブツは本当にジャンクで、ネックが折れてたりボディが割れてたりと、修理が異常に大変そうな物ばかりです。

一寸小マシな中古なら、五千円(税別)くらいの物は見かけます。それらは殆どが一万円(税別)ギターで、メーカーは様々。大半が中国製と思われます。パチモンですと主張する様なヘッド、擦り減ったフレット、汚い指板と胴体。錆びたパーツ。Photogenic、Selder、Stewart、どいつもこいつも似た様な見てくれと酷い状態で、欲しいと思わせてくれません。これでケース無し。五千円(税別)なんて払えるか。

かと言って、幾ら二千円(税込み)でもドロドロのサビサビではリペアが大変です。三千円(税別)ケチってとんでもない苦労を背負いこむくらいなら、その三千円(税別)は払ってしまってラクする方が得です。ケースも無いハダカでは持って帰るのも大変だし。ボロギタにこれより下の価格は期待できそうにないので、この辺で手を打つしかなさそうです。

一万円(税別)ギターの中では、Bacchusが比較的マシと聞いています。でもバッカスは中々目にしません。元々一万五千円(税別)ギターだからでしょう。半端に五割増しでは、最低価格品に負けると思います。ヘッドの形もストラト型ではない、メーカーオリジナルです。幾ら出来が一寸くらい良くても欲しくありません。所詮一万円(税別)ギターでは、少々出来が良いと言ったって知れてます。なら、ちゃんとストラトシェイプであって欲しい、そのくらいしかセールスポイントは無いんだから。

それに指板はメイプルが欲しい所です、ウチにあるのは全てローズウッドなので。それはそれで慣れてしまっていますが、メイプル指板も一本くらいあっても良い筈です。小泉さんのRamenがメイプル指板です。この際小泉さんと同じのが良い。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/459190583.html?seesaa_related=category
でも一万円(税別)ギターはローズばかりです特にジャンク、とか思ってたらありました。


見かけたのはMavis。イシバシ楽器の自社ブランドです。評判は良くありません。兎に角ただ安いだけ、個体によっては新品なのに演奏不能な物も報告されています。しかしベタ褒めしている人もいます。年代や生産地による個体差が大きいのでしょう。じゃなきゃサクラです。インドネシアの表記が無い物は中国製だとか。チョンじゃないならそれでいい。

目の前の一本はサンバーストで3シングルのストラトモデル、指板がメイプルで割とドンピシャです。値段は四千円(と消費税320円クソボケ)、フレットはさほど減っていません。高さこそ低いですが、元々こんな物でしょう。どうしてもまともなストラトが欲しいなら、フェンダーのストラトキャスターをそのまま買えばいいだけです。同じ仕様で、キリなら六万円(税込み)くらいであります。

そうでした、欲しいのはゴミクズギターです、普通の良いギターじゃありません。無駄な練習に使えるだけ使い倒したら後腐れ無くポイ捨てできる、安い捨てゴマが欲しいんですチョン製を除いて。今目の前にあるメイビスは小泉さんのRamenと同じメイプル指板で、演奏に必要となるバイタルな部位の状態は中古の上くらいでしょうか。よし、貴様来い。

ソフトケース付きだった事も購入の決め手でした、自転車なので。ハードオフのギターにはケース無しの物がよくあります。でもまあケースと言ったって、どうせ分厚いビニール袋みたいな、取っ手だけ付けた形だけケースでしょ、とりあえず持って帰れれば良いやと思いきや、これが意外と悪くない。厚めにクッションが入っていて、サイズにも余裕があり、リュックみたいに背負えるストラップが付いています。

このケースだけでも二千円(税別)くらいしそうです。同程度のケースをアマゾンで購入するとしたら、送料無料にするには値札の額面がどうでも二千円(税込み)はかかりますから。社外品とは書いていなかったので、メイビスの純正付属品と言う事でしょう。ギターがこの先どうなっても、このケースだけはちょっと便利なので使う事にします。使えるソフトケースは丁度持ってなかったので。

ggrksってみると、Mavisギターはもう作られていない様です。現在のイシバシ楽器のオリジナル廉価ブランドはSelvaになっていました。で笑ったのがコレ。
80-313527000_l.jpg
http://store.ishibashi.co.jp/ec/pro/disp/1/80-313527000
あからさまにバンドリおたえモデル、ロゴも朴李です。色まで揃えて。リアは生意気にもシングルサイズのハムバッカーだし、朴李のくせに。でも、Selvaの一万円一寸(税別)ギターはどれも購入不可能状態でした。もう作らないんでしょうか。一万円一寸(税別)でおたえのコピーギターなら買ってたかもしれないのに、開店休業状態です。

イシバシ楽器は、心斎橋店に時々ギターのパーツを買いに行くんですが、こう言う所は結構好い加減みたいです。昔、テレキャスターを左右で白黒に塗り分けたブタみたいなのをマイケル・シェンカーモデルだ! とかやってたのもイシバシ楽器でしたよね確か。黒歴史継続中ですか。そう言えば一番最近行った時は、ストラトのピックアップセレクターのゴールドネジを置いてませんでした。今はもう入荷してるでしょうか。ああ言う商品は常備してなんぼです。駐輪場も無い店にはそうそう頻繁には行けないし。

ESPのキャラモデルの本物の方は各機60万円(税別)くらいしますが、それなりに売れている様です。楽天のどこかの楽器屋に紗夜のM-2が「残り2つ」で表示されていました。ESPの高額ギターは完全受注生産なので、誰かがオーダーしてすぐ手放したんです。それもギター弾けない奴が。弾ける人がそんな高額ギターを購入した時は、必ず弾くはずですから。
他にも、外人がおたえのSNAPPERを、日本在住の知り合いに買ってもらって引き取りに来る動画がありました。そいつもギターは全く弾けない様でした。おたえの「ギターは弾きたい人が弾くの」が引用されてましたから、恐らくそうでしょう。どうせすぐ売るんじゃないですか。

けいおんの時は、結構な数の綺麗な状態のギブソンのレスポールが中古市場に出回った様です。あちらは25万円(税別)くらいですが、それでも高い事には違いありません。フェンダーの左利き仕様の中古ベースがゴロゴロ売りに出されてたり。何故か持ってるカネでブツだけ手に入れたのはいいが、結局何一つ、努力すらできなくて諦めるなんてのは、芸事をナメ切った見通しの甘い根性無しにはよくある話です。

ギターを弾けない奴に限って、高額な本物のギターを買って行く、それも日本人じゃない奴が。
弾けもしない奴らばかりが、幾ら好きか知らんがバカ高い本物を買う。で弾けなくてすぐ売る。インド人ガンプラモデラーじゃありませんが、「愛が無い」。それともナニか、アレか、最近はキャラグッズを買い漁るのを「愛」言うんか。

ネタか何か知りませんが、流行のゲームカードを大量に買い漁ってはSRをカードショップに売りに行く、なんて動画を投稿している勘違いユーチューバーを見た時に、似た嫌悪感を感じます。
タレント気分で金髪に染めたチョンタレみたいな格好した目障りなバカが、元手の小金だけ用意してダンボール買いして、ツラも頭も悪い芸無し芸人よろしく、偏差値低そうな中身の無い早口でヘラヘラおどける、そう言うのを。目に付いたらハラが立つ、殺虫剤の缶に頼みもしないのに印刷されたヤブ蚊や蝿の絵の様に不快にしてくれます。



mavis0.JPG
帰ったらすぐにチェックします。通電テストはクリア、ただしハムノイズが凄い。激安のシングルピックアップはこんな感じですか。ハーフトーンにするとノイズが減るので、こう言う仕様なんだと思います。取りあえず音は一応出るとして、外から見て気になった点が、傷以外に幾つかありました。

mavis1.jpg
ブリッジ後縁のねじ穴は高さがマチマチ。
ペグの角度はバラバラ。
ネックのセンター出しはギリギリ許容範囲。
見るからに精度が低い指板とフレット。

これが一万円(税別)ギターと言う物ですか。成程、安いワケです。アジアのどこかでアジア人の誰かに作らせれば、こう言うブツができるんですね、特に中国。本当ロクなもんじゃない、安いだけですわアイツラは。中国の経済はもう死んでます。死んだ事にされたくないドイツとか一部の連中が、中国と言う死体を両脇から抱えて、まだ生きているかの様に動かして見せかけているだけです、大阪を追放されたハシシタが消滅させようとした文楽の人形みたいに。

錆は少ないですが、全てのクロームパーツがくすんで濁っています。半端な劣化は磨かないと弾く気になれません。張ってあった弦がベロンベロンでとても弾けそうにないので、すぐ分解します。汚いボディもバラせる所までバラして大掃除です。但し、目的は美品を作る事ではありません、汚れと埃を落として前オーナーの残りカスと、目に見えない影を消す事です。

ストラトの構造は簡単です。面倒なのは電装系くらいな物で、それも今回は無改造で済みます。
https://www.youtube.com/watch?v=6QQ3RZ3FDNk
分解には若干のハンダ作業が必要ですが、それもごく簡単なので小学生にでもできます。で分解して絶句。あらゆる所の作りが雑です。

写らないので写真はありませんが、ブリッジサドルの両脇に二本ずつ入っている弦高調整用の芋ネジのアタマは、何本か六角レンチが入りません。一応回せるので問題はないんですが、不良品です。矢張りネジ一本から出来が違う、日本人が作った日本製品とそれ以外は。何が「熟練したスタッフ」か。

mavis4.jpg
ピックガードを外すと、ネックで隠れる部分が無処理。未処理じゃなくて。やってないのではなく、そもそも作業工程が無い。いくら22f指板の鍔出しで見えないからって。価格に反映されない部分には間違っても手を掛けない。他所から見えない所とテレビが映さない所は絶対に手入れしない維新の様です。出身が同郷だと、ウソしか言わない汚いメンタルも当然同じになる様です。大体あのへんでしょ、きょうさんしゅぎちほーの、維新の連中の出身地。

mavis2.jpg
弁当箱ザグりの底に書かれているのは何のマークでしょう。赤い文字の上に、水色のペンキで何かの指示を書いた様です。アラビア数字の2ですか。それより、何でフロントだけ部屋分けしてセンターとリアだけが弁当箱なんですか。何よコレ。中途半端な設計しやがって。

穴と言う穴にバリが残っています。触るとどこも痛いです、ボンドみたいな塗料で固まってます。開孔後は処理せずに、表面の木屑だけ拭き取ってすぐさまシーラーと下地塗料を吹き付けた、そんな感じですか。誇り高きウリらの製品を分解する様な不届き者には血の粛清アルヨ、みたいな。或いは工作員の視力が左右とも0.00とか。地下で作ってるから暗くて見えないとか。

ネックの接合面はボコボコ、弦の振動をボディに伝えようとする意志がこれっぽっちも感じられません。ネック側の穴もひどいバリでした。弦の振動もボディの鳴りも、どうでもいいんですねコレ作った中国奴隷労働者には。時給幾らだあいつら。150円(税別)くらいか。

mavis3.jpg
胴体裏、ブリッジのテンションバネを引っ掛けるプレートを固定するネジが40度くらい斜めに刺さっています。長めに調整したら背面カバーに接触するでしょう。水平に開けるのが面倒臭かったと言っているのがはっきり聞こえて来る様ですが、チャン語はムカ付くので想像しません。

ボディは合板かと思ったら、胴体表面の木目に継ぎ足した跡が見えます。これは、複数の厚い板を貼り合わせて一枚板に見せかける、集成材を使った一般的な大量生産ギターの製作法です。このメイビスには三か所の接着ラインが見えます。どこかの誰さんだかの紹介動画で、一枚板みたいです、とか言ってましたが、十万円(税別)を超える本物にも使えないのに、こんな弩が付く安物のパチモンに一枚板なんか使える訳がありません。木の値段知らんのか、誰だあのバカ。

徹頭徹尾、一から百まで造りが粗い。一万円(税別)ギターと言う物がよく分かりました、コストダウンがどう言う物かも。安物に本物と同じ品質を求めるのが間違いである事は分かっていますが、それでもここまで酷いとなると、それはもうギターと言うよりは別の何かと呼ぶ方が妥当です。ひょっとして、おたえコピーもこんな感じですか。買った人がいたら訊いてみたい。

木綿のボロ布とピカールで磨きます。ピカールは金属磨きですが、木部のポリ塗装もピカールで磨きます。所詮ただの研磨剤ですから、ポリでも金属でも気にしなくて大丈夫です。


見ているうちに色が気に入らなくなりました。いわゆる煙草サンバーストですが、なんだか弾く気になれません。格好良くないと言うか何と言うか。小泉さんのは淡く美しいタバコサンバーストですが、こいつは年寄り臭いです。
小泉さんのは渋く変色したエイジドチェリーサンバーストかも知れません。Fender公式で見るとタバコサンバーストに近い様です。公式が言うなら間違いない、タバコサンバーストです。
https://twitter.com/fender_official/status/701961903304617984
サウンドハウスでは200,000円(税込み)ですか。
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/211970/
かわいいチェリーサンバーストなら安いので70,000(税込み)。
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/183559/
同じタバコサンバーストなのに、えらい違いです。何となくサンバーストだからこんなもんかと思って買ったんですけど、ウチでじっくり見ると随分違って見えます。それに黄色が何となく安っぽい。そりゃ安ギターですから安っぽいのは当然として、でももうちょっと何かあるだろと文句を言いたくなる黄色です。これを買った前任者はどう思ってたんでしょう。

色からしてオッサンです、前にこれ買った人。若いのはこの色はあまり選びません、特に女子は。渋めアピールしたがるジジィが欲しがる事が多い色です。フレットは妙な減り方をしていました。低音弦側だけが少しずつ削られています。それも2〜9フレット辺りまでが。普通、フレットは高音弦側が低い方から減ります。この人はパワーコードしか弾いていなかったと思われます。上達しなかったんですね、最後まで。
しかも減り方が荒っぽく、傷の範囲が上下に広い事から、力任せに握り込んで弦をゆすっていた事が分かります。本当にずぶの初心者が全力で押弦していたと見えます、さもなくば余程の怪力の持ち主だったんでしょう。しかし深くはないので、ボディの酷いハゲ方も考慮して、短期間に付けられた傷であろうと察しが付きます。

エエ歳した会社員のオッサンが、若い女子社員から「安井(仮)さんギター弾くんですか、カッコイイ〜」とかキャーキャー言われたくて、ギター練習したいけどまったく弾けないから高価なのは気が退ける、なら安い一万円(税別)ギターでいいや、でモテたいついでに渋好みを気取ってタバコサンバーストの安いギターを購入。毎晩こそっと練習してたけど、パワーコードしか弾けなくてすぐヤんなって手放した、そんな所でしょう。


元々オッサン臭い上に中国製と来た日には、輪をかけて安っぽく見える黄色サンバーストが殊更気に入りません。黒のブラシワークも下手糞で、作業した中国、外国人労働者にムカ付きます。何だこの汚ねえ粒子は。クリアーイエローもピックガードで隠れて見えなくなる所は吹いてないし、ザグり穴の底に吹いた糊までボディにかぶってます。

兎に角その黄色と言うか黄土色が、黄砂みたいでハラ立ちます。黒とか青とかで全塗装しても良いんですが、一応は木目が見えるシースルー仕 様を丸々ツブすのは勿体無い。大した木目じゃないけど。ここはクリアーレッドを吹いて、赤系のサンバーストに仕様変更する事にします。完全に塗り直すなら、ポリ塗装を全部剥がして本物のギター塗装を再現する事になりますが、さすがにンな事やってられません。誰が捨てギターにそんな。

クリアー塗装で気を付けなければならないのは、重ねると色が濃くなると言う事です。広い面積に吹き付けるのであれば、できるだけ噴射範囲の広い、口径の大きなハンドピースを使って、少ない手数で仕上げる事が肝要です。今回はノズル系0.3mm、低圧では塗料を吹かない出来損ないのエアテックスの出番です。ベランダに出て、買い置きのエア缶で使います。

ヒールと呼ばれるネック接続部の、何故かど真ん中に開けられた穴にアルミ線を通して、物干し竿に吊るしての作業です。用心して裏面から吹き始めます。それもザグり穴の中で試し吹きしてから。最初はクリアーを混ぜていたんですが、薄すぎました。シンナーだけで薄めて吹くと丁度良い感じです。裏で慣らしたら表も一気に。大雑把な作業はラクですね。普段細かい事ばかりやってると、特にそう思います。

mavis5.jpg
失敗した失敗した失敗した失敗した私は失敗した失敗した失敗した失敗した失敗し

巨大なダマを飛ばしてしまいました。そうでした、台湾製エアテックスのハンドピースは、数分の全力噴射でニードルカバーの下に塗料が溜まり、ダマを飛ばしてしまうのです。すっかり忘れていました。それを完全乾燥前に触っちまってこのザマです。日本精神を世界で唯一残している台湾製品でさえこれです。他国の労働者なんて推して知るべし、使える訳がありません。

いまだにコストカッターを優秀だと勘違いしてる老人が政財界にアホほどいてゲンナリします。大陸ウンコ土人を大量入植させている連中です。佳子殿下の名前を幼獣のオムツに付けて侮辱する中国人に文句一つ言わず、経団連とケケ中を儲けさせる事ばかりしているあいつら。経世済民をケケ中を儲けさせる事と勘違いしてる奴らが、使い物にならない奴隷外国人労働者を大量に急激に入れやがってます、このタイミングで。なぜこのタイミングで。

数百年に一度の大和川氾濫の危機とか、大阪北部大地震とか、数十年に一度の記録的豪雨とか、近年の日本は毎年毎年結構な自然災害が襲って来ているのに、まだプライマリーバランスとか言ってます。国民の命より帳簿の数字の方が大事だそうです、それも間違った判断基準で。我が国の総理大臣とか財務大臣とかの知能レベルは獣フレンズ並みですか。そりゃ正しく躾けて調教しないと芸を仕込む事はできませんね、獣なら。耳付きヘアバンドでも着けさせたらどうです、似合いますよきっと、たーのしーとか言って。漫画好きでしょ、ローゼン閣下。

エア缶はクレオスの物ですが、十秒も連続噴射すると結露します。ハンドピースも急激に冷えて、真夏でも真っ白に曇ります。百年の恋が冷める時はこんな感じかと思うほどの冷え方です。違うのは、陽に当てるだけで温め直す事が出来る事です。これ、悪いのはブラシ?
時々ガガ、ブシャ、と言う感じで息を吐きます。噴射されるミストに影響は無い様ですが、何の現象か分かりません。気にせず作業しましたが、結果はこうです。ダマを吹くブラシを作った会社が悪いのか、それを忘れていた使い手が悪いのか。

リカバリするには、ラッカーシンナーで全落とししてからと言う事になりますが、やりません、裏だし。捨てゴマだし。これくらいダメが出た方が使い潰す気になると言う物です。ゴミにはゴミの見てくれがあるのです。シールでも貼ろう、貴様にはこの程度がお似合いだ。こんな支那ゴキブリが作った偽物ストラト、ブログのネタ程度の追加工作が妥当です。

表と裏だけが半艶です。やる気ガン下がり、クリアコートもしません。ヤです。ハゲたらハゲたでその時にでも再塗装する事にします。こんなの模型用のラッカーシンナーでサッと落ちるし。

ピックガードの黄ばみはハイターで漂白します。古いオモチャが好きな人が良く使う手です。昔のロボット玩具などを購入して、黄ばんでいた時はこの方法で白くするそうです。ウチではメッキパーツのメッキ剥がしで使いますが、メッキはシンナー漬けでも剥がせます。
今回の漂白剤、反日朝鮮企業花王の製品なので使いたくありませんが、前に断腸の思いで購入したキッチンハイターが一本ありましたので、噛んだ唇から血を流すつもりでここで使います。

漬け置きしましたが、まったく落ちませんでした。早々に落ちたのはノブの黒文字だけ、のっぺらぼうです畜生。仕方が無いのでコピックライナー0.05でスミ入れしました。一寸雑になりましたが、遠からん者には何があったかなんて分かりません。近くば寄って目にも見た所でやっぱり分からないと思います。写真じゃまず写りません。

後で聞いたら、ハイターで漂白する時は、直射日光に当てて数日放置するのが常套策だそうです。ハイターに含まれるナントカ成分が紫外線と反応して、アレがそうなって白くなるのだとか。ちゃんと調べてからやるべきでした。リトライは可能ですがその気はありません。口説い様ですが、所詮捨てゴマです。もう組みます。

https://www.youtube.com/watch?v=7C4eyj2ohbM&feature=youtu.be&t=2797
なんかクサクサするので、ハイテンションアニメを少しだけ。

続く。

















posted by 跡間シノブ at 21:13| Comment(0) | GUITARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

ガッキー 5


もう一度ルミナスは曲も良いですが、MVの一コマ一コマが一々カワイくて好きです。パスパレ五人の体が小さめにモデリングされているのか、それとも楽器がデカいのか、皆小柄に見えます。前作のロゼリアは人体と楽器との対比が実在の人物に近い様です。モデルを作る時にリアルロゼリアも参考にしたのかもしれません。手だけゴツく見えるのは衣装のせいでしょうか。

ルミナスのMVには、何も無い野っ原にバンドの舞台櫓がボンと置かれています。
それを見て思い出した画が、数あるPVの中からコレでした。
旭日の楽団5.jpg
ヨーロッパから来た者は自由の女神が迎え、アジアから来た者は金門橋が威圧する、そんな米国に80年代に乗り込み、旭日旗ひるがえして爆音轟かせていました。画面手前には壊れたアメ車のバンパーが。米軍機の残骸が転がるカットもあります。皆で聴こうラウドネス。HINOMARU程度でキーキー騒がせるな。
https://www.youtube.com/watch?v=X-C_no42FWY




サッカーで持ち切りの世間を無視してギターの話をする模型ブログ

無理してギターを弾かなかった期間が長かったせいか、ディストーションに飢えていた様です。ヘッドホン中心ですが、この所よくアンプにつないで鳴らします。貪る様にいろんな歪みを試して、今の自分が理想と感じる音を作っています。
ずっと同じマルチエフェクターしか使っていなかったのは、その音がもう理想で、変更する必要が無いと思っていたからですが、新しいデバイスを導入した事で使用可能な機材が格段に増えたせいで、今までとは違う音も欲しくなってきたわけです。偶然見付けて、殆ど気紛れに購入した安い機材が、一気に世界を広げてくれています。

MS-50Gで音作りをして思ったのは、全体的に音が軽い事です。良く歪むんですが、軽い。
ですがその軽い音が相まって、こないだからウチに居る、軽く明るい音がするポプラボディのシャーベルには合います。強力過ぎないピックアップがこれまた合います。相性ばっちりです。MS-50Gは新入りのシャーベルで使う事にします。朝鮮機材を廃棄した直後に購入した二機は、期待以上のマッチングで応えてくれました。しかも安い。そこが良い。

でもやっぱり軽い。ZOOMはハイゲインは概ね良好ですが、歌う様に弾くリード用の歪みが全然です。この辺は好みの問題なので、どこのが良い悪いと言う事ではないんですが、ハムバッカーでソロを伸びやかに歌わせるリードには、ZOOMでは物足りないと感じました。単に使い方が下手なだけかもしれませんが、多分きっと違うでしょう恐らく。

あと、ZOOMの歪みは籠ってると言う人もいますが、物によってはそんな感じです。段ボール箱の中で鳴ってる様な音が幾つかありました。でもそれは多分個性と言う物、個々のエフェクターのキャラクターです。何も、この世のすべての歪みが乾き切った音でなければならないと言う憲法上の規定があるでなし。甘い鼻声が魅力的なのと同じです。むしろカラカラに乾いたガラガラ言う歪みは、長時間聴いていると疲れます、SONYのステレオみたいに。

兎に角満足できるリードサウンドが欲しい。ギターを弾いている一番の理由がリードです。他の人がどうかは知りませんが、ソロパートを歌う様に弾くリードの音色が好きでギター界に入った身としては、そのリードサウンドに納得行かないエフェクターは失格なのです。MS-50Gはハイゲイン中心に働いてもらいます。後はアンプシミュレーターと特殊兵器。高々8,900円(税別)の市販品に、トップアーティストと同じ音を求めるのは筋違いと言う物ですが、それはそれとして。分厚く暖かいリードが欲しい。他社製品を探すしかなさそうです。リードサウンドと言えば、やはりBOSSですか。

今春、BOSSことローランドからGT-1000が発売されました、エンジンがそれまでの同シリーズに搭載されていたCOSMから新型に変わっています。しかし発売から一月では新型エンジンがどう言う性格の物かの情報は少なく、まだよく分かりませんでした。大体十万円(税別)てアンタ。そんな理由もあって、Rolandの以前のGTシリーズにプリセットで搭載されていた音色を試してみたくなりました。

しかしマルチ高い。一つ前のでも五万円(税別)、新しい安いのでも二万円(税別)は下りません。ファクトリープリセットをちょっと聴いてみたいだけで、そんなに出費できません。それに春先からこっち、ギターもアンプもエフェクターも、既に一通り購入してます。それら三つを全部合わせても精々25kくらい(税別)なんであんまり大きな事も言えないんですが、それでも国民イジメ増税が原因のデフレに喘ぐドブ板庶民としては、一通り揃えてしまってから更に追加購入と言うのは気が退けます。どっかに転がってないもんでしょうか。消費税なんか外人から取れボケ。


朝鮮模型をまとめて三つぶっ壊した直後に超掘り出し物のギターを入手してから一週間後、またふらりと自転車に乗って、同じ中古屋に行ってしまいました。二匹目の泥鰌を狙ったつもりは無かったんですが、ただ何となく。口実は前と同じです、ただ体を動かすだけでもと。

珍しく旧ガンプラがまとめて入荷していました。ずっと探していたランバラル特攻が400円(税別)、即ゲットです。高いカネ払えばいつでも買えますが、旧ガンプラは安く買ってなんぼです。箱潰れで格安とか、こう言うのが欲しいんです。二度目三度目の買い物で、それも中身が欲しいだけの旧キットなら特に。
ラル1.jpg
この値札、前の持ち主は1500円(多分税別)払って購入したんでしょうか。組めばよかったのに。1/100ガンダムも400円(税別)だったので、そっちも買おうかと思いましたが、ウチに未組みが一箱あるのでちょっと迷いました。もうこれ以上、箱のまま置いておく場所も無いのです。

ランバラルを手にしたついでにジャンクコーナーを覗いてみました。取りあえず見るだけ見てみるのがいつものパターン、たとえ何も買うつもりが無い時でも、折角来たのに全部見ないで情報を仕入れないなんて態度は、ある意味怠惰な気がします。兎に角何でも見るだけ見てみます。

胸騒ぎと言うのか、虫が知らせると言うのか、そんな物があるとして、それは本当に微妙な感覚です。はっきりと感じ取れるほどの強さはありません。子供の頃はもっとしっかり捉える事が出来た気もしますが、記憶と共に殆ど失っています。でもその日は、微かにそんな感覚が、あった様な気がしないでもないみたいなと言うか何かそれっぽい的なアレがイイ感じにちょっとだけ何だった訳で。

居たのはBOSS GT-3でした。20年前のマルチエフェクターです。先週は無かった筈。或いはギターに気を取られて目に入らなかったのかもしれません。理由はどうあれ、今目の前にBOSSのCOSMエンジンを搭載したマルチエフェクターがあります。但しジャンク、ボロボロです。

傷だらけで埃だらけ、油のシミみたいな汚れが全身にこびり付いています。塗装もエッジがハゲハゲで、小学生が作ったガンプラのチッピングみたいです。背面のジャック周りは錆々、裏面の緩衝ゴムは重い胴体の重量に負けて何度も剥がれ、あらぬ場所にかろうじて貼り付いているだけ。ACアダプターもありません。紛う事無きジャンク、誰が見ても文句の付け様の無い立派なガラクタです。

でも一目見て直感しました、コイツ動くぞと。朝鮮模型をまとめて始末して大当たりのギターをゲットしたその翌週、それも、ローランドのGTシリーズのプリセットの音を弾いてみたい、けど一番安い最新鋭のGT-1がアダプター付けて二万円(税別)ちょい、一番高い最新鋭のGT-1000が十万円(税別)、プリセットの音を試したいだけで新品にこの金額は払えんわ、と思っていた矢先です。当時価格54,800円(税別)のGT-3、目の前にそのジャンク品が捨てられた様に転がってます。つまり「お前使えコレ」と、そう言う事でしょう。

しかし中古は避けようとしていた筈です。前の所有者の怨念とかは引き継ぎたくないので。それもペダル類は、どんな犬のウンコ踏んだ靴で踏まれたか分かりません。そんな気味の悪い不潔な値札には1500円(税別)怨念なんかある訳無いでしょう、ただのガラクタなんだから。どんな汚れも洗剤で洗えば大丈夫です、全部落ちます。そう言うの得意です。最悪、ホースで水洗いという手もあります。探偵ナイトスクープでもやってました。今はロゼリアでキーボード弾いてる鉄子(アイ)ちゃんも、内部にカビが生えた時は丸洗いされてたし。
まじぽか鉄子.JPG
明坂聡美さんがロゼリアを卒業されるそうです。突発性難聴は大音量で演奏するロックバンドには割とありがちと言えますが、体調不良で限界を訴えたゆりしーの引退に続いて二人目、それも二人とも過重労働による身体的な不調が理由です。ロゼリアは無理させ過ぎなんですよ運営が。もう少しキャストの体調を考えてスケジューリングしていれば、誰も辞めなくて済んだ筈です。時代が求めるスピードは加速する一方ですが、ただ寸暇を惜しんで無理すれば幸せが買えると思うのは大きな勘違いです。

その日はランバラルを抱えていたので、一時撤退します。GT-3はデカくて重すぎるので、同時には持って帰れません。そう、ただ急げばいいと言うもんじゃないんです。落ち着いて、後日出直します。BACK FOR THE ATTACKです。あのアルバムにはエルガイムのテーマソングが収録されています。エルム街でしたか。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=JDveKxl7Ohs
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12961045
たかがPVに物凄い予算。



焦らず慌てず、行ける時に行きます。縁があれば必ず来ますから。するとやっぱり待ってくれてました。縁がありました。ガンダムは持ってかれてました。縁がありませんでした。誰かに作ってもらうが良い。
1500円(と120円畜生バーロー)を払って、自転車で持って帰ります。かなり重いのに、店員はビニール袋に入れました。なんか、シャーベル買った時の女性店員とは随分違うなこの野郎。

こう言う時は自前の鞄を持って行くのが正解の様ですが、気付いた時は手遅れでした。伸びて破れそうになるビニールにハラハラしながらも、何とかして持って帰るしかありません。よろよろしながら片手で運転します。走ってると、重い金属のボディがぶらぶら揺れて、自転車のフレームにぶつかってちょっとキズになりました。ええいこのガラクタが。

あまりの重さと自転車を傷付けられた事にハラ立って、途中でさしかかった広い公園でもう捨ててやろうかと何度も思いました。1500円(と消費税クソボケ)くらいくれてやるわこのゴミクズめ。でもまあ折角だからと、怒る自分をなだめ、結局右手で端を支えながら脇に抱えて、どうにかやっと持ち帰りました。着いた時には右腕はガクガク、袋は穴だらけになってました。

写真も撮りたくないほど壮絶に汚いので、そのままではウチには入れません。大量に溜まった埃と汚れを、外で落とせるだけ落とします。捨て雑巾に中性洗剤と水を少しだけ染み込ませて、ペダルを中心に徹底的に拭きます。何となく、泡で汚れを落とすと言うより、界面活性剤で虫を窒息死させる感じです。
溝や凹部、ボリュームペダルの下に溜まった埃も、雑巾が入る所まで除去します。エアダスターも使いましたが、この場合はあまり効果的ではありませんでした。力ずくで拭くのが良い様です。拭いた雑巾は店員が用意した袋を再利用して捨てます。こう言う使い方をするためにショボいビニール袋寄越したんだよなあの店員は。違うんかコラ。


gt3-2.jpg
一旦乾かしたら部屋に上げて、捨ての紙の上に置いて分解開始です。ジャンクなので遠慮は要りません。ダメになったらその時です。まず真っ先に、汚れを落とし切れなかったボリュームペダルのゴムを、接着面にマイナスドライバーを突っ込んでこじ開け、引っぺがして捨てました。これですっきりです。もうどこに付いてんだかカオス状態あばばばばになっていた裏面のゴム底も、全部剥がして捨てます。こっちは指で剥がせました。

胴体裏面とボリュームペダルを外します。基盤も外します。ゴキブリとか出て来るんじゃないかとビビってましたが、虫はいませんでした。しかし埃の溜まり方が凄い。購入されてから一度も掃除されてない様に見えます。綿埃はエアダスターですべて飛ばし、掃除機で吸い取ります。そして今度はラッカーシンナーを染み込ませた雑巾で、外も中も拭けるだけ拭きました。各ペダルとその枠も外せる所まで外して、ペンチで潰して平たくした綿棒にラッカーシンナーを吸わせて、それを隙間に突っ込んで徹底的に。

ジャックはピカールで磨きました。綿棒にピカールを付けて、内側に光沢が戻るまで磨きます。外側はボロ布で。ジャックを外板に固定するボルトは、錆を落とすのが面倒だったのでひっくり返して使います。何時か気が向いたら落とします。

内部を見ると、実にシンプルな構造でした。中身は基盤が三枚あるだけです。ペダル部分とボタン部分には、どちらも5mmくらいのスイッチがハンダ付けされていて、同じ物です。ペダルかボタンかは外見上の違いでしかないのです。背面のジャックも基盤直結です。御大層な見てくれですが、金属製の重い箱に基盤が三枚入っているだけなんです。なるほど、これならそうそう壊れないでしょう。落雷とか火災とか水没時のショートとかさえなければ。でもそこまでとなると、よっぽど運の悪い人です、突然降って来た隕石に当たるドロンボーのレベルで。

gt3-1.jpg
ボリュームペダルは更に単純、シーソーみたいなもんです。金属の板が真ん中辺りを支点にしてぱたぱた上下するだけ。可変抵抗器はボディ内側に貼り付いていて、それらがクランクを介して繋がっています。重いし邪魔だから捨ててやろうかと思いました。でもボリュームペダルがあれば最近流行のアンビエントギターもできます。感謝しろガラクタ、私は慈悲深いのだ。

裏面には二か所、集中的に傷が付いていました。アンプヘッドの上に置かれてた、とかですか。化粧バンドやってた友人のギタリストが、ライブの移動時に曰く「落っことしたくらいで壊れるヤワなエフェクターは要らん!!」との事。「でもギターは大事に? 」「そうそう」なんて会話が記録されています。そんな扱い方をされていたのかもしれません。

このGT-3、一見かなり使われていた様に見えますが、それにしては埃が溜まりに溜まっていたのが分かりません。楽器は普通、清掃や調整などの手入れをしながら使う物で、曲がりなりにも使われていたのなら、それに応じて掃除もされていた筈です。それが、家に上げるのもためらうほど埃まみれのまま、ジャンクとして売り払われています。

購入されたのが何年かは分かりませんが、前の持ち主は恐らく中一くらいの時に誰かに買ってもらったのだと思います。大喜びで使い始めた物の、音作りが難しすぎてプリセットを一寸変更するくらいしかできず、自分で買った訳じゃないから扱いも雑。思う様に使いこなせないまま傷が増えるばかり。そのうち就職とかでギターからも遠ざかって、気付いた時には部屋の隅で埃まみれ。古いし汚いしギター弾かなくなったし、アダプターも行方不明だしもういいやとハードオフ行き、買い取り価格100円(ポッキリ)、持って帰るのも面倒だ、とまあこんな感じで。

底面のゴムを剥がしたので、そのままだと重い金属製のボディの縁が床とか机とか色々削りそうです。前にホームセンターで買った両面テープ付きの硬めのスポンジの残りを切って貼っておきました。重量からすると、もっと硬いゴムとかの方が良い様です。

メモリー用の水銀電池はまだ大丈夫でした。ボタン電池がどれくらい保つものかは知りませんが、一度くらいは交換されているかも知れません。まさか20年前の電池がそのまま使えているとは思えないので。幾ら日本製でもそれは。でも開けられた形跡も無いんです。メーカーに戻された商品は必ず清掃されて帰って来ますし。これは一体……

まさか何かの曰く憑きとかじゃないでしょうね、中古はこれだから、と言っても新品でも大概ハズレを引く体質だし、あまり変わらないかもです。それと、水銀電池が内蔵されている事から、ホースで丸洗いはしなくて正解だった様です。電池一つでショートして回路全損もあり得ます。もしやるならメモリー電池を外してからです。清掃はこれで終了、外したネジを小物入れに入れていないので、妖怪ネジ隠しが現れる前に組み立てます。



アダプターはサウンドハウスが安かったです。メーカーサイトにはありませんでした。まだ販売しててよかった。1814円(税込み)。弦も合わせて買って送料無料。本体より高く付きましたが、それでも合わせて3434円(税込み)でRolandのGTシリーズのプリセットを200音色試せるのなら悪くありません。
レストランアラスカの朝日新聞社店「極上黒毛和牛のスペシャルビーフカレー3675円(サービス料込みで4043円)」、毎日新聞社のあるパレスサイドビルのアラスカ「極上、黒毛和牛のスペシャルカレー&ライス5040円(税込み)」と、捏造反日バカスゴミクズの朝鮮文屋どもが飢えたブタの様に汚らしく喰い散らかす無駄に高いカレーよりもずっと安いです。3000円(税込み)で比較する対象が、個人的にあれ以来バカチョン新聞社のカレーになってます。
菅山首相3000円のビーフシチュー事件.JPG
国民アニメ、ガッチャマンクラウズインサイトから。

アホな野党がモリカケやセクハラを繰り返しても安倍内閣支持率は30%台が底、それ以下には落ちません。野盗がクズしかいないので当然です。首相が何をやらかそうと、他に日本を任せられる代わりがいない哀しい現実を理解した我々国民に対し、テレビにはもう世論を誘導する力は残っていません。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/425275131.html
ガッチャマンと違い、テレビが総理のカツカレーで騒いだ2012年夏の時点で既に、朝鮮維持装置が政権を左右できる時代は終わっていました。それでもやっぱり野党とテレビはいまだにモリカケを繰り返しています。短く見積もっても自民党総裁選まではやるでしょう。


カスゴミ、特にテレビこと朝鮮維持装置は、いまだに辻元清美を徹底的に庇護し続けています。先日起こった大阪北部の地震で、高槻市立小学校の違法建築ブロック壁が倒れて女児生徒が一名犠牲となりましたが、浜田剛史高槻市長はウジ元とは昵懇です。つい最近まで、事務所がウジ元と同住所の同室だったそうです。
https://ttensan.exblog.jp/iv/detail/?s=24101884&i=201704%2F19%2F84%2Fd0044584_8294735.jpg

高槻市立寿栄小学校校長は、三年前に防災研修を開いた際に外部の専門家から危険であると指摘されたため、今回の地震で倒壊したブロック塀が危険である事を高槻市に報告していましたが、市関係者、つまり高槻市教育委員会は素人の独断で安全を宣言、校長の訴えを黙殺しています。

端的に言って、女児死亡の責任は浜田市長、行政責任者にあります、責任者ですから。浜田剛史は「我々も反省しなければいけない」だそうです。無垢で純真な穢れを知らない日本人のいたいけな少女を己の責任下に置いて殺害しておきながら、反省で済むと思ってやがります浜田は。
更に「国は子供を守るためにカネ出せ」と要求してもいます。学校の耐震化には補助金制度があります。東日本大震災以降、全国の学校の校舎の窓に耐震補強の斜めの梁が入った事は、日本人なら誰もが知っていますが、男は容疑を否認しています。
ゆゆゆ1話.JPG
震災後、割とすぐに製作が開始されたアニメゆゆゆから。

先月ワタシが「視察」に行った森友学園こと瑞穂の國記念小学院の壁には、あの斜めの梁はありませんでした。新しい校舎だから、きっと外壁も骨格も最新の免震構造と耐震強化設計なんでしょう。見てくれは薄っぺらい老人ホームですが、内側の頑丈さは表面には出ず、目には見えない物です多分。テラス前面に貼られたガラスは、確証はありませんが震度7以上でも割れないガラスだと思います。当然です、日本の将来を担う大切な児童が日々その身を預ける場ですから、着陸してくる旅客機の真下で。

テレビこと辻元庇護装置は決して口にしませんが、森友には同和が深く絡んでいます。
正直森友学園が何をやらかしたか分からない、と言う人のためのまとめ。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/460018767.html
細部のリンク先などを集めた一年半前の記事。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/448497939.html

高槻も似た様な物です。名前はコロコロ変わるみたいですが、全国水平社と言う同和団体に忖度して、植木団地と呼ばれる2,700平方メートルの土地を破格の安値年間120万円で貸与し、便宜を諮っていたのが高槻市長です。その高槻市長が三年前、寿永小学校校長が訴えた児童の安全にかかる懸念を揉み消して隠蔽していました。高槻市は関西生コン辻元清美の票田です。

先頃行われた、HINOMARUに抗議するライブ会場前アクション‏ @rad20186とやら。
https://www.youtube.com/watch?v=e8R4WH3zmmk
ナマコンカー2018.JPG
キムチ臭いのが四、五匹でニダニダやってたみたいですが、道交法違反で逮捕されたバカチョンが交差点内に路駐させていた車は、ウジ元キヨミのスポンサーである朝鮮団体「北大阪合同労働組合」の車だそうで。

北大阪辻元組合.jpg
「北大阪合同労働組合」と「072-675-1999」の末尾と、下三割くらいが見えています。このチラ見せは毎度毎度の事なので、半島の電話豚にも見える様にですか、わざとやってる様です。

ナマコンカー2017-2.jpg
「共生連帯近畿」が関西生コン連合です。まさかいつも失敗してこうなってる訳じゃないと思います。でもあの連中だし。いやいや幾ら何でもそんなマヌケでは、いや、でも……

その「北大阪合同労働組合」のサイトがこちら。あからさま過ぎるトップページ。
http://www16.plala.or.jp/kitagoudou/link.htm
流石にもうちょっとくらい隠したらどうよと思います。字面だけで漂う酷いキムチ臭。
平成30年6月26日のRADWIMPS「HINOMARU」に抗議する会の詳細は核武装様から。
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7129.html

高槻、辻元、生コン、同和。そこからハシシタ、松井、維新、電飾、カジノ、都構想、草木ボーボー大阪市とつながって行きますが、とりあえず事務所が同室だった高槻市長とウジ元の関係は考えるまでもないでしょう、九歳の日本人少女をウジ元が殺したんです。三人目ですね、田中造園土木の社長と作業員に続いて。

テレビと新聞では事件の裏側にあるカラクリは分かりません。モリカケが、同和利権の土地を本来売ってはならない籠池に対して、大阪府に無理矢理小学校開設認可を出させて売る様に仕向けた、同和をバックに持つハシシタと松井の維新が元凶である事などは特に。しれっと与党ぶって保守ヅラしてますけど、愛国者を装う維新の正体は、テレビが絶対に言わないこう言う所で分かるんです。

日本に都合が良い事はアリバイ作り以外の目的では絶対に報道しないテレビは、この六月にマハティール首相が来日した事は本当にただの一言も報じていません。国民の大半は知らなかったんじゃないでしょうか、マハティール首相が日本に来ていた事と、彼が消費税を廃止した事実を。



すぐに注文しました。届いたら早速試します。思った通り、ばっちりです。全てのペダル、ボタン、ツマミが正常に動作します。特にボタン類が完全に生きているのは、あまり押されていない事を示しています。やはり前オーナーにはGT-3での複雑な音作りは荷が重かったと見えます。
完動品である事が分かったので一安心、メーカーサイトからダウンロードした取扱説明書に従って、工場出荷状態に戻します。忘れちまいな、前の持ち主のDQNの事なんか。どんなバカがこんなひどい使い方をしてたかなんて、俺にもお前にも、もうどうでも良い筈だ。

プリセットの音は実にゴー☆ジャスです。特にリードはどれも絶品で、サトリアーニそっくりの音も入っていたりして、音を出すだけでプロギタリストになった気になります。夢見る様な音色にうっとりです。これ以上の音色を作る自信がまったくありません。なんかリードはもうこれでいいくらいです。でもGT-1にはスティーブ・ルカサーの音が入ってます。ルカサーと言えばアレ、と言う80年代の。あれだけちょっと欲しい。こんな音です。
GT-1の"80S STUDIO LEAD"
https://youtu.be/HXMlesr7yi0?t=405
本物
https://www.youtube.com/watch?v=ivgl9RAWNuA&feature=youtu.be&t=1390

GT-1には専用サイトもあって、世界のトップアーティストが自ら作った音色もダウンロードできます、それも無料で。次から次へと欲しくなる。物欲燃えタギリヒメです。
ルカサーの音は自作課題にします。アレを自力で近い所まで再現できれば、デジタルエフェクターとアンプシミュレーターを使いこなせたと言えると思いますから。とか思ってたんですが、試しに作ってみたら意外とできました。やってみるもんです、機材が良いと違うわ。結構ルカサーっぽくなったと思います。

GT-3で作ったルカサーっぽい音 
COMP/LM : CS 40 40 0 33
OD/DS : METAL1 55 0 +15 70
PREAMP : MS1959(1+2) 40 50 50 50 3 41 Middle Cener 100 0
EQ : +4 630 2 0 10.0 2 0 +11 +2
DELAY : Single 420 420 33 11.0 25
CHORUS : Stereo 30 73 33.5 Flat 75
REVERB : Hall1 3.0 40 55.0 Flat 10 40
MASTER : 100 120 ON 60 50 100
ろくな録音機材が無いのでデータだけです。割と似てると思うんですがどうでしょう。申し添えますと、この音を更にMS-50Gで再現しようとしたんですが、どうにも作れませんでした。エフェクターの台数が足りないとかCPUの処理能力が追い付かないとか、理由はそんな所です。そして何より音が軽い。やはり各社で得手不得手がある様です。

リードが欲しかっただけなので、もう元は取れました。しかし更に凄いのがマーシャル1959のモデリングです。ZOOMのそれとは又微妙に違う感じで、こちらも本当に1959のアンプヘッドにつないで鳴らしているみたいです、本物使った事ないけど。でも分かります、きっと本物もこんな感じなんだと思わせる見事な音色です。ギターまでビンテージを使ってる様な気になります。テキサススペシャルを積んだ30万円(税別)くらいの。弾いた事ないけど。
やはり素晴らしいですローランド。殊にビルドアップされたリードサウンドは極上だと思います。人工的過ぎると言って嫌う人もいるでしょうが、あれだけ作り込まれた深く豊かな美しい音色は、自作のボードではそうそう出せるもんじゃありません。ここは素直に褒める所です。

惜しかったのは、GT-5に搭載されていたカスタムアンプとカスタムディストーションが省略されていた事です。アレがあれば、アンプと歪みエフェクターを一から作れたんですが、まあその分安いワケで。なので、Diezelの音も欲しかったけど、入っていなかったし作れませんでした。GT-5なら作れたんでしょうか。でもそこまでは言うまい、偶然手に入れたジャンクに。
一方、省略されたカスタムアンプの代わりに、EZエディットとかQUICKセッティングとか、初心者向けの要らん機能が付いています。ああ言うのは、あった所で本当にズブの素人やバカは混乱するだけで使えません。現に使えなかった様です前の持ち主。だから廃止されたのかも。

期待を裏切らない音と、外見を除いて予想外に良い状態とで、メインとして使って行こうかと思いますこのGT-3。よりによってジャンクがメインギアになるなんて。でもエフェクターは、落っことされてもブン投げられても、その程度で壊れる様なら要らんとまで言われる性格の機材なので、このくらい汚くてボロくても、使えさえすればそれでいいのかもしれません。

GTシリーズを使うに当たっては、意外にもピックアップは強ければ強いほど応えてくれるみたいです。なのでスーパーディストーションみたいなディマジオを積んだメインのストラトで使う事にします。かと思えば、この間買ったZOOMのMS-50Gは、シャーベルの強過ぎない初期搭載ピックアップに向いていて、何だかもう偶然にしては出来過ぎな気がして来ました。



CIMG5037.JPG
殺す気で掃除してこれくらい。「どこかに転がってないか」なんて、よくある他力本願でバチ辺りな事を考えてたら本当に転がってたワケで。しかも後で調べて分かったんですが、GT-3に搭載されているプリセットの数が200なのに対し、シリーズ初代のGT-5は150でした。特に気に入ったリードの音色も、初代GT-5には入っていません。今回見付けて持ち帰ったのがたまたまGT-3だったのは。いや、そもそもジャンクとは言え完動品が格安で手に入ったのは。それもサブギターに続いて、丁度欲しいと思ったタイミングで。

練習用の捨てギターを探したら思いがけず素晴らしい国産シャーベルが来るし、エフェクターは欲しかった音が大体手に入るし、それもかなり安い値段で。そこが良い。後者は外見はヒドいですけど。でもバカチョンカレーよりも安い。いやー良い買い物したわ。

それもこれも全部、朝鮮アンプと朝鮮模型をまとめて処分した直後の出来事です。もう間違いないと思います、Kの法則は。これをお読みになっている方、今すぐ捨てるべきです全ての朝鮮製品を。全部捨てて下さい、僅かでも朝鮮に関わった物は。朝鮮にまつわる物を一つ残らず捨てた時、あなたの生活は、人生は、きっと素晴らしい新展開をちょっとくらい見せるでしょう多分。何も無かったとしても、すっきりするだけでも随分違います。とっとと朝鮮を排除しましょう。














posted by 跡間シノブ at 21:50| Comment(0) | GUITARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする