2018年02月20日

戸山香澄 1

バンドリに登場する各バンドの楽器を、分かるだけ並べてみました。ガルパは全体のキャラ数も多く、使用機材も多岐に渡るので、見ていて楽しいです。劇中で機材について語られる事は殆どありません。名前が出るのもランダムスターくらいです。しかし、例え誰にカタラレズトモ構わない、と自分用にバンドリの登場楽器一覧を作りました。

もちろん実際はもっとあるでしょう、目についた物だけです。それにミュージシャンの使用機材は時々刻々変化しますので、特にエフェクター類は既に随分変わっているかもしれません。ドラムは社名だけ、ステージ用大型アンプと練習用機材はシカトです。見落とした所と間違った所はゴメンナサイで。

あくまで自分用です。楽器に興味の無い人にはお経かマシン語に見えて来ると思いますので、不運にもこのページに迷い込んでしまって気になる方は、キャラに関わる所だけ拾って下さい。








■Poppin' Party

香澄  ESP:ランダムスターRANDOMSTAR Kasumi-LED-
 Chou Chou by Soul Power Instruments:Bear Berry
たえ  ESP:スナッパーSNAPPER Tae 
 DANELECTRO:HONEY TONE 1W
 KORG:Pitchhawk-G AW-3G
りみ  ESP:ヴァイパーベースVIPER BASS Rimi、AP(リィ所有)
有咲  Roland:Juno DS、AX-SYNTH 
沙綾  Roland:TD-11K-S/Parl


愛美  ESP:ランダムスターRANDOMSTAR Kasumi-LED-「ka★sh」、「Stylish」、ミニランダムスター、G-AC
 ボードA
 Free The Tone:JUNCTION BOX JB-41S
 KORG:PitchBlack PB-01-CR
 SeymourDuncan:FORZA
 Free The Tone:POWER SUPPLY PT-1D
 MXR:M-132 SUPERCOMP 
 MXR:CSP036 il diavolo Overdrive
 MXR:M234 Analog Chorus
 Chou Chou by Soul Power Instruments:Bear Berry
 Boot-Leg:Rock'n Roll Party 2.0
 MXR:M233 Microamp plus
 Free The Tone:AUDIO ROUTING CONTROLLER ARC-53M Silver
 EARTHQUAKER DEVICES:Dispatch Master Delay & Reverb
 JimDunlop:EP103 ECHOPLEX DELAY
https://twitter.com/aimi_sound/status/889365392329629697

 ボードB
 Free The Tone:JUNCTION BOX JB-41S
 KORG:PitchBlack PB-01-CR
 JHS PEDALS:Charlie Brown V4
 Free The Tone:POWER SUPPLY PT-1D
 MXR:M-132 SUPERCOMP 
 Chou Chou by Soul Power Instruments:Bear Berry
 JHS PEDALS:Moonshine(旧) 
 MXR:CSP035 Shin-Juku Drive
 JHS PEDALS:Angry Charlie V3
 ChouChou by Soul Power Instruments:March Hare
 Free The Tone:AUDIO ROUTING CONTROLLER ARC-53M Silver
 MXR:M233 Microamp plus
 EARTHQUAKER DEVICES:Dispatch Master Delay & Reverb
https://twitter.com/aimi_sound/status/893091740864794624

大塚紗英 ESP:スナッパーSNAPPER Tae「タロウ」、「ジロウ」、E-2 ST-1、STREAM-GT Standsrd、G-AC/Martin:HD-28
 Free The Tone:JUNCTION BOX JB-41S
 Free The Tone:POWER SUPPLY PT-1D
 Jim Dunloop:CRYBABY
 KORG:PitchBlack PB-01-CR
 EBS:MultiComp GuitarEdition
 WAY HUGE:Green Rhino MK4
 VEMURAM:Jan Ray
 VEMURAM:Karen
 Xotic:RC Booster
 Electro-Harmonix:Neo Clone
 Free The Tone:AUDIO ROUTING CONTROLLER ARC-3 Silver
 BOSS:DD-20 GIGA DELAY
https://ameblo.jp/otsuka-sae/entry-12292382405.html

西本りみ ESP:ヴァイパーベースVIPER BASS Rimi「みるく」、「いちご」、AP「バナナ」、JB「ティアレス」、AMAZE「レイ」
 MXR:M81 bass preamp
 MXR:M80 bass d.i.+
 Crews Maniac Sound:BAP-2
 Shin's Music:Baby Perfect Volume
https://ameblo.jp/rimirinkuma/entry-12282329083.html

伊藤彩沙 Roland:Juno DS、RD-2000、RD-700nx、FP-50、FP-80、AX-SYNTH 
大橋彩香 Parl/Zildjian

あいみんのメインka★shはピックアップがセイモアダンカンのSH-1とSH-4で、市松模様のサブStylishも同仕様だそうです。ミニランダムスターは4フレット分ほど短いショートスケール。本人の手でデコレートされ、「どきどき SING OUT!」で使用されています。
「スタービート星の鼓動アコースティックバージョン」で使われるG-ACは、ESPグループ傘下のGrassRoots製の様で、星のポジションマークを施した愛美オリジナルカラーモデルです。サウンドホールにセイモアダンカンのMag Micを搭載してあります。メーカーロゴが無いのはESPではないからでしょうか。

さえチのタロウはリアをセイモアダンカンのBlackoutsに、一番外側のトーンコントロールをブーストスイッチに変更してあります。ジロウは市販のSNAPPER Taeと同スペックで、リアはダンカンのSHR-1Bです。アコースティックのG-ACはあいみんと同じ仕様で色違いです。
ポピパ以外のステージで使っていたSTREAM GTとMartinは、バンドリ、ガルパには登場しません。

りみりんのみるくといちごは全く同仕様。しかし音には当然、個体差があるそうです。
ティアレスは、アコースティックでどうしてもフレットレスを弾きたいと言う本人の強い要望に応えてESPが急遽用意した物です。ヘッドにロゴが無いのは急いで作ったせいかも。アニメにもゲームにも登場しません。レイも、アニメにもゲームにも登場しないライブオリジナル機材。リアにダンカンのSMB-4Dを搭載しています。
ここまでのピックアップなどの詳細はESP公式ブログから。

アニメの劇中では、沙綾はローランドのエレクトリックパッドを購入しています。そちらは練習にしか使われていません。
本番は文化祭を除いて、ライブハウスSPACEの常設セットを叩いていましたが、どちらもロゴが描かれていないのでブランドは不明。OP、ED、及びアニメーションMVではParlのロゴがあります。ハット類のZildjianは兎も角、エンドロールに名前がクレジットされているParlのロゴは作画しても良かったのでは。







■Roselia

紗夜  ESP:M2(CTM) 
リサ  ESP:ボトムライン 
燐子  Roland:FA08 
あこ  Parl


工藤晴香 ESP:M2、ESP-ARROW FR 
 ボードA
 KORG:DT-10
 Soul Power Instruments:Blue Vagu
 MXR:EVH5150 Overdrive
 MXR:M234 Analog Chorus
 Seymour Duncan:Killing Floor
 Seymour Duncan:Vapor Trail Analog Delay
 Jim Dunlop:DC10 DC-BRICK
https://twitter.com/kudoharuka910/status/867993617058504705/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fxn--mckxcuag7jh6c7074c0guf.com%2Fgear%2Froselia-effector%2F

 ボードB
 BOSS:FV-500L
 Free The Tone:JUNCTION BOX JB-41S
 MXR:M75 Super Badass Distortion
 Free The Tone:POWER SUPPLY PT-1D
 KORG:DT-10
 Soul Power Instruments:Blue Vagu
 Boot-Leg:Jaw Breaker JBK-1.0
 MXR:EVH5150 Overdrive
 Seymour Duncan:Killing Floor
 MXR:M234 Analog Chorus
 BOSS:PS-5 SUPER Shifter
 BOSS:ES-8
 Seymour Duncan:Vapor Trail Analog Delay
https://twitter.com/moridaira_mi/status/902106262568968193/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fxn--mckxcuag7jh6c7074c0guf.com%2Fgear%2Froselia-effector%2F

遠藤ゆりか ESP:ボトムライン 
 ボードA
 KORG:DT-10
 EBS:MultiComp Studio Edition
 TECH21:Sansamp Bass Driver DI V2
 Soul Power Instruments:Crimson Sky
 Jim Dunlop:DC10 DC-BRICK
https://twitter.com/endo_yurika/status/870195272025952256/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fxn--mckxcuag7jh6c7074c0guf.com%2Fgear%2Froselia-effector%2F

 ボードB
 KORG:DT-10
 EBS:MultiComp Studio Edition
 MXR:M108S
 TECH21:Sansamp Bass Driver DI V2
 Jim Dunlop:DC10 DC-BRICK
https://twitter.com/moridaira_mi/status/902106262568968193/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fxn--mckxcuag7jh6c7074c0guf.com%2Fgear%2Froselia-effector%2F

明坂聡美 Roland:Juno DS、FA08 
櫻川めぐ DW/Paiste 

ESPのシグネイチャーモデルのM2とボトムラインには、12フレットにバラのインレイがありますが、紗夜とくどはる、リサとゆりしー、それぞれの使用機材にはありません。「Roselia」のプレートになっています。
紗夜のM2はフロイドローズを積んでいて市販のCTMの様ですが、くどはるとロゼリアモデルのM2はボディを貫通する独自の固定式です。月刊ブシロードのくどはるゲスト回でバックに展示されていたM2には、バラのインレイが施されてフロイドローズが搭載されていましたが、あのモデルは発売されるんでしょうか。
リサのボトムラインと、ゆりしーとシグネイチャーモデルのボトムラインでは、コントロールノブのレイアウトが異なります。ゆりしーが使うボトムラインは、彼女の為だけに作られたワンオフだそうですから、開発時期や作画時期などで情報の錯綜があったのかも知れません。

SPIのBlue VaguとCrimson Skyは、ロゼリアの為に設計されたエフェクターで、完全予約受注生産となっています。くどはるとゆりしーのサウンドは、アニサマを聴いた感じでは、EMGのきらびやかで粒の揃った特徴的なニュアンスと、「BLACKSHOUT」でのスラッピングソロのドンシャリが印象的でした。

ロゼリアで特筆すべきはあこ役のめぐちぃです。彼女は全くズブの素人からドラムを始めています。なのにいきなりツーバスです。ハットも最初から六枚あり、更にすぐスプラッシュシンバルが容赦なく追加されました。
ドラマーは右足でバスドラを踏み、左足でハイハットを開閉させて鳴らすため、全体重を腰だけで支えて座ります。両腕両脚をフル活用するドラミングは、初心者が短期間でそうそう習得できる物ではないのです。更にツーバスなのでバスドラがもう一台、両足の間に割って入ります。彼女がどれほど大変だったかは、素人でいきなり叩かされたドラム経験者にしか想像できないと思います。きっとそうでしょう。
大型のドラムセットを、あんなに小柄なのに、短期間で叩きまくれる様になっためぐちぃは恐らく、十人いるバンドリのリアルバンドメンバー中、一番練習している筈です。その努力と苦労は如何程たるや。もっと褒められるべきです。

アニサマ2017で使われたロゼリアの機材は、モリダイラさんが詳細を紹介してくれています。特にドラムセットを集中的に書いてくれていますので、めぐちぃのドラムに興味のある方はリンク先へどうぞ。
http://moridaira.jp/bang-dream








■Afterglow

蘭   GIBSON:レス・ポールスタジオ LP-STUDIO  
モカ  SCHECTER:BH-1-STD-24 
ひまり FENDER:ジャズベース American Vintage'74 
つぐみ Nord:Nord Electro 5D 61/Roland:AX-SYNTH 
巴   不明

蘭のレスポールにはストップテイルピースだけで、チューン-O-マチックブリッジがありません。忘れられてます。まさかバーブリッジじゃあるまいよ。でもそれはキーピジュアルを含めた数枚で、ちゃんと描かれているイラストもありました。いやキーピジュがそれじゃいかんでしょ。

モカのシェクターには本来エンドピンが二本ある筈ですが、一本しか描かれてません。惜しい。はっきりと二本描かれている絵はまだ未確認です。

ゲーム内唯一のフェンダー使いであるひまりのジャズベースは、イラストだけでは年式が分かりませんが、傷が少ない事から、比較的新しい物と推測しました。
前のキーピジュアルでは、フロントピックアップがピックガードから外れています。あんなモデルはあり得ません。無理矢理改造すればできなくはありませんが、やる人はいません。ましてビンテージモデルを。単なる間違いです。でもひどい間違いです。蘭のレス・ポールもそうなんですが、バンドリには楽器が物凄く好い加減で出鱈目に描かれているイラストがあります。それもキーピジュなのに大間違いだったりします。

つぐみのショルダーキーボードは、星3の猫耳有咲が不思議の国のアリサで持っていた、彩沙ちゃんがリアルポピパのライブで使っていた物と同じローランドですが、現在廃版になっています。







■ハロー、ハッピーワールド!

薫   GRETSCH:G6136-VLFT FSR、G7594-FSR White Falcon II/GIBSON:ES-335
はぐみ RICKENBACKER:4003FG 
花音  不明
美咲  不明

ガルパ中、最も贅沢なギターとベースを揃えているバンド。ギブソン、グレッチ、リッケンバッカー、どれも弩が付く定番ばかりで、ビンテージ好きには垂涎物のラインナップです。値段は上を見れば天井知らずで儚いです。こころが頼んで弦巻家が揃えてくれたんでしょう。つまり、そう言う事です。

薫はシングルカッタウェイとダブルカッタウェイの二種類のホワイトファルコンを使っていますが、それぞれ若干のカスタマイズがされていて、そのものズバリのモデルは無い様です。
シングルカッタウェイで一番近いのがG6136-VLFT FSRです。これをベースにして、ブリッジを細身のアームとV字孔を持つビグスビーに交換し、コントロールノブの隣にトグルスイッチを一つ追加すれば、薫仕様のシングルカッタウェイのホワイトファルコンになります。
ダブルカッタウェイのG7594-FSR White Falcon IIは、ピックアップをゴールドパーツの物に換装してあり、ハードウェアをゴールドで統一してあります。
高級クラシックカーの様な豪奢な雰囲気を持ち「世界一美しいギター」と讃えられるホワイトファルコンは、一分の隙も無い男装で少女達の視線を釘付けにする薫様にとてもよく似合います。バカだけど。

ミッシェルのDJブースについては全く分かりませんでした。バンドでDJなんて守備範囲外です。ですが、PCを使うタイプであると考えられます。ストリングス、シンセブラス等の打ち込みを多用するハロハピのスタイルから推測するに、バンドサウンドの大半をミッシェルが背負っている筈です。こころの鼻歌から曲と詩を整えて、それをシーケンサーに打ち込んでオケを作って、ライブではDJ機材まで使いこなす美咲は凄いです。それらの殆どを賄うDJ卓は、とんかつDJアゲ太郎みたいなアナログターンテーブルのセットではないと思います。







■Pastel*Palettes

日菜  不明:テレキャスターシェイプ
千聖  ESP:PJtype 
イヴ  KORG:RK-100S/Roland:Lucina AX-09 
麻弥  不明

最も厄介なギターを持つのが日菜です。日菜のテレキャスは二種類ありますが、どちらもちょっとありえない仕様になっています。

メインは、テレキャスターのシルエットはしていますが、ピックアップがヘビーメタル用のギターみたいにHSHレイアウトです。なのに5ウェイでコイルタップのセレクターではなく、レスポール用みたいなトグルスイッチが一つ。どうやって切り替えるんでしょう。実は3ウェイだとか。ピックガード無しなのでシングルは当然直付け、ハムバッカーもエスカッション無しで直付けしています。他の絵ではエスカッションがありました。どっちやねん。1ボリューム1トーン。ブリッジはフロイドローズの派生型の様ですが、上下逆の左仕様。スティービー・レイ・ボーンか。しかもなぜか張り出し部にアーム取り付け穴が無く、ナット部ではロックすらしていません。どうもあのブリッジは、弦とバネの張力で釣り合わせているのではなく、ボディに強力金属ボンドで接着しているみたいです。

サブはほぼテレキャスターですが、こちらもピックガード無しです。フロントピックアップの固定の仕方が分かりません。メインのもそうですが、シングルを直付けなら、両脇のネジの部分とか、配線部分の隙間はどうしたんでしょう。木材で埋めてあるとかですか。メンテどうすんだ。コントロールノブも一個どっか行ってますし。

実は、似た様な仕様のテレキャスターは一応、あるにはあります。ピックガード無しでHSHレイアウトの直付けで、トレモロアームを装備した1ボリューム1トーンの機体が。しかしそれは、ちゃんとピックアップを切り替えられる様に5ウェイのセレクターを積んでいて、ブリッジも右用です。
日菜のテレキャスに関しては、恐らくイラストレーターがヘンな色気を出して、日菜のギターだけはちょっと形を変えてみたい、とか言い出したんじゃないかと思います。よく知らないのに余計な欲を出すとこうなると言う見本です、多分。でも、殆どのバンドリーマーはそんなすっとぼけたアサッテなギターが描かれたイラストを見ても「今度の日菜ちゃんもカワイイー」くらいにしか思わないから、凄く大丈夫です。

日菜のテレキャスターにあえて設定をこじつけるなら、恐らく機材ヲタクでメンテナンスも担当しているスタジオミュージシャンの麻弥が作ったオリジナルモデルです。ボディは、クリスタルのギターを作る時に使う様なアクリルの塊を、3Dプロッターか旋盤で削り出します。磨いたらラッカーで水色に塗装。市販のネックをボルトオンで固定し、ペグを取り付けます。3ウェイに接続し直したトグルスイッチを配置し、シールドジャックを埋め込みます。そして、固定用ネジの部分を切り飛ばしたピックアップを、ボディに掘ったギリギリの幅の溝に詰めて、強力な接着剤で固定します。もちろん断線したら丸ごと廃棄処分です。ブリッジもやはり強力金属ボンドで接着して完成です。

サブの方は、テレキャスターをそのまま真似して作って、ピックガードだけを付けない仕様で完成させたのでしょう。作ってる最中に日菜が「あたしその板いらなーい」とか言ったんだと思います。「トーン?んー、よくわかんないから全開でいいよー」とか。

スキー場に行った後の練習で麻弥が「相変わらず日菜さんは独特なサウンドを出しますね!」なんて言ってましたけど、自作なら当然です。買って来たギターならもうちょっと普通のと言うか、当たり前の音になるでしょう。しかし成程、確かに、誰にも似ない自分だけのサウンドを求める天才肌のギタリストなら、こんなちぐはぐでも、オリジナルのギターを使うかもしれません。やはり日菜は天才なのです。


千聖のESPのPJは、今はもう作られていない様です。ヘッドはペグがシングルサイドの標準的なフェンダースタイルで、ピックガードはありません。コントロールノブの数とレイアウトが実物と違います。こちらも麻弥が改造した物と思われます。今回唯一、画像検索で出て来なかったのが千聖のベースですが、恐らくESPのPJだと思います。
千聖ベース.jpg
二本目は同型ですが、コントロールノブのレイアウトが一本目と異なります。新衣装のキービジュアルで持っています。ひょっとしたら衣装替えに合わせて仕様を変更した同じ機体かも。ボディシェイプから邪推すると、YAMAHAのBBシリーズ、特に色も似ているBB1024辺りかも知れません。或いはビリー・シーンが大改造して使っていた往年の名器BB3000とか。でも素直に考えれば多分一本目と同じ、ESPのPJでしょう。他社にも同様のモデルはあると思いますが、ここは折角なのでESPと言う事にしておきます。いずれにせよ、こちらもコントロールノブが変更されています。2ボリューム2トーンで、切り替えスイッチが無くなってます。ミックスして使って、片側だけにしたい時はノブを0まで絞ればOFFにできるとか。ベースでスイッチング奏法はしないだろうし。兎に角、改造したのは絶対麻弥です。

イヴのショルダーキーボードは二本とも廃版です。







■GLITTER*GREEN

ゆり  ESP:STREAM GT Standard 
リィ  ESP:AP
七奈  Roland:Juno DS 
ひなこ 不明   

アニメに第一話から登場するからか、ESPとRolandを使用しています。
ゆりのSTREAM GTは全身白ですが、現行の市販品ではピックガードが黒です。そちらはさえチが持っています。E-2 STREAM Gなら、同型で真っ黒ですが、真っ白のゆりバージョンも発売すれば売れるかもしれません。CMで見たコミックスではストラトみたいです。でもマンガはシカトです。

リィの黄色のAPを再現したのが、りみりんのバナナです。

ひなこはアニメでSPACEのドラムセットを叩く場面しか見ていないのでParlとします。







■CHISPA

夏希  GIBSON:レス・ポールスタンダード LP-STD 
文華  ESP:ヴァイパーベースVIPER BASS
真結  Roland:Juno DS 
沙綾/里実  不明  

夏希のレスポールは、ギブソンではなくESPで類似モデルを探す事も出来ます。特にロゴは描写されていませんが、アニメでの登場を考慮すると、やはりESPと言うべきでしょうか。高校生ならグレコ辺りが妥当だと思いますけど。

文華のヴァイパーベースは、りみりんとは単に色違いです。

ドラムは過去も現在も名称不明。アニメに登場している事からParlとしておきます。








ランダムスター香澄RED3.jpg
模型は次回。




















posted by 跡間シノブ at 20:10| Comment(0) | 戸山香澄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

破滅的ギャンブラーズ その3

ESPの特設サイトを見ていると、バンドリのキャラピックが欲しくなりました。でロゼリアとポピパを十枚まとめて買いました。ケースとか台紙とかは何も無し、普通に十枚買いました。

割と知らない人が多いんですが、ピックと言うのは、ギターを弾くための義甲の事です。指先や生爪の代わりに弦をはじきます。フォークギター等アコースティックギターの場合は指にはめるサムピックが多用されますが、エレクトリックの場合は親指と人差し指でつまむフラットピックを使用します。そして後者はただの板なので、特殊印刷がされたミュージシャン仕様等の商品が多いのです。

CIMG4088.JPG
バンドリにはピック型カンバッジなんて商品もあって、発売と同時に即完売したそうです。でもそっちじゃなくて本物の方です。フラットピックは三角とティアドロップに大別されます。劇中、香澄は三角を使っていました。この商品はおたえとりみりんだけがティアドロップです。なぜ。でもどの道このピックでは演奏しません。ただの飾りです。

ギターピックは最も安価な音楽関連グッズと言えるでしょう。ギターは弾けないけど気分だけでも、みたいな人には勧めやすい商品の一つかもしれません。某楽器屋のブログによると、特にロゼリアのピックは人気商品との事です。人気過ぎて店頭で見かけなかったので通販です。と言っても、近所の楽器屋はとうに全滅しています。

商品どころか実店舗自体が殆ど無い訳で。あちこち駆けずり回ってもピック一枚買えません。天王寺界隈でさえ、キャラピックどころかいつも使ってるフェルナンデスのポリアセタールピックすら無いと言う始末。最近全然弾いてないので全く気付きませんでした。

昨今は素人ギタリストがピックを通販で購入するのも仕方がない状況です。でも楽器やスポーツ用品を、手に取って選べないのは問題だと思います。体を使う道具は実際に試さないと、自分に合う合わないが分からない物です。まして、楽器もスポーツ用品も高価で、長く使う物ですし。そんな事すら分からないゴミクズが、「買い物はネットで写真だけ見て買え」と寝言ほざいて大阪を追放されたパチンコ屋のバカ捨てゴマことハシ公でした。

でもネットにはピック専門店なんてのがあってびっくりしました。成程、こう言うのはネット通販ならではの商売です。実店舗でピックのみの店なんて到底経営できません。ネットなら数も種類も揃え易いし、全国から購入できます。その辺りはネット商売も良し悪しでしょうか。

ららりせ-2.jpg
ふと見返したウチの漫画の二人、ららとりせ。
最近ウチの漫画のこの二人、特にこの動画表紙のららとりせが、Roseliaの友希那とリサに見えて来ました。顔付きや表情、髪色や髪形等、外見のデザイン的にも似てますし、二人の性格設定と口調の使い分けがほぼ同じです。女言葉だけど冷たくて怖い感じと、ラフな言葉使いだけど人当たりが良くてフレンドリーな感じ。リサとりせは名前も似てるし。いやロゼリアの方が絶対断然カワイイです。

Re:birthdayを聴いて以来ロゼリアのファンですが、当方ゲームはほぼやらないので、ガルパに関してはさっぱり分かりません。リズムゲームは基本的に、それがどんな形態であろうとも、まず間違いなくプライドをズタズタにされるのです。ヤです。やりたくないです。

でもゲームにはストーリーが用意されています。ガルパの主体はあくまでリズムゲームですが、ゲーム内でしか見られない物語が山ほどあります。各バンド結成の話とか、それぞれのキャラクターの背景とかです。気になります。そしてそれらは、ダメ楽器弾きとしては心をへし折られるゲームに泣きながら手を出さないと見られない訳です。何と言う仕打ちか。しかしゲーム内には、もう一つ気になるコンテンツがありました。ガチャです。



ガチャガチャと言えば、駄菓子屋とかパン屋兼クリーニング屋の店先に置いてあって、ハンドルを回すとカプセルに入った玩具が出て来る、シカダ駄菓子とかのんのんとかに登場する昭和のアレです。昔は子供がなけなしのお小遣いを突っ込む遊戯機器でしたが、今やいい大人がクレジットカードで何万円も注ぎ込むギャンブルとなっています。

バンドリ、ガールズバンドパーティーに用意されているガチャは、ガルパのゲーム内で使用できるイラストカードを引き当てる、確率型のゲームです。ゲーム内アイテムを更なるゲームで入手する形態は、なんだか裁定取引を思い起こさせます。カードには星2とか星4とかのランクがあり、期間限定イベントカードなどもあります。

ガルパのガチャを回すには「スター」が必要です。スターはゲームの報酬と言う形で入手する、ゲーム内の仮想通貨の様な物で、成績に従って手に入る数が決まりますが、もちろんゲーム内の交換所へ行って現金で購入する事も出来ます。スター60個で120円が最低購入単位で、最大が8400個で9800円となっています。確かにまとめて買った方が得ではあるんですが、ガチャガチャに一万円て。確実に手に入る商品でもないのに。

スター250個で一回ガチャを回せます。一回だけ回す事を単発と言います。言うまでもなく、一回では欲しいあの娘のカードはまず引けません。なので、まとめて十回回す十連ガチャも用意されています。単純に十回でスターを2500個消費しますが、星3以上のカードが必ず入っている、などの特典もあるそうです。それでもやはり、狙ったカードは中々出ない様で、星4の紗夜が出ないとか、星4のこころが出ないとかで、バンドリーマー達は泥沼にはまり込んで行きます。

ですが、意外にも単発の方がエエカードを当て易いと言う噂もあります。ゲームのロード画面の「ブシモ」の声がお目当てのあの娘の声になるまで何回もリロードする、いわゆるリセマラ、リセットマラソンで出しやすくなるとか。ゲームはやらないので分かりませんが、そんな噂です。

動画サイトに、十連ガチャを何十回も回す動画が多数アップされています。バンドリ、ガルパ、ガチャ等で検索すると出て来ますが、どうかしてるとしか思えない金額をつぎ込んで、ひたすらガチャを回し続けている人達がいるのです。そして動画を上げている彼らは、そんな風に病みつきになった人達の一部でしかない筈ですから、ユーチューバーと同様に狂った様な金額を投入してガチャを回している人が、全国に何百人何千人いるか知れたもんじゃありません。

スター250個で単発ガチャ一回。スター8400個が9800円で、十連ガチャを三回回せます。残った900個は積み立てるとして、スターのまとめ買い三回で、十連ガチャをもう一回余計に回せます。つまり大雑把に言って、十連ガチャを十回の百連で三万円かかる事になります。

ガチャガチャを、百回回して三万円。そりゃ大人だから良いんだよと言えばそうですが、ブン殴られても仕方ないと思うのは僕だけでしょうか、親にでも神様にでも。中には一気に500回くらい回す人もいて、それはもう立派にネトゲ廃人と言えるレベルなんじゃないかと思います。しかもガチャのイベントはしょっちゅう開催されていて、その度に数万円を失っている様です。嘘か本当か、ガチャ廃人は年間で100万円使っていると言う話も聞きます。



今年のセンター試験で話題になったFGOでも、ガチャが用意されています。こちらも相当厳しい確率の様で、なんぞのカードを手に入れるためだけに60万円くらい使った人もいたとか。限定か何か知りませんが、カードたった一枚の為に、僅かなプレイ時間に大金つぎ込んで、車買える金額まで行くなんて。
60万あればESPのバンドリモデルのギターだって買えます。星のマークがLEDで光る奴。あのランダムスターはそのくらいの値段でした。ESPのギターはキャラクターモデルでも本物なのです。しかし彼らガチャ廃にとっては、レコーディングで使用できる本物のギターより、スマホの中でしか見られないたった一枚のイラストの方が値打ちがあると言う事ですか。

カードと言いますけど、電子データのカードです。スマホの中にしか存在しません。うっかり液晶バリーンとか、洗面台にボチャーンとかで終わりです。仲間同士でのダブったカードの交換も出来ません。現物のカードならできるのに。そんなあこぎなシステムによくカネ払う気になるもんだと思うんですが、でもまあ、欲しいんでしょうね、きっと。物凄く。絵が描けない人は特に。
また、こちらも理解を超えるんですが、絵とは別に、ゲーマーの人達にとってはゲーム内アイテムと言うのも、そこまでしても欲しい物みたいです。ガルパのイベントストーリーでも、人混みが苦手な燐子がアイテム欲しさに死ぬ気で海に行ったり、あこがバンドメンバーを無理矢理友達紹介キャンペーンに参加させたりしてましたから。

兎に角何より怖いのは、各々のゲームがスマホのアプリである事です。ネットに接続している事が前提なので、何か欲しい物があるとボタン一つですぐに購入できてしまいます。アイテム画像の下にどんな金額が表示されていても、全額溶かし、指先一つでダウンロードさ、です。現金を支払う感覚が殆ど無いが故に、抵抗なく次から次へと購入してしまう。そして二か月後、ゲームの熱もキャラへの愛も冷めて忘れた頃に、銀行口座に請求が来るのです。恐ろしい……

直接手で現金に触れる感覚を伴わないクレジットカードの怖さが、よりによって電話に増幅されているのが現状です。自分でもカードをネットで使う様になってはっきり分かります、幾ら使ったかの感覚が、アナログの時に比べて明らかに低下している事が。手に取った商品の感覚、財布の中から取り出した現金の感覚、それらが一切ない商取引の形態は、確実に人間の行動を狂わせています。

以前、コンプガチャが規制された事がありましたが、ちょっとやそっと規制したくらいでは、利便性、快適性、経済効率を最優先した現代のシステムに歯止めがかかる訳がありません。社会は必ず便利な方へと転がり落ちて行きます。後戻りする事は、歴史上一度もありませんでした。
体感としては、この手のネットギャンブル、オンラインカジノは広がる一方の様な気がしています。実際、仮想通貨なんて得体の知れない物に一獲千金の夢見て全財産スるバカがいるわけですから。
ビットコイン0.jpg
何がビットコインか。仮想通貨などとおこがましい、偽装通貨と呼べ。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/456291079.html







CIMG4117.JPG
「BanG Dream!」 プレミアムフィギュア 戸山香澄 市ヶ谷有咲
数少ないバンドリのフィギュア。セガのプライズ景品、いわゆるUFOキャッチャーの景品です。当方、ゲームにも完成品フィギュアにも興味が無いので完全に無視して来たジャンルですが、アニメの方のバンドリがキモヲタ共から無意味にボロクソに批判されてたのを見てムカ付いて、つい手を出しました。
ランダムスターが気になっただけなのに有咲まで買いましたけど、別に有咲のキャラソンが死ぬほど可愛かったとか、心繋がるバレンタインガチャのイラストがたまらんかったとか、そんなワケないです。そもそもバレンタインデーは皆で美味しくチョコを頂く日です。

ゲーセンの筐体に小銭突っ込んで挑んで獲得したのではなく、中古屋で提示された金額を払って購入しました。税込みで香澄700円、有咲800円。香澄は日本橋の店の棚にも置いてありました。税別1500円。倍て。
でもゲーム景品の相場はそんなものらしいです。余程人気の最新アイテムで15000円くらいとか。三桁で買えるならすごく安い部類で。確かに、窓空き箱入りで20cmクラスの塗装済み完成品フィギュアは、出来によってピンキリですが、キリの方でも6000円くらいはします。

昔からクレーンゲームには近付かない事にしています。ゲーセン自体行きません。本当にゲームやりません。UFOキャッチャーは特にそうですが、あれもギャンブルだと思うからです。
矢張りと言うか、クレーンゲームもガチャに劣らず、注ぎ込む人は相当に注ぎ込む様で、特に欲しいアイテムが入荷した時は目の色を変えて、気が触れたんじゃないかと思うほどの入れ込み方でのめり込みます。アナログの筐体に現金を投入するので、体感的に金銭感覚を失う事は無い筈なのに、目の前のあの娘や彼に我を忘れるみたいです。

お札を小銭に替えて筐体に投げ捨て、気が付いたら何万円だかを失って、ようやっと標的を獲得できればまだマシな方で、何も得られずすってんてんになって賭場を後にする、そんな話も割と聞きます。実物と現金でさえそうなんですから、これがネットで、クレジットで支払えるオンラインカジノになったら、そのタイプの人達の転落コースは炎を見るより明らかです。ガチャはもうとっくにそうなってますし。

最近、ブラウザにオンラインクレーンゲームの広告が出る様になりました。又かとゲンナリします。どうせ追い詰められた在日チョンコどもの悪足掻きだろうと思ったら、広告主はYahoo!でした。ほらね。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/443317911.html
クレーンゲームの遊戯料金が幾らかは、筐体メーカーや運営企業によって異なるみたいですが、百円玉か五百円玉を投入するのは共通の様です。もしクレーンゲームにお札が入る様になってたらどうでしょうね。さすがに入れませんか。あれは硬貨だからポイポイ放り込んでしまうだけで。いや、でも……。



そのクレーンゲームにまつわる不吉な噂を聞きました。最近のクレーンゲームの筐体は「確率機」だと言うのです。
この「確率機」と言うのは、料金を投入した時に機械の中で抽選を行い、当選した時にだけ景品を獲得できる権利が発生する筐体の事です。その確率がどの程度の数値なのかは分かりません。分かるのは、その内部抽選に落選した場合はクレーンをどんなに正確に動かしても絶対に景品を取れない様に設定されていると言う事です。そして当選する確率は決して高くないと言う事も。

更には、内部抽選が当選を確率で決定するだけならまだマシな、投入金額何千円毎に一回だけ景品獲得権が発生すると言う、極悪な機械もあると言います。例えば七千円に設定されていた場合、投入金額が七千円に到達しない限り、絶対に景品を取れないのです。また、六千九百円まで頑張ったけど取れずに諦めた人の次にそのクレーンを動かした人は、腕さえ良ければ百円で景品を取れると言う事でもあります。これはパチスロで天井と呼ばれる方式です。

ガチャにも天井が設定されている物があるらしいです。何万円も使ったのにお目当てのカードが出ないのはあんまりだから、ここまで引いたら無条件に出してあげるよと言う、ヘビーユーザー救済措置です。大体十万円使った人に対して施される処置らしいですが、この天井システムが各社で公表されているか否かは存じません。バンドリには無いそうです。

とは言う物の、ガチャで十万円も散財してしまってから「救済」もへったくれもないモンだと思います。そうなる前に救ってやるのが救済でしょう。まあ、あんまり救ってばかりでは企業が儲からないのは分ります。でもそこまで払わなきゃ助けてくれないなんてのも、随分な偽善者っぷりじゃないですか。イラストカード一枚見せただけで十万円せしめた癖に。それでもまだ、助けてくれるだけマシかもしれません。と、その時は勘違いしそうになりました。

「天井」が儲けられている事を予め知らされていたら、その金額まで払ってしまうんじゃないですか、どうしても欲しいカードがある人は。むしろ天井なんか無ければ、数千円くらい払った時点で出ないならもうやめようかと思える物です。普通はそうでしょう。でも何万円まで払えば確実にもらえる事を知っているなると、最初からその金額までは払うつもりでガチャを引き始めるんじゃないでしょうか。推しキャラが欲しい人の何割かは。

バンドリで、推しキャラの星4が一枚出るまでに大体幾らかかるか、単純に確率だけで推測してみました。実際やってはいないので、ゲームシステムに関する情報とその理解が正確かどうかは分かりかねますが、概ねこう言う事ではないかと。
星4の出現率は1.5%です。そしてイベントごとにピックアップされるキャラが四人います。1.5%の出現率を四人で分けて一人に絞ると0.375%。267回以上回して一枚当たる計算です。
先述の通り、スター8400個9800円まとめ買いを3回繰り返してガチャ100回、それを二度繰り返してガチャ200回で58800円、更に9800円まとめ買いを2回でガチャ60回19600円、ここまでに積み立てた余剰スター2200個にプラスする300個を、最後に360個480円で購入して、計270回回せます。〆て78880円。狙ったあの娘の星4一枚が八万円弱……実際十万円くらいは使わないとお迎えできないと言う話は、他のゲームでも聞きます。

バンドリガチャサンプル.jpg
これらが原稿だったら一枚十万くらいはしますけど……

天井が、あっても無くても十万円。二万円の差は大きいし、多少の齟齬はあると思いますが、それらの誤差を差し引いても酷い設定だと思います。ただし、ガチャは詐欺ではありません。当選確率が低いだけです。消費者の欲望を無用に刺激して興奮させ、判断力を失わせて法外な金額をせしめる、賭博まがいの悪質な商法ではありますが、詐欺には当たらないのです。ただ確率が低いだけです。
そんな低確率の賭博にヘラヘラウヘウヘ「彩ちゃ〜んブヒ〜」とか言って大金払ってしまう客もどうかとは思いますが、少なくともガチャのシステムは、決して客に嘘はついていません。



しかし、クレーンゲームに天井を設定しているとしたら、それは救済措置でない事は確かです。こちらは確率のみで引くガチャと違って、実力では狙った景品を取れない事が前提になっているゲームではないからです。客の腕次第で景品が取れる筈のゲームのルールを、客に知らせずに一方的に捻じ曲げて、本来は発生しない余計な料金を了解無く払わせるのは、明確な詐欺です。

SEGA以外のクレーンゲームは基本的にほぼ確率機だそうです。そんな事全然知りませんでした。傍で見ている分には、客の力量で取れる物だと思ってしまいます。上手い人もいるもんだなー、くらいに。でも事実はそうではなかったのです。内部抽選に当たるか天井に到達しない限り、何をどう頑張っても、絶対に取れない設定が施されているのです。

道理で、景品を獲得するまでに何万円もスる訳です。だって最初から獲得権が無いんですから。しかも投入金額が何千円かに到達してやっと一回景品獲得権が発生したその時に、もし失敗して取れなければ、その間抜けなカモは又、同じ金額を投入させられます。何も知らされぬまま、次こそは取れるかもしれないと、ありもしない可能性に虚しい期待を持たされて。

この手の詐欺は本当に腹が立ちます。どうにも言い様の無い怒りがこみ上げて来ます。楽しく遊ぶ筈の遊戯機器が、実は真っ赤な偽りで、本当は餌をちらつかせて引っかかったアホな生贄から、なけなしの有り金を騙し取るだけの集金装置に過ぎなかったと知ったこの怒りは、日本を蝕む下等生物共に叩き付けねば収まりません。日本で詐欺をしているのは大抵シナチョンです。

ですが残念な事に、最近はSEGAのUFOキャッチャーも確率機ではないかと疑われる事案が報告されています。何処かの地方のゲーセンで見つけたヘロヘロアームの筐体が、十回目くらいで突然パワーショベルの様に動き出し、景品を鷲掴みにして取り出し口まで持って行ったと言う話です。そして気になってその筐体を見張っていると、大体どの客も三十回前後で景品を取れたとか。仄聞なので確かめたわけじゃありませんが、もしそうなら確率機である疑義は濃厚です。

これは、オモチャだけでなくピエロや遊園地で子供を狙って、知らんフリして毒物を売り付けているマクドナルドと同じ手口です。若年層向けの景品を並べて集客し、あと何千円続けて入れないと景品獲得権が発生しないから絶対に取れないと言う真実を知らせずに無駄なカネを使わせる、そのやり方は。SEGAもおかしくなってしまったんでしょうか。

先日、SEGAのゲーセンに行ってみたました。その店には有咲のフィギュアの筐体が無かったんですけど、ひょっとして入ってなかったんですか。それとももう全部持って行かれたとか。それと沙綾のフィギュアが二月第二週に登場予定の筈ですけど、まだですか。サイトにもアナウンスが無いし。どうなってるんですかSEGAさん。ねえ、沙綾は。ちょっと。沙綾ないの。ねえ。



フィギュアが景品のゲームやくじ引きは、クレーンゲームの他にもあります。一番くじは、コンビニで引けるバンプレストの籤です。一回680円で、箱の中に手を入れて、スピードくじを一枚引きます。景品の種類は様々ですが、上位景品には大きめのフィギュアもあります。勿論、それらの当選確率は低いです。

この一番くじは、箱の中に入っているくじの数が予め決まっています。なので、客がその箱のくじを引けば引くほどハズレくじの枚数が大きく減って行くため、一番くじの上位当選確率は、店頭に並んだ時点が一番低いと言う事になります。

完全にランダムに引くくじなので、どのタイミングで引いても当選確率は変わらないように思いますが、一番くじは80枚ほどの母数から狙った2、3枚の当たりを引くくじです。景品はもっと沢山ありますが、本当に欲しい物は大抵一つか二つですから、全体数が半減しても、その目当ての当たりくじが引かれずに抽選箱の中に残っている状態になる事がままあるのです。従って、欲しい景品を手に入れるための一番くじの買い方はこうなります。

店員に尋ねて箱の中の残りくじの枚数を聞き、棚に陳列されている目当ての景品の残数を照らし合わせ、割に合いそうな金額でほぼ確実に獲得できると読んだ場合にのみ、残りのくじを当たるまで続けて引くのです。

ただそれでも、狙った景品を確実に手に入れるためには数十枚のくじを引かねばならない訳で、万単位の出費は最初から覚悟しておかなければなりません。十枚で七千円、二十枚引いて一万四千円。普通に最新のフィギュアを店頭で購入するより高く付きます。そしてこの作戦は、一旦始めたら途中でやめる事が許されません。必ず当たるまで引き続けなければならないのです。

一番くじにも、十連ガチャの様なまとめ買いシステムがあります。こちらはロット買いと言い、一ロットが六十枚です。およそ四万円です。アイマスとかデレステとかラブライブとか、その辺りの人達がロットで買うそうです。

スピードくじを六十回で四万円。やっぱりブン殴られるんじゃないでしょうか。親にでも神様にでも。いくら自分のカネだ可処分所得だと言っても、あんまりな使い方だと思います。いるかどうかは知りませんが、くじ廃人も年間百万円くらい使ってるんでしょうか。

SEGAラッキーくじと言うのもあります。一番くじとほぼ同じシステムです。一回650円のコンビニくじで、こちらにはまとめ買いシステムは無いみたいです。しかし同様のシステムである以上、狙った景品を確実に手に入れるために客が支払う金額は、トータルで似た様なものになるでしょう。ただ、どちらも一発で当たれば700円弱です。




ガチャ、クレーンゲーム、コンビニくじ。パッと見ただけでもすぐに目に留まります、気付いた時には何万円も浪費してしまっている、非常に賭博性の高い「ゲーム」が。

誰しも、同じ使うなら楽しい事にお金を使いたいと思います。それは皆そうでしょう。特に否定される事では無い筈です。ただ、どこぞの弾道核ミサイル貴族や強奪石油利権王じゃあるまいし、何万円と言う金額は、庶民が労働で手にした毎月の給料から出すとなるとかなりの比率で、我々どぶ板庶民にとっては大散財です。なのにそれを、幾ら好きだからと言って、10分やそこらでいとも簡単に浪費して雲散霧消させてしまう遊び方は、まともな精神を保った当たり前の人間のする事とは思えません。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/452322597.html
ガチャにしろUFOキャッチャーにしろ、大抵それらは比較的若い世代向けの景品ばかりを揃えており、若者から結構な額の料金を吸い上げています。客の何割を就学児童が占めているでしょう。収賄政治家どもがカジノカジノとやかましい近頃ですが、日本人はもうとっくに、未成年のうちからギャンブル依存症なんじゃないですか。


現在、これらの有償景品獲得型ゲームの売り上げは賭博の売り上げには計上されていませんが、アーケードとオンライン、稼働中のすべての景品ゲームの利益を合計したら、幾らくらいになるでしょうか。どなたか算出してみませんか、経済評論家の先生方。

世界の賭博の比較。
ラスベガス5800億円。
マカオ2兆3500億円。
日本
 パチンコ 19兆
 中央競馬 2.5兆
 地方競馬 0.3兆
 競艇   1兆
 競輪   0.8兆
 オート  0.1兆
 宝くじ  1兆

日本は既に世界一の賭博国家です。その上まだカジノカジノ言う政治家は日本には要りません。



















posted by 跡間シノブ at 01:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

ジェットビートル 1

皆既月食の夜、アシュランを挟んで対峙したレオと帰りマンは、月が隠れる瞬間を見計らって跳び上がり、前後から同時に蹴りを浴びせた。月明かりに照らされた口から血を流すアシュランは、何もできぬまま倒れ、絶命した。なんて場面がありました。レオのメカに全く興味が無いので作る予定も無いからここで書きます。

時代劇の様な演出が格好良い名場面ですが、実際の皆既月食は何時間もかけて隠れて現れます。それも真っ暗闇になるのではなく、月は赤黒く鈍い光を放ちます。完全に光が遮断されて何も見えなくなる事はありません。

皆既月食
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/01-topics04.html
今月末に皆既月食が起こります。滅多に無い事ですし、ここは一つ観察しておきましょう。
今年は新年早々一月二日にスーパームーンがあり、同一月末には皆既月食、しかもブルームーンです。そして三月末にもブルームーンがあります。今年の前半の夜空は賑やかです。

ブルームーンとは、暦の都合で月末に二回目に見られるその月の満月の事です。眺めると幸せになれると言う西洋の迷信があります。日本では「晦日の満月」と言えば「あり得ない事」の例えです。旧暦は月齢基準の太陰暦なので、晦日は必ず新月でした。

それでふと思ったんですが、太陽暦で数える正月に、何か意味があるんでしょうか。太陽式のグレゴリ暦、正式名称は知りませんけど、あの不自然で猥雑な欠陥暦で数える正月なんかに。 そもそもシーザーが悪いんですシーザーが。あのバカ野郎が。

一方の太陰暦は月の満ち欠けに同調して作られています。月齢は人間の身体機能に直接影響するそうで、体内時計は月の重力に支配されていると言う話を聞きました。だから暦は太陰暦を使うのが自然であり、生命としても無理が無いとの事です。

その話は随分前に、いわゆる都市伝説を扱うテレビ番組で聞きました。UFOだのチョー古代文明だのを扱う番組でしたが、月は人工物だとか、月は宇宙人がいっぱいいる宇宙船だとか、そう言う話は置いといて、月齢と人体のサイクルの話については、あながちまるっきりのホラ話でもないと思いました。月の重力が地上の生命に与える影響に関して、過去に何度か、まったく異なる他の場所でも聞いていたからです。
ゆるきゃん2.JPG

毎年、年末になるとその手のオカルト番組が放送されます。今冬もやってた様です。一々見ちゃいないんで把握してませんが、そんな感じのミステリーや予言などが、今更ちょっと気になりました。巷間どんな噂話が流れているのだろうかと。だが人よ、所詮噂話と侮る勿れ、芸能界や政財界の「噂話」を全く気に掛けなかったせいで、かつて民主党に政権を簒奪されています。「今時マルクス主義なんて、またまた冗談ばっかり」等と高を括らずにちゃんと調べていれば、あんな事には。なのでしばらくの間、検索で引っかかったオカルト動画をちらちら見ていました。例えばこんな話を。

ゆるきゃん3.JPG
「本栖湖の富士山は千円札の絵にもなってるって」

JB4.jpg
その千円札の本栖湖の湖面には、逆さ富士ではなくシナイ山が描かれています。

「陰謀論」と言う言葉は「これ以上は考えられないので降参します」と言う、考える事を放棄した敗北宣言です。違うと言うなら、「陰謀論」と言う言葉を使って誰もが納得する自然な条件を備えた説明をしなければなりません。むしろして欲しいです。「陰謀論」の語を使って納得行く説明をして、小心者なワタシを安心させてください。



月にまつわる都市伝説なら、アポロ11号は本当は月に行っていなかったと言う話が有名です。
月着陸は捏造だとする画像や映像が公開される。するとその画像は間違いだと反証が出される。新たな疑惑が持ち上がる、また反論がなされて広まる。更に新たな疑義が生まれ、以前の反証こそが間違いだと言う意見が出る。こんな感じで、月着陸当時以来ずっと続いています。
論争は肯定派と否定派にはっきり分かれており、互いが互いをバカにし合っている状況です。一つ一つの疑問点を検証して行っても、手に入るのは確証を得られない情報が殆どであり、現在では画像や映像の捏造など素人でも簡単にできてしまう為、各々が自分が信じたい方を信じてしまえる状況になっている、とも言えそうです。

こうなると「自分で行って確かめるまでは分からないんだよ」と言い出す者が現れます。一見、まるでそれが正解でもあるかの様に思えますが、「見るまで分からない」と言うのも実は「これ以上考えるのはムリ」と逃亡したに過ぎません。それも又、考える事を放棄した敗北宣言です。

フランスでOperation Luneと言う番組が放送されました。アポロ計画はフェイクだったと告発する内容です。関係者にインタビューを行い、その中にはあのキッシンジャーなんかもいます。なので視聴者の誰もがその番組を信じましたが、最後にオチが付いていました。「この番組はエイプリルフールです」と。
番組を見た人は、冗談だと聞いて安心します。でも、何となくですが違和感も残ります。あのキッシンジャーをはじめとする政府の重要な役職に就いている高官達が、わざわざテレビの冗談に付き合って出演したんでしょうか。まして当時の関係者達の身内までもが。

アームストロング船長は、このアポロ計画の後にNASAを退官しています。彼はなぜ辞めたんでしょう。居座っていれば、何もしなくても毎年確実に大金をもらえる部署で死ぬまで良い思いをできたと思います。なのに地球帰還後、わずか二年で辞職しています。
その後、酒に溺れる様になったとか、おかしな事ばかり口走る様になったとかの身内の証言があります。それらの信憑性についてもいろいろ言われていますが、月からの帰還後にNASAを退官したのは事実です。銅像まで建てられた合衆国の英雄なのに。

戦争で人を大勢殺して祭り上げられた名ばかりのアメリカンヒーローと言う訳でも無し、人類初の偉業を成し遂げた本物の英雄なら、何も気に病む必要は無かった筈です。それなのに、割とすぐに職場を去ったのはなぜでしょうか。自宅から児童ポルノが見付かった、なんてスキャンダルも聞いてませんし。自然と疑念が湧きます。

どんな連中が裏でコソコソ何やってるのかは知りませんが、真実と虚偽の両方をばらまく本当の目的は、民衆を混乱させて何もかも信じられなくする事だとも言われます。つまり、アポロ11号の月着陸が捏造だったと言う説は間違いだと思い込ませるその番組の内容は実は真実で、エイプリルフールだと言ったその番組の方がフェイクだったとしたら。

「月面着陸の映像は俺が作った偽物だ」と、番組内にも登場したスタンリー・キューブリックが他界する三日前に自白しています。
https://www.youtube.com/watch?v=U0kNwvZm_9Q
あの巨匠が、いえ巨匠なんて呼ばれない普通の人でも、死を前に世界に向かって嘘を言うでしょうか。むしろそう言う時には、嘘をついていた事を懺悔して真実を白状するのが人情だと思います。しかしその動画も、音声が改竄されているらしいです。勿論、その動画自体がフェイクである可能性も皆無ではありません。この老人は別人だと言う説もあります。ほら、もう何も信じられない。

不確かな情報が飛び交って判断にあぐねた時は、起こった事実だけを時系列に沿って順に並べましょう。アポロ計画に関する事実関係ではっきりしているのは、アームストロング船長がアポロ帰還後二年も経たずにNASAを退官した事と、キューブリックが他界した事です。闇の組織のいかがわしい秘密の儀式を暴いた遺作アイズ・ワイド・シャットの試写会の五日後に。

rocketgirl3.JPG
木下さんは小学一年生だったあの時、何を見たのだろう。


最近、太陽の周期的活動変化から予測して、近い将来氷河期が来ると「予言」する人達がいます。太陽はこれから景気後退期に入るので、地球が寒くなるそうです。温暖化どこ行ったん。温暖化詐欺を始めた元凶である油売りのゴアは、最近になって「温暖化」を「気候変動」と言い換えているみたいです。「気候変動」ならどんな変化でもアリです。ホッケースティック曲線なんてほざいてたのはどの口ですか。殴りたいですあの詐欺師。大体、太陽の活動は十年周期くらいで規則的にやって来てるんですから、殊更ビビる必要も無いでしょう。毎年夏はきっちり暑いんだし、まして温暖化してるんなら丁度良い筈です。

十年ほど前のテレビでやっていた予言番組では、結構な数の「予言者」達が太陽の周期的活発化で2012年には大崩壊が起こると言っていました。太陽フレアの活発化で大量に放出される電磁波が地上に降り注ぐため、地球の電子機器がすべて故障して大災害と大混乱が起きるとか、電気もガスもみんな止まって、人類は生きられないとか。
https://youtu.be/Ac8C0jn6EJ8?t=4041
他にも、マヤ文明の暦には2012年までしか書かれていないからこの世界は2012年で終わるだとか、2012年に小惑星ネメシスが衝突して生命が絶滅するだとか、それを世界で最も的中すると言われている「予言者」が予言しただとか、まあ好き勝手言いたい放題です。でも実際に2012年末に終わったのは民主党政権でした。それとカスゴミの世論誘導力。

テレビに限った話じゃありませんが、予言はいつの時代でも人気のコンテンツで、毎年毎年、常に新しい預言者が現れては、何かを予言しています。占い師だったり、霊能者だったり、タイムトラベラーだったりが、先を見る事が出来ない人間の不安に付け込んで、カネや知名度を汚く稼ぐ訳です。今年はどんなのが出て来るんでしょう。人間ではなくAIとかですか。

ちょうど十年くらい前のテレビがやってた「予言」を、今見るとかなり笑えます。電磁波だの黒点だのオゾン層だのフォトンベルトだの。気象データとか地震の統計とか、物理のカタカナ用語とかの尤もらしい言葉を並べる連中ほど、見ていて可笑しいです。テレビ屋の河原乞食が学者ぶってたり、中卒の芸無し芸人が虚しくアタマ良いアピールしてたり。皆さん頑張ってます。

と言っても、ユーモアで笑わせてくれるわけではなく、バカさ加減を笑われているだけの連中ですから、楽しくはありません。むしろ偏差値28どころかIQが28なんじゃないかと疑わざるを得ないほどアホな全く無名のチョンヅラクズ芸人が、目立ちたがって売国発言しているのを見せられるのと同程度には不快です。それにしても、現在の番組ではなく十年前の番組の方が笑えるなんて、テレビこと朝鮮維持装置もかなり末期みたいです。


前世紀末なら、何と言っても1999年7の月でした。恐怖の大王が降りて来て大暴れした後に救世主が現れる、いわゆるノストラダムスの。ウチの近所にも真に受けていたおバカさんが結構いて、中学の時の担任の弩アカ売国教師なんかは「1999年に人類は必ず滅亡するから、1999年の大晦日が来たら俺の奢りで焼肉パーティーやる」なんて言ってました。結局行かなかったんですが、行っても面白かったかもしれません。中学時代の恨み辛みで顔面崩壊するまでドツくついでに。

そんなひきょうぐみのバカ教師どもだけでなく、1999年人類滅亡説を信じる、或いは予言に怯える人があまりに多かったので、そんな人達に対して、待てど暮らせど今の今までけーへんかったモンが、ある日いきなり雲の中からシュアーのガイコツマイク持って「俺がメシアだー」とかナントカ絶叫しながらファンファーレ鳴り響かせて降りてきたりなんかするかいな、みたいな事を何度か言ったのを覚えています。

当時、一番尤もらしく言われていたのは2000年問題でした。コンピュータが下二桁を誤認して誤作動すると。しかし何も起きませんでした。こちらは某かの対策が打たれたと言われてもいます。実の所、本当にコンピュータ屋さん達が何かしたのか、それとも本当は何もせずに済んだのか、それは知りませんが、兎に角現実には何も起きませんでした。

結局前世紀末には、核戦争も原発事故も何も無かった訳ですが、予言好きの連中は今でもずるずると締め切りを引き延ばすかの様に、「何年に世界が終わる」を繰り返しています。本当に好きですよね、戦争とか災害とか疫病か滅亡とか、そう言う人達。よっぽど来て欲しいんでしょうか、世界の破滅に。そんなに人生退屈ですか。


「予言者」の手口は大抵決まっています。先ずコールドリーディングをします。これは、誰にでも当てはまる事や当たり前の事を、さも予言らしく言って見せて信用させる「技」です。この技に引っかかったマヌケの前で、現状の国際情勢と国内状況を読んで見せます。勿論それらが「予言」と言う事になります。その「予言」に戦争、災害、疫病、革命、独裁者、これらの定番項目を混ぜておけば、後からどうとでも解釈できる、と言った寸法です。

中には、更に加えて予言を「何年何月何日」とはっきり日時指定せずに「何年以降」と曖昧に言ったり、幾つかある内の他の予言が外れたのは歴史が変わったからだとかの設定を付加したり、逃げ道を作って保険を掛ける卑怯者もいます。

むしろ、保険かける知恵も回らないままハズした予言者どものツラの皮の厚さに感服する事が多いです。あれだけ大恥かいておきながら、一寸予定が延びただけ、みたいにしれっと言ってみたり、いけしゃーしゃーとまだ予言を続けてみたり。アレですよ、ホトンベルトのハゲとか。
「フォトンベルト? ねーよンなモン」 NASA
しかし、それくらい厚顔無恥でなければ予言者なんて務まらないのだろうとは思います。先の事なんてマスターヨーダでさえ読めないんですから。人の身で未来を予言するなんて。

それら「予言者」の中には、ビットコインの普及で銀行業が無くなる、なんて言ってたバカモノもいたみたいです。やっぱり、大学の経済系の研究室で専門に学んだ事もないクセに経済評論家を気取ってウソで大阪市民を騙して大阪を消滅させようとした高橋洋一の糞如きはダメですね。精々ラジオでガンダムの話でもダベっているがいい。まあ、間違いは誰にでもあります。誰にでも、「間違い」なら。








1/350 ジェットビートル

CIMG3890.JPG
The特撮Collection 1/350 ウルトラマン

ハセガワの1/72でもなければ近作のメカコレですらない、大昔の旧キットのオマケで付いてたジェットビートルです。このキットの箱は二期か三期の再販だと思います。はっきりした事は分かりませんが、中古屋ではなく市中の模型店で買った筈なので、初版でない事は確かです。
銀色巨人はどうでも良かったのを覚えています。欲しかったのはオマケのビートルです。別にジェットビートルに然程の思い入れがある訳でもないんですが、ただ、安い機体が目の前にあったから。それにこれは超有名な主役のセットだし、ま300円なら買っても良いかと。確か当時は消費税も3%でした。

いまだに消費税廃止すら出来んのな、ウチの総理大臣。間違ったデフレ増税は鶴の一声で決めた癖に、消費税廃止所か減税も増税凍結すらもできんのな、ウチの経済音痴☆安倍総理。竹中平蔵のご機嫌ばっかり取って、デフレなのに増税増税で日本人の自殺者を減らそうともしないわ、名ばかりの少子化対策しかしないから婚姻率なんか上がる訳無いわ、呼び名だけ変えてコソコソ支那移民大量に入れるわ、これで核武装も在日一掃もできなかったら切腹もんですよ総理アンタ。日本国の総理大臣と言う立場はハシシタみたいなクズとは違うから打ち首は勘弁してやるけど。

JB3.jpg
全体に蛙みたいなスタイルです。左右にぶっとい。劇中のジェットビートルは意外とスマートな機体形状をしていますが、その辺はどうでも良かったみたいです当時の設計者、又は原型師。
主翼も先尾翼も垂直尾翼もただの板。縁も凄い厚みです。翼端ロケットポッドの整流板も同じ厚さで整形されてるので猛烈な厚さです。モールドもこれまた中途半端で、途中で投げてます。凸か凹かはっきりしたらどうなんですか。凹は凄い広さと深さだし。なんでこんな好い加減な仕事してるんですかこの人。プライベートで何かイヤな事でもあったんでしょうか。

そんなキットを何となく作ってありました。これで完成したと、当時の自分は納得していた様です。一寸だけ弄ってました。主翼前縁だけは申し訳程度に削ってあります。層流翼断面なんか出そうともせず、ただの板のままです。先尾翼も一応削ってありました。でもいーかげんです。垂直尾翼も前縁だけ削って、途中で諦めてます当時の自分。CCVベーンだかアンテナだかは一応プラ板で作り直してありますが、なんか根元の塗装のマスキング跡があからさまで、後から付けたのがバレバレです。メインノズルは前後が逆様だし、翼端ロケットポッドの尾部ともども、穴も開けてない。

塗料は缶スプレーの銀を吹いて、原色の赤をマスキングして吹いてありました。それもかなりいーかげんに。運河彫りの色分けラインでマスキングしていますが、光の加減とかで不様に見える角度があります。それをまったく気にしてない、当時の自分。ケガキ針か何かで修正した跡も残ってますが、ひどい有様です。窓も塗ってない。マーキングが一切ありませんが、デカールは初めから付いていませんでした。

一応完成させたと言えば言える程度に仕上がっていました。でも胸張って人前に出せる物にはなっていません。いわゆる自己満足です。これでいいと自分が言えばそれでいい、自分免許の好事家道楽。最も幸せな模型道。Hello, my happy world.
そんな状態で放置されていたジェットビートルをレストアします。理由は、折角二箱ゲットした専用塗料を使いたいからです。理由が理由なので、もう一つ別のキットを同時にレストアする事にしました。




1/350 小型ビートル

CIMG8371.JPG
The特撮Collection 1/350 ゴモラ

同シリーズのゴモラに付属するサブビートルです。当然こちらが目当てで買いました。ゴモラなんかオマケです。なので小型ビートルだけ作ってゴモラほったらかしでしたが、そのビートルも今となっては見るに堪えない仕上がり。しかしゴモラを先に完成させてしまいました。
http://shounenkairo.seesaa.net/article/435567326.html
本来の順序としてはその方が正しい筈です。しかしウチは航空機優先です。ヨソ様がどうかなんて知ったこっちゃありません。それが証拠にこのThe特撮Collectionシリーズはウルトラマンとゴモラしか買ってません。ホビーオフで200円で売ってたゼットンも無視しました。今思えば買っときゃよかった。えみりんのゼットン格好良いのに。二期ではみもりんもキングジョーで出てます。「おっぱい禁止!!」ゼットン

他にもF-104スターファイターとかF-86セイバーとか、日本に縁があって特撮に登場した機体が付属するキットもあった筈ですが、何となく調べていません。セブンにウルトラホーク一号が付いているかどうかすら知りません。何だろう、この情熱の中途半端さは。

全体が厚ぼったくて重そうで、翼は三枚ともすげー厚みです。これもやっぱり申し訳程度に削ってありました。ノズルは極端に簡略化されています。なのにやっぱり穴も開けてない。デカールも当然最初から無し。でもなんか、他に言う事が特に無い訳で。元々これと言ったギミックもオプションも無い機体なので、模型化してもただそこに立体があるだけです。だから別にそれで特にどうこう言う事も無いです。本当に何だろう、この燃えない感じ。
やっぱりあからさまに飛べなさそうなシルエットがそうさせている気がします。一応航空機だけど、どーせ無理じゃんこんなの飛べねーよ、とかどこかで思ってるんでしょうきっと。

兎に角、このまま置いててもどうしようもないので、ジェットビートルのついでにレストアして、両機とも人前に出せる状態にまで持って行きます。二機同時制作はしんどいですが、このサイズでこの再現度です。大した作業分量じゃありません。更に今回は目指す所もさして高く設定してませんから、各部の縁と全体の表面処理だけやってしまえば何とか見れる物にはなると思います。どーせデカールも作らないし、自作じゃ白を印刷できないから。






ジェットビートルのレストア

JB1.jpg
今回は塗装落としから始めます。途中写真が殆ど無いのはいつもの事です。ラッカーを落とす時は、シンナーの使用量をケチるため、ティッシュにラッカーシンナーを染み込ませて、密閉できるビニール袋に入れて落とします。でも今回みたいにブツが小さい時はドボンと漬けます。シンナー漬けにして筆で殴る様にガシガシブラッシングするんですが、これが何だか落ちません。フィニッシャーズだかモデラーズだかの缶スプレーの銀を吹いてあります。猛烈に強力な浸食力で食いついている様です。三日間くらい漬けても落ちなかったので、結局ティッシュで強くこすって落としました。

地肌が露出したら、どこまで作り込むかを考えて作業内容を決定します。今回はスタイル変更は無し、透明パーツ化も電飾も無し、翼の削り込みのみで行きます。機体全体を透明レジンか何かで複製すればキャノピーの透明パーツ化も出来そうですが、やりません。キャスト高いです。これらのためだけに買うなんてちょっと。同じジェットビートルを三つくらい作るならいいかもです。ゴモラ回でも画面に複数機登場しますし。でも今回はとりあえずやりません。一台完成させるのが最優先です。

まず、背面の垂直尾翼を嵌めるぷっとい溝をプラ板と瞬着で埋めます。
主翼を削るに当たっては、翼端ポッドが邪魔なので一旦切り離します。何も無くなった所で背面側を滑らかな凸にします。腹面側も平らに削って厚みを減らします。これでちっとは飛行機らしくなります。
垂直尾翼も薄く削ります。胴体側にモールドされている前方の整流フィンは削り落として、無かった事にします。最初からありませんでした。ロストです。失われた部分をプラ板で作り直して、垂直尾翼側に貼り付けて一枚にします。ここはプラ板工作の腕の見せ所です。存分に薄く削ります。

先尾翼を外します。本当はシンナー漬けにした時点で外れました。すると意外にも、キットでは左右一体のパーツを分割して接着してありました。で、やっぱりちょっとだけ削ってあります。なんでこんなに半端なんだこの時期の自分。胴体内で隠れてつながる筈の部分はプラ板に置き換わっていました。左右を切り離した後で、短くなったから使えない要らないとか言って、キットパーツの方を捨てたんでしょう。

前後逆に付けてあったメインノズルを外します。これを再生する気はなかったんですが、やってみたらそれなりに仕上がったので使う事にしました。穴を開けてヤスリで内側を削ります。
翼端ロケット弾ポッドは尾部に穴を開け、四枚の整流板を薄く削ります。削り作業ばかりです。
CCVベーンだかアンテナだかは、当時からプラ板で作り直してありましたが、昔の自分では出来がちょっとアレだったので始末しました。新たに作ります。

分割した各部品の接続部に0.3mmの真鍮線を通して補強します。接続は勿論塗装後です。宇宙用装備とかコバンザメみたいなメカとか、オプションも考えましたが今回はやらない事にしました。差し替え装備を毎度毎度いつもいつも作るなんてやってられません。今回は飽く迄レストアに留めます。続けて小型ビートルの工作に移ります。

 


小型ビートルのレストア

JB2.jpg
ジェットビートルと同様に、シンナー漬けにして塗装を落とします。容器の都合で一度にまとめて作業できなかったので順に。漬け置きにしたのに、意外にもどちらもプラが弱くはなりませんでした。なんか頑丈です、バンダイのプラスチック。

こちらもまず背面の垂直尾翼を嵌める溝をプラ板で埋めます。プラ材で埋めて削る作業は、パテと違って肉痩せしないのが安心です。
翼三枚を削り込みますが、主翼が無いのでラクです。主翼も無いのに飛びやがるぜコイツ。デザイナーは成田氏でしょうか。これで飛ぶと思ったんですかあの人。せめて胴体がサンダーバード2号みたいに膨らんでいてくれれば、高速域なら大丈夫です飛べますとか言えたのに。
一応申し訳程度に、両端の翼には層流翼断面を付けておきます。ひょっとしたら可変翼で、発進時には水平くらいにまで倒して離陸するのだ、とか言い出すかもしれませんし。汚れた大人の後付け設定は油断できません。垂直尾翼はジェットビートルと違って一体成型なので、一発勝負の削り出しで整形します。

胴体はプロップよりかなり厚めです。でもばらすのも面倒なのでこのまま行きます。世間ではこれはリフティングボディであると言う解説がまかり通っているみたいですが、これでリフティングボディはちょっと。正直厳しいと言わざるを得ません。

尾部のノズルとスラスターをプラ板で作ります。モールドしてあった分は削り落して、無かった事に。予め溝を切ったプラ板を左右対称に二枚、求める形に切り出し、長方形に穴二つ開けただけのプラ板の切れっ端一枚をノズルと言い張ります。これら三枚のプラ板は接着せずにおいて、塗装してから貼り付けます。手数が少ないとラクです。物足りないけど。


 

両機とも工作はこの程度ですが、気になったのは銀と赤の塗り分け線を指定する溝でした。プラモでは、成型時に色分けの線に沿って溝を切る事はよくありますが、あまりに深く広い溝だった場合、マスキングの位置が線に沿って均一にならずに、見る角度によって線が歪んで見えたり、形が変わって見えたりする事が多いのです。特にブツが小さければ小さいほど相対的に溝の大きさ太さが強調され、歪みの度合いも大きくなります。

これをごまかす方法としてスミ入れを使う場合がありますが、毛細管現象を利用するスミ入れと言う手法も、塗料の濃度が一定しないために、やはり対象物が小さいほど不均一さが相対的に増幅されて、仕上がりが汚くなります。今回のブツはかなり小さい部類に入ります。窓にすらスミ入れは使いたくありません。窓にはコピックモデラー0.02mmを使います。又は普通のイラスト用コピックライナー0.05mmを。
ならば運河彫り塗り分け線にもコピックモデラーかコピックライナーを使えば良い様な物ですが、ここでは使いません。矢鱈ぶっといラインがジェットブラックの真っ黒けでは、少年漫画の見開き大ゴマ弩アップの輪郭線みたいになります。

むむむ式二次元模型なら兎も角、特撮メカで日本画の鉤勒みたいなスミ入れはしたくないので、今回は溝が消えかかるギリギリまで表面を削り込んで、マスキングでの塗り分けのみで仕上げる事にしました。今回は僅かに残しましたが、いっそ瞬着で埋めてヤスリで削って完全に消してしまっても良いと思います。ある筈ないんですからこんな溝。プロップにも、物語に登場する本物としての機体にも。

縮尺が小さくなると、パネルラインなどの細部は見えなくなるので表現しなくてよくなります。ましてパネルラインですらない塗り分け線を運河彫りするなんて、はっきり言って余計なサービスです。でも企業としてはやらない訳にも行かないのかもしれません。成型色一色で何の線も無いプラの塊みたいなキットでは、手に取った時にやっぱりちょっと納得行かない気がします。

だから彫られている線なんでしょうが、あったらあったで邪魔です。目立たぬ様に処理せねばなりません。リアルに仕上げたいなら特に。小さい模型は手数が少なくてラクですが、小さいからこそ気を使わなければならない点が結構あるのです。でもラクです。ちょっと物足りないけど。






完成

JB7.jpg
短くてぶっといジェットビートル。

JB6.jpg
それなりに見られる姿になったと思います。

JB8.jpg
やっぱり飛行機は翼です。翼の形が命です。

JB5-2.jpg
垂直尾翼の黄色の識別帯とか上下面の白い模様とかも描くべきだったでしょうか。


JB9.jpg
細くて分厚い小型ビートル。

JB11.jpg
動かない、鳴らない、光らない、無可動三拍子。

JB10.jpg
それに小さい、壊れやすい、物足りない。

JB12.jpg
埃まみれなのはいつもの事です。

ここまで来ると、勢いデカールが欲しくなるんですが、白を印刷できないので作れません。シールは厚みが物凄いんでちょっと。仕方なくマーキング一切無しでこのままです。そのうち何かのフィギュアから強奪するかも知れません。丁度良いのはどこかにあるでしょうか。






ウチのブログでは昔作った旧キットのレストア工作を時々やってます。でも、レストアで到達できる頂点は最初から低い事が殆どです。初めから制約条件が多いので、どんなに労力を費やしても完成する物は中途半端で、苦く虚しい結果になる事が多いのです。
何度やってもしっくり来ないのも、初めから制限が多々ある以上当然で、完成品も、そこに至る過程も、自分の模型がとてもつまらない。作れば作る程、自分の模型がつまらない物に感じる。

レストアなんて言ってますが、要するにそれは、昔の自分の好い加減で乱暴な工作の跡を、丁寧に作業し直して清算しているだけです。以前より少し余計に手間をかけた作業が、ほんのわずかに正確になっただけ、昔よりちょっとばかり正確なだけの、つまらない模型。自分の模型なんてそれだけです。そうとしか思えません。

もう……もう全部嫌なのよ。『つまらない模型』を作り続けている自分も、短冊の願いからどんどん遠ざかっている自分も、全部……全部!
CIMG4059.JPG
ですが、私は『つまらない模型』を作り続けようと思う。そしていつか、自分の模型に誇りを持てる様になりたい。『これが私の模型』なのだと、胸をはって言えるようになるまで……
さっさとヤメちまった方が身のためなのは分かってます。

所で、完全に忘れてましたが主役の巨人を作る日は来るんでしょうか。一応、一度は作ったし、一旦完成もしてはいるんですが、今となっては厳しいわけです。なので写真もありませんが、でもまあ、捨てずにとっておけば、いずれその気になるかもしれません。
とっとと捨てちまった方がラクなのは分かってます。


















posted by 跡間シノブ at 21:08| Comment(0) | ジェットビートル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする