2016年06月30日

ホワイトベース 1

梅雨の晴れ間は日本晴れ、なんて申しますが、どうにも今年は梅雨に入ってからのお天道様はご機嫌斜めの様で、晴れは晴れでも中々スカッと晴れて頂けません。なんだか薄く雲がかかっていたりガスっていたりと、雲一つ無い快晴と言う訳には行かない様です。朝は晴れかな、と思ったら昼前にはもう西の空が暗くなって、なんて日もあるかと思えば、別の日には昼間はひどい雨だったのに、日が沈む頃にはすっかりやんで、夕日がまるで逃亡した都知事の頭みたいにびかーっとぎらぎら射して来るなんて日もあって、そんな日には夕日に向かって思わず「バカヤロー、カネ返せ」なんて叫んじゃった人もいる、なんて話はまあここだけの作り話なんですが、まあ梅雨時の空は政治家の公約みたいにアテにならないと思っといた方が無難と言う事なんでしょうかね。いえ政治家の公約はアテにならないと困るんですよ。こればっかりはしっかりして頂かないと。

参院選が近いので、各地の掲示板には候補者のポスターが貼り出されていますが、ウチの近所では三番と五番のポスターがまだ貼られていません。先日やっと三番が貼られましたが、にっころのポスターでした。あの掲示板に貼るポスターと言うのは地域のボランティアが貼ってるそうで、にっころはボランティアが足りていないんでしょうか。
今日、大阪市内に移動して初めて五番のポスターを見ました。「支持政党なし」。は? どう言うこったと良く見ると「政策なし」。???。よくよく読んでみるとつまり、あらゆる議事で賛成多数に賛成し、ただ多数派に着いて行くだけとの事でした。舐めとんか。議決権を行使する為だけに参議院に入り込み、全ての議決に於いてテレビ漬けの大衆が醸成した空気に流されて決する、だから大衆の代表たるワタシに投票してください、そんな有権者をバカにし切った話があるか。候補者の顔も名前も解説を読んだ瞬間忘れてやりました。

雨もやんだし、いつもの屋根無し日本橋駐輪場に停めたんですが、自転車がやたら少ない。すると何事か書いてありました。「五月一日から有料になります」。あ? 日付は七月一日だったかもしれませんが、狂い死にしそうな怒りで忘れました。長らく無料駐輪場だったんです。狭い場所にぎゅうぎゅう詰めに押し込めば、一台くらい停めるスペースはいつでも確保できる、そんな。その前はフランクフルトの屋台とかが出ていた場所だったと思います。それが少し前にちょっと綺麗に整地されて、見た目は変わりましたがそれでも無料でした。でもいつの間にか半分が有料にされ、それでも半分は無料駐輪場として利用されていたんですが、とうとう全区画が有料になりました。決めやがったのは大阪市です。ヘイト条例の。大阪市です。

詳しい説明がありました。それによると、これまで指定されていなかった地区が、自転車放置禁止地区だか何だかに新たに指定されていました。天王寺辺りを中心に始まった放置自転車撤去政策が、徐々に拡大している様です。放置禁止にするのは別に構いはしません。緊急車両の通行の妨げになると人命に関わりますから。しかしカネ取るのか? ヘイトが。日本人から。あ? しかも撤去車両の引き取りに3000円? 完全に罰金じゃねーか。
ムカつきながら電気屋街に入ると免税店免税店免税店チョングルチョングルチョングルです。おい、ハシシタのフン捏ねて作った人形。チョンには税金免除で楽しくお買い物して頂いて、大阪市にわざわざカネ落としに来てやってる日本国民からは駐輪場で無条件にカネ取んのか。ヘイトヘイトと日本人の口を塞いで、わざわざカネ使いに市外から来てやってる日本国民からだけは払わなくてもよかったカネを毟り取んのか。ああ?

今度ばかりは本気でブチ切れました。市議会議員共とハシシタのフン人形には勿論ですが、特にISINの市議会議員共とハシ公のフンに投票した大阪市民にブチ切れました。もう二度と大阪市内にカネを落とす事はないでしょう。有料駐輪場など絶対に使いません。代わりに停められそうな場所は何箇所か見繕って置きました。電車にもバスにも乗りません。無銭乗車はできないでしょうが、可能な限り利用しません。飲食店にも入らず、自動販売機すらも大阪市内では使う気がまったく無くなりました。大阪市にではなく、ISINとハシ公の糞に投票したバカ市民共にびた一文くれてやるのはまっぴらです。商業施設も娯楽施設も金融機関も、大阪市内の物は一切利用しません。精々図書館とか大阪城公園くらいには行くでしょうけど。好きだし。何よりタダですから。無料ですから。日本国民による利用が。

先日、大阪市ヘイト条例が可決され、日本全国で日本人に対する言論弾圧が始まりました。もちろん違憲立法です。大阪市がチョンの鳴き声を聞いて日本国民に害を為そうとしたら、行政訴訟でカネ取れます。個人情報保護法、憲法21条2項検閲の禁止、電気通信事業法、他にも色々違反している様です。詳しい事は弁護士の人に聞いてください。デモを妨害した川崎市長が行政訴訟で訴えられていますが、ハナから敗訴確定らしいですよ。
大阪市があなたに何かしようとしたら、行政訴訟で訴えて身包み剥いで、大金持ちになりましょう。

いやむしろ今この状態のままで大阪市議会議員全員とフン相手に行政訴訟起こせないもんでしょうか。日本国民の自由と権利と財産を脅かす違憲立法で善良なる国民に著しい精神的被害を与えた、とか何とか。法律には疎いのでどうにもこの辺は不得手です。しかし座視するつもりもありません。破産させてやろうぜ、アイツラISIN共を。






ホワイトベース
CIMG0148.JPG
先月、先々月に続いて六月も再販ラッシュ。月末のギリにドバっと一気に来ました。長らく市場から姿を消していた1/60シリーズが全品再販です。ドム下さいドム。と言っても買うわけには行かないんですけど。欲しいからって買ってちゃ碌な大人になりません。……もう置くとこないんですよ。押入れぎっちぎち。それにどうせ買っても積むでしょうからね、あんな手間のかかるデカブツ。ああ、目の前に山積みだったのに、1/60。

欲しかったキットを一つだけ買いました。なんでだかこれまで全く縁が無かった、大きい方のホワイトベースです。ウゼえシナチョン共に殺伐としつつも、お目当てのホワイトベースをゲットして一寸だけゴキゲンでガンプラ売り場から降りると、一階のレジの前にシナだかチョンだかがウヨウヨと。ジョイフル気分も一瞬で終わり、ブン殴る勢いで体当たりして道を空けて店を出ました。次辺り本当に蹴っ飛ばしかねませんワタシ。
他にもウヨウヨいたんですが、やっぱり大阪という土地柄、日本人と区別が付きにくいシナチョンが多いんです。コイツか、と目星を付けても、こんな日本人いるよな……と懐疑的になっているうちに過ぎ去って。雑踏ではチョッチョリチョッチョリウザい鳴き声も聞き取りにくいし。何か遠目からでも瞬時に判別できる装置でもあれば、正確に見分けて全ての怒りと憎しみをぶつけるんでけど。

止むを得ない場合を除いて大阪市ではカネを使わないと硬く決意し、とっととオサラババイバイします。帰りの道中に何があると言うでもなく、怒りと復讐心でへろへろになって帰って、早速開けて見たのがこれこのキットとなります。

CIMG0149.JPG
もっと小さいかなと思っていたんですが、意外と大きい。箱は当時のキットにしてはスカスカ。いつもランナーがひん曲がるほどの鮨詰めにするバンダイとしては珍しい感じです、こんなに余裕がある箱は。他には1/100のジムくらいかな。Gアーマーなんかひどいですよ、歪みまくりで。再販で箱を大きくしても罰は当たらないと思うんですが、それほどまでに送料をケチりたいんでしょうかバンダイ。まあいくらあくどいとは言え、バンダイが無ければこの世に生まれなかった作品もキットも山ほどあるわけで。持ちつ持たれつでしょうか。楽しい時を作る企業も、夢のウラには色々あるってわけです。


CIMG0150-2.jpg
実はお目当てはコイツ、ガンペリー。これが欲しかった訳で。でも実際見てみるとこんなカタチだったっけ? と。コンテナは外れない形だったんですね。知らなんだ。
ガンダムはなんか、上半身の上の方がやたら長い。アタマは当然デカい。
ガンキャノンは彫り師が途中で諦めたような造形。
これがガンタンクのアタマだと、言われるまではお釈迦様でも気付くめえ。

CIMG0152.JPG
船体を見てみると、バンダイ特有の運河彫りがいささか以上に深過ぎるとは言え、モールドは半端にならずにいい感じです。全体のシルエットも設定画や画面に忠実で、いやはや中々良いキットです。何より、オマケ付きの秘密基地と言った感じのプレイセット的な内容は、作る前からワクワクします。まあ初めて作るキットは大体そうですけど。

どんな風に作ろうか。1/1700を買って来てオマケ艦載機だけ乗せ替えて、全長340m設定にするとか。メガ粒子砲は欲しいし、主砲もせり上がり式にして、艦橋も第一第二と、ああ流行の電飾はどうしよう。しばらくは仮組みだけしてニヨニヨしていましょうかね。ハシ公の糞でできた人形にブチ切れさせられた分くらいは。






















posted by 跡間シノブ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ホワイトベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

雷鳥はれかぜに乱雲呼ぶ

ARE GO.jpg
翻訳に限らず、サンダーバード新シリーズに関しては言いたい事がいろいろあります。旧作を知っている方々ならご同様でしょう。特に、デザインが一新されたメカを初めて見た時、これじゃ誰も商品を買わないんじゃないかと思いました。

全然格好良くない。CGだから大して迫力もない。精巧に作られたプロップを、じっくり見せ付ける様にゆっくり動かすのが魅力だったのに、尺が半分になって時間がないのか、高速でぎゅんぎゅん飛び回るから重量感も存在感もへったくれもない。兎に角格好良くないのは致命的です。それでもいつかは見慣れて、カッコ良く感じられる様になる日が来るんでしょうか。
しかし、あんなん売れんのかと最初は思っていた玩具も、今やあれはあれでそれなりに売れている様です。何ですか、やっぱりテレビの力と言う事なんでしょうか。映れば見る、見れば覚える、覚えれば好きになる、好きになったら欲しくなる、欲しくなったら手に取る、買う。投票する。


イギリスがEU離脱を国民投票にて決定しました。市場がえらい事になってます。先物ではサーキットブレーカーが作動したとか。中国か。通貨の信任とやらを後生大事に鰯の頭にしてきた結果がこれですよ。責任取って1000兆円くらい刷ってよね、とかそう言う事は今は置いといて、テレビ、特に支那様のNHKの報道はひたすら離脱反対を誘導していました。そんなの日本でやっても仕方ないんですが、そこはNHK、支那共産党の日本支部ですから。

イギリスは中国にとってEUへの窓口であり、支那がEUに対して投資やロビー活動つまりハニトラなどを仕掛ける時はイギリスを通していたので、その窓口イギリスがEUを離脱すると支那共産党は大変お困りになる、と言う事の様です。ついでにリーマンショックの時にアメリカが放出した支那のジャンク債を大量に買ったバカもイギリス始め欧州勢だったとか。欧州各国の国力低下は支那共産党には大変都合が悪い様で。

NHKに限らず日本のカスゴミは大体殆どが、リダツスルトーリダツスルトーな「離脱、悪!!」みたいな感じの報道でした。同時にカスゴミは、今回のイギリスEU離脱は元々が移民問題である事には全く触れていません。同じ様な状況が、一年前に大阪でありました。大阪解体計画を「大阪都妄想」だのニジュウギョウセイガーだのと呼称を捏造し、テレビラジオ新聞が踊り狂っていました。あれも本質は移民問題です。大阪をバラバラにして弱体化させてチョンにくれてやるチョン租界計画が、ハシシタ党の都構想の正体である事を、カスゴミは寝言でも口にしませんでした。そのハシシタは、関西財界が出資する関西テレビ界に湧いたウジです。


そのテレビがゴリ押しして都民に押し付けたハゲは、先日とうとう辞任しました。でもそれは結局、都民が選択してハゲを追放したのではなく、テレビが騒いだからテレビしか見ない都民が、世論と言うよりはむしろ「空気」を醸成して、その結果ハゲがどうにもならなくなって逃げた、そんな成り行きでした。市民が正しく判断してハシシタを大阪から追放した去年の住民投票とは違います。この差は大きいと思います。

都民に限った話ではありませんが、日本人はいまだにテレビを消しません。これぞと狙った番組だけを少量拾って見るのなら、そんなに害はないんですが、最もまずい、何となくダラダラ見るバカタレが後を絶ちません。テレビは、本気にならずにぼんやり眺めている人が一番洗脳されるんです。テレビはその様に設計されています。
ハゲに投票したのは当然そんな人達です。投票理由を訊かれて「政策」と答えていましたから。本当にハゲの政策がどう言う物か、自分で事実を調べるなり詳しい人に真実を聞くなりしていれば、あのハゲに投票する筈がありません。ハゲに投票した都民達はもちろん、ハゲの政策や主張などまったく聞かず読まず調べず、ただテレビで見て顔を知っていたから、と言う一点を理由に、貴重な民主主義の一票を敵に投じただけです。何一つ読んでもいないんなら一々カッコ付けて利口ぶらなくてもいいんですよアホなんですからベラボーメ。


6月15日、支那様のNHKの朝番組で沖縄の基地GUY特集をやってました。キチガー、ベイグンガー、オキナワノコエガー、と国籍丸出し反日モロ見えの、いつものテレビ病患者向け、洗脳強化番組です。で丁度その日、鹿児島沖の接続海域(準領海)を中国軍船が侵犯しました。報道はありませんでした。国営民放全局揃って一秒たりと。
これまでにもシナの偽装工作船による領海侵犯は度々ありましたが、あからさまに敵国の軍艦が我が領海を堂々と侵犯したのは戦後初です。戦後初の軍事侵略に、我が国の官邸は相当緊張したものの、結局生かして返してしまいました。選挙前に日本の領海を侵犯したら日本政府がどう対応するか、これではっきりしました、何もしません。今回は90分だったので、次回は三時間くらい居座るでしょう。その次は一週間、いつの間にか常駐、埋め立て、基地建設。

政府が命令して自衛隊がきちんと敵を殺しておけば今回で終わったと思いますが、得票数低下を恐れて殺さなかった。なので次があります。シナ海軍の軍艦は必ずもう一度日本の領海に侵入します。それも恐らくは選挙直前くらいを狙って。あるいは投票日とか。問題は先送りすればするほど手遅れになります。今回最初の一歩で殺さなかった事を、総理以下政治家は全員激しく後悔する事になるでしょう。事実を知っている国民は怒り狂っています。自分の自衛権を政治家に勝手に放棄された事に対して。僕は集団的自衛権も個人的自衛権も放棄してはいません。

七五三の子供を狙った靖国神社爆弾テロ犯のチョンチャーハンが死刑になりませんでした。
http://www.sankei.com/world/news/160623/wor1606230002-n1.html
法に則ってちゃんと正しく殺さなかったので、こちらも次があります。時期に本国からわんさか来るでしょうチョンテロリスト共が。チョン共の夏の計画は日本が急上昇してるって話です。爆弾持って来ますよ大挙して。爆弾テロ犯は殺されないと分かったから。
このチョンの爆弾テロも、カスゴミは爆発「音」事件と報じ続けています。なら世田谷一家殺害音事件とか、セウォル号沈没音事件とか、大チョン航空緊急不時着音事件とか言うべきでしょうカスゴミは。


イギリスのEU離脱で大ピンチの支那、外需頼みの中国は本当にカネがないんだと、チャイナウォッチャー宮崎正弘先生が分析されています。中国が出して来る数字には全く信憑性がありませんが、それでも以前から言われていた通り、相当額の米国債を叩き売っているとか。これは戦争準備でしょうか。それとも単にカネが欲しいだけとか。実際に本気で対米戦をやる力は中国にはありません。しかしシナ国内における人民の、溜まりに溜まった鬱憤は革命寸前で、それを晴らすには対外的に戦争でもやるしかない訳です。ならば尖閣辺りで小競り合いを起こして「勝った勝った」とやれば、シナ国内のムシケラ共の腹も一時的には治まって、支那共産党もしばらくは安泰となるでしょう。なので本気で日本に攻撃を仕掛ける可能性が非常に高まっています。

キンピラは国連海洋法条約脱退を検討中。
http://www.daily.co.jp/society/main/2016/06/21/0009207817.shtml 
やる気だぜオイ。世界から孤立した中国は、正真正銘世界の敵となります。かつての日本と違って、文字通り全世界を敵にして本当の悪の帝国となるのです。投資しまくってるドイツ辺りは支那に付くかもしれませんけど。そしてシナ共産党には世界中を敵にして戦えるだけの力はありません。武器は不良品で兵士は逃亡、略奪と暴行が横行し、ほぼ全ての暴力が自国内で爆発するでしょう。さあとっとと国連からも脱退するんだ。ここまでテレビラジオ新聞は完全に沈黙。
そんな中で沖縄独立と叫ぶニセモノ日本人。
http://hosyusokuhou.jp/archives/47816345.html?1466227868

この参院選でジャスコは九条改正反対、志位は自衛隊解体をそれぞれ公約。「私らは日本の敵です」とはっきり言ってます。中国が日本に攻撃を開始する時は国防動員法を発動しますから、日本国内の全てのチャンコロ共が敵兵となりますが、いまだに民主党だの共産党だのに投票している人達はその辺りの事は分かってるんでしょうか。個人的に深夜アニメ専門チャンネルと化しているBS11の、選挙番組の民進党連呼がモノスゴ過ぎて絶句しました。ミンシンミンシンミンシンミンシンと、蝉か。イミンゼミの次はミンシンゼミか。
そのジャスコ、なんと参院選はジャスコで投票しろと言ってます。
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20160622000102
これは選挙協力ではなく選挙妨害でしょう。敵が不正しない訳がない。公選法を変える時、テレビは何か言ってましたっけ? 議会が議論してジャスコで投票できるようにするって。

ミンチン党1.jpg
ミンチン。

ミンチン党にぶち切れていた矢先、トチ狂った北の19号がサイルを発射しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160622/k10010565641000.html?utm_int=all_contents_just-in_002
PAC3を展開しはしたものの、我が国はやっぱりgdgd対応。「好い加減にしないと抗議するぞー」「これ以上怒らせると協議するぞー」「遺憾遺憾遺憾遺憾遺憾……」本当にそろそろ誰か刺されたほうがいいですよ、日本の政治家達。国民は自衛権を放棄してはいません。

ハゲ有田は参院選が終わるまでムスダンの発射はないと豪語していましたが、結局二発撃ちました。
ttps://twitter.com/aritayoshifu/status/738529076655230976
あのハゲ削除しませんね、このツイート。でもテレビは全く報じません。今度の参院選では名簿の順位は関係ないそうで、比例代表名簿の上の方だからハゲ有田は落選しないと言う事はないとの事です。落とせますJKおっぱいハゲ。頑張りましょう、金輪際あのツラを見たくない皆さん。

ハゲのボスである朝鮮総連は日本国内に於けるテロを宣言しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000071-san-kr
テレビは全然言いませんが、連中はもうはっきりと、日本人を殺すと宣言しています。7・9から早一年、いよいよ本当にチョン共を殲滅できるんでしょうか。選挙終わっても何もせずにヘラヘラしてそうですけど、自民党も野合の衆も。結局アメリカ様のご機嫌次第ですか、うちの総理大臣達は。

敵が選挙前を狙って来ている事は明白です。で結局日本政府が全く何もしない事もはっきりしました。次は何が来るでしょう。いよいよ本気で尖閣に上陸するんじゃないですか、それも参院選投票日当日とかに。「まさか中国がそんな事はしないだろうチミわはは」とか言って何もしないなら本当に盗られますよ? 尖閣。総理は分かってるんでしょうかね。


本当にテレビは言いません、こう言う事は。東京都民のカネを使えるだけ使い込み、盗めるだけ盗んで逃亡したハゲの所業も、カネに関する不正はやかましくがなり立てても、ハゲとチョンの深過ぎる関わりは一言たりと報じません。むしろハゲがチョンであると言う事実は一言も。

この度の都知事選に桜井会長が立候補した事で、ハゲに投票するレベルの都民達に対し、テレビを使って真実を訴える事ができると期待されています。しかしテレビは、切り貼り捏造、偏向誘導、事実歪曲、虚偽連呼、映像改竄、音声加工、考えうる限りをはるかに超えて、ありとあらゆる卑劣な手段を片っ端から用いるだけ用いて、桜井会長に偽のレッテルを貼ってくるでしょう。
それらを見たら、とっくのとうに昔からテレビ漬けで、思考能力を木っ端微塵に破壊されている都民達は確実に騙されます。いくばくかの大阪府民市民が、桜井会長vsハシシタ会談を、テレビが驚愕の手腕でもって見事に編集したダイジェストで見て、桜井会長の方を朝鮮人であると勘違いした様に。

政見放送の編集加工はできませんが、政見放送なんて見ないでしょう、ハゲやマジコンに投票したバカな都民は。いつも見るのはスポーツ中継とか雛壇バラエティとかでしょどうせ。政治は報捨てとか0とか1とか23とかでしか見ないんでしょ。そう言う偏向番組で見た顔だけしか知らないんでしょ。そんな洗脳誘導番組で見ているいつもの芸能人だから、何も知らずに知った様な気になって投票して、投票理由を聞かれたら「政策」と答えるんじゃないですか。それは都民だけじゃないけど。

結局今回も知名度比べの人気投票になりそうな都知事選。まだ間に合うぞ出ろハシシタ。東京都構想、23区を五分割してワントーキョー、行けオラ。どうせ捨てゴマだから後腐れもねーだろ貴様。大阪なんかなくなっちまえとほざいてた都民共に地獄見せたれ。


「東京」都知事なのに「おおさか」維新からハゲが「どげんかせんといかん」て。
江戸っ子が一人もいないなんて。

まろん2.jpg
千葉出身だけどな。













posted by 跡間シノブ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

ジェットモグラ新 イマイ/アオシマ 3

膨大な無駄話を経て、やっと工作です。基本的に説明書のままの素組みですが、組む前に済ませておかなければならない工程があります。凝った料理ほど下ごしらえは重要です。特に塗装まで完全に仕上げるつもりならば。

JMA13.jpg
眼光で焼け焦げるほど説明書をよく読み、全工程を把握したら組み始めません。問答無用で真っ先にやるのは、黄色の本体パーツの裏側を真っ黒に塗り潰す事です。サイドキャタピラの隙間から内側が見えるので、これをやるのとやらないのとでは仕上がりが全然違ってきます。内部ギアボックスも、スイッチも、電池受けも、もちろん全部黒く塗ります。警告灯後ろの屋根みたいなパーツの裏側も黒く塗ります。Paint it blackです。ベタを塗れです。あの日の事もぬーりぬりです。
さらに、外に出るパーツはまとめて一気にゲートを処理します。合わせ目は一切出ない設計なので、ヤスリによる表面処理が必要になるのは、ゲート跡と、パーティングラインと、ヒケだけです。処理した部品は色ごとに袋に小分けして失くさない様にします。そして組み付ける前に予め大まかに塗装しておきます。接着が必要になる所は塗り残しておき、接着後に塗り足す様にします。目立つヒケが胴体後部の左右にありますので、ポリパテで埋めました。この辺の単調で面倒な一連の作業には、高度な技術力は要求されません。ただ面倒なだけです。なので誰でもクリアできます。逃げる事を諦めれば。

表面処理が終わったらすぐに基本色を塗ります。本体の黄色は黄橙色が指定されていますが、黄橙色では赤過ぎます。しかしRLMイエローではくすみ過ぎです。調合も考えたんですが、工事現場の重機に近いGSIの329がドンピシャ、イメージ通りの色味なのでそのまま使いました。青は指定されたネイビーブルーでは灰色過ぎるのでGSIの328、ブルーエンジェルズの青です。サンダーバードなのにサンダーバーズの青ではなくブルーエンジェルズの青。黄色の329もエンジェルズのです。狙った訳ではなかったんですが、アイロニックです。アラニス・モリセットです。

キャタピラは焼鉄色が勧められています。しかしサイドキャタピラがゴム製で真っ黒です。台車だけ焼鉄色では収まりが悪いです。どっちかにしましょう。ここはサイドキャタのゴムの黒に合わせる事にします。で短絡的にタイヤブラックを買いました。が薄い。黒くない。ガイアのジャーマングレーの方がよっぽど黒です。仕方ないので新しく買ったタイヤブラックは忘れて、余ってたガイアのジャーマンを使いました。買う前にもうちょっと考えろ俺。
焼鉄色は、サイドキャタビラを回す転輪に使いました。銀色は何も考えずに銀色を吹きました。最近のクレオスの銀にはギラギラ成分が入っていますけど、あれは良し悪しです。求めないケースもあるので。

ドリルはメッキの色がかなりイイのでこのままイクかと思ったんですが、残念ながら中央にパーティングラインがびっちり入っています。イヤイヤ漂白剤で落とす事にします。しかしイヤな予感がしました。こう言うサインは要注意です。用心してランナーで試した所、やっぱりです。ブリーチでは落ちませんでした。が、わざわざ反日企業花王のハイターを買いたくもないのに買ってやったと言うのに、言うのに落とし切れません。落ちるメッキは片側だけで、反対側は皮膚病みたいに残ります。ランナーで試しておいて正解、いきなりドリルでやったら泣くに泣けない大惨事になる所でした。
折角良い色のメッキを半端に落として、何日も泣きながら辛いヤスリがけをして、ウィノーブラックとメッキシルバーネクストをまた新たに買って来て、埃が付いたらやり直す不毛な塗装作業を又何日もかけて繰り返して、やっとでき上がったのは光沢も鏡面もキットには及ばないイマイチなドリル……。ただパーティングラインを消すためだけにそんな思いしたくないです。なのでそのままで行く事にしました。ゲート跡のリタッチは素直に銀で。ずっと後になって、パーティングラインがどうしても気に入らなくなったら、その時は処理する事にしましょう。
七月にハセガワからメッキはがしが発売されるみたいです。良さそうなので試してみてもいいかなと思いますが、メッキはがしとメッキシルバーで3000円、アルティメットミラークロームなら5000円です。近所にはないので送料手数料別で。2300円で買ったキットに。間尺に合わん仕事になるかもしれんのう。


下ごしらえが済んだらいよいよ本工作ですが、先に述べたこのキットが抱える不具合を、見付けたらその都度解消していく事になります。予め分かる設計ミスはありません。全て組みながら出たとこ勝負です。ここからはそれらの不具合を一通り並べて行きます。これから作るぜ、と言う人の参考になるかと思いますが、本当に作る人は少ないんじゃないかと疑ってますこのキット。手数多いし。売れた内の何割が積まれている事でしょう。

JMA14.jpg
ドリルを回すメインギミックは、二重回転させるためにギアの枚数が多くなっています。ギアボックスの上蓋内側の突起が、浮き上がるシャフトを押さえる構造ですが、なぜかネジが上蓋の片側に一本しかありません。そのせいでドリルを回転させるシャフトが十分押さえらずに浮き上がり、モーターのピニオンギアが空転りします。
ここはメインシャフトを抑え付ける事ができれば、空転りを防げます。上から生えている、シャフトを押さえる突起に1mmプラ板を貼って延長しました。プラ板を強力な瞬着で貼って固まってから、シャフトが納まる形に削って整形します。使ったのはやっぱり剛着です。

単三乾電池を収めるスペースにはなぜか「前後に」無駄な余裕があります。きっちり作ると電池金具が電池の極に届きません。胴体中央側の電池受け金具は、角度を大きくして距離を稼ぎます。

胴体尾部側の電池金具はただの板なので弾力がありません。しかしここをしっかり押さえ付けないと導電できないので、金具をプラパーツごと後ろから押さえ付けるために、本体最外郭となる廃熱プレートの内側中央に、プラで作った突起を貼ります。

コードを這わせるスペースには全く余裕がありません。

JMA15.jpg
台車タンク部の片側四輪の転輪は、中央の二輪はシャフトが左右で独立しています。このシャフトがなぜかかなり余裕を持って長く作られています。強く押し込んでも長く残ります。理由が分かりませんのでそう言うものかと納得しましたが、その内の一本だけはNGでした。シャフトが長すぎてモーターに干渉するのです。そのままの長さでは転輪が外側に出すぎて無限軌道がはまらないか、モーターが内側に倒れます。なのでモーターに干渉しない様にこの一本だけ、シャフトをペンチで1/3ほど切り詰めます。

台車タンク尾部の逆転スイッチの金具が、ギアボックスの上面に取り付けられる導電金具に引っかかって左右にスイングしません。ギアボックス側の金具が浮いて高過ぎる様です。しかし低くするのは困難です。なのでギアボックスの上面中央に0.3mmプラパンを貼って底上げし、逆転スイッチの金具が引っかからない様にします。ついでに、逆転スイッチの取っ手が長過ぎるので短く切り詰めます。目立たない様に四角く整形しました。それにしてもこの逆転スイッチ、なんで車体下部に持って来なかったんでしょう。出来たと思うんですけど。
その逆転スイッチにつなぐモーターのコードは、できる限りハンダ付けせず、且つ高さを低く保ってつなぎます。ここは高さに余裕が無いのです。つないだコードのダマだけでも納まるギリギリの高さです。ハンダの玉が納まる空間的余裕は全くありません。
この内部空間の余裕の無さは、台車タンクだけでなくモグラ本体も同様です。後々の事を考えると接続各部をハンダ付けしたくなるんですが、やってしまうと他の何かに干渉する場所が何箇所かあります。実はやってしまったんですが、これから作る人はハンダ付けはしない方向で進めるのが良いと思います。

ツヤを落とす前にスミイレとデカール貼りです。スミイレは黒では強すぎるので赤っぽい茶色にしました。ある程度の面積を塗らなければならない部分もありますが、そう言う所は濃い目のエナメル塗料と面相筆と気合で塗り切ります。
デカールは素晴らしい出来。考証の正確さもさることながら、ノリも伸びも発色も最高レベルです。マークセッターもマークソフターも、一応使いましたが特に必要ありません。良く追従して貼り付きます。台車タンクの暗い青に白の文字が映えて行く過程はそれだけでサイコージーザス、オレは今、猛烈に感動している!! でした。

一つだけ部品を紛失しました。やっぱり浮かれてるとダメです。ガントリーのシリンダーを固定するネジを隠す、小さな青い円形パーツです。気を付けてはいたんですが、やっぱりミスは起こる物です。組むだけの人間でもミスをするんですから、設計者がミスをするのは当然です。そんなのは買って作る側が修整すればいいだけです。些細なアラを見付けてキーキー喚く間があったら、黙って手を動かして完成に向かって進むのが男です。訴訟中毒の毛唐じゃあるまいし、不良だ欠陥だと一々騒ぐな。
なので自作しました。使ったのは太目のランナー、台車タンクの周りを走ってた奴だったと思います。多分。覚えていないのです、どこのランナーだったか。3mm丸棒では細過ぎて使えなかったので、ぶっといランナーを探して削りました。一回目は削りすぎて失敗。二度目のテイクで合格です。
とかやってたら完成後に出てきました青い円が。ええい間の悪い。もう接着しちまいましたので何か他の所で使う事にします。



本体下部に取り付けるスライドスイッチは、コードを結ぶ向きと位置がシビアです。コード押さえみたいな部品が付いていますが、コードがかさばり過ぎてまず使えません。そもそも穴の直径がスイッチの金具の幅にも足りていません。何でこんなの付いてるんだ。無くていいですから没にします。
コードをまとめるプラ製の輪っかも付属していますが、ムギ球のコードに一つ使っただけです。もう一つは捨てて構いません。

警告灯がLEDでなくムギ球なのは、低電圧で点灯させる為でしょう。電源はモーター用の単三乾電池二発で3vなので、発光ユニットが電源を共有するとなると、高電圧を要求されるLEDよりムギ球の方が向いています。で、説明書をよく読まないうちに先走って買ってしまったムギ球は無駄になりました。何でモーターは別売なのにムギ球だけ付いてんだこのキット。箱に書いとけッテヤンデーバーロー。

ドリル先端のペラの付いた部分のシャフト受けの穴は小さすぎて、一度はめたら抜けそうにありません。それどころか先端のプラが割れそうです。なので、2.5mmドリルでぐりぐりと穴を少しだけ広げます。プロペラの形は修整した方が良いんですが、ここはメッキを残すのでそのままにしました。いやー修整したかったわーホントやりたかったわー残念だわー。

あと、何の装置か分かりませんが、泥除け(?)上面、左右にあるバルジの前面が塞がっているので開口します。

覚えている限りの不具合と修整は以上です。細かい難点は他にもありましたが、それらは通常の模型工作の注意点と変わらない程度でした。この後はもうガンガン組んで行きます。擦れ合うパーツには、爪楊枝で丁寧にグリスを塗って、磨耗と電気の無駄遣いを防止します。残っていた塗装は組みながら進めます。マスキングの必要はほぼありません。精々胴体上面の銀くらいです。台車の銀色部分はフリーハンドの筆塗りです。

デカールが完全に乾いたらトップコート、銀色パーツを貼り付け、電池を入れて完成です。


JMA4.jpg
プロップをほぼ完全再現したイマイの新しいジェットモグラは素晴らしい出来です。作り始める前は、旧キットの方を無塗装で仕上げたのでこっちはハードに汚そうと思っていましたが、あまりの格好良さと美しさに、もう汚し塗装なんか絶対したくありません。こんなにキレイなのに汚すなんてムリです出来ません。それに汚すならドリルのパーティングラインを処理してからです。間尺に合わん仕事じゃけんのう。「このへんでええとこ見せんと、もう舞台は回って来ませんけえ」いや、やらないから。

JMA11_2.jpg
旧キットも格好良かったけど、こっちも良い。実に良い。

JMA12_2.jpg
本当に格好良い。

JMA9.jpg
右は素っ気無い。

JMA8.jpg
いっそ模型独自に、左側と同じデカールを用意しても良かったかと思います。

もう俄然こっちの方が気に入ってしまいました。リアルタイムのファンは昔の方がいいって言うでしょうか。しかしこのジェットモグラ、新しい方と言っても15年前のキットです。又再々設計するとしたら今度はどうなるでしょう。やっぱりガントリー自動起動でしょうか。ドリルはパーティングラインが全く出ないワンピースパーツで、スイッチ類も外から全く見えない様にとか。外見の細部に関してはもう殆どやる事ないです。
全体的に高精度の良キットです。しかし説明書の通りに組み進めればまず間違いなく完成するガンプラと違って若干の粗もあり、そこかしこでモデラーとしての基礎力を試される実戦テスト的な側面もあります。そこも含めておススメです。

JMA10.jpg
所で今更ですがこのジェットモグラのサイズ、1/72だと? ウソ吐け。ヤークトティーガーの何倍よ。確かに台車の車体だけならそう大きくもありませんが、本体がデカ過ぎます。地中を掘り進むのにこんな馬鹿デカくて重い図体は邪魔です。
1/35なら納得できます。ギリギリ数人乗れる程度の大きさで。でも大出力の原発も積んでるし、これくらい大きくなっても仕方ないのかも知れません。しかしそれだと2号のコンテナのサイズがギリギリだったりするので、やっぱり小さめに見積もっといた方が、ガウとコムサイみたいな関係にならずに済むので無難です。4号と同じくらいにしとけばどうです。そこまで小さいのがイヤならせめて1/48くらいに。いくら大きいのがイイからって無理して見栄張らないで。

JMA.gif





相撲やら野球やらでしょっちゅう放送予定を順延するNHKのせいで、去年の秋に放送を開始した新作がいまだに放送中ですが、なんで「国際救助隊」と呼ばん、CGアニメのサンダーバードARE GO!。シナ様の捏造反日協会NHKのせいで放送予定がダダ狂いになる事よりも、作中の登場人物達がカタカナで「インターナショナルレスキュー」と言っているのが頭に来ます。

つまりあの日本語訳の台本を書いた連中は、英単語を日本語に訳さずそのままカタカナにして使う事を、正しいと思っているわけです。誰かに命令されてやっている訳ではないでしょう。この方が今風だとか、この方が時代に即しているとか、自分達で判断して「国際救助隊」を捨てたんです。「エフエービー」て、じゃかーしわ。原語のニュアンスを伝えるのがどれ程難しいかなんかどうでも、プロの翻訳家ならきっちり訳して見せろ。

一方では端から和訳を拒否して、やたら横文字を使いたがる奴もいます。色々思い出しますが、取り分け酷かったのは何と言っても「アジェンダ」とか「マニュフェスト」とかでしょう。アイツラの場合は、国民の目を欺こうとする下心がそのまま字面に現れています。同時にアタマの悪さも滲み出ています。

また、カタカナで英語をそのまま表記するのが格好良いと、本気で勘違いしているかなりアレな国民も、いまだに大勢いてげんなりします。百均の日用品の名札とかが顕著でしょうか。櫛をコーム、毛抜きをトゥイーザー、よりによって箸はチョップスティックです。チョップスティックと書かれた値札を初めて見た時は、売り場の責任者ひきずり出してヤキ入れたろかと割と本気で思いました。

日本人の多くは、いまだに「英語は格好良い」「アメリカは格好良い」みたいで、ハリウッドが作ったアメリカの虚像に偽りの夢を見せられたままです。実際、大多数の日本人にとっては英語と言えばアメリカで、イギリスその他の英語圏を連想する事は稀です。それはアメリカがそれほどに強いと言う事でもありますが、大多数の日本人が関心を寄せる虚構の理想像としてのアメリカは、80年代と共に終了したんじゃないかと考えます。バブルとソ連の崩壊は、アメリカと言う偽りの幻影の消滅でもあったのだと。

今現在アメリカに某かの理想や希望を抱く人達は、アメリカの何を見ているんでしょう。歴史も無い、食事は不味い、犯罪者と麻薬と核兵器だけは世界一の保有数を誇り、国民にはもう自由すら無い。インディアンを絶滅させて奪い取った土地に作った、移民による薄っぺらな人造国家は、正義正義とのべつ幕無しにがなり立てていなければ、本当は正義なんて欠片も持っていない事がバレてしまう。カネのために虐殺を続ける世界最悪の戦争国家アメリカの正体はもう、GHQが徹底した洗脳工作を行って見事に成功を収めた日本人にすら、徐々にバレ始めています。それでもアメリカに虚しい夢を見ている人達にとっては、あの国はいまだにマイケル・ジャクソンとディズニーランドの国なんでしょうか。

かように散々アメリカをディスってますが、個人的に好きなアメリカもあります。ベタですがバーボンです。ケンタッキーバーボンは本当に好きで、心の底から美味しいと感じます。また日本人のクセに焼酎やコメの酢が合わない体質のせいか、ウィスキー類は比較的ヌケが良く、後に残りません。バーボンが日本の酒なら良かったのにと痛烈に思います。
あとアメリカと言えばロックとブルースです。アメリカ生まれのあっぱっぱーな白人ソングは、「アメリカ」に対してムカつきはするものの、同時に底抜けな明るさがちょっと羨ましかったりします。同じ白人でも欧州勢が歌ったアメリカは寂しく心に刺さり、有色人種がアメリカで歌うロックはやっぱり怒ってます。ブルースには黒人奴隷の辛い来歴が刻まれていて、斜に構えた前向きさや、諦観した様な疲れた明るさが好きです。
ロックとブルースとバーボンは、アメリカの最大の文化遺産です。ロックウェルとかホッパーとか有名な画家もいますけど、今はあっちに置いときます。


アメリカ生まれの脳天気ハッピーな合衆国礼賛ソングと違って、移民目線のアメリカは寂しい感じ。

やっぱり英語詩が基本のジャンルと言う事でしょうか。世界中の言語で歌われていますが、ロックもブルースも英語が一番似合います。でも日本語は英語の次くらいにロックに合うと思います。日本語はロックには乗らない、合わないと言う人も多いですが、そこは作詞家の腕次第で。
椎名林檎は日本語で独自の音世界を作り上げていますし、乱歩奇譚のオープニングは殆ど日本語の歌詞で書かれていましたが、格好良く完成した楽曲だと思います。なのでそれがたとえメジャーキーのアメリカンハードロックであったとしても、日本語がまるで対応できないなんて事はないでしょう。他民族が日本語詩の響きをどう感じるかは当然無視します。松たか子のレリゴーは概ね好評の様でしたけど。

一文字一音の明確な発音が、むしろリズムに乗せやすい事に加えて、元々英語向きのジャンルに対する他言語が持つハンデを、2676年の長大な歴史が積み上げた膨大な語彙力が余裕で補ってしまうんじゃないでしょうか、ロックを歌う時の日本語は。他言語を圧倒して引き離す絶対的な語彙力。これは勿論、日本人が日本語を使い続けて来たからこそ得られる、国際的に非常に強力なアドバンテージです。曖昧な言い方を避けてはっきり言うと、「武器」です。

この間、ウチの前の公園にどこかの保育園か幼稚園かが遊びに来ていて、職員がガキ共にプラカードを見せながら、英語で何事かくっちゃべってました。恐らく保育園だと思いますが、まだ言語野の基底すら出来上がっていない日本の乳幼児の脳に、日本語より先に外国語を刷り込もうとしていました。白人が。
去年見たのと同じ保育園かどうかは分かりませんでした。でも他の保育園か幼稚園だったとしたらその方が問題です。同じ所ならそこだけが国賊と言う事ですが、別の施設なら同様の亡国洗脳教育が、近隣の複数の場所で行われている事になります。前に見たのは日本人のバカ女でした。今度はバカ女と毛唐の野郎です。
そいつらが乗ってきたであろう車を見ました。20人くらいのおチビちゃん達を、そんなに大きくもないワゴン車に詰め込んで移動して来た様です。前面にちぐはぐな色のアホみたいな字で"GROOVY"と書いてありました。何がGROOVYじゃボケとっとと帰れ腐れ毛唐が。

日本人が日本語で徹底的に思考する事は、日本人にとって最強の武器の一つです。
日本の敵は、わざわざ白人にカネ払ってまで、日本語を破壊しにかかっています。









posted by 跡間シノブ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ジェットモグラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする