2016年12月29日

液タブ 番外編

半ば強引に8.1に突っ込んだフォトショップCS4は、一旦はブラシストロークが安定したかに見えましたが、滑らかに描けるタイミングとガタガタになるタイミングがある事が分かりました。これはOpenGLを有効にしても無効にしても同じで、どちらの場合もCPU、メモリ共に100%のフルアップ状態にはなっていません。
クリスタのヘルプからマシンのグラフィック性能を見ると、3D機能を問題なく使える環境であると診断されました。大型のグラフィックボードこそ搭載していないものの、機体の描画性能そのものはそんなには悪くない様です。なのになぜフォトショだけがダメなんでしょう。単純にエンジンが違うと言う事でしょうか。

ペンフリックを無効にするとか、プレス&ホールドを停止するとか、無かったけどデジタルインクを使わないとか、ググればすぐに出てくる定番のガタつき対策は、ある物だけは一通り試しましたが、何となく予想した通り一切合切ムダでした。大体いつもそうなんですウチは。一般的な某かが通用しない、そんな運命みたいで。
兎も角それでも、元よりCS4には繊細なブラシストロークなんて求めちゃいません。ポチっとハンコみたいに押せればそれで充分です。入りも抜きもまともに表現できない偽物ペンなんか、リンゴとパイナップルにぶっ刺しちまいましょう。

やる気のないCS4は置いておくその一方で、試していたクリスタの試用期限がとっくに切れて、そろそろおカネ払うかと思っていた矢先、起動すると試用期限がリセットされていました。え? 何、これってクリスマスプレゼント? ラッキースケベ的なナニか? とか思ったら、何のこたない、そう言うキャンペーンでした。
試用期限切れのクリスタがまた30日間無料ですべての機能が使える、と言ってました。で? だから何なんだ。結局すぐ払うんだから同じ事だろうがよ。いやむしろ、とっとと購入してあれこれ色々自分好みに設定しようと計画していた腰を折られた分だけ不愉快です。期限が伸びたからってわざわざ期限切れを待つ必要はないんですが、気分的な物です。なんだか余計なサービスをされてしまいました。こう言う事もよくあります。要らないって書いたのになぜかご丁寧に送られてきた、人形供養の事後報告の返信ハガキとか。

まあ何にせよ使えるならそれで良い訳で、支払いも先延ばしにできるならしましょう、もうこの際。ヤな事はみんなあとあと。これまでは古いOSの都合で、ダウンロード素材のブラシとか、色々な便利機能とかをクリスタで使えずにペンとブラシで根性描きして来ましたが、これからは配布素材のブラシとかパターンとかを可能な限りインストしてラクしていきたいと思います。


そうなると、液タブをつないである、クリスタが最新のノーパソがメイン機になって、今メインにしているデスクトップがセカンドギアになってしまいます。デスクトップでCS4を一切の問題なく使うためには現状のVistaを維持する他はなく、サポートが終了するVista SP1を使い続けなければなりませんので、クリスタ最新バージョン1.6.3は、インストールしてもOSが非対応なために起動しないのです。8.1? 買わないで済むなら買いませんよ、もちろん。
Vistaで動かせるクリスタは1.5.4、これは大幅な仕様変更がなされる前のバージョンです。Win8.1のノーパソが最新のアップデートでチョー快適環境を構築できると言うのに、ハイパワーだけが取り柄の古いデスクトップはフォトショのバージョンが古いせいでOSを更新できないため、最新の環境での作画ができず、今後はフォトショ専門機か動画編集専用機になり下がる、と言う成り行きです。

折角12GHzもの処理速度を誇るCPUを積んだのに。それも安く抑えるためにちょっと古くなってたけど。そしてやはり、組んだ時には既に若干古めのマザーボードとグラフィックボード。OSが32bitなのでメモリは4GB限定で。仮に64bitOSに積み替えたとしても、規格がDDR2なので16GBまで増やすとなるとメモリだけで8万円くらい……
時代か? 時代なのか。これが時代の流れと言う事なのか。マザー以下ハードは全て無傷、何ら支障なくバリバリ動く(それなりに)高性能マシンなのに、ただ時間が経ったと言うだけの理由で最前線から退かせられるのか。
と言っても、今の今まで一切更新せずver.1.0.0のまま(タダで)クリスタを使って来たズボラ絵描きが愚痴る筋合いでは無いでしょう。なんも気にせず使えばいいんですよ。ラクできないってだけです。1.5.4に換装すれば新型で作成したファイルもそのまま読めるし、ディスプレイと描画フィールドがデカいから描き心地はノーパソより良いし。首は痛むけど……

余計な話ですが、ウチのデスクトップのハードがほぼ無傷なのは、初期不良を含めて何度もいくつも交換してるからです。なあドスパラ。何回センドバックさせたてめえ。保証期間内にHDD二台(三台だったかも)、グラフィックボード、カードリーダ、CPUファンと壊れて交換しています。マザーボードも交換したかもしれませんが、もう覚えちゃいません。本当に忘れるほど何度も何度も購入時の段ボールに詰めて送り返しています。

CIMG0839.JPG
先日は電源ユニットを自力で交換しました。いきなりカラカラカラカラカラカラと鳴り出したので、一旦分解して掃除するも、何だかグオーと言う感じの騒音を上げ始めたので、これはもう好い加減ダメだなと。
自分で作業したのは、保証期間が過ぎていたし、経験値を上げられると思ったからです。あと何よりドスパラにはもう一銭たりと払いたくないのです。びた一文払いませんドスパラには。金輪際。未来永劫。俺の目が青くならないうちは。

550wの電源が5000円弱、ツクモが一番安い様です。送料無料だしカード使えるし、と思ってピキーンと来ました。カード番号管理会社はどうなってるんだ。調べてみると何とあのハゲバンクでした。おいバカかツクモ。この期に及んでまだチョン共に顧客のカード番号を預けるなんて愚行を続けています。外患誘致罪の告発が始まってすでに二か月になると言うのに。
なぜか時々この手のカンが働きます。どこの誰が送って来るのか、用心しろと言うサインです。結局ツクモで代引で購入しました。代引手数料を払っても尚、一番安かったからです。デフレなんだから当然の選択です。

そして今度は起動時にディスクエラーを起こしました。もう次から次へと。起動するならCtrlとAltとDeleteを押してねのメッセージ。そう言えば最近FireFox使用中によくフリーズします。一分くらいでまた動き始めるんですけど。ハードディスク、それもシステムドライブがヤバいんか。またツクモで買うかと考えていた時、HDD診断なるものを思い出しました。HDDもマシン自体も、これまでどれくらい使ったのかを知りたくなったのです。

Crystaldiskinfoと言うフリーソフトが、手軽にHDDを診断してくれます。軽いし速いです。結果はすぐに出ました。「正常」。C、D共。使用時間は15000時間前後、電源投入回数3500回くらい。それでも健康。「異常」どころか「注意」すら出ない。一般にHDDの寿命は10000時間だそうです。しかし全く異常無し。異常が無いなら交換する必要もありません。こんな事なら、こんな事なら……
crystaldisk001.png
shizuku版にすれば良かった。

こんなサイトがありました。
https://hddbancho.co.jp/longevityof_hdd.html
曰くHDDの寿命は、一般的に言われる通電時間ではなく、電源投入回数と熱勾配が主因である。むしろこのままどこまで使えるか、記録でも作ってみましょう。

その、初期段階で何度か交換されたウチのHDDですが、電源投入回数も総使用時間もCよりDの方が上回っていました。しかもCドラの方が、ドスパラに勝手に替えられたサムチョンです。日立を注文したのにセンドバック修理で勝手に。誰がチョンドラ入れろっつったドスパラ。これはつまり、何度かの無償修理で交換された日立のCドラHDDをDドラに回し、Cドラにチョンドラを後から突っ込んだと言う事でしょう。もう呆れて怒鳴る気も失せました、ドスパラ。
主にドスパラのせいで色々トラブっても、それでも使い続けたウチのマシン。主にと言うかほぼすべてドスパラのせいです。ただCGを描きたいがために買っただけのPCなのに、今や自作できるほどに鍛えられてしまいました。どこかの初心者講座で読みました。「あなたがやるべきは、一日でも早く液タブに慣れる事、クリスタを使いこなす事、漫画を完成させる事であって、PCに詳しくなる事ではありません」ええそうですよ。

ハードで色々ありましたが、むしろ一番気にしているのはセキュリティです。Vistaのサポート終了と共に、今使っているセキュリティもサービスを停止するので、新しいソフトを入れねばなりません。しかしウィルス対策ソフトを入れても、セキュリティホールを塞いで貰えなくなったOSでネットに接続するのは危険です。いまだにXPを使ってネットに入っている人も何% かは居るそうですが、その人達は安全対策はどうしてるんでしょう。
古くなったOSを使い続ける場合、最善策はネットを使わず切断する事です。セキュリティソフトの会社の人が言うには、サポートが終了したOSはソフトだけでは守り切れないとの事でした。ウィルス対策ソフトと言うのはドアの鍵みたいなもので、セキュリティホールは壁の穴なのだそうです。いくらドアをしっかり施錠しても、壁に大穴が開いていたらそこから侵入されます。

折角の大型機なのにネットがまったく使えなくなるのは痛いです。せめてセキュリティソフトだけは何か新しいのに入れ替えて、でも普段はネットは切断しておいて、何ぞ必要になった時だけ短時間使うに留める、それくらいが良いのかもしれません。それとももういっそLinuxをデュアルブートで突っ込むとか。イヤそんな気の利いた真似ができればの話で。

この三か月間ほど、やりたくもないPC作業をぼちぼちと続けて来ましたが、結局思いがけず転がり込んで来た新しいノーパソをメインで使う事になってしまいました。お絵描きをデスクトップではなくノートで、それも最新の描画ソフトと液タブでする事になるなんて。決して望んでいたわけじゃないし、期待もしてなかったんですが、まあこれも運です。縁でしょうか。この環境の変化が快適なものになるか否か、少なくとも以前より良い結果をもたらすか否か、それはまだ分かりません。





プラスティックなメモリーズ

先任のノーパソは割と前から調子を崩していました。起動して数分で単発1.6GHzのCPU使用率が100%に跳ね上がり、ファンが猛烈な唸りをファンファン上げます。ファーンファーンフィーンて、チューチュートレインか。ZOOてどこ行ってん。どうなってようと知らんけど、あのニセモノ黒人共。悪いアタマが無駄な演算に終始し、動作は極端にノロくなり、メールチェックだけで20分かかる事も当たり前になっていました。
更に左クリックはガタガタ、早々に断線したインバータのせいで、一旦ディスプレイを閉めたが最後、いつ真っ暗になるか分かりません。ウチのデジタル家電はもう、どいつもこいつも。しかしこう言う時に限って電気屋の長期保証に入るのを忘れていたりするのです。なので開けっ放しで使って来ました。ソフトもハードも傷だらけ、スペックも好い加減低いし、これはいずれ近いうちに降板させねばと、ゆるゆる考えていた訳です。

引退させてからは、メーカーが補修部品すら廃棄したので修理不能に陥ったワープロと一緒に、段ボールに突っ込んで廃棄処分を待たせていました。そしてふた月ほど経って、ふと思い立ちました。人間が使う部分以外のハード、つまり内蔵しているメカには大して異常は無い。ならば不調の原因であるCPUの慢性的な占拠さえ解消できれば、低スペックながらも機体はまだ動くはずです。CPU使用率がsvchostのせいでフルアップになるのはOSのせいなのだから、OSを換装すれば良いだけです。

以前から興味があったLinux。導入するなら今です。いずれ悪魔のソフトWindowsとはオサラバするつもりだし、あと十年は使えそうなデスクトップにもLinuxのデュアルブートを可能性として検討するほどの状況に、もう既になっているのだから、捨てるつもりの古いノーパソが手元にあるなら、今こそ導入を試すのが妥当ではないかと。これ以上の好機はそうはないと思います。まさに渡りに船、見計らったかの様な絶好のチャンス。

時期に廃棄する予定だった、引退させた先代のノーパソを、Linux導入の練習機として復活させます。しかし一口にLinuxと言っても、物凄く沢山あるのだと初めて知りました。OSとその他必要なプログラムのパッケージがひとまとめになったセットをディストロと呼び、各国の各々の機関が、非営利で勝手に開発しています。市場を独占してボロ儲けしている悪魔Microsoftの悪意に満ちた薄汚い集金ソフトであるWindowsとは正反対です。

Linuxのディストロは本当に色々ありますが、一番使われているのがUbuntuです。利用者が多いので困った時に対処法を調べやすいとかで、良さそうです。更にそのUbuntuをベースに開発されたのがZorinです。基本的に同じ構造なので、Ubuntuの使用例や各事例が割と当てはまりやすいとの事でした。そして見てくれがWinに近いので入りやすいのでは、との事。これにします。

Zorinには32bitと64bitがあります。どちらを選ぶかは、CPUが64bitの命令を出せるか否かによります。Vista以降の比較的新しいWinプリインストールマシンのCPUなら、大抵は64bit対応らしいです。調べてみるとその通りで、64bitの命令を出せるユニットでした。まあ吃驚。シングル1.6GHzのアホのくせに。

Zorin core 12の、64bit版をインストールする事にします。ですがそのためには、配布されているZorin coreのディストロのisoファイルをDVD-RかUSBに書き込まねばなりません。isoファイルはとても大きいので、普通のドラッグアンドドロップでは書き込めないのです。
Win7にはisoファイルを焼き入れする機能が最初から搭載されています。Win8.1もisoファイルをDVD-Rに書き込めます。但し7と違い、8.1の場合は最初にエクスプローラーに関連付けさせなければなりません。機能自体は搭載されているんですが、買ってきたままの状態では使えないのです。
こう言う所がイヤです。勝手に暗黙の了解を作って、詳しい連中が内輪だけで優越感に浸ってる様な感じ。理系の奴らに何か訪ねても、望む回答が返ってきた試しがありゃしない。数式しかいじってない連中は。これだから理系は。

ノーパソの8.1を使ってisoファイルをDVD-Rに入れて、起動ディスクを作りました。関連付けのやり方は忘れましたが、一度やってしまえばずっとそのままなので別にいいのだ。引退させた旧ノーパソを引っ張り出し、断線したせいでディスプレイがフラッシュしないかと心配しながら、電源をつないで開けてみました。なぜか大丈夫です。開けても閉めても一切ちらつきません。でもファンはファンファンフィーンでした。CPU使用率もすぐにフルアップです。

先のDVD-Rを入れてから一旦再起動し、BIOSに入ってブートの優先順位を変更します。次の再起動でZorinが立ち上がりますので、HDDにインストールします。インストを開始すると、何かよく分からない質問事項が次々と現れます。ウザいのを堪えて一つ一つ打ち込んで行きます。割と短時間で作業は終了しました。初めて見るLinuxです。これが、Linuxの世界……画面何もねー。デスクトップ画面に何もありません。アイコンが並んでいるはずの画面には、どこかの美しい湖が映っているだけです。何、どうやって使うのコレ。タスクバーは一応下端にありますけど。
CIMG0847.JPG
しかし気になる事は他にありました。動作が猛烈に遅いのです。64bitだしLinuxだし、強烈に速いはずのOSが物凄くドン臭い。一文字打つのに数秒かかります。しかもなぜだ、ファンの唸りが止まりません。OS入れ替えたのに。何で。
そう言えばZorin coreは飽く迄coreで、必要な各パーツはWinから借りて使うとかなんとか。本当にそう書いてあったかちょっと自信が無いんですが、そうだとしても何がどうなのか分かりゃしませんが、ここは一つ購入状態に戻してみようかと思いました。病気にかかったか傷が入ったかしたVistaをサラの状態に戻してやって、それからZorin coreを入れれば正常に起動するようになるのではないかと。

不実ーのノーパソに付いていたのはVistaの起動ディスクではなく、リカバリディスクでした。これをセットして再インストール開始、しようとしたらHDDのパーテーションが変更されているからインストできないと警告が。Zorinが勝手にパーテーションを変更したみたいです。勝手な事してんじゃねーよてめー。一度HDDのパーテーションを、C、D、半々の元通りに直します。
再インストールしたVistaは懐かしい顔でした。ああ、初めて会った時の君は。起動も素早いので、このまま使いたい衝動に駆られます。ちょっといじってみました。すると今初めて見る機能が。Windows メディアセンター、何これ。何かビデオとか音楽とかを集中管理する機能みたいです。アポロ13がちょっとだけ入ってました。
CIMG0843.JPG
もう引退させて、OS換装の実験台にされると決まってから見つかるとは。皮肉よな。キーボード真っ黄色。とっととZorinを入れちまいます。Vistaには又会えるから。再インストールすれば、何時でも。……やらないと思うけど。

もう一度、起動ディスクにしたDVD-Rをセットしてインスト開始。しかし今度は躓きました。インストール中に画面がガビーとなって全機能停止、動きません。畜生馬鹿野郎、電源ボタンを長押しして強制停止です。十秒待って再起動、再度インスト開始。またガビー。これを三度ほど繰り返しました。何のエラーなんでしょうアレ。
イレギュラーはあった物の、再びインストールしたZorinは何とか動いてくれたと言う感じです。ファンの唸りは止まりましたが、挙動がドン臭くなるタイミングが発生します。まるで8.1のノーパソに突っ込んだCS4のブラシストロークの様に。もう、結局そう言う巡り合わせなんでしょうか、ウチのデジタル運は。

トロ臭くなるのは頭に来ますが、使えない事もありません。何よりあのインスト作業をもう一回やるとなると億劫です。しばらくこのまま色々と試してみようかと思います。ブラウザもメーラーも初めて見るソフトだし、何せあのWineが入っています。やったぜWindowsアプリのインストも試せる、ってそんなに持ってない。フォトショの廉価版El5は、あれ32bitじゃなかったっけ。まあいいです、LinuxOSで何ができるか、しばらく遊んでみたいと思います。どうせ捨てる予定だったし。無責任に遊べるってこんなに気楽だったっけ。しばらく忘れてた気がします。

CIMG0848.JPG
格納状態。


年末とかガン無視のエントリーですが、余命も年末返上みたいですからこれでいいんです。本当に余命ブログが言う様な事態が進行してるんでしょうか。あの総理見てるととてもとてもそうは思えないんですけど。カジノ作るわTPP議決するわシナチョン大量入植させようとするわハシシタと飯食うわ。大阪が追放したあの捨てゴマチョン公に今更色目使ってるウチの総理大臣のバカさ加減にほとほと呆れ果てる訳で。それとも命が惜しいだけか、或いは何かの取引か。外患誘致罪適用すればあんな捨てゴマすぐ殺せるだろうよ総理。

外患誘致罪告発が始まって早二ヵ月。在日が頼みとする司法の壁も必ず崩壊すると余命は豪語しておられますが、来年は本当にコソボクリミア方式、在日見せしめ虐殺および追放作戦が決行されるんでしょうか。そうでないと困るんですけど。しかしそれは国民が何を望むかにかかっています。確かに余命が言う通りです。なので何かの間違いでここに来てしまった皆さん、在日皆殺しを心の底から望んでください。今すぐ。

コソボクリミア方式とは。
yomeinomatome.blogspot.jp/2015/11/blog-post_27.html












posted by 跡間シノブ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

液タブ 追加編

13HDの描画感覚は、板タブと大差ないと言う感じです。ペン先からカーソルまでの距離が結構開いていて、ガラス一枚隔てた様で、思う様描けないもどかしさが付いて回ります。特に斜めから見ると狙った所にペン先が触れず、確実にポイントしようとすると真上から除く様に見なければなりません。描く時はペン先ではなく、カーソルを見ています。アナログの感覚とはやはり相当に違います。それでも下を向いて描けますから、これでストレートネックにはならずに済みそうです。

クリスタの描画フィールドだけを切り離して使ってみましたが、ツールを持ち替えたり何かの数値をいじるたびにマッピングの切り替えをして、操作面を液タブにするかディスプレイにするかを選択しなければならないのは、はっきり言って手間です。面倒です。絵を描いている時はできるだけ作画に集中したいです。
調べて行くと、TabとShift+Tabで、描画フィールド以外のほぼすべてのパレットやナントカバーを非表示にできる事が分かりました。なのでソフトごと液タブに持って行く事にします。やってみると、13.3インチでも割と広く使えました。よっしゃこれで行こう。他にも色々と面白い機能も搭載されているので、そう言う便利機能はおいおい試して行く事になるでしょう。まだそれほど読んでない、手引書。


ここでふと思いました、CS4は使えないかと。フォトショップCS4を使うためだけに、メインマシンであるデスクトップのOSを一切更新せずにVistaを使い続けてきましたが、Win7や8.1でも使えないものでしょうか。もし8.1で使えるのであれば、描画のすべての作業をノーパソ一台で完結させる事ができます。

AdobeのCS4の扱いはひどく、Vista SP2以降のOSでは公式の動作保証がありません。唯一Win7の無印で起動する事が確認されているくらいです。Win7 SP1ではどうかとか、全く分かりません。一方のクリスタの最新版はWin7の場合、SP1でないと動きません。なのにCS4が動くかどうかが分からない。どう言う訳か一般ユーザーの事例もまるで無い。
ドライバが合わないとか、予想外に動かせなくなるアプリがあるとか、OS更新後の状況の予想がつかないのだから、すべてのアプリを確実に動かせる現状を維持するのが妥当です。なので仕方なくVista SP1を一切更新せず使って来たと言うワケです。次々リリースされる新しいOSを横目で見送りながら。

今、自分が関わる某かの状況に何らかの不満があるからと言って、結果の保証が全く無い一か八かのバクチに手を出すのは、アホのやる事です。負けたらすべてを失う可能性もあるんですから。何割かの確率で確実に。まして何ら問題がないのに、問題があるかの様に誰かに勘違いさせられて、失敗したら何もかもを失う無茶なバクチに手を出したのだとしたら、そいつは恐らく処置無しです。手に負えません。
二重行政などと言う嘘にあっさり引っかかり、河原乞食崩れの捨てゴマの虚言にノセられて、大阪破壊妄想、チョン租界計画、日本解体構想に投票したアホ共には、付ける薬は無いと思います。見せ付けられた「問題」は全て嘘、強要されたバクチは一か八かではなく、バチかバチかの如何様詐欺。それらの一つたりと見抜けず、大阪から始まる日本破壊計画に賛成してしまった程度の知能には。そう言う奴はこんなバクチでも張るんでしょうね。「考えててもしゃーないわ、あーややこし、もうやったれー」とか言って。

導入編にも書きましたが、悪魔崇拝企業なんかに余計なカネは一銭たりと払う気はありません。WindowsやPhotoshopの最新版がリリースされるたびに何万円も払ってアップグレードするなんて、はっきり言って何も知らないか、アタマがおかしいか、あるいはその両方かです。

本当はLinuxを使いたいんです。あれなら悪魔どもにカネを払わなくて済みますから。描画ソフトはGimpとInkscapeで。でもクリスタが使えないなら、デジタル2D絵描きとしてはダメでしょう。Wineが搭載されていればWindowsアプリは使えると聞きますが、全部が全部使える訳でもなさそうですし。
ソフト会社に勤めている理系の友人はLinuxを使っているそうです。マシンは自作で。さすがプロ。でもisoファイルの扱いもままならない僕ではとてもまだ無理です。もうちょっと時間が必要です。しかし手元には要らなくなったPCが転がってますので、こちらはおいおい習得して行きたいと思います。朝練でもしましょうか。悪魔が作ったWindowsなんて集金ソフトには、もうウンザリだから。

9e0217e4.jpg
どこかで拾った画像。色々文句たれましたが、現時点ではWinとPhotoshopを使わざるを得ません。だがいずれ必ず脱出してやる。

Microsoftがやらかして、登場時からケチョンケチョンにけなされまくって、誰も使いたがらなかったVista。中途半端に大型化しただけで、メーカーから見捨てられたCS4。ウチに来るのはそんな奴らが多いです。ギターもFENDERのPROFEEL。こちらは一応フラッグシップモデルですが、シリーズ自体全く人気がなかった、営業的には失敗作です。本家からは無かった事にされてます。パーツも無いのでピックガードが傷付いても取り寄せもできません。何にしろそんな巡り合わせなのか、いつの間にかそう言う物に、歪んだ愛情を感じるようになってしまいました。

TZR250-1.JPG
ヤマハが見捨てたTZR250。

調べて見たら、公式が言うには8.1でもCS4の動作に問題はなかったとの事。そんな報告が知らない間に上がってました。作った連中が言うなら大丈夫だろうよと、試しにインストールしてみる事にします。その前に、何年も前に買ったパッケージを引っ張り出して、Adobe IDの登録情報にアクセスし……できない。パスワードが合いません。なぜだ。ちゃんとメモってあるのに。打ち違いも無い。なのに自分のページに入れない。おいチョー待てや悪魔ども。
購入した製品情報、CS4とElements5のシリアルナンバーをAdobeのサーバーに登録してあります。なのにパスワードが合わない。消されたか。しかしプロバイダアドレスには、今でも余計な広告メールがひっきりなしに送られて来ています。登録が抹消されたわけではない筈です。ならば。

パスワードを忘れた、の文字列をクリックしてパスワードだけ変更する事にしました。するとその時です。エラーが出ました。指示通りに八文字入れたのに。よく読むと、パスワードの文字列の中に、大文字と小文字を要求されていました。そうかこれか。
もう呆れ果てました。奴ら、突然予告も無しにパスワードの規定を変更した挙句、既存のパスワードの中で新たな規定に合致しない物を勝手に無効にしてやがった訳です。よくも貴様ら……さすが悪魔崇拝者ども、日本の敵だけの事はあります。こっちはもうクタクタです。二度とカネは払わないと固く誓いました。

いよいよCS4を8.1にインストします。頼む、入ってくれ、と祈りながらCDをセット、いきなりBAMBOOバンドル版のElements5のシリアルナンバーを要求されました。そんな今更。サイトにはあるんですがインスト中に。押入れを引っ掻き回して探します。無い。あちこちひっくり返したのに出て来ない。捨てた筈は絶対にないのでどこかにあるんですがちょっと出ない。実は最近PC関係の資料とかいろいろ、ごっそり場所を変えて整理したんです。お片付けあるあるです。とか言ってる場合じゃありません、仕方なくブラウザを開けます。エラーとか出るなよ頼むぜベイベー。


結局何事もなくインストール作業は進みました。で、早速動かしてみると、線は引けませんでした。同じマシンなのに、クリスタでは全く問題なく描けた線が、CS4では描けません。カクカクと言うより微妙にガタガタです。遅延もひどく、とても人前に出せる絵にはなりません。タスクマネージャーを開けてみたら、初代ノーパソの時と違って、線を引くたびにCPU使用率が100%に跳ね上がると言う事でもありませんでした。メモリにも余裕があります。ではなぜ。
描画エンジンの違いでしょうか。よく分かりません。CPUにもメモリにも余裕のあるノーパソで遅延が生じて処理落ちし、グラボを積んだデスクトップでなら何ら支障なく線を引けると言う事は、グラフィックボードが搭載されていないマシンでは描けないと言う事でしょうか。

しかし実作業としては、線画と塗りはクリスタで行います。フォトショに要求するのは色調補正とかフィルタ処理とか、四コマ漫画のコマの配置とか、選択範囲を切り取って貼り付けると言った、ペンやブラシを使わないクリック作業が主になります。ブラシを使うにしても、どっかからか貰って来た星の模様とか、グランジテクスチャとかをクリックで貼り付けるだけです。ならこれで良いのだよ。

32472.jpg
この雪の結晶は貰い物のブラシでポンポンと配置しただけ。

線が引けないのは残念ですが、クリスタで描けるなら問題なしです。試用期限が切れたクリスタを起動してみます。線がガクガクになりました。ヤバい、なんか壊れた……。どうしよう。欲をかいてCS4を使おうとして失敗、アンインストールしてまた最初から設定やり直し? 待てよ、オイちょ待てヨ、明らかに動揺してます。そうだ、一回再起動してみよう。一時的なバグならそれで治る。

再起動時には特にエラーも無く、すぐさまクリスタを起動するとちゃんと描けました。新規ファイルででも前に保存したテストファイルででも。焦った。ならCS4ではどうか。ダメでした。こちらはやはり何か、まったく違うプロトコルがある様です。それが何かは僕には分かりません。兎に角ノーパソではダメです。CS4で線は引けません。少なくともデュアルコア2.4GHzでグラボなしモデルでは。でもこの辺りはソフトの方を微調整すれば直るでしょうか。何か設定を変更する事でパフォーマンスが改善される可能性があります。そもそも2.4GHzで線が引けないなんて事があるのか。
その後、更にもう一度クリスタを開けて試してみると、今度もちゃんと描けました。なので、CS4が何か悪さすると言う事はなさそうです。とりあえず最低限の仕事はこなしてくれそうです。

ここまでやってもうぐったりです。PCの作業は目に見えない事が多いのでへとへとに疲れます。まして、最初の一台に続いてデスクトップまでトラブル続きで、起動不良だの初期不良だのソフトの不具合だのマシントラブルだのに、散々理不尽に苛まれ続けて来たワケで、元からデジタル嫌いだった上に輪をかけて不信感と嫌悪感が増幅されています。そこからの導入と設定でした。本当にクタクタです。それでもまあ何とか出揃いました。あんじょう頼むで。

自作のPC台にノーパソを乗せて使います。300mmx450mmくらいの合板2枚に15mmの角材を貼っただけの簡単工作ですが、13HDはこの15mmの隙間にぴったり収まります。電源切っとけば発熱もしないし電気も食わないし。PC使用時やスリープ時のケーブルの抜き差しはドライバに良くない様ですが、液タブのメインスイッチは入れたり切ったりしても大丈夫みたいです。

CIMG0834.JPG
格納状態。



後日。改めてCS4を微調整しました。最初にデスクトップにインストールした時の備忘録が残っていたのでほぼその通りに、メモリの占有率を95%にし、やり直しを99回まで上げ、取り消しのショートカットを削除して一段階戻るのショートカットと入れ替えて。その中の一つに、OpenGLを有効にする、と言うのがありました。

今回ノーパソにインストールしたのは全く同じソフトですが、前回は32bit版、今回は64bit版です。CS4は64bitネイティブ対応なのです、皆忘れてるかもしれないけど。そしてノーパソにはデスクトップと違ってグラフィックボードがありません。OpenGLと言うのはグラボの機能ですから、今回はチェックを外して無効にしてみました。
するいきなり遅延がなくなり、ポインタがブラシストロークに追随します。お、行けるかなと思ったんですが、まだ微妙にカーブがガクガクします。やっぱりダメなんかとちょっとがっかりしながら、ツールを切り替えたり使ってみたりしているうちに、突然描画が素直になりました。ズームした後です。200%に拡大して描画してみて、その後ピクセル等倍に戻して線を引いたら、カーブのガタつきが消えました。直線に近いストロークも軽い。

行けそうです。8.1でも使えますCS4。ちょっと画面狭いけど。何が理由で動かせたのかは分かりませんが、動きゃそれでいいんです毛唐のソフトなんて。それに何と言っても64bit。メモリを増設すればデュアルチャネルで16GB使えます。CPUはショボいけど、16GBまでメモリを増やせば相当な作業にも耐えられそうです。レイヤー400枚とか。やんないとは思いますけど。
しかしメモリ増設は後で良い。先にやらねばならないのはブラシ、パターン、カラーセットなどのプラグインの移植です。前、どこに入れたっけ。8.1のフォトショのフォルダって、どこにあるんだ……

兎も角、これで最悪メインマシンがまったく動かなくなっても、ノーパソだけで全作業を一応は完結させられます。ちょっと画面狭くて辛いけど。でも座卓で胡坐かいて描けるし。何なら炬燵買っても……絶対みかん食って寝るでしょう。



















posted by 跡間シノブ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

液タブ 導入編

臆病者ゆえ事前に散々調べて、やっとの思いで購入した13HD。しかし商品が届いてからも気が休まる事がありません。とっとと試さないと初期不良だった場合の返品交換期間が過ぎてしまいます。

ビビっている時間はありません、初期不良の受付期間は大抵五日間くらいです。あわあわしててもどうしようもないので、兎に角開けて説明書を読みます。付属品を確認したらすぐにセットアップです。できるだけ早くハードの状態だけでも確認しなければ。これ程までに初期不良を恐れるのは、メインで使っているデスクトップPCがそうだったからです。買っていきなりひどい目に会いました。なあドスパラ。世話んなったよなあドスパラ。インド人なんか雇って検品やらせて俺に迷惑かけやがってドスパラてめえオラ。

サイトの説明と説明書の説明が完全に食い違っていて混乱します。ドライバのインストール時に機材をつなぐの? つながないの? 全く正反対の事が書いてあります。ワコムのサイトとセルシスのサイトでも反対です。もうええんじゃどうでも知るかと半ギレ、とっとと突っ込みました。とりあえずハードの初期不良は無かった様で一安心。電源スイッチが長押し仕様だと気付かず、グイグイ押し込んでしまったのがちょっと気がかりです。しかし何とかなったと思った矢先、設定で躓きました。

マシンの絶対的な信頼性に対して、どう言う訳かダメっぷりが際立つワコムのドライバ。ハードは動いているのにドライバが認識されていません。何だこれ。そのせいでワコムペンタブのプロパティが開きません。これが開かないと位置ずれのキャリブレーションができないのです。アンインストールしてからね、の指示に気付かず最新ドライバをそのまま突っ込んだり、また一からやり直したりしてもなぜかドライバを認識しない。

トラブった時はググります。しかし出て来るのはワコムの公式ばかり、それもどうにも素っ頓狂な解決策を提示しています。それじゃないんじゃないか? と何となく素人でも勘付く様な、そんなアサッテな。よくPCの不具合を詳しい人や販売員に尋ねた時に帰って来る返事に大抵ある、いつものあの感じです。解決策が見付かるまでググるしかなさそうです。とにかくググります。

なぜ認識しないドライバを。動いているんだからドライバ自体は悪くない筈。それも最新の更新分で。ドライバが認識されない理由は何だ。そもそもなぜ認識しない。誰が。? これOSが悪いんじゃなかろうか。Windows8.1が何か余計な真似して、ペンタブドライバをガン無視してんじゃないのか? ググって探して見付けた解決策が↓これです。
タスクマネージャーを起動し、サービスタブ右下のサービスボタンをクリック。Wacom Professional Serviceを選択して、左にある「サービスの開始/再起動」をクリック。
これで認識しました。やっぱりOSだったか、とその時は思っていた。

ポインタのキャリブレーションを済ませたら、デュアルモニターの設定をしなければなりません。これができないと、ディスプレイと同じ画面が液タブに表示されるだけです。それでも使えなくはありませんが、折角液晶が二枚あるんだから、ここはやはり別の情報を表示しないと。これもやっぱりググります。
デスクトップで右クリック、画面の解像度に入って表示画面の拡張に切り替えます。するとデュアルモニターにはなったんですが、ポインタがおかしくなりました。デュアルモニター設定では画面を左右に並べて、ポインタが両画面を左右に移動する様になっています。するとさっき位置調整のキャリブレーションをしたポインタが、左右に倍の移動距離で動くようになってしまいました。

ワコムの説明動画では、ワコムのプロパティにあるファンクションの設定に入り、マッピングの切り替えを指定して二枚のモニターを切り替えて使う、とあります。やってみたら説明通りに切り替わらない。ポインタが液タブの方に来ません。あれこれ疑いましたが、ここではたと気付きました。ドライバがおかしくなっている事に。一度すべてアンインストールして、最初からやり直す事にしました。手間ばかりかかります。一度ですべてがすんなりクリアした事が一度も無い様な気がします、特にウチのデジタル機器は。


13HDのインストールで手間取った時のための覚書。OSはWin8.1。

説明書に従ってインストール。
添付の起動ディスク内の指示は無視。説明書が正しい。

「ドライバが見当たりません」
タスクマネージャーを起動→サービスタブ→右下のサービスボタンをクリック→Wacom Professional Serviceを選択して、左にある「サービスの開始/再起動」をクリック。
これでダメならOSの異常だから再起動。

デュアルモニター設定。
デスクトップで右クリック→画面の解像度→表示画面を拡張。
ポインタの機動がおかしくなるので、ワコムのプロパティからファンクション→マッピングの切り替え。
これでおかしいならドライバの異常なので、一度アンインストールしてから再インストール。

画面の色調補正。
すべてのアプリからディスプレイ設定。RGBをリアルタイムでいじって調整する。
但し、他のディスプレイと完全に同じにはならない。暖色系は赤が足りず、寒色系は青が足りない感じ。


これで、13HDをノーパソにつないでデュアルモニターで使えるようになりました。割とあちこちで起動不良を起こして、何度もPCを再起動しなければならなかったりしますが、そこはもうそう言う物だと割り切るしかない様です。動けばラッキー、くらいに考えてゆるゆる行きましょう。

所で、説明書とかチュートリアル動画を見ていると、13HDはノーパソにつないで使う事を想定しているみたいです。お絵描きならデスクトップだろと思うんですが、今時のノーパソはかなり高性能で、2DCGくらいの作業ならこなせる物が殆どの様です。よっぽどカネぎたない悪徳企業の客寄せパチモンマシンでない限り。虫獄に身売りした富士通のボトム機が如く。あの仕様変更はひど過ぎる。

CIMG0829.JPG
13HDの設定はできました。しかしお絵描きにはお絵かきソフトが必要です。お絵描きフリーソフトは多々ありますが、最終的に商業目的で、イラストだけでなく漫画も描くつもりなら、現状クリスタしかありません。こればっかりは代替ソフトがないのでどうしようもないのです。お絵描きに関してだけなら、フォトショップがあればクリスタのほぼすべての作業を補完できます。ただし、クリスタならボタン一つで終えられる作業を、数倍の手間と数十倍の時間をかけて実行する事になります。

何よりあれはみかじめ料が高過ぎます。CREATIVE CLOUDなんて名前と見てくれだけは格好付けてても、毎月数千円取られます。毎年何回も個展開いて即売会やったり、ジャンプで何十年も週刊連載やってた様な人気作家ならラクに払えるかもしれませんが、ウチじゃ無理です。ましてCS4ユーザーを生贄にして見捨てた奴らに、まるで煙草代みたいにカネくれてやるなんて御免です。折角買ってやったのに。つっても買ったのはBAMBOOのオマケのElements5の特別提供版で、半額だったけどな。
何もわざわざ日本の敵である悪魔崇拝目ん玉ピラミッドに日本人がバカ高い代金を払ってやる理由はありません。使わずに済むのなら無視しましょう。日本人は日本企業のソフトを使うのが筋と言う物です。

世界一売れたと言われる漫画制作ソフトコミスタと、同社イラストソフトイラスタの融合後継機がクリスタです。最初はβ版がユーザーに無償配布されていました。それが商品化してver.1.0.0となり、その後バージョンアップを繰り返して高機能化し、現在の仕様になっています。β版、ver1.0.0の時は軽かったクリスタも、機能を追加されるに連れてどんどん大型化し、今やメモリを食いまくるモンスターソフトとなってしまいました。コミスタユーザーからは今一評判が悪い様ですが、どんなソフトでも多少の不満はあるものです。コミスタにケチを付ける奴もいますし。気に入らない所はガンガン要望を書いて行けばいいでしょう。そのうち改善されるかもしれません。

しかし動くんか。13HDはストレスなく使える事が分かってほっとしましたが、クリスタはどうなんよ。ショボいCPUのノーパソにケーブル接続の液タブで、モンスターソフトと化した最新のクリスタは動くんか。ここまで来てもまだ分かりません。いつもバクチばかりでへとへとに疲れます。ギャンブルに熱狂する連中の気が知れません。国民から勤労意欲や勤勉さを奪うカジノなんか法律で規制すべきです。カジノの利権で国会議員は一人アタマ何千万円くらい儲かるんでしょうね。あれだけゴリ押しするって事はそう言う事でしょ。TPPも。特にカジノ法ことバクチ法は、パチンコ議員がカジノ議員に名前変えるだけでしょう。シナチョンは必ず入り込むし、腐敗しないわけがありません。日本国民の何割かが確実に廃人になります。バクチ法はその名の示す通り、廃人日本国民製造法です。

OS搭載モデルの13HD、Cintiq companionの最安値モデルがクリスタの使用を前提としていて、ウチの安物ノートとほぼ同スペックでした。なら動くだろうよと、クリスタを導入します。既にデスクトップ機で使用中ですが、そちらはサタニスト企業マイクロソフトとアドビに余計なカネをびた一文払いたくないと言う至極まっとうな理由から、OSから何から全く更新せずに使い続けているために、バージョンアップを許されなかったver1.0.0のままのクリスタです。それもイラスタ購入時に優待で貰って来た奴です。EXは新たに買わないとダメなのです。イラスタはもう優待してくれませんから。セルシスさん、イラスタユーザーの事、要らなくなった?

スペック的には大丈夫だろうと高を括るも、何かとイレギュラーが起こるのが我がデジタル人生、ここでも慎重に慎重を期します。体験版をインストールして、ストレスなく使えるかどうかを試す事にしました。
手順は面倒ですが、指示通りにやれば特に迷う事も無く、割とすんなり導入できます。この辺りはやはり日本人の企業です。外国人労働者には決して真似できない、痒い所に手が届くキメ細かいサービスで、微に入り細に入り配慮が行き届いています。外国人労働者には絶対に真似のできない気配りです。外国人労働者には絶対にできません。出来ないのに外国人労働者を雇った会社は確実にサービスの質を低下させ、固定客を失う事になります確実に。

で、インストールしたは良いんですが、何せ狭い13.3インチ画面です。どうやって使うか考えると、キャンバスだけを切り離して液タブに持って行き、描画面を最大化して使うのが良さそうです。起動すると自動的に新規キャンバス画面が用意されました。B4で600dpi。やっぱりグラフィックソフトと言うよりは漫画制作ソフトなんですね、コミスタから乗り換える人が多数派だと言う事なのでしょう。デフォルトで商用漫画原稿用紙設定とは。B4、600dpiのキャンバスをデュアルモニターの13HDに持って行き、27%くらいでの表示がB4原稿のほぼ原寸です。ばっちりそのままのサイズで表示する方法もありますが忘れました。また調べとかないと。

CIMG0832.JPG
画像はクリスタを丸々表示している状態。
キャンバスのタブを持って右へドラッグ、13HDに表示します。全画面にするとポインタがズレました。やっとの思いでここまで来たのにまだ何ぞあるのか。辟易しながらググります。しかし真っ先に調べるのは処理落ちしないかどうかです。ズレたポインタのままぐりぐりと某か描いてみます。落ちない。カクカクになりません。行けます。タスクマネージャーを開けてCPUとメモリの使用状況を確認しながら、レイヤーもわざと増やしてぐりぐり描きます。大して使われていません、それぞれ余裕があります。3Dモデルも動かしてみます。動きます、CPUにもメモリにもまだまだ余裕があります、大丈夫です。描けます。
ああもう涙が出そうです。ギリギリのスペックのPC、ギリギリの予算、いつもこんな綱渡りをやらされます。ポインタはズレたままでも、ここまでの数日の緊張から解放されてへろへろです。でものんびりしていられません、ポインタを直しましょう。時間はたっぷりあるけれど、無駄にできるほど若くない。


クリスタ導入時の覚書。

クリスタをデュアルモニターで使うと、描画面でだけポインタがズレる。
画面の解像度→ディスプレイ表示の変更→テキストやその他の項目の大きさの変更→すべてのディスプレイで同じ拡大率を適用するにチェックを入れて、指示に従ってサインアウト。PWを入れて再ログイン。これでも何かがおかしい時はOSの異常なので、再起動。


なんとかなりました。結構大変な思いをして、フラフラしながらも液タブ導入成功です。僕のデジタル機器との相性の悪さは折り紙付きで、先代のノーパソも現行のデスクトップも、散々な目に合っています。お陰でPCには随分詳しくなりました。苛められて強くなる。それが良かったのかどうかは別として。
             じごくをみればこころがかわく さだめとあればこころをきめる
世の中には殆どひどい目に合わずに生きられる幸運な人もいるもので、十年以上、何台ものノーパソを乗り換えて使っていながら「CPUって何? 」なんて幸せな奴もいます。もちろんHDDとメモリの区別も付いていません。それでどうやってPCもネットも使って来たんでしょうかウチの妹は。まあ他人なんかどうでも、新規導入のマシンとソフトが最低限一通り動作確認できて、今はもうそれだけで満足です。

液タブもソフトも使える事が分かりました。仕上げに液晶に保護シートを貼らねばなりません。13HDには最初から一枚貼られていますが、綺麗にはがす自信がなかったので一枚買う事にしました。部屋を掃除してから一息に貼って、成功したと思ったらたった一か所、埃が入っていました。分かっています。無視すべきです。こんなたった一つ入った埃なんか気にせず、綺麗に貼れた事を良しとしてそのまま行くべきです。神経質になり過ぎるのはいつもの悪い癖です。分かってます。大丈夫です。

粘着面が埃だらけになった不様なシートは、「紙やすり」じゃ困るからと、無難なのを選んだつもりでした。しかし貼ってみるとツルツルで、すり減ったIntuos4のブラシートよりも滑ります。失敗でした。次は紙やすりにします。









posted by 跡間シノブ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする